四季の旅人

私のブログは文を主体に自由に描いています。

夏の草花のひとつ

2017-06-30 | Weblog
岡虎の尾の開花

岡虎ノ尾この夏日のなか、いつもの低山に訪れると日当たりのいい草地のなかで、岡虎ノ尾が愛くるしい姿で浮かび上がるように人知れず咲いている。この暑さで誰も余り訪れない里山、おまけに暑さ......

梅雨時期に咲く野花
いま、雨降るなかでサクラソウ科の岡虎の尾が日当たりのいい草地に生え、その茎先に長い総状花序をだし、白い小さな清純な花をたくさんつけている。
花は北海道から九州にかけ広く分布し、6、7月がこの花の旬であり見頃の季節、
花の形状からいって花持ちは長く長期に亘り咲き続け、長い間楽しめる野花であるがこの時期暑く足を止め見入る人は少なく人知れず咲いて花期を終える野花。

岡虎の尾の旬

野山の日当たりのよい
草地に生え
花穂が長くその周りに花が付く
野花の丘虎の尾

花の旬はこの梅雨時
茎先に総状花序をだし
清純な小さな花をたくさんつけ
長期間咲き続ける

夏に愛しい風情をみせる花も
秋に趣のある草黄葉を描く。
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 終わった恋 | トップ | 街中で作られる木陰 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。