現在の沙羅のバージョン:2016年6月27日版です。アップデートはこちらより行ってください。

「沙羅」の使い方、ノウハウのご提供、そしてさまざまなお問い合わせやご要望にお応えするページです。 by 寺院コム

沙羅ホーム機能開発日記掲示板購入申込ログインMail遠隔サポートソフトのダウンロードこのFAQページのトップページ




筆まめVer.22をご利用の方は、こちらもあわせてご参照下さい。

これは便利!!
沙羅の年忌資料から筆まめへ年忌短冊印刷が可能になりました!
(外字やUnicode文字が入っている場合には、全件表示されない場合がございますので、使用には十分御注意下さい。)

沙羅から出力する際、筆まめの以下のフィールドへ書き出します。
筆まめ側で必要なフィールドを自由なレイアウトで設計可能です。

※Unicodeで難しい漢字が表示されない可能性がありますのでご注意下さい。

※テンプレートを準備しました。

http://www.jiin.net/fudelayout.exe

上記URLをクリック適当な場所へインストールしてください。


レイアウト画面の「用紙」→ユーザー→「レイアウトファイルの取り込み」にて読み込んで下さい。

 

「寺院コム:年忌短冊B5/4霊フリガナなし」

「寺院コム:年忌短冊A4/8霊フリガナなし」
を読み込んでください。

http://www.jiin.net/fudelayout.exe

 

 ===========================================

フィールド対応表(印刷は「会社宛先」へ出力)

【沙羅データ】------------【筆まめフィールド】

■施主--------------------氏名
■俗名--------------------宛名連名1
■年忌名------------------宛名連名2
■命日--------------------備考1
■戒名・法名---------------備考2
■続柄--------------------備考4
■享年・行年---------------宛名連名3
■地区名------------------備考5

※印刷する項目は、筆まめのツールバーの「宛名」→「レイアウトの設定」→「自動/フリーの選択」の右側のフリーレイアウトの表示設定でチェックを付けるか付けないかで指定できます。

※位置やレイアウト・フォントなど、自由に設定できます。位置など変更したら、用紙のレイアウトファイルへ保存にて、別名で保存して下さい。

※Unicodeで「玅」などが使われているデータは読み込めませんので、件数を必ず確認して下さい。

※件数が異なる場合は、筆まめ出力ではなく、沙羅で印刷してください。

※設定ファイルが不明な場合は、



 

では、「マイドキュメント」の「筆まめ」に保存するようになっています。



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


« 起動すると「アプ... LBP-3500用短冊設... »
 
コメント
 
 
 
短冊 (寺庭)
2009-12-20 20:56:25
こんなことも出来るのですね。
早速やってみます。
 
 
 
施主?檀家名? (瑞生寺)
2010-08-27 21:30:30
久しぶりにHPを散策していたところ、このような便利そうなものがありました。
ただ少し疑問が。このような張り出しをする場合、皆様は施主名を出しますか?それとも現在の檀家名を出しますか?
施主名は過去帳を入力したときの檀家名が入ります。従ってその後檀家名が変更になった場合(施主本人が亡くなったりした場合)、この短冊を印刷すると亡くなった方の名前が表示されてしまいます。
データの対応を変更するか、増やしていただけるともう少し自由度が増すと思います。
よろしくお願いします。
 
 
 
Unknown (開発室)
2010-12-20 15:11:59
短冊は、
「もし現在の戸主名が入っている場合は、戸主名が」
「現在の戸主名が不明な場合(つまり、檀家不明の場合)は施主名が」
印字される仕様となっています。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。