猫と住まふ

人生初の猫との日々を徒然なるままに

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

I LOVE 雑貨!

2016-05-05 20:02:40 | 猫生活、エンタメ
溜まりに溜まった仕事に気を取られて気づけば何も予定を入れていなかった
ゴールデンウィーク。
昨年の今頃は箱根の温泉で贅沢な時間を過ごしていたっけなぁ。(遠い目)

今年はちょこちょこと休日出勤もしなければならなかったので、近場でプチ
観光したり、美味しいものを食べたり、fuluで海外ドラマ三昧の時間を過ごし
たりと、特別なことは何もしないでまったりのんびり過ごしている。

プチ観光で行ったのは、ルイ・ヴィトン展、築地市場、そして東京ミッド
タウンで開催中の雑貨展。
中でもこの雑貨展が大当たり。

(↓画像クリックで公式HPへ)




展示室の中に居るだけでわくわくわくわくが止まらない。





この雑貨展で学んだことは2つ。

その1。
高いお金を払って買ったオシャレな雑貨だけが雑貨じゃないってこと。

その2。
飾り方や微妙な配置の違いでオシャレさが格段に変わるってこと。

いやこれ、当たり前と言えば当たり前のことなんだけれど、この展示空間の
中でそれを改めて実感させられたというか、体感したというか。


マーブルチョコだってアートだし。




人生ゲームの駒だって愛らしい雑貨だし。




会社のすぐそばにありながら一度も入ったことが無い洋菓子店ROZAのクッキー
缶も発見!




このクッキーはすぐ売り切れてしまってなかなか買えないらしいんだけれど、
今度がんばって買いに行ってみようかな。


配置の妙について言えば、コテコテの北海道土産として知られた鮭を加えた
木彫りの熊だって、ステキな雑貨のひとつにだってなり得るのね、とちょっと
笑えた。
(1枚目の写真に写ってる)

今回の出展者がひとつひとつの雑貨をこだわりを持って配置する様子は、会場で
上映されていたビデオからもうかがい知れた。
(このビデオも必見!)

入場料1,100円もする割に展示スペースは狭いのだけれど、ワタシ的には大満足。
6月5日まで開催されているので、雑貨好きならば是非行くことをおススメいた
します。



プチ観光以外の家での過ごし方を簡単に表わしたのがコレ↓










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

憧れの犬との生活

2016-04-10 15:31:25 | 猫生活、その日常
映画「ルーム」を観た。
若干体調が悪い中で観たのでひょっとすると途中で眠くなったり、
辛くなったりするんじゃないかと心配しながらの観賞だったのだ
けれど、そんな心配は無用だった。
最初から最後まで心が痛くなるシーンの連続ながらも、じわじわと
心が温かくなる良作。
久々に星5つの満点評価を付けさせていただきます。

この映画の中で、ちょい役ながら一匹のワンコさんがなかなかステキ
な役回りで登場してくる。
ワンコさんと人との関係って本当に素晴らしい。

その素晴らしさは、ブログ「Another Days」でもいつも教えてもらっ
ている。
今は亡き先住犬のブログ「富士丸な日々」から引き続いて、元保護犬
の大吉君と福助君とのユーモアと愛情にあふれた日々の様子は、
詠み人までをも幸せな気持ちにさせてくれる。

その飼主さんが昨年から始めた保護動物たちへのチャリティも兼ねた
ショップ「DeLoreans」の商品がとってもセンスの良いものばかりで
ずっと気になっていたところ、プレゼント企画を実施するとのお知ら
せが。
どうせ当たるわけないけど、と思いながら駄目もとで応募してみた
ところ、な、な、ナント、すごい倍率だったにもかかわらず希望商品
が当選したとの連絡が!!




そして早速我が家に到着。




このバッグはワンコさんとの散歩用にデザインされたもので、中には
ペットボトルを固定するためのホルダーもついている。
赤色は派手過ぎないオトナな色だし、作りも写真でみるよりずっと
しっかりしているし、絶妙な配置の内ポケットなど、使い勝手も
かなり良い。
もちろん我家にはワンコさんはいないので普通のバッグとして使わ
せてもらうわけなのだけれど、仕事を辞めてすもも姫がいいよって
言ってくれたら、保護犬を迎えようと思っているので、その時には
お散歩バックとして活躍してもらう予定。

バッグだけではなく、富士丸君をモチーフにしたカード、封筒、商品
が入っていた段ボール箱までもがおしゃれ。
但し段ボール箱は猫さんが入れない構造のものだったので、すももは
ちょっとご不満な様子だったけど。




私が「すももと富士丸君の夢の競演だわ~♪」と喜んでいる傍らで、
「あんただれなのでしゅか?」と冷たい対応をする姫↓


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

役に立つか?

2016-02-11 16:42:31 | 猫生活、エンタメ
いろいろテンパってる上司から飛んでくる仕事の指令に対応する
ためにPCを開いたので(苦笑)、ついでにブログも久々の更新。

映画「オデッセイ」を観てきた。
いい映画、という言い方はちょっと違う気もするけれど、ずっと
飽きずにハラハラクスクス楽しめる上質のエンターテイメント作品
で、大変満足。
「ゼロ・グラビティ」と被るところがある作品だけれども、こっちの
方が万人受けするのでは。

アカデミー賞発表日の前に、作品賞候補8作品のうち「オデッセイ」
のほか「マッドマックス」「ブリッジ・オブ・スパイ」と3作品も観賞
済み(日本公開済み)というのはちょっと珍しいことかも。
個人的にはこの中からのオスカー受賞は無いと予想するけれど、
「ブリッジ・オブ・スパイ」のアベル役のマーク・ライランスの飄々と
した可愛らしさがとってもよかったので、助演男優賞はとって欲しい
なぁ。

何度か出てくる彼の「役に立つか?」というセリフが大好き。
焦っても怒っても悪態ついても取り乱しても、何も変わることが無い
のならば、そんな態度をとっても無駄だ、という意味で使うセリフ。

その冷静さ、見習うべきだと心に深く刻んだので、休みにもかかわらず
飛んでくる上司からの指示にも、淡々と対応できる私なのであった。
(ため息)



すももの写真はインスタグラムで見てやってくださいませ♪


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よいおとしを

2015-12-30 13:46:17 | 猫生活、その日常
今年も終わり。
いろいろあったような無かったような。
年齢病のせいで体調は慢性的にあまりよくはなかったけれど、
すもも姫は健康だったし、まぁまぁ平穏な1年だったかな。


久々にエンタメ生活の総括。
と言っても、やたらとにかく眠いし疲れやすいせいで、映画を
観る回数はずいぶん減ってしまった。
本も数は減ったけれど、ちょこちょことは読んでいた。

ワタシ的今年の映画ベスト3は以下。

「イミテーションゲーム」
「ヒックとドラゴン2」
「キングスマン」

「ヒックとドラゴン2」については、1作目が世間的にも評判が
とてもよくって、私としてもこれまで観たCGアニメの中での
ベスト1作品なのに、ピクサー系やディズニー系以外のアニメは
興行成績を稼げないという理由で劇場公開が無かった。
だから観たのは有料動画配信で。
ドラゴンたちが飛び回る迫力の映像を大きなスクリーンで観た
かったのに実に残念。(涙)


ワタシ的今年のBOOKベスト3は以下。
※今年読んだ本なので出版年数は古いものもあり

「羊と鋼の森」宮下奈都
「東京百景」又吉直樹
「ソウルメイト」馳星周

「羊と鋼の森」はピアノの調律師と出会って自身もその道を選んだ
主人公が、様々な人物との様々な経験を通じて成長していく物語。
ページをめくるたびに静寂の響きと森の匂いが静かに静かに浮かび
上がってくる。
文章のひとつひとつに清々しさと美しさがあふれている。
直木賞候補ということで何となく手に取って読み始めた1冊だったの
だけれど、「私と出会ってくれてありがとう」と心から思える作品
だった。
そんな出会いは何年かに1度しかない。

又吉氏は「火花」もよかったけれど、個人的には「東京百景」の方が
好き。
エッセイなのにその1篇1篇が短編小説のようで、付箋を貼って何度も
読み返したくなるような1冊。
この人の才能は一過性のものではなく本物中の本物だと確信した。
(何様?的な上から目線でごめんなさい)

「ソウルメイト」は犬と人との絆を犬種ごとに描いた短編集。
あまりにも良かったので「陽だまりの天使たち ソウルメイトII」も
購入済み。


さて、今年も終わり。
来年も再来年もずっと私はこんな風に生きていきたいということを、
「東京百景」の中で又吉氏が書いてくれている。

死にたくなるほど苦しい夜には、これは次に楽しいことがある時まで
のフリなのだと信じるようにしている。(途中略)苦しい人生の方が、
たとえ一瞬だとしても、誰よりも重みのある幸福を感受できると信じ
ている。その瞬間が来るのは明日かもしれないし、死ぬ間際かもしれ
ない。その瞬間を逃さないために生きようと思う。得体のしれない化物
に殺されてたまるかと思う。反対に、街角で待ち伏せして、追ってきた
化物を「ばぁ」と驚かせてやるのだ。そして、化物の背後にまわり、
こちょこちょと脇をくすぐってやるのだ。


それではみなさまも良いお年を。


すももの写真はインスタグラムに日々UPしてます♪


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々音楽

2015-12-05 16:16:57 | 猫生活、エンタメ
職業病ってわけでもないのだけれど、ここ数年、大好きだった
はずの音楽を全く聴く気になれない症状が続いていた。
それがやっと治まってきて、久々にitunesを活用し始め、
更にはJ-POP派の自分にとっていったい何十年ぶりだろうかって
くらい久しぶりの洋楽アルバムも購入。
ADELE、低いハスキーボイスが好きなのよね。

そんな音楽たちを少しでも良い音で聴きたいと思い、ipadちび子に
繋げるBluetoothスピーカーを購入しようかとネットでいろいろ
探していたところ、ふと、映画観賞用に設置しているホームシアター
スピーカーにもBluetooth機能があるんじゃない?と思い至り、
マニュアルを見たらビンゴ!

私、偉いぞ。
(いやいや、もっと早く気づけよ)

無駄なお金を使わずに済んだし、なかなかと満足な音で音楽を楽しむ
ことができるようになった。

そしてitunesにCD音源を取り込むため久々にPCを立ち上げたついでに、
こうしてブログも超久々に更新しているのでありました。

でも、すももの写真はインスタグラムにUPしているので、ここでは
省略(無精者)。



ADELEと言えば、映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」もおススメで
ございますよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加