facciamo la musica!

作曲をするpocknが週1以上ペースで通っているコンサートの感想録を中心に、クラシック音楽を追求します。

やめよう!エスカレーターの片側空け (写真を追加しました 2016.10.23)

2017年03月27日 | pocknの気まぐれダイアリー
2014年12月6日(土) 強者のためのエスカレーター  エスカレーターの片側を空けるマナーが、最近は駅だけでなくスーパーやデパートでも当たり前のように行われている。このせいで、片側はがら空きなのに乗り口に長い行列ができてしまうことも珍しくない。  安全のために並んで乗るべき小さな子供とその親や、足の不自由な人とその付き添いも無理して前後に乗らねばならない。空いている片側はいかなる時も急ぐ人のため . . . 本文を読む
コメント (12)

原子力おことわりバッグ ~「今」稼働している川内原発の地元に思いを馳せて改めて発信~

2017年03月27日 | pocknの気まぐれダイアリー
2012年1月28日(土) このブログの新年の挨拶で、年頭の目標に「反原発行動を始める」と書いた。それは、たまたま見つけたドイツ在住の方のサイトで、一人でもできる反原発行動に持って来いのグッズが紹介されているのを見たのがきっかけ。そのグッズとは、「原子力?おことわり」と大書きされた、黄色い麻のエコバッグ。これをただ持ち歩くだけで、多くの人の目にとまり、反原発の意思表示ができるというもの。「これな . . . 本文を読む
コメント (14)

優しい台湾

2017年03月27日 | おもしろすぎる台湾
毎年台湾に旅行するためか、「台湾って、どんなところがいいの?」と聞かれることがよくあります。台湾はとても近い国で、最近は日本からの旅行者数もグンと伸びていますが、アメリカやヨーロッパに比べるとまだまだよく知らない日本人が多いのかも知れません。 「食べ物がおいしくて、懐かしい風景があって、人が優しくて…」と、短い言葉で説明しようと思っても簡単ではありません。そんなとき、エッセイを書いてみませんかとい . . . 本文を読む
コメント

伊藤 恵 ピアノ・リサイタル

2017年03月26日 | pocknのコンサート感想録2017
3月24日(火)伊藤 恵 ピアノ・リサイタル  ヤマハホール 【曲目】 1.シューマン/幻想小曲集 Op.12 2.ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第30番 ホ長調 Op.109 3.シューベルト/ピアノ・ソナタ第20番 イ長調 D.959 【アンコール】 シューマン/リスト編/献呈 3年ぶりに聴く伊藤恵のリサイタルは、恵さんが得意とする作曲家たちの傑作が並んだ。シューマンは響きもアプロー . . . 本文を読む
コメント

アンドラーシュ・シフ ピアノリサイタル

2017年03月24日 | pocknのコンサート感想録2017
3月21日(火)アンドラーシュ・シフ(Pf) 《最後から2番目のソナタ》 東京オペラシティコンサートホール タケミツメモリアル 【曲目】 1. モーツァルト/ピアノ・ソナタ変ロ長調 K.570 2. ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第31番変イ長調 Op.110 3. ハイドン/ピアノ・ソナタ ニ長調 Hob.XVI:51 4. シューベルト/ピアノ・ソナタ第20番イ長調 D959 【アンコー . . . 本文を読む
コメント

バッハ・コレギウム・ジャパン 第121回定期演奏会

2017年03月13日 | pocknのコンサート感想録2017
3月10日(金)バッハ・コレギウム・ジャパン 第121回定期演奏会 J. S. バッハ:教会カンタータ・シリーズ vol.71 ~ルター500プロジェクトⅢ~ 東京オペラシティコンサートホール タケミツメモリアル 【曲目】 ♪バッハ/前奏曲とフーガ ロ短調 BWV544 ♪バッハ/「心よりわれこがれ望む」BWV727 ♪バッハ/「我ら苦しみの極みにある時も」BWV641 Org:鈴木優人 ♪ ♪ . . . 本文を読む
コメント

春待ちコンサート

2017年03月09日 | pocknのコンサート感想録2017
3月5日(日)Vn:柴田もも、神山里梨/Pf:藤島さつき カーサクラシカ(赤坂見附) 【曲目】 1.エルガー/愛の挨拶 2.ショスタコーヴィチ/5つの小品 3.サラサーテ/ナヴァラ 4.アンダーソン/プリンク・プランク・プルンク! 5.J.シュトラウスⅡ/トリッチ・トラッチ・ポルカ 6.モシュコフスキー/2つのヴァイオリンとピアノのための組曲~第1,2,4楽章 【アンコール】 ヤンキー . . . 本文を読む
コメント

奮起湖 ~森林鉄道で行く幽玄の秘境~

2017年03月04日 | おもしろすぎる台湾
2015年3月28日(金)一時 阿里山森林鉄道 嘉義の町を見て回った翌日は、台湾最高峰の玉山を抱く高山地帯の前衛、阿里山山域へ出かけた。阿里山へ運んでくれる阿里山森林鉄道は世界屈指の登山鉄道として有名で、これに乗るのも楽しみの一つだった。 日本統治時代、木材の運搬を目的として、険しい地形と厳しい気象条件のなか建設された阿里山森林鉄道は、環境の厳しさゆえに、台風などの災害に見舞われることも多く、 . . . 本文を読む
コメント

スティーヴ・ライヒ 80th ANNIVERSARY 《テヒリーム》

2017年03月03日 | pocknのコンサート感想録2017
3月1日(水)スティーヴ・ライヒ 80th ANNIVERSARY《テヒリーム》 東京オペラシティコンサートホール タケミツメモリアル 1.ライヒ/クラッピング・ミュージック(1972)  2.ライヒ/マレット・カルテット(2009)  3.ライヒ/カルテット(2013) ♪♪スティーヴ・ライヒ トーク♪♪(聞き手:前島秀国/通訳:久野理恵子) 4.ライヒ/テヒリーム(1981)  【 . . . 本文を読む
コメント

冬の山歩き ~丹沢の霊峰 大山~

2017年02月27日 | 山&ハイキング
2017年2月13日(月) 大山は丹沢で一番有名だし、入門の山として人気も高いが、これまでは塔ノ岳方面からその整った雄姿を眺めるだけだった。いつか登ってみたいと思っていたが、雪のある冬なら人も少なくて、静かな山歩きを楽しめると思い、初めて大山へ出かけた。 大山ケーブルのバス停付近にある第2駐車場に車を停め(1日1000円)、参道へ入る。長い石段の両側には古いお土産屋や料理屋が軒を連ねている。石 . . . 本文を読む
コメント

ファウスト&ケラス&メルニコフ

2017年02月25日 | pocknのコンサート感想録2017
2月23日(火)Vn:イザベル・ファウスト/Vc:ジャン=ギアン・ケラス/ Pf:アレクサンドル・メルニコフ ~都民芸術音楽サークル第644回公演~ 東京文化会館大ホール 【曲目】 1.シューマン/ピアノ三重奏曲第3番ト短調 Op.110 2.エリオット・カーター/エピグラム(2012) 3.シューベルト/ピアノ三重奏曲第1番変ロ長調 D898 【アンコール】 シューマン/ピアノ三重奏曲 . . . 本文を読む
コメント

N響公演の感想タイトルリスト(2017)

2017年02月24日 | N響公演の感想(~2016)
「N響公演の感想」カテゴリーから投稿していた記事は、2017年より年ごとの「pocknのコンサート感想録」へ集約します。こちらのリストでは公演のタイトルのみ記載し、記事本文へリンクを張ります。 ♪ヘスス・ロペス・コボス指揮 NHK交響楽団 《2017年1月Bプロ》 レスピーギ/交響詩「ローマの祭り」他 1月19日(木)サントリーホール ♪パーヴォ・ヤルヴィ指揮 NHK交響楽団 《N響横浜スペシャ . . . 本文を読む
コメント

パーヴォ・ヤルヴィ指揮 N響/マーラー「悲劇的」

2017年02月24日 | pocknのコンサート感想録2017
2月22日(水)パーヴォ・ヤルヴィ指揮 NHK交響楽団 ~N響横浜スペシャル~ 横浜みなといらいホール 【曲目】 1. 武満 徹/弦楽のためのレクイエム(1957) 2.マーラー/交響曲 第6番 イ短調「悲劇的」 パーヴォ・ヤルヴィがN響の首席指揮者に就任して以来、数々の話題になる演奏会があった。僕自身、これまでいい演奏にはいくつも立ち会ってきたが、後々まで語り継がれるような演奏にはまだ出会っ . . . 本文を読む
コメント

東京藝術大学バッハカンタータクラブ 2017年定期演奏会

2017年02月22日 | pocknのコンサート感想録2017
2月19日(日)東京藝術大学バッハカンタータクラブ 藝大内 奏楽堂 【曲目】 1.バッハ/カンタータ 第136番「神よ、われを調べ、わが心を知りたまえ」BWV136 A:松原千紘/T:星野文緑、吉田 宏/B:牧山 亮、小池優介 2. バッハ/ブランデンブルク協奏曲第2番ヘ長調 BWV1047 Tp:鶴田麻紀/Fl:丁 仁愛/Ob:藤本芙菜美/Vn:石井智大 3.バッハ/カンタータ 第198 . . . 本文を読む
コメント

嘉義 ~映画「KANO」の舞台 古い日本が蘇る町~

2017年02月11日 | おもしろすぎる台湾
2015年3月26日(木)一時 台湾は南国。僕たちがいつも訪れる3月でも、基本はTシャツで過ごせるほどの陽気の日が多い。こうした暑い日は、台湾の北部よりも南部の方が確実に多い。台北では雨が降って肌寒くても、南部は晴れて暑いことも珍しくない。これは、熱帯と亜熱帯を分ける北回帰線が台湾の南北を分けているため。台湾の南西部の町、嘉義(ジャーイー)は丁度この北回帰線が通るところに位置している。今回の台湾 . . . 本文を読む
コメント