facciamo la musica!

作曲をするpocknが週1以上ペースで通っているコンサートの感想録を中心に、クラシック音楽を追求します。

やめよう!エスカレーターの片側空け (写真を追加しました 2016.10.23)

2017年02月20日 | pocknの気まぐれダイアリー
2014年12月6日(土) 強者のためのエスカレーター  エスカレーターの片側を空けるマナーが、最近は駅だけでなくスーパーやデパートでも当たり前のように行われている。このせいで、片側はがら空きなのに乗り口に長い行列ができてしまうことも珍しくない。  安全のために並んで乗るべき小さな子供とその親や、足の不自由な人とその付き添いも無理して前後に乗らねばならない。空いている片側はいかなる時も急ぐ人のため . . . 本文を読む
コメント (12)

原子力おことわりバッグ ~「今」稼働している川内原発の地元に思いを馳せて改めて発信~

2017年02月20日 | pocknの気まぐれダイアリー
2012年1月28日(土) このブログの新年の挨拶で、年頭の目標に「反原発行動を始める」と書いた。それは、たまたま見つけたドイツ在住の方のサイトで、一人でもできる反原発行動に持って来いのグッズが紹介されているのを見たのがきっかけ。そのグッズとは、「原子力?おことわり」と大書きされた、黄色い麻のエコバッグ。これをただ持ち歩くだけで、多くの人の目にとまり、反原発の意思表示ができるというもの。「これな . . . 本文を読む
コメント (14)

嘉義 ~映画「KANO」の舞台 古い日本が蘇る町~

2017年02月11日 | おもしろすぎる台湾
2015年3月26日(木)一時 台湾は南国。僕たちがいつも訪れる3月でも、基本はTシャツで過ごせるほどの陽気の日が多い。こうした暑い日は、台湾の北部よりも南部の方が確実に多い。台北では雨が降って肌寒くても、南部は晴れて暑いことも珍しくない。これは、熱帯と亜熱帯を分ける北回帰線が台湾の南北を分けているため。台湾の南西部の町、嘉義(ジャーイー)は丁度この北回帰線が通るところに位置している。今回の台湾 . . . 本文を読む
コメント

CD さびしいみすゞ、かなしいみすゞ ~金子みすゞの詩による歌曲集~

2017年02月06日 | pocknと音楽を語ろう!
CD発売のお知らせ(2016.7.25) さびしいみすゞ、かなしいみすゞ ~金子みすゞの詩による歌曲集~ 作曲:高島 豊 メゾ・ソプラノ:小泉詠子 ピアノ:田中 梢 当ブログ管理人は、長年に渡って金子みすゞの詩に作曲してきました。そしてこの度、ナミ・レコードより「ライブノーツ」レーベルで、金子みすゞの歌曲を集めたCDがリリースされました。 金子みすゞは、大正末期から昭和初期にかけて活躍した . . . 本文を読む
コメント

Vn:小川響子/Vc:上村文乃/Pf:秋元孝介

2017年01月31日 | pocknのコンサート感想録2017
1月29日(日)Vn:小川響子/Vc:上村文乃/Pf:秋元孝介 第51回 コンセール・ラポールin東京(音楽ネットワーク「えん」通算616回) 尾上邸音楽室 【曲目】 1.ブラームス/F.A.E.ソナタ~第3楽章「スケルツォ」 2.ルトスワフスキ/ザッヒャー変奏曲 3.ドヴォルザーク/ピアノ三重奏曲 第4番ホ短調 Op.90「ドゥムキー」 4・チャイコフスキー/ドゥムカ ハ短調 Op.59「ロ . . . 本文を読む
コメント

第九を歌う ~Musikfreunde "燦" 旗揚げ公演~

2017年01月26日 | pocknと音楽を語ろう!
川合先生と第九を歌おう! ~Musikfreunde "燦"の誕生~ 「川合先生の指揮で第九を歌おう!」と声がかかったのは1年半近く前。川合良一先生は僕が所属していた大学の混声合唱団の指揮者を務めていて、それから長きに渡って音楽と人生の師と仰ぎながらも、友達のように親しく接してくださっている大切な存在。そんな風に先生を慕う人は、先生が受け持ついくつもの合唱団やオーケストラに世代を超えてたくさんいる . . . 本文を読む
コメント (4)

N響公演の感想タイトルリスト(2017)

2017年01月21日 | N響公演の感想(~2016)
「N響公演の感想」カテゴリーから投稿していた記事は、2017年より年ごとの「pocknのコンサート感想録」へ集約します。こちらのリストでは公演のタイトルのみ記載し、記事本文へリンクを張ります。 ♪ヘスス・ロペス・コボス指揮 NHK交響楽団 《2017年1月Bプロ》 1月19日(木)サントリーホール . . . 本文を読む
コメント

N響 2017年1月B定期(ヘスス・ロペス・コボス指揮)

2017年01月21日 | pocknのコンサート感想録2017
1月19日(木)ヘスス・ロペス・コボス指揮 NHK交響楽団 《2017年1月Bプロ》 サントリーホール 【曲目】 1. レスピーギ/グレゴリオ風の協奏曲  【アンコール】  バッハ/無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番ハ長調 BWV.1005~ラルゴ Vn:アルベナ・ダナイローヴァ 2.レスピーギ/教会のステンドグラス 3.レスピーギ/交響詩「ローマの祭り」 1月B定期はヘスス・ロペス・コボス . . . 本文を読む
コメント

日下紗矢子&クレメンス・ハーゲン&河村尚子

2017年01月12日 | pocknのコンサート感想録2017
1月10日(火)Vn:日下紗矢子/Vc:クレメンス・ハーゲン/Pf:河村尚子 ~トッパンホール ニューイヤーコンサート 2017~ トッパンホール 【曲目】 1.ベートーヴェン/チェロ・ソナタ第2番ト短調 Op.5-2 2. コダーイ/ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲 Op.7 3.シューベルト/ピアノ三重奏曲第2番 変ホ長調 Op.100 D929 ハーゲン・クァルテット . . . 本文を読む
コメント

2017 新年富士を眺める山歩き(鬼ヶ岳~鍵掛峠~王岳)

2017年01月09日 | 山&ハイキング
2017年1月5日(木) 山登りのブログはすっかりご無沙汰になってしまいました。アップしたいものは沢山あるけれど、取りあえず一番近いところで新年恒例の富士山を眺める山歩きをアップします。 毎年のように訪れている根場~雪頭ヶ岳~鬼ヶ岳~鍵掛峠のコースを歩き、今回初めて更に西へ歩を進め、王岳まで行ってきました。天気は一日快晴!前日までの暖かな陽気から冬型の気圧配置が強まってきて風が冷たかったですが . . . 本文を読む
コメント

夏のヨーロッパ家族旅行2014

2017年01月07日 | 夏のヨーロッパ家族旅行2014
2014年8月に家族4人で出かけたヨーロッパ旅行のレポート ドイツ  バッハラッハ BACHARACH    ~ライン河畔に佇む珠玉の町~         ↓ ルクセンブルク  ルクセンブルク LUXEMBOURG    ~天然の起伏が生きる緑の首都~         ↓ ベルギー  リエージュ LIÈGE    ~重工業で栄えたベルギーフランス語圏のダウンタウン~         ↓ ふたた . . . 本文を読む
コメント

ローマ街歩き(その2)ナヴォナ広場~パンテオン周辺~トレヴィの泉~スペイン階段

2017年01月06日 | 夏のヨーロッパ家族旅行2014
2014年 8月20日(水) ROMA ティヴォリから、今朝最初にメトロに乗ったLepando駅に戻ってきた。時刻は3時半。これから残された時間はローマの町中散歩だ。明日は朝早く空港に向かうので、これが今回の家族旅行最後の観光となる。エステ荘の涼しさはどこへやら、ローマ市街は暑い。。! まずはジェラッテリーアでアイスを食べる。2種盛り合わせで2ユーロ。 名勝サンタンジェロ城の前は人だかり。お . . . 本文を読む
コメント

2017年 新年のご挨拶

2017年01月02日 | pocknの気まぐれダイアリー
2017年1月1日(月) 新年あけましておめでとうございます 今年も facciamo la musica! よろしくお願いします! まずは去年の抱負を検証し、今年の抱負を… と例年のようにテーマごとに細かく書いていたら5000字近くになり、もう2時間以上も経ってしまいました。これこそ今の自分に必要な見直すべき点と悟り、もうすぐ完成というところまで書いたものを思い切って全て破棄して、今年の目標を . . . 本文を読む
コメント

辻井伸行 ピアノリサイタル

2016年12月26日 | pocknのコンサート感想録2016
12月22日(木)辻井伸行(Pf)  ~辻井伸行 日本ツアー~ 府中の森芸術劇場 どりーむホール 【曲目】 1.バッハ/イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV971 2.モーツァルト/ピアノ・ソナタ第17番 変ロ長調 K.570 3.ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調 Op.27-2「月光」 4.ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調 Op.57「熱情」 【アンコール】 1 . . . 本文を読む
コメント

ブロムシュテット/N響の第九

2016年12月23日 | N響公演の感想(~2016)
12月21日(水)ベートーヴェン「第9」演奏会 N響創立90周年記念 NHKホール 【曲目】 ベートーヴェン/交響曲第9番ニ短調Op.125「合唱つき」 【演奏】 S:シモーナ・シャトゥロヴァ/MS:エリーザベト・クールマン/T:ホエル・プリエト/Bar:パク・ジョンミン ヘルベルト・ブロムシュテット指揮 NHK交響楽団/東京オペラシンガーズ 9年ぶりに年末の「N響の第九」を聴いた。一番の . . . 本文を読む
コメント