facciamo la musica!

作曲をするpocknが週1以上ペースで通っているコンサートの感想録を中心に、クラシック音楽を追求します。

やめよう!エスカレーターの片側空け (写真を追加しました 2016.10.23)

2018年02月21日 | pocknの気まぐれダイアリー
2014年12月6日(土) 強者のためのエスカレーター  エスカレーターの片側を空けるマナーが、最近は駅だけでなくスーパーやデパートでも当たり前のように行われている。このせいで、片側はがら空きなのに乗り口に長い行列ができてしまうことも珍しくない。  安全のために並んで乗るべき小さな子供とその親や、足の不自由な人とその付き添いも無理して前後に乗らねばならない。空いている片側はいかなる時も急ぐ人のため . . . 本文を読む
コメント (18)

原子力おことわりバッグ

2018年02月21日 | pocknの気まぐれダイアリー
2012年1月28日(土) このブログの新年の挨拶で、年頭の目標に「反原発行動を始める」と書いた。それは、たまたま見つけたドイツ在住の方のサイトで、一人でもできる反原発行動に持って来いのグッズが紹介されているのを見たのがきっかけ。そのグッズとは、「原子力?おことわり」と大書きされた、黄色い麻のエコバッグ。これをただ持ち歩くだけで、多くの人の目にとまり、反原発の意思表示ができるというもの。「これな . . . 本文を読む
コメント (14)

東京藝術大学バッハカンタータクラブ 2018年定期演奏会

2018年02月21日 | pocknのコンサート感想録2018
2月18日(日)東京藝術大学バッハカンタータクラブ 東京藝術大学奏楽堂 【曲目】 1.バッハ/カンタータ 第184番「待ち望んでいた喜びの光よ」BWV184 S:森由貴、金成佳枝/A:大田茉里/T:沼田臣矢、星野文緑/B:小池優介 2. C.P.E.バッハ/12のオブリガート声部による4つの交響曲~第2番変ホ長調 ♪ ♪ ♪3.バッハ/カンタータ 第77番「汝が主なる神を愛せよ」BWV77 S . . . 本文を読む
コメント

花蓮 ~「日本」が残るパワーストーンの町をチャリで巡る~(台湾旅行2014)

2018年02月17日 | おもしろすぎる台湾
2月6日、台湾の花蓮で大地震が発生し、大きな被害をもたらし、多くの犠牲者、負傷者が出てしまいました。花蓮は4年前に訪れた思い出の町で、心が痛みます。花蓮の皆さま、台湾の皆さまに、心からのお見舞いを申し上げます。 花蓮の現状は落ち着いているとのことですが、観光客がほぼ皆無になってしまったとのこと。花蓮を応援する気持ちを込めて、4年前のブログをリストのトップに上げました。加油台湾!2018.2.17 . . . 本文を読む
コメント

礁渓温泉で「温泉魚」体験、宜蘭で「石敢当」巡り

2018年02月17日 | おもしろすぎる台湾
2月6日、台湾の花蓮で大地震が発生し、大きな被害をもたらし、多くの犠牲者、負傷者が出てしまいました。花蓮は4年前に訪れた思い出の町で、心が痛みます。 台湾旅行のブログを新規に投稿するに当たり、花蓮の皆さま、台湾の皆さまに、心からのお見舞いを申し上げます。加油台湾! 2018.2.11がんばれ台湾 花蓮加油 ~旅々台北.com緊急特集より~ 花蓮 ~「日本」が残るパワーストーンの町をチャリで巡る~ . . . 本文を読む
コメント

スペシャルコンサート 響華

2018年02月14日 | pocknのコンサート感想録2018
2月12日(月) 市立川口高校吹奏楽部&卒業生による スペシャルコンサート 響 華   ~感謝の気持ちを音に託し 響き繋いで華やかな未来へ~ さいたま市文化センター大ホール 【曲目】 Ⅰ部 卒業生ステージ "響き" ♪ リード/音楽祭のプレリュード ♪ 佐藤博昭/天国の島 ♪ ホルスト/吹奏楽のための第2組曲(聴けず。。) ♪ シベリウス/交響詩「フィンランディア」 Ⅱ部 現役生ステージ " . . . 本文を読む
コメント

Gebet ~祈り~(4人の歌手による祈りの歌)

2018年02月06日 | pocknのコンサート感想録2018
2月3日(土)Gebet ~祈り~ 横浜海岸教会 【曲目】 ♪ バッハ/カンタータ第147番「心と口と行いと命」~「主よ、人の望みの喜びよ」 ♪ トスティ/祈り ♪ メンデルスゾーン/オラトリオ「パウルス」~「いまこそ我らは御使いとなった」 ♪ メンデルスゾーン/オラトリオ「エリア」~「心を尽くして我を求めならば」、「いざ渇けるもの、皆水に来たれ」 ♪ ロッシーニ/小荘厳ミサ~「この世の罪を」 . . . 本文を読む
コメント

大野和士/都響:トゥーランガリラ交響曲

2018年01月24日 | pocknのコンサート感想録2018
1月20日(土)大野和士 指揮 東京都交響楽団 第848回 定期演奏会Cシリーズ 東京芸術劇場 【曲目】 1.ミュライユ/告別の鐘と微笑み~オリヴィエ・メシアンの追憶に(ピアノソロ) 2.メシアン/トゥーランガリラ交響曲 Pf:ヤン・ミヒールス/オンド・マルトノ:原田節 メシアンの、更には20世紀音楽の代表作とも言えるトゥーランガリラ交響曲だが、特殊楽器を含む大きな楽器編成と長い演奏時間のため . . . 本文を読む
コメント

N響公演の感想タイトルリスト(2017~)

2018年01月21日 | N響公演の感想(~2016)
「N響公演の感想」カテゴリーから投稿していた記事は、2017年より年ごとの「pocknのコンサート感想録」へ集約します。こちらのリストでは公演のタイトルのみ記載し、記事本文へリンクを張ります。 2018年1月18日(木)サントリーホール ♪ダーヴィト・アフカム指揮 NHK交響楽団 《2018年1月Bプロ》 R.シュトラウス/「ドン・ファン」、ラヴェル「ラ・ヴァルス」他 2017年12月14日( . . . 本文を読む
コメント

N響 2018年1月B定期(ダーヴィト・アフカム指揮)

2018年01月21日 | pocknのコンサート感想録2018
1月18日(木)ダーヴィト・アフカム指揮 NHK交響楽団 《2018年1月Bプロ》 サントリーホール 【曲目】 1.R.シュトラウス/交響詩「ドン・ファン」Op.20 2.モーツァルト/ピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466  【アンコール】  ♪ ショパン/マズルカ 第45番イ短調 Op.67-4 (遺作) Pf:小山実稚恵 3.R.シュトラウス/歌劇「ばらの騎士」組曲 4.ラヴェル/バレエ音 . . . 本文を読む
コメント

平成29年度東京音楽大学大学院修士演奏より

2018年01月20日 | pocknのコンサート感想録2018
1月16日(火)平成29年度東京音楽大学大学院修士演奏 鍵盤楽器研究領域(伴奏)一日目より 東京音楽大学100周年記念ホール 【発表者】藤島さつき(Pf) 【共演者】北村さおり(S)/竹中勇人(Vn) 【曲目】 ♪ デュパルク/前世 ♪ デュパルク/戦いの起こった国へ ♪ デュパルク/フィディレ ♪ プーランク/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ FP.119 ♪ ドビュッシー/忘れられし小唄 . . . 本文を読む
コメント

大中恩が好きすぎて9

2018年01月11日 | pocknのコンサート感想録2018
1月8日(月)大中恩が好きすぎて9 ~こどもだったことのあるすべてのひとへ~ 紀尾井町サロンホール 【第1部】 ♪ おとなマーチ ♪ さあ歌おう ♪ ぷぷん ぷん ♪ あなあきポケット ♪ ビリのきもち ♪ ポンコツマーチ ♪ むりしてスーパーマン ♪ スケベエ大会のうた ♪ 《こどものうた》による歌曲集「こんなしずかな晩は」より14曲 ♪ 早口ことばのうた ♪ 犬のおまわりさん ♪ サッちゃ . . . 本文を読む
コメント

新年明けましておめでとうございます

2018年01月02日 | pocknの気まぐれダイアリー
2018年1月1日(月) 新年あけましておめでとうございます 今年も facciamo la musica! よろしくお願いします! 今年の年賀状も昨年に続いてプリントゴッコで作りました。 モチーフは去年の夏に家族で行った福島旅行で立ち寄った、南会津の大内宿。 深い山間に茅葺き屋根の家並みが続き、人々の長い営みが感じられ、心の中にある原風景に出会ったような懐かしさと趣を感じるところでした。 そ . . . 本文を読む
コメント

夏山2017 上高地~涸沢~奥穂 テント2泊3日の山歩き

2017年12月31日 | 山&ハイキング
 2017年8月3日(木)~8月5日(土) 北アルプスの主峰と言えばやっぱり槍・穂高。穂高へ登るには上高地から涸沢へ上がり、そこから奥穂や北穂を目指すのが一般的なルートだ。これまで奥穂と北穂は2回ずつ登っているが、全て涸沢を経由した。だけど涸沢はいつも通過点で、お昼休憩ぐらいしか過ごしたことがない。涸沢にテントを張って1泊し、広大なカールでゆっくり散策でもして、モルゲンロートに映える穂高連峰を眺 . . . 本文を読む
コメント

早稲田大学フィルハーモニー管絃楽団第77回定期演奏会

2017年12月30日 | pocknのコンサート感想録2017
12月27日(水)松岡 究 指揮 早稲田大学フィルハーモニー管絃楽団 ~第77回定期演奏会~ 杉並公会堂 【曲目】 1.モーツァルト/歌劇「魔笛」序曲 K.620 2.ハチャトリアン/組曲「仮面舞踏会」 3.ブルックナー/交響曲第4番 変ホ長調 「ロマンティック」 WAB.104 地元の小学校の音楽教室で毎年素敵な演奏を聴かせてくれるので興味を持ち、前回の定期演奏会に出かけて感動し、「次 . . . 本文を読む
コメント