磁器装飾アトリエ&磁器上絵付教室 (東京) ピアットスカーナな暮らし

イタリア・フィレンツエ18世紀から続く伝統技法で磁器に装飾する日々。日本語/イタリア語で気ままに綴ります。

注文制作の旅ものがたり:la sagura che festeggia i bambini

2017-04-29 21:25:15 | JAPANの街

新大阪からJRで神戸三宮へ入り、朝食をとる。鉄道を乗り継いで、阪急本線の香櫨園(こうろえん)駅で下車。初めて訪れた場所は、閑静な住宅地という印象。目的地に着く前に、思いがけない風景と出会った。この川の名前は、夙川(しゅくがわ)というそうだ。風物詩ですね~。


*****

夜の約束まで京都へ足をのばした。駅近くの東寺(教王護国寺)に向かう途中、野菜種屋が豆を販売していた。予想外の日本らしい情景が嬉しくなり、家族や友人のお土産に各ニデジずつ購入。「ニデジで○○円」、懐かしい響きだなあ~。

*****

東寺では、国宝建築や彫刻、襖絵などの美術工芸品、日本庭園を鑑賞。不意をついて、視界に鳥が現れた。屏風から抜け出てきたように、目の前を上手に歩いていく。こんな絵が欲しい~。

ワクワクするサプライズの連続だった近畿滞在は、ちょうど昨年の今頃のこと。その余韻は長く、心を豊に育み続けている。

*****

写真は、今年の桃の節句に納品した、オーダーメードの雛人形。「旅行に連れていけるような」というお客様のリクエストにお応えして、大きさは持ち運び可能なコンパクトサイズに。ご家族と雛人形の幸せな未来ストーリーが楽しみだなあ~。


*****

現在、同じお客様からのご依頼で、男の子の節句を祝うお品物を制作中。本日は、窯に第2焼成(注1)が入りました。

お届け先のママさんから「天使を描いて欲しいのです。」と伝言を受け取り、2つのデザインをご提案しました。タイトルは「出発の合図:Partenza」と「星に願いを:Speranza」。ストーリーを膨らませながら、私も完成への期待感が高まってまいりました!磁器製のベビーシューズは5月の良き日に、静岡県へ旅立つ予定。
しばしこのBGMでお待ち下さいますか?🎶 ▼「星に願いを」~When You Wish Upon a Star~日本語詞付き




注文制作は、仕込み品(完成品)に比べれば、費用も完成までのお時間もかかります。それでもリピーターのお客様が多いのは、私も感じているような「ワクワク感」に関係があるのだろうと思います。ご要望を伺いながら、いつも、その内容に感動させられています。皆様のこだわりの逸品を描くとこができ、ありがとうございます。

引き続き、来週から第3焼成に入ります。この旅のお話は、またいつか。
皆様におかれましても、5月の良いご旅行やリラックスタイムを。

(注1)白い磁器に彩色を加える工芸です。高温焼成を繰り返して、細密度の高い完成品にします。(「陶磁器上絵付」とは)

*****

▼Home ▼About me ▼ギャラリー(1・ 2・ 3 ・4) ▼定番商品注文制作のお問い合わせ方法 ▼教室案内


*****
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これからも魅力的に変化する... | トップ | Limoges >>> WAKO 6F, GINZA,... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

JAPANの街」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。