ギラヴァンツ北九州ペリサポのブログ

ギラヴァンツ北九州の末端/周辺サポーターのブログです。ハンドル名はペリサイトです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

花火画像の忘れ物

2011-08-26 01:35:12 | Weblog
愛媛戦後の花火の画像を携帯で撮っていたのを野次問題で忘れてました。当然うまく撮れてなかったけど、この2枚で雰囲気くらいは伝わるでしょうか?





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「あまりに汚く、捻りがなく、しつこい野次を減らそう!運動」発進?

2011-08-23 17:14:49 | Weblog
個人的に野次問題が危険水域に達していると判断せざるを得なかったので、とりあえず、バナーを作ってみました。ご賛同いただける方はご自由にお使いいただいて結構ですが、直リンクせずにダウンロードしてお使いください。



日曜日の愛媛戦の北九州側ゴール裏では相変わらず、汚く、捻りがなく、さらにしつこい審判や相手選手(とくにGK)に向けられた野次が繰り返されていました。やじられ続けられなければならないくらい審判が偏っていたジャッジをしていたのか、そして、GKが本当に遅延行為を繰り返していたのかは、現場ではわかり難い場合が多いので、スカパーe2の放映を待っていました。月曜日の深夜の放送見て、正直、驚きました。

審判の件は異論はあるかもしれませんが、放送を1.5回繰り返して観た限り、自分にはジャッジに大きな偏りはなかったと感じられました。池元選手がPA内で倒されたのも、相手DFが上手に体を入れていたし、むしろ、後半、愛媛の齋藤選手(噂にたがわぬ素晴らしい選手でしたね)が倒されたシーンの方がファールになってもおかしくなかったと思いました。佐藤選手の手に触ってラインを割った明らかに愛媛のコーナーキックとなるべきケースもなぜかゴールキックになっていましたし(相手チームのコーナーが一本もなかったのも現場では気づきませんでした)、両チームの選手へのファール判定も概ね妥当で公平だったと思います。林選手がGKともつれたシーンでの林選手のファールは厳しいかなと思いましたが、全体としてはむしろ北九州よりと言えないこともないと感じられました。

ここに書けないようなストレートで捻りもまったくない誹謗中傷・脅し混じりの汚い野次を浴び続けた審判は気の毒でした。GKだって十分に許容範囲内ではなかったでしょうか。あれで遅延行為とったら、それこそブーイングものです。見通しの悪いC席からの観戦では1.北九州の選手の動きが実際以上に悪く見える、2.逆に相手選手がゲームを実際以上に支配しているように見える、3.審判のジャッジが相手チームに有利に下されていると感じる・・・といった傾向にあると思います。

やはり、野次は明らかに的を射ていなかったとしか書きようがないと思います。と申しますか、自分には汚い野次を続ける連中の動機が正直な話、まったく理解できません。「気晴らし」「憂さ晴らし」「ただ目立つことだけが目的」以外にあるのでしょうか?審判も人の子、ああいった野次を浴び続けたら、公平なジャッジは期待できなくなるかもしれません。まさしく利敵行為と思いますが、もはや、そういった偏ったジャッジを望んでいるのではないか(そうすればさらに野次れるから)とのうがった推測もせざるを得ないくらいです。

アウェーの京都戦では、ゴール裏の野次軍団は前半早々に運営担当者から汚い野次に対して注意を受けましたが(審判への野次が脅しモードになってきた瞬間でした)、注意された際の彼らの腰砕けぶり、ペコペコぶりは傍で見ていても気の毒なくらいでした。一方、運営担当者の毅然たる態度は見事だったし、注意は実に効果的でした。長年の経験とそれに基づく危機管理が行き渡っている証拠だと自分は感服しました。

もちろん野次問題は北九州に限ったものではないのでしょう。タイミングを見計らった捻りの聞いた野次(家に帰って、思い出して、思わずにやりとするようなもの)は大歓迎しますが、ストレートな野次はもうおなか一杯になりました。ということで、こんなバナー作って貼っても抑止効果はないでしょうが、とりあえず作ってみた次第です。せっかく徐々に増えてきたゴール裏の応援者仲間たちがこれからも楽しく応援できるように望んでます。

飛び跳ね問題はまた後日にします。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

顧客の創造

2011-08-16 22:43:07 | Weblog
「もしドラ」の総集編を出張先でぼけ~~っと見ていて思い出しました。自分は原作を読んでませんし、NHKで放映されたアニメもとびとびにしか見ていませんでしたが、とくに印象に残ったエピソードは「顧客の創造」でした。アニメでは確か顧客を「部員」「部員の保護者」「学校関係者」としていましたね。それでは、我らがギラヴァンツの顧客って誰なのかをずっと考えていましたが、労使関係などをまったく無視して思いっきり発想を転換してみました。

ギラヴァンツの顧客を「選手」って無理やり設定してみると(かなり無理はありますが)、このクラブの目的は「選手に感動を与える」となるでしょうか。そうするとクラブも「選手やクラブを応援している広義のサポーター」もしないといけないことは「選手が試合で全力を発揮できるようにすべての環境を整える」ってなるのかもしれません。

さて、末端サポーターの分際で乱暴なパラダイムシフトをしておいて現状を振り返るのも妙な気はしますが、いろいろ考えるヒントにはなると思います。皆さんも考えてみてください。さて、現状はどうなのでしょうか。選手を中心に考えているようで実際にはそうでないことが多々見受けられるような気がします。

アウェイの京都戦でも気になったサポーター側の問題点を書きますと、以前も書きましたが「好い加減、汚いヤジはやめましょうや。そんな元気が残っていたら、もっと声出して飛び跳ねよう!」です。相手側の選手や審判に向けられた汚いヤジは当然、顧客である「選手」にも届いているのですよ。

クラブ側にもいろいろ注文付けたいところですが、しばし押さえて、次回は強引に話題を「飛び跳ね問題」に変えます。題名は「なぜ今更ジョギングをはじめたか」(副題はBorn To Run)を予定しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっとわかった(気がする)

2011-07-19 23:31:56 | Weblog
長年、野球では東京ヤクルトを応援しているが、シーズンオフに主力選手がMLBに行ったり、金満球団に強奪されたりすることが毎年の恒例行事のように続いてきた。さらには野球にはトレードも多いため、他チームに移った選手の成績には無関心を装わないと、残されたメンバーで必死に戦っている球団への応援に集中できないよなあとさえ思っていた。さらにF1でも(とくにセナの死後は)すべてのF1パイロットを応援しているつもりだった。

地元のサッカーチームを応援し始めても、それらの習慣が続いていたような気がする。自分にはサッカーの応援者のなかにチームを離れた選手の動向を長期間に渡って気にかけておられる方が多いのがむしろ不思議でならなかった。今あるチーム全体に感情移入しているなら、チームを離れた選手に対してはさほどの関心を抱けないんじゃないかなあと思っていたからである。

今日になってやっと皆さんの気持ちがわかったような気がする。チーム全体に感情移入してきたつもりでも、そんなちっぽけな心持ちをはるかに凌駕するような別格の存在となっていた選手がいたことを今更ながら気づいたからである。その選手がチームを離れるというニュースには茫然とした。そして、自分がサッカー応援者としてはまだまだ初心者であるということをあらためて思い知らされたような気がする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

折尾駅の変貌

2011-07-02 11:36:10 | Weblog
今週の日曜日(草津戦のあった日)の朝に所用で折尾駅に行ったら、ホームの各所にシャトルバスへの案内横断幕が大々的に掲出されてました。

まずは、鹿児島線の上りホーム(小倉方面)



東口への誘導横断幕の拡大です。



次いで上りホームの西口降り口



下りホームにも



下りホームからも上りホームの横断幕がみえます。



やっと、らしくなってきましたね。関係者各位には敬意を表したいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンリブ折尾店(ギラヴァンツ写真展)

2011-06-21 18:53:08 | Weblog
サンリブ折尾店でギラヴァンツ写真展が行われています。199号寄りの入口から入ってすぐ左側の休憩コーナーの壁3面(入口  _| ̄|  ←こんな配置)の_面と ̄面に写真が、|面にフラッグが掲出されていました。



入ってすぐの_面です。中央をアップすると↓



「サンリブ折尾はギラヴァンツ北九州を応援しています」のありがたいメッセージが選手紹介ポスターの下に書かれています!

さらに|面にはフラッグが掲げられています。



最後の ̄面にも写真が掲出されています。



その右に再び|面がありますが、やや年季の入ったポスターも掲出されています。これは今回の写真展以前から掲出されていたものと思われます。おそらくはT氏のご努力の賜物ではないでしょうか。

写真展で掲出されている写真はアウェーの愛媛戦、ホーム水戸戦あたりかなと思われましたが(自分も時間がなかったのでざっとしかみていませんが)、よほど急いで設置したのか説明文が一切ありません(汗)。現状では超マニア向けです。日程表も見かけませんでした。大変残念ながら、現状では集客にはあまりつながらないかもしれませんが、サンリブがここまで協力してくれているのには頭が下がりました。

クラブ側が一般客にアピールするような工夫をもっと施したら、こういったイベントの積み重ねで集客につながるものと思います。実にもったいないと感じましたが、クラブが重い腰をやっと持ち上げて、本陸近傍の折尾のショッピングセンターでこういったイベントを始めたことは大変素晴らしいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新スタジアムの集客数

2011-06-17 19:42:57 | Weblog
既に読まれた方々も多いでしょうが(いつの間にか口調が戻ってる:汗)、毎日新聞の記事によると北九州市のスポーツ振興課がギラヴァンツの新スタジアムオープン後の平均集客数を7000人と想定しているそうです。

まあ、妥当な線ではないでしょうか。この数字が達成できるか否かはこれから盛り上げることができるか、及び、駐車場が完備できるかの二つが大きく影響すると思います。

二週毎におらが街のJのチームがホームで試合をし、それを応援できることがどんなに素晴らしいかを一人でも多くの市民に知って貰えるにはどうしたらよいのでしょうか。あと5年はあっという間です。それなりにいくつかはアイデアがありますが、J参入後はなんとなくクラブの敷居が高くなってしまい、アイデアや要望を伝えにくくなった印象があります。

まずはA4版のホーム新日程表を作成して欲しいです。大きなポスターは多くのコンビニで掲出を断られましたが、A4版以下ならば各店長の判断で自由に掲出できるそうです。日程とチケットの種類と購入法(セブンとローソンに加えてぜひEプラスも)、臨時駐車場およびシャトルバスくらいの情報に加えて携帯サイトのバーコードで十分でしょう。

もちろん、A4ならチラシとしても使えます。アウェイで試合がある週末にショッピングセンターやナフコさんで数時間単位でガンガン配り続けましょう!平日の夕刻に市内主要駅に行くのはとってもとっても難しくても、週末で駐車場が完備された場所ならばチラシ配りを手伝える方々も多いと思います。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

余計な一言では

2011-06-14 16:35:13 | Weblog
本陸の場内アナウンスでずっと気になっていることがある。タイムアップ後、アウェイチームのサポーターに遠路の来場に対して、ねぎらいの言葉をかけるのは結構だが、「またのお越しをお待ちしています」はどうなんだろうか?

上位チームに限らず、どのチームもJ1を目指しているわけだから、内心「冗談じゃねーぞ。誰がまた来るかい。」と思われているのではないだろうか。幸い、今までクレームがついていないのはアウェイサポーターが大人対応をされていたからに過ぎないのではないだろうか。また、クレームがついたら、誰がどう対処するのか決まっているのだろうか。

このあたりからも「リスク・マネージメント不足」を強く感じざるを得ない。そもそも相手チームおよびサポーターに対する、いや、サッカーそのものに対するリスペクト不足が根底になければよいのだが。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

まだやってるの?

2011-06-10 14:14:06 | Weblog
かなり辛辣な口調&内容の記事が続かざるを得ないのは不本意ではあるが、アリバイ的集客活動には賛同できない。

以前も書いたと思うが、本陸に来る人は概ね車を使う。いくら駅前でチラシ配っても、車を日常的に使用しない人々にチラシを配っても効果は少ないと思う。むしろ、ファミリー層を中心に車で買い物に出かける郊外型のショッピングセンターやDIY店(せっかくナフコさんはユニフォームスポンサーなのに)でこそ、チラシ配布は効果を発揮すると思う。

自分はJFL時代に2回、ナフコさんの店頭でチラシを配らせて貰ったが、受け取ってくれた方々(半分強くらい)からは激励されたり、いろいろ貴重なお話を頂戴できたりして、それなりに勉強になった(厳しさもわかったけど)。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

事実誤認だ!!!!!!

2011-06-07 20:31:11 | Weblog
あるクラブの公式メルマガで別のクラブの観客数が多いことに触れてあった。スタジアムが駅前に立地しているため集客しなくてもはじめから観客数が多かったとか(あまりに頭にきたので記憶が曖昧)書いてあった。

明らかな事実誤認(自分には縁の深い所の話だったので、そこのクラブ関係者と地元の皆さんが長年にわたり地道な集客活動をされているのを漏れ聞いていた)と「自分たちのクラブでスタジアムに客が来ないのはスタジアムの立地条件のためだ」とでもいう自分たちが集客にいかに努力(してますよね???)しても客が来ないことへの苛立ちが窺えるような情けない内容だった。紙媒体なら破り捨てるような内容だったけど、メルマガだからそういうわけにもいかない。繰り返しになるが情けない限りである(長~~~~~~~い溜息)。

車社会の地方都市ではスタジアムの駅前立地はさほどメリットがありませんよ。むしろ、週末の駅前のさらなる混雑を招き、駐車場不足で観客数はきっと頭打ちしますよ。と、予言しておこう。

安易な思い込み記事をネット配信したクラブ関係者には猛省して欲しい!

付記1:ファンクラブ会員向けの公式メルマガの話でした。
付記2:すでにこの問題は終息に向かいつつあるようです。
付記3:上記の予言はもちろん、まだ新スタジアムがない方のクラブ向けです。

付記4:付記2となるものと思ってましたが、最悪の対応で話がややこしくなりつつあるとか聞きました。

付記5:てっきり付記1のようなファンクラブ向けと思っていましたが、違っておりました。どのような対象にメルマガとして発信しているかは不明のままです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加