goo

妄想機関車2両の暴走。4

2017-05-12 06:11:15 | Weblog
茨城のwildswansのアトリエに到着。
早速ゲストキャビンにキャビネットを取り付ける。
取付高さなども相談しながら、何とか取付完了。






              Photo: kaorupic


木製の滑車はwildswansの製品に付属しているコバを磨くスリッカー。
スリッカーそのままと口径が少し大きい物を製作して2種類の滑車を使用している。
扉とおもりを繋いでいるは足踏みミシン用の革ベルト。(wildswansの製品の縫製には足踏みミシンが使用されています。)
これらは鯱丸さんのアイデア。
スリッカーと革ベルトを使う事でグッとこのアトリエに馴染んだと思う。


真鍮のおもりやハンドルは使っていく内に光加減などドンドン表情が変わっていくと思う。
とても楽しみ。

頭の当たる可能性のある下端の角は保護材としてレザーを張り付けて真鍮ネジで止めている。
扉の両サイドに戸車を仕込んであり、本体内側の溝加工された部分を通るので昇降時にガタつかない。
おもりでバランスをとっているので、扉は任意の位置で止まる。


既製品の金物に使いたい物がなくて、「なんか考えて自分たちで作れば空間をより良くできそう」と口にした事から始まったキャビネット作り。
「なんか」を探している内に時間はどんどん過ぎていくのになかなかいいアイデアが浮かばなくて、焦ったりビビったりしたけど、何とかカタチにする事ができた。
ある区切りまでいけると、頭を悩ました事やしんどかった事なんかはサーッとキレイに流れていってくれて、心には最後の楽しいイイ気分だけがずっと残ってくれるのが不思議。
一緒に迷走、暴走した鯱丸さんと走る事を許してくれたK's Factoryの皆さまに心より感謝します。



翌日、真っ青の空の前を印象的な雲が流れる清々しい日にwildswans新アトリエの落成式がありました。
繋がりのある人たちが大集合。
天気も会話も爽快なホントに気持ちのいい1日。


Photo: kaorupic

鯱丸さんの作品「根と空と」の上で宮内優里さんのライブもあり。
wildswansのものはアトリエ、C.O.U.店舗をはじめ、造形、映像、音、写真などのすべてが人と人との繋がりから生まれてきている。
その場限りの寄せ集めではなく、繋がりは継続し、また新たに繋がり、強く広くなってきています。

繋がりの中で、僕も自分に出来る限りの役割を担わなければと感じている。
今までのやり方では間に合いそうない事もあるので色々と変化をつける努力をしていきたい。
それに今は何だか色々といいタイミングにある気がする。
きっと大変だろうけど、せっかく目の前にあるチャンスは逃さないように。

目の前には新しいアイデアを出さなければならないモノが沢山。
共同で製作するモノももう一点。
しっかり考え、悩みながら、走っていこうと思います。
最後には楽しいイイ気分になれるのだから。






オリジナルデザイン オーダーメイド家具 pat woodworking

goo | コメント ( 2 ) | トラックバック ( 0 )

妄想機関車2両の暴走。3

2017-05-09 06:23:42 | Weblog
フェリーがお昼頃に新潟港に到着すると山梨に向かってトラックを走らせる。
翌日の朝一番に鯱丸さんのトコに着けばいいので、ちょっと遠回りしながら上越経由で、北アルプスの景色を楽しみながら長野を通っていく事に。
下道をのんびり走りながら、景色が良かったら停まって眺めたり。
せっかくだから「旨い越後の酒を買っていこう。」と寄った酒屋さんやら、途中にあった市場なんかで時間を使いすぎて、穂高岳やらが見えそうなポイントに着いた頃にはもう真っ暗け。
「まぁ、また来る時の楽しみにしとこー。」と走り抜け、山梨県に入った所でちょっくら休憩、車中泊。

周りは満開の桜、その向こうの山並みにはまだキレイな残雪の景色の中で起床。
気持ちいい春の空気の中を走り、鯱丸さん家に到着。
地方ではあるけれど、都心までもそう遠くなくていいロケーション。
住宅は江戸時代に建てられた古民家。
元々は養蚕をしていたという建物は大きな断面の材が使われていて、がっしりどっしりしている。
建てた当時は辺りに太い材料が豊富にあったからそれを使ったのか、それとも養蚕には結構重たい機械などが必要で、そのために頑丈に作ったのだろうか?
周りには他にも古民家が残っていて、それらも外観からだけでもしっかりとした雰囲気を出していた。
ちょっとゆっくり観察してみると楽しそうな地域。

住宅や併設されたアトリエには作品や、

       指南馬 "Shinan-Uma"

創造の痕跡があちこちに。



整理整頓のいきとどいた居心地のいいアトリエで仕上げの組み上げに取り掛かる。

キャビネットの扉を滑車を使って上下に開閉する仕組み。
真鍮のおもりで扉との重量バランスをとる。


パーツの構成を考え出したり、細かい加工だったりに相当の時間が掛かっているはず。
ここまでやる人なかなかいない。
そしてその仕上がり具合はさすがの一言。

木製の滑車内部にはベアリングが埋め込まれていて、長期の使用にも耐えるように。

       Photo:鯱丸邦生



おもりを削り直して重量バランスを調整。
このバランスがとれるかかが心配だったのだけど、上手くいって一安心。
調整は必要だったので山梨まで行って正解。


奥さんの作ってくれる美味しい晩御飯を鯱丸さん一家と頂き、泊めてもらう。
ホントお世話になりました!!

翌朝、2両つらなってwildswansのアトリエのある茨城に向かう。




続く。






オリジナルデザイン オーダーメイド家具 pat woodworking
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

妄想機関車2両の暴走。2

2017-05-05 22:34:19 | Weblog
まだ漠然としているモノを頭の中で少しずつまとめていく。
「おや?」と感じる雰囲気をもちながらも、建物の一部としてキチンと溶け込むように。
イイ感じで仕上がってきている空間をより良く出来る気がする。

考えて。
頭から煙が出始めたら、作業して。
作業して体が疲れたら、また考えて。


ラフスケッチを描いて、送り合いながら少しずつ詰めていく。
寸法と機能面はきっちりと決めていかなければならないので、電話やメールで何度も何度も打ち合わせて。
作りながら少しずつ変化しているだろう細部の意匠は聞かないでおく。
実物を見せてもらう時のお楽しみ。

打ち合わせながら作っていってはいるけれど、動作が上手くいくのかどうか「?」の部分がいくつかあって、これは一体にしてみないと分からない。
最終的な調整に部品を宅急便で何度も往復するのでは時間が掛かりすぎるし面倒なので、山梨の大月市にある鯱丸さんのアトリエでやっつける事に。
日はWILDSWANSの落成式の前々日。
気持ちよく納めたいけれど、組み上げてみて上手くいかなければ男二人並んで「スイマセン!失敗しましたー。」と謝らなければならない。


ワクワクと不安が混じったヘンテコな気分でフェリーに乗り込み本州へと向かった。




           (鯱丸さんのスケッチより)


続く。





オリジナルデザイン オーダーメイド家具 pat woodworking
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

妄想機関車2両の暴走。

2017-04-30 06:46:12 | Weblog


WILDSWANSの新アトリエの横にゲストキャビンが建てられている。
3間X2間ちょっとの小ぶりな建物。
アトリエ見学に来た方がお茶をしたり、昼食をとったり、またちょっとしたワークショップが開ける空間。
絵本を沢山用意する事も建物が完成する前からの構想に入っていて、建物には訪れた子供たちが興奮してしまうような仕掛けもあります。
建物の全景や仕掛けについてはWILDSWANSの方よりいずれ紹介されることになると思うので、そちらが出たらまた紹介します。
アトリエ本体、ゲストキャビンを含め、敷地全体の空間のデザインを造形作家の鯱丸邦生さんが担っている。

キャビンのあちこちに普通では使わない意匠や材料が採用されています。
僕は建物内で使用するスツール、テーブル、本棚、食器棚の製作を担当。
スツールは『おあげ』。他は新しいデザインで。
そよそよでもいい、何とか新しい風を吹かせたいと願い、考え悩む。
テーブル、本棚と何とかカタチを見つけて作り上げ、食器棚が残った。

建物自体がそんなに大きくないので使用できる床面積を守るため吊り戸棚にすることになった。
箱の部分は僕が、扉のハンドルを鯱丸さんが作る共作にしようか、なんて話になっていたので、それを含めてカタチを探す。
幅1350mm、高さ400mm程の箱に対していい感じで開く扉の金物がないかと色んなメーカーのカタログを眺める。
「これいいな」と思える金物が全然見当たらなくて、あっちのカタログこっちのカタログと行ったり来たり。
機能的には問題ない物もあるんだけど、扉を開けた際に安っぽい樹脂製のカバーや外観がいいとは言い難い金具部分が見えてしまう。
せっかくイイ感じに仕上がってきている空間を、味気ない金物のせいで台無しにしてしまいそう。
「なんか違うアプローチが必要やな」と作業の合間合間に腕を組み、中空を眺める。
少し見上げた空間にパッと何かが現れやしないかと自分自身に期待するけど、なかなか湧き出てこない。
出てこなければ出てくるまで探すしかない。

子供たちにとって楽しい時間を過ごせる空間にしたいという意向がWILDSWANSの社長にもアトリエ長にも強くあるので、子供の気を引くようなモノならこの空間に合うだろうかと考える。
開閉する際、扉以外に何か違う動きをつければ子供は「おっ、なんだこれは」と思うかもしれない。
子供が反応すれば大人もそちらに目を向けるに違いない。
空想の中で少しずつカタチが見えはじめた。

鯱丸さんに電話する。
「既製の金具ではいいのがないから、滑車とかを利用した動きのある開閉装置を自分達で作った方がエエ感じになると思うんですけど、どうでしょ?」
「あっ、それ楽しそう。」

まだざっくりしたイメージで、きちんとしたモノに作り上げられるのかどうか不明確なまま「オモロイ、楽しい」が好物の男二人が勝手に暴走し始める。




続く。





オリジナルデザイン オーダーメイド家具 pat woodworking

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

白鳥が強く羽ばたき高度を上げる。

2017-04-26 23:38:16 | Weblog


昨日の晩、本州より帰ってきました。
平地ではほとんど散って葉桜になり始めていたけど、少し標高が高い場所は満開。
新潟、長野、山梨、茨城、栃木、福島。どこも素敵な春の景色を見せてくれた。


WILDSWANSの新しいアトリエが完成し、落成式がありました。
僕はアトリエ内、またはゲストキャビンで使われる家具を作らせてもらっています。
ここ2年の間、よく茨城の方に向かっていましたが、ここに作っていたモノを届けていたのです。

今年からアトリエ見学ツアーも始まります。
日本中から沢山の方々、そして世界各地のメーカーやブランドの人達も視察に訪れる事になるでしょう。

落成式を含めて今回の滞在はホントに楽しくて。
帰り際には、子供の頃のような気分になった。
夕方に周りがだんだん暗くなってきて、充分に遊んだのにもう少しその場所にいたくて家に帰りたくないような。
忘れかけていた子供の頃の気分を思い出させてくれるほど豊かな時間を沢山の方が与えてくれました。
心より感謝。

帰ってきてからも忙しい日々はまだまだ続いて一度に長く書いている時間がないので、今回の事は小出しに書いていきたいと思っています。






オリジナルデザイン オーダーメイド家具 pat woodworking
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
« 前ページ