goo

スローなブギにしてくれ。

2016-09-21 23:16:51 | Weblog

朝のお月さんが大きく見えてベッピンさん。
毎日、時間通りに現れてキッチリしてるね。



朝晩の気温が一気に下がり始め、木々の葉も少しずつ赤く染まり始めた。
季節、季節でしっかり仕事をこなして大したもんだ。

こっちは全然時間通りに仕事が進まなくて恥ずかしい限り。

毎日がすっ飛んでいく。
秒針のリズムをもう少しだけでもいいのでゆっくりにして欲しい。






オリジナルデザイン オーダーメイド家具 pat woodworking
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

使い切る。

2016-09-11 22:58:37 | Weblog


鉛筆は短くなったら補助軸に入れて使う。


補助軸でも掴みきれない短さになったら瞬間接着材で新しい鉛筆にくっつけて。
これで最後までちゃんと使い切れる。
資源は大事に。

鉛筆は三菱鉛筆をよく使う。
この三菱鉛筆株式会社は「三菱」の名は一緒でも岩崎弥太郎の三菱財閥とは関係ない。
三つの菱のマークの商標登録も三菱鉛筆の方が早いそう。

軍需や核開発にも手を付けている三菱グループへの不買運動では「鉛筆一本から買うのは止めよう!」と濡れ衣を着せられる事も。
そんな事にも慣れたもので三菱鉛筆は不買運動グループにも三菱グループにも文句を言わず製品を作り続けている。
なんだか気持ちいい感じがするので、鉛筆を買う時には三菱の製品に手が伸びてしまう。





オリジナルデザイン オーダーメイド家具 pat woodworking



goo | コメント ( 4 ) | トラックバック ( 0 )

赤とオレンジと金色を混ぜてドバっと撒く。

2016-08-24 23:10:43 | Weblog
4

夕暮れ時の空気がヒンヤリ。
光が空に色をまき散らしはじめた。





オリジナルデザイン オーダーメイド家具 pat woodworking


goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

Carly再マイナーチェンジ。

2016-08-13 23:12:42 | Weblog
座面と背もたれ部に三次元成型合板を使って仕上げている椅子『Carly』。
以前にマイナーチェンジしましたが、また少し形状を変更します。









背もたれと座面の曲面の組み合わせを変更します。
それにともないレザーの仕上げも変更


左が新しいタイプ。右が前のモデルです。

前モデルは軽作業時に適当な前傾姿勢をとり易くする為に座面前部を出来るだけ下方向に垂れさせていましたが、この垂れ具合を少し緩める事にしました。
レザー仕上げ特有の滑りやすさもあるので、休息時も含めたトータルの使用を考えて少し安定度を高めました。
お尻を包み込む局面も少し変更。
ちょっときつくして、これも安定への効果を狙っています。

背もたれ部は使用時に角が当たらないように上部で後ろ方向に曲げていますが、これも緩くする事にしました。
前モデルでは合板の一部を切り取る事で深い曲面を作っていました。
しかし、長期間の使用を考えるとやはり芯があった方が型崩れもしにくいので、成型合板で作れるギリギりの三次元まで戻す事としました。
欠きとった部分をレザーを折り返す事で対処していましたが必要性が無くなったので、背中の当たる前面部分だけの仕上げにします。
曲面は緩くしましたが、角が背中に当たる事はほぼありません。
極端に伸びをした姿勢で少し当たる程度です。





また、少し変更するかもしれませんが、今回の変更はこんなところで。

動と静。
角度と曲面。

バランスが悩ましい。






オリジナルデザイン オーダーメイド家具 pat woodworking
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

木々の声を聴く  2016年 夏。

2016-08-05 22:53:41 | Weblog
C.O.U.のブログに季節便りを載せてもらっています。
ここ最近、顕著に材料の質が低下しています。
輸入材が特にひどいので世界的に見て、資源の底が見えてきたという現状です。
なので、今回は過去の森林破壊について書いてみました。

こちらをポチリ

輸入材は基本的に北海道内で仕入れています。
樹種と厚みと最低限必要な長さを伝え、送ってもらうスタイル。
テーブルの天板などは素材の表情で仕上がりに大きく違いが出るので、なるべく良質の物を選び、使ってくれる方々にお届けしたい。
ここでの「良質」というのは突板の材料にするような特上の物ではなくて、普通に森で育って、普通に市場に出てくる物の中での話。
目が飛び出るような値段の材を使って仕事をしたいとは思わない。
普通の物で一般に使うモノを作りたい。
そこに永く使ってもらえるよう思いだけはふんだんに詰め込む。

注文する際には多めに頼み、その中から選択する。
天板に向かないものはとりあえずストックしておき、細かなパーツであったり、可能であれば椅子用材として使っていく。

ここ数年は結構多めに注文していてもダメで再仕入れする事もある。
そんな事をすれば短期の利益がきれいサッパリ消えてしまうけど、しょうがない。
もう、普通の素材を求めるのも贅沢な時代に入ってしまったのだ。

関西への買い付けを増やして国産材の使用率を上げていかなければと感じている。
そして、中部、関東、東北などの製材屋や市場と繋がりを作っていかなければ。
資金も時間も用意しなければ。

やらなければならない事だらけ。
でも、しょうがない。
やれるだけ、やるだけだ。








オリジナルデザイン オーダーメイド家具 pat woodworking

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
« 前ページ