goo

工房を移転します。

2018-10-21 06:41:23 | Weblog


北海道に来て11年。
建築から家具へと作るモノを変え、もがきながらやってきました。
ジタバタしている中で、自分にどんな事が出来るのか、何があまり得意でないのか、結局のところどうありたいか等、自分自身について大分と理解できるようになったように思います。
最初は全然上手く回らなかった仕事も少しずつ少しずつ良くなってきました。
この11年間に受け取った最大の報酬は、沢山の方々との出会いでした。

仕事の方が回り始め、「作る」という事を繋げていく段階になって、一緒に働いてくれる人を募集しようとすると今の場所のままでは少し難しいのではないかと感じました。
共に働いてくれる人に対しては仕事でいい内容や条件を用意すればいいですが、家族の人と一緒に来てもらう事になれば問題が起こりそうな気がします。
もちろん、ここでの生活の中にやりがいを見つけて気分よく毎日を過ごせる人もいると思います。
しかし、何か「これをやりたい」と思うものがある人には、過疎地で職業の選択が制限される場所では、不満が溜まってきてしまう可能性は低くない。
働いてもらう人に対してだけきちんとしていれば、その他の人は関係ないという態度では雇う人間としては無責任ではないかと感じました。
もちろんどこであっても完璧などないだろうけれど、こちら側で出来る事はやっておきたい。
そんな思いから、数年前から人は必要だったのですが何とか一人でこなして、移動資金を作りました。

新しい工房の場所も色々と探しました。
景色のいい会津、湿度などの環境のいい長野、山梨の高地、販売環境のいい東京、千葉。
そんな結果、茨城に貸してもらえる物件を見つけました。
稲敷郡河内町金江津というところ。
利根川沿いで、川の向こうは千葉の成田市です。
関東平野の中、田園風景の広がるロケーションです。
車でなら東京までも1時間ちょっと。
打ち合わせなどもいつでも出来るようになるので、東京の方との共同の仕事もどんどん進めていきたいと考えています。

北海道に雪が降り積もり、景色が真っ白になる前に引っ越しを完了する予定です。
年末年始に掛けて色々な事に遅れがでてしまうかもしれませんが、ご容赦お願い致します。

また違う世界、景色を見る為に新しい場所に飛び立ちます。
これまで以上に努力してまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

木々の声を聴く  2018 春。

2018-04-30 21:57:13 | Weblog
C.O.U.のブログに季節便りを載せてもらっています。
こちらからどうぞ。C.O.U.のブログ

動物は一定のサイズで留まるけれど、樹は生きれば生きるほど大きくなる仕組みの違いについて書いています。
時間にゆとりのある時にでも読んでみて下さい。






オリジナルデザイン オーダーメイド家具 pat woodworking -->
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

旅をするといつも喉が痛くなる。

2018-04-14 23:29:18 | Weblog
先週は作ったモノのお届け、設置、催事、打ち合わせ、材料の調達と、あちこちへ。

茨城、千葉、銀座、渋谷、青山、上野と回りながら、口はよく働いた。
色んな話をして、笑って大口開けて、開けたところにビールやらワインやらを流し込んで、旨いモンも頬張って。
喋りすぎ笑いすぎで、毎朝起きたら声が出にくくなっていた。
関東滞在では新たなオーダーをもらったり、新たな計画への話も何件かもらったり。
おもろそうな事は出来るだけ逃したくないから、とにかく今以上に張り切っていくしかない。


どこに行っても人が溢れていて。電車の中も人がパンパン。
今は地方に住んでいるからよく分かるけれど、東京の活気は恐ろしい量で田舎にあるものとは比べ物にならない。
ただ、感じるのは田舎にはない量と質のシラケた雰囲気も含んでいるという事。
シラケた雰囲気に真正面から立ち向かわない限り、今のままをずっと空回りし続ける事になるような気がする。
魅力ある活気があるのに成熟しないってのは、随分寂しい話。


硬い木のリクエストをもらっていて、ちょっと前に吉野の知り合いに電話してみたら「ある!」という事だったの今回は関西まで脚を伸ばして。
関西にいた頃からお世話になっている吉野の製材屋さんでローズウッド、ウエンジ、花梨、マホガニーを入手。
これらは床柱、床框として作られたもの切り落としが保管されていたもの。
どの材も今ではワシントン条約で輸出規制を掛けられているので、入手は段々と困難になってきている。
過去に輸入された後、あちこちの材木屋の倉庫に眠っていた材がたまに出てくる。
今回はたまたまタイミングが良かったらしく、譲ってもらう事が出来た。

行く事を連絡していた違う製材所の番頭さんが事前に僕の欲しい材を探してくれていて、名前は知っていたけど行った事のない材木屋さんに連れていってくれた。
黒滝村の徳田銘木へ。
到着してビックリ。
なんちゅう量と種類の豊富さ。
質の高い材も相当な量がある。
今まで色んな材木屋さんに行ったけど、一番大きい。
銘木の市場よりも大きい。
しかも、相当な広さがあるにも関わらず、どこも整理整頓が行き届いていて、品質の管理にも随分と気を使っているのがよく分かる。


元々は
磨丸太屋さんだったという事で、丸太の種類は相当なもの。


長いヤツ。吉野産。


北山の天然絞り。艶がスゴイ。


変わり種のヤツ。


杉のコブ材(山で生きている時に傷などがついて、その場所を自らで補修した跡。繊維が絡み合っていて独特の模様が現れる)。
コブのある材自体はめちゃくちゃ珍しいという訳ではないが、こんなに長くコブが続いているのは初めて見た。

少し離れた所に倉庫も2つあってそこもイイモンが一杯。


ここで黒檀を分けてもらった。

今回はバンだったからあまり積めなかったけど、次はトラックで行ってある程度の量を買わせてもらおう。
これからも永くお付き合いさせて頂ければと思っています。
どうぞよろしゅうお願い致します。


「ほんまにええ材木屋さん紹介してもろたわー。ええモン見れた!奈良まで回って大正解やわ。おおきに、おおきに~。」といい気分で車窓からの吉野の景色を眺めていると、ちょくちょく竹林を通り過ぎる。
ふと聞いてみる。
「筍はもう終わったん?」
「いや、最近出始めて今が一番ええ時や。持っていぬか?(帰るか?の意)」
「ほんま?やったやった。持っていぬわ。」
という事で、なぜか突然筍狩り。
番頭さんの親戚が竹林を持っているという事でそこに行く事に。
ひと声かけに行くと、「ほんなら私も行こ。」と親戚のおばちゃんも一緒に行く。
近くに住んでいる筍獲り名人のお友達にも声を掛けると「よっしゃ、おれに任せとけ。」





何だかワイワイと筍探し。
前の晩に雨が降った事もあって、あるわあるわ。
数十分の間に30個ほどの収穫。
これから1週間ちょっとくらいは旨いのが採れるようだ。
分けてもらった分をすぐあく抜きしてお土産に。

番頭さんは父親の同級生なので、僕は子供の頃からずっとずっとお世話になっています。
いつも楽しい時間をホントにありがとうございます。
心から。


今回もいつも通り忙しなかったけど、いい気分が溢れる旅になりました。
動くと学びと出会いが必ず現れ、それは出発前の自分より少し良くなっているという事。
もっともっと脚を動かして、口を動かして、チャンスを逃さないよう色んな事に体当たりしていきたいと思います。


色んな人へと繋いで頂き、みなさん、本当にありがとう。




オリジナルデザイン オーダーメイド家具 pat woodworking


goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

旅に出ます。

2018-03-30 22:26:01 | Weblog


雪はまだまだ残っているけれど、空気はもうすっかり春のもの。
ポカポカしていい気分だから、本州へ向かいます。

今年一発目の旅は納品、取付、打ち合わせ、材料の買い付けとあちこち行きます。
結構な距離を走ると思うけど、本州の空気を存分に吸ってこようと思っております。







オリジナルデザイン オーダーメイド家具 pat woodworking
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

新しい納め方も探す。

2018-03-26 05:50:59 | Weblog


方法なんてのも無限のもんだから実際問題いくらでもあるんだけど。
なかなかいいのが見つかんない。

無限の世界はいつも暗闇。






オリジナルデザイン オーダーメイド家具 pat woodworking -->
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
« 前ページ