P突堤2

「でにをは」別口入力・三属性の変換による日本語入力 - ペンタクラスタキーボードのコンセプト解説

かなキー84種 促音・拗音・撥音・長音等キーも個別にある。連続入力も可能、つながり方もさまざま

2016-07-20 | かな84キー+記号キーがある事の利便性
ローマ字入力では「っ」を連続で打つのは結構面倒であります。
かな入力でも「ゃゅょ」はシフトキーを押しながらでないと入力できないようになっています。
ローマ字入力早見表を見ないとわからないようなややこしいつづりの文字もいくつかあります。
かゆい所に手が届くようなちょっとひねった入力はペンタクラスタキーボードの得意とするところです。
まずは例を挙げていく方が早いと思うので、以下に挙げておきます。


うっうー・大した奴ェ・ガャなどの表現
全っっっっっ然知らない街を歩いてみたものの
デュプロマシー・セレンディピティ・ドゥーチェ・トゥールーズ・フュージョン
ふぅーじこちゅわぁーんのアメェイズィーンッなキャットウォークにメメタァッしたり
ジューシィーなモッツァレラチーズにシェリー酒
モーツァルトのコンツェルトもバッツィリ
クォーク・クァンタム・グェン・グァム島・イェール・ケツァルコァトル
ハウドゥユゥドゥ・ウォンバット
ごっつぁんです


[注]この記事は拗音の定義にいささか正確ではない認識にもとづいて書かれた記事です。
補足・訂正事項を記載した追記があります。下のリンクからご参照ください。
拗音の正確な定義

『コンピューター機器』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大海へと漕ぎ出したばかり | トップ | 「ゐゑを」はわ行の音-今まで... »
最近の画像もっと見る

かな84キー+記号キーがある事の利便性」カテゴリの最新記事