今日も地球は周ってる

管理人の趣味や日々のことを徒然に。宇宙戦艦ヤマト好きーが現在進行形。時々、六神合体ゴッドマーズ。ALの右オタも兼務

【ネタバレ】宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち第一章-嚆矢篇- 第1話分…かな?

2017-03-07 03:14:41 | ヤマト
2017/02/25に公開になった『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち第一章-嚆矢篇-』
ヤマトファンの皆さんはご覧になりましたか?
私は先週の水曜日に、少し出遅れて行って来ました。
それまでは、冒頭12分(完全版)でお茶を濁して…w

で、冒頭12分では若干、文句垂れてたんですよw
白色彗星の動きが、復活篇の「カスケードブラックホール」の動きや、テクスチャーに似ている感じがして、眉が寄っちゃいました( ゚д゚ )エー
回転しながら迫ってくる天体と言う物の扱い方が、白色彗星(尾を引きながら宇宙空間を移動する箒星)と、そのドテッパラに呑み込んでしまうブラックホールとで、見た目の印象が似通ってるのは無いでしょう…って。
付随するパーツが違うから、全く一緒ではないのだけれど、CGの計算やレンダリングで落とし込む数値が似てるのかな?と、思ってしまったんですよね。
それが、明らかに違う数値でテクスチャーで、タイミングで…と言うなら、私が耄碌したってことでしょうね。
そこがハッキリしないから、q( ゚д゚)pブーとなってたわけです。

あとは艦隊戦の動き。
これも2199と言うよりは復活篇だった。
宇宙空間での艦隊戦なのだから、復活篇の方が理に適っているのは判っている。
だけど、ヤマトファンが欲しいのは2199での艦隊戦なんだよね。
そこらへんは、M.K氏にはなかなかご理解いただけない部分だろうなとは判っているけどさ。
ハッキリ言うと、M.K氏は苦手。てか嫌い。意味もなくこちらのアカウントブロックするし

なーんて、文句垂れながら劇場に行ったんですよ。
実際に第一章を観たら、上のようにブー垂れていた事は吹っ飛びました(笑)
もっともっとインパクトのある事が次から次へと出てきて、メッチャ密度の濃い50分だったから(笑)

冒頭12分の中にもあったけど、古代くんが指揮する「ゆうなぎ」(沖田艦長がメ号作戦で乗っていた艦と同じ型)の動きが、まるで守兄ちゃんの「ゆきかぜ」みたいだった(*´ω`*) 知らない間に、守兄ちゃんのようになってたんだね。沖田さんの下で育つうちに。
それを見て驚いていた藤堂長官。きっと、昔の沖田さんを見ているように思ったのじゃないのかな。
こういう所に、ヤマトの世代交代がサラリと描かれているのが嬉しい。余計な説明は不要。

それにしても、「ゆうなぎ」を操艦している操舵手もなかなかの腕だなあ。
守兄さんの「ゆきかぜ」の操舵手並の腕はあるかも。
ヤマトに比べれば小型だから、まだ扱えるのかな?
やはりヤマトで高機動をしようと思ったら、島くんしかいないだろうね(笑)

大戦艦のあの、えげつない拡散しまくり砲、あれは酷ぇーーーー。
火炎直撃砲よりもえげつないてー。
対艦焼夷砲みたいな…。見てて「うえぇー」って思ったわ。

ガミラス軍の多くがその餌食になったところで、芹沢の顔圧wによって発動された『プランA』

ごめんなさい。私の脳内では「交戦規定アルファ」になってました…わはははははw
羽原さーん、ゴメンナサーイ(苦笑)

『プランA』って何よ…と思っていたら…
キタ――(゚∀゚)――!!
超人相の悪い戦艦、アンドロメダっ!!
『プランA』のAはアンドロメダのAだったのね。
芹沢さん、結構シンプルなんだw
でもアンドロメダ級の戦艦が、敵にも味方にも察知されず、どうやってあそこに潜んでいたの?
これはかなり謎。

そして放たれた、新たなメギドの火。
拡散波動砲。
旧ヤマトクルーの目には、畏れともう一つの感情がありありと浮かんでいました。
自分たちが命を懸けてイスカンダルまで行き、受け取ったCRS。
それと引き換えに封印された波動砲。
イスカンダルとの契約がいとも簡単に破棄されてしまった現実。
古代くん、怒ってたよねー。
ここで怒らなきゃ、古代進じゃないのだけどねw

そのあとがまた凄かった。

地球艦隊から離脱した2艦が航跡を追尾され、大戦艦がワープ。
大戦艦の意図に気付いた古代くんがすぐに地球へワープ。
大戦艦の真下にワープアウトした『ゆうなぎ』が大戦艦の艦首を上げて、落下地点をそらそうとする。
ここはすごい見ものだった!
ヤマト2でもあったよね。艦首の所にワープアウトして白兵戦。
それを思い起こさせるような感じで、ワクワクとハラハラが同時に。

必死に大戦艦の針路を変えようとするも、『ゆうなぎ』の推力では何ともならなかったところに、思わぬ救いの手が。

眠っていたはずのヤマトの主砲が、大戦艦を粉砕した。


その時、古代くんの脳裏に走ったものは…
『古代、ヤマトに乗れ』
そう告げるヤマト艦長、沖田の声だった。


と、ナレーション風に書いたけど、沖田さんの声がピコーーーーンと来た瞬間に
「あなたは、そこに、いますか」
って、ちがーーーう(笑)と、なった自分がいましたorz

アカン、思っていた以上にファフナーに"同化"されてる?(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Amazing Flame Comes to Life in Space Station Microgravity Combustion Science

2016-10-16 14:01:05 | ヤマト
Amazing Flame Comes to Life in Space Station Microgravity Combustion Science


メモメモ((φ( ̄Д ̄ )ホォホォ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海  やっと観て来ました!

2014-10-21 05:43:03 | ヤマト
以下、ネタばれバリバリなので改行してから。
ネタばれがお嫌な方は廻れ右で宜しくお願いいたします。







































-------改行ここまで-------


追憶の航海。
うん。総集編でした。
名場面集と言うか。
ストーリーを時間軸で追うと言うよりも、
ヤマトとガミラスに何が起きたのかを簡潔にまとめた物。
そんな印象を受けました。

新しいカットは少し判りましたけど、全部は無理w
バーガーちゃんが載った艦は、やはり完全には沈んでいませんね。
イオン乱流に飲まれただけで。
ドメラーズは爆発してましたもの。

あと、ストーリーの改変。
これはヤマトのお家芸ww
コスモリバースについても詳細は語られず、地球を碧い星に戻したのが、イスカンダルの物なのか、
それとも沖田艦長の魂なのか、その辺りが曖昧なままで、観る側に余韻を残した感じ。
巷で大きな話題となった「ヤマトを見送るスターシャの腹撫で」も無くなってましたしww

沖田艦長の事は続編が作れそうな(ああ、完結編になってしまうw)感じですし、
スターシャの腹撫で無しは、「新たなる」&「永遠に」フラグをへし折った感じw

と、そんな感じで「方舟」に繋ぎやすいようなまとめにしたのか、はたまた続編のための布石にしたのかな?
そんな印象でした。

ただ、沖田さんが亡くなる時の"あの台詞"が無かったことで、沖田さんの死は沖田十三と言う、一人の男の死と描かれた感じもします。
沖田さんに必要以上のカリスマ性と神格性を持たせない為に。

てのが、本編の感想。(少なっw

だって、私にとってはEDのイラストが何よりのサプライズだったんですもん(≧▽≦)
EDイラストをむらかわみちおさんが描いていらっしゃるとは聞いていました。
でもさ、でもさ、あれは卑怯だよーーーーーー!(良い意味で

ガミラスの議会でヒスを背に、壇上で何かを訴えるユリーシャ、そしてすぐ側に控えるメルダ。
ああ、この3人と、ディッツやタラン弟達が新しいガミラスを作って行くのだなあ。
と、ガミラスの未来を感じさせるもの。

ヒルデに背を押されてヒスに小さな花束を渡すガミラスの少女。
それを照れて嬉しそうに受け取るヒス。
民族や立場を越えて理解しあえたガミラスの未来が明るい物だと思わせてくれました。
このイラスト、とても大好きです。

ヤマトの甲板で宇宙を見つめる甲板員。彼が見つめるのは今から帰ろうとしている銀河系なのでしょうか。

山崎さんの背中を流す島くん。それを優しい目で見つめる徳川さん。
島くんと山崎さんは和解したんですね。そして、自分の父親の最期を知る山崎さんを父とも慕うようになったのでしょうか。
これもじんと胸にくるイラストでした。

玲ちゃんのマゼランパフェが特大大盛だったのは気のせいでしょうか?(笑)
一人で食べてるのが寂しそう。
何だかんだと、ユリーシャやメルダといいトリオ(?)でしたものね。

雛段で酔いつぶれるサブちゃんwww
オレンジジュースでハイテンションな真琴ちゃん♪
サブちゃんが真琴ちゃんの尻に敷かれるのは、もう完全に見えてますね。
ともあれ、元気な赤ちゃんが生まれますように!

展望台で手を繋ぐ古代くんと雪。
お互いに想いを確認しあったのでしょうね。
旧作と違い、雪も天涯孤独…と、言うのがとても切ない2人です。

百合亜ちゃんのYRAにヤマトの模型を持ってきた美影ちゃんw
美影ちゃん、そっちヲタかいorz
そりゃ、技術科ですからねえ、不思議ではありませんが。
なんだか仕事を離れた若い女の子らしい素顔の美影ちゃんが可愛らしかったです♪

と、本編よりもEDイラストの感想が長いと言う、捻くれ者の「追憶の航海」鑑賞記でございました。

EDイラストの後日談でスピンオフ作って欲しいなあ…<かなり真剣(マジ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマト原画展&40周年

2014-10-06 21:31:11 | ヤマト
某さまより「400字詰め原稿用紙10枚以内でレポートを提出せよ」との厳命を拝命いたしましたので、これからここに9/29の原画展の模様を記します。
ガーレガミロン∟(`・ω・´)

1130 松坂屋名古屋本店南館到着


さすがに月曜日の昼とあって、入場口には自分と妹以外はおらず(苦笑)
ロッカーに大きな荷物を預けて身軽になって入場。
(一応障害者なので、障害者割引で入場。でも、入場特典?ぽい物は貰えず:苦笑 あれは特典だったのかしら?それとも見間違い?)

会場に入るとBGMが流れ、否が応にも高まってくるテンション。
ストーリーから切り出したカットを丹念に見る。
ああ、これは何話だ、それは何話だ。
コレ好きー♡などと妹とじっくり見た後、隣にある麻宮騎亜氏の爆炎の中から出てくるヤマトを観る。
「…麻宮さんて、メカも描くんだ…」と、妹。←をい(;^ω^)

そして、色々な方が描かれたヤマト本体のラフ画。
描いた方それぞれの特徴が出ていて、見ていて非常に楽しい。
メカニック然としたヤマト
少しく有機的なフォルムのヤマト
ラフっぽく異空間に存在していそうなヤマト
などなど。
描く人によるヤマトの違いを楽しめました。
この時点で既に画に釘付け状態w穴が開くほど見つめていたと思いますw


そしていよいよ原画ゾーンに突入。

原画と言ってもラフ原画の修正原画ですけれども。
まずは総作画監督の前田明寿氏の修正原画。
とても力強い筆致で、ヤマトの力強さを感じます。
23話に当たるところの古代くんの表情が、前田氏の修正原画と、実際のフィルムになった物が随分違うイメージを受けました。
映画やテレビで見ると、前田氏の描かれた修正原画よりも、古代くんの線がとても硬い感じがするのです。
レイアウト修正を基に更に原画が描かれ、動画になるので、その段階で色々とあったのでしょうか。
前田氏の原画を見てしまったら、ちょっと残念に思っていたカットがもう少し残念度が…(苦笑)

続いて、メインキャラクターデザインでもある結城氏のラフ原画修正。
物凄く細い線で、だからと言ってそれが繊細や弱さを表すのではなく、キャラクターの表情や細やかな仕草を生き生きと描いています。
「この小さな紙に描かれた絵が、あの大スクリーンに映し出されても全く粗が無いのだから、描き込みって凄いんだろうね」
と、妹と放していました。
実際、前田氏の鉛筆感に対し、結城氏の絵はシャーペンの0.3mmのような感じがありました。
だからと言って、どちらがより良いとか言うのでなく、その人その人の良い特徴が見てとれる素晴らしい展示でした。

確か、前田氏の筆に成る物だったと思いましたが、ユリーシャのむくれた顔@23話 は、私は完成したフィルムの絵よりも原画の方にユリーシャらしさを感じました(笑)
もっとも、私は元々原画オタクですのでそう感じるのかもしれませんがw

原画ゾーンを見終えるだけで1時間近く費やしたような…w


そして、次はメカニックゾーン。
これまた妹ともう、目が釘付け状態。
キャラクター原画よりも更に緻密な画にもう、顔が額に触れるような距離で見つめておりましたw
ここのフラップがこう動くってことは、これは大気圏内、宇宙空間、どちらでも使用可能な機体てことだよね。
とか、コスモゼロの噴射口のこれって、バーナー全回になったら開くんだよね。
とか、やっぱりオスプレイタイプの艦載機って有用だよね。××にも出てたし●●にも出てたもんね。
姉妹揃って何ヲタ?

もうね。メカニックの描写の細かさには、私のシニアグラスでは追い付きませんでしたことよw
「虫めがね持ってこれば良かった!!」と、どれだけ歯噛みしたことかww
ああ、この細かい部分このフィンが何枚あるのか数えたい!
ここの構造がもっと細かく見たい!
これ何て書いてあるのー?

…おまいら姉妹、一体何歳だよ。本当に。

ゼロの複座ってこうなってるんだ。
後席は座席ってよりも、荷物置き場に近いねw狭そうだよね。
1話ではあれに島くんが座ってたんだよねー。
ホンダのCR-Xの後部座席みたいじゃん?あれって、一応シートって言っておきながら、クッション無しの物置みたいだもんww
とか。
(ん?じゃあ、完結編で雪がゼロを操縦して帰還したアレの設定は…♪忘れていいのよ~私(後席操縦機能)のことな~ど~♪ってことでいいのかしらん?)(笑)

でもって、メカの描写一つとっても描く方によってクセがあるんだなあって。
この人はいかにもアニメのメカデザイナー。
この人はグラフィックから入った人かな?
この人はプロダクトデザインから入った人だろうなー。
みたいな。
どういう面を切り口に描いていらっしゃるかで、何となくそういうのが見えてくるのも、こういう展示会ならではかと思います。

そして、メカの詳細設定を見ていて
「CGではこれだけしか見えてないのに、何で設定はここまで描かれてるの?どうせ見えないんでしょ?」と、いう妹の発言。
ああ、そうだね。CGの仕事に関わらないと判らないよね。
「CGで描写する場合、光の入り方、反射そのほか演出でどの部分まで見せるのかが違ってくるわけ。
 だから"見える部分だけ設定する"ってのは難しいから、全てを設定しておいて、どこまで見せるかって引き算すんの」
「なるほど!」
みたいなw

しかし、展示数としては多い方では無いものの、じっくり見ながら進んでいる物だから、途中で腰痛が出てしまって(T_T)
ホールの係員さんに、「座れる場所は無いですか?」とお尋ねしたのですが、「申し訳ありません、ご用意がございません」と言われてしまい…。
途中、会場の隅っこでお正座して暫く休憩しましたwww
妹に「体幹鍛えなあかんて、体幹」とか言われるし(T_T) 姉として非常に悔しいw
どこの医者からも「痩せなさい」って言われてもううんざりしてるのに…。
医者って「痩せろ」と言う割に「痩せ方」を指導しないんですよね。
疾患名がつかないから保険点数もつかなくて、指導するだけ医者が損するからかしらん。
病気になる前にやっておけば医療費削減にもなるのになー。
だから指導も保険対象にしてよ!と、思うわけです。安易にヘンなダイエット商法に走らなくてすむし。
でも、ヤマトの女性クルーでもぽっちゃりさんがいましたよねw

と、話が逸れました。

ああ、やはり肉筆の画って素晴らしい!
消しゴムで消した痕、手が乗ることで紙に出来るしわ。
そこまで見る事ができます。
描いていらっしゃる方の息遣いというか、手の動きが、力の入り具合が判るような。

ある方が仰ってました。
「デジタルデータもありましたが、主催者の方から"手描きの方が良いのです"と、言われました」
と。

結果的にデジタルデータになるものでも、その前には手描きでアタリやラフを描かれる事でしょう。
だったら、「原画展」と銘を打つ以上、やはりラフでも手描きの方がファンにとっては嬉しい事です。

できればもう一度見たかったですね。
1ヶ月ぐらい開催して下さっていれば、もう一度行けたのに…残念です。

さて、お写真自由に撮って下さいコーナーで撮った写真です。
ガラケーカメラですので、大した写真は撮れませんが、これは私のお気に入りです。

ヤマトがすれ違っているように見えるんです♪
二番艦とか三番艦が出来れば、こういうシーンも見られるかもしれませんね(*^-^*)

私がヤマトに出会ったのは、コアな人が離れ始めた「新たなる旅立ち」でした。
それでも、中学生だった私には大きな衝撃で、人生を変えるには充分な力を持っていました。
ヤマトをきっかけに色々と出会えた物があります。
それは言葉で言い表せない程沢山。
だから、基本的にヤマトは一通り受け入れて自分なりに消化しています。
(あ、でも2520だけは古代くんが出てないのでゴメンなさいw)

ヤマトがなかったら、今の私はいなかったんだよなあ。
どんな自分になっていたのか、想像がつかないや。

そして、ヤマト40周年、おめでとうございます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今更の リーガロイヤル大阪 サマーフェスタ

2014-08-24 07:43:26 | ヤマト
8/15 終戦の日。
69年前に想いを馳せつつ、午前5時55分の電車にて大阪へ向かいました。
ええ、勿論18切符ですw

乗った電車は直通で大阪まで行けるのですが、途中駅で新快速1本に追い抜かれ、更にその後の新快速でも乗っている電車よりも早くに大阪に着くとしって、私は、後者の新快速に乗り変えました。
さほど混んでおらず快適ですが、乗り過ごさないよう、眠れずに大阪に到着。

お手洗いを済ませ、朝食用のパンを購入してホテルのシャトルバス乗り場へ。
さほど待つ事無くバスが来て順調にホテルに到着。
9時前には到着していたでしょうか。
そして、サマーフェスタ入口に並びましたら…。ワタクシ、2番手でしたw
先着の方はリーガロイヤルに泊まっていらして、8時から並んでいたとか。

その方と色々雑談しつつ、友人が10時頃に到着。
友人はチョコも狙っていたので、私に入場券を手渡すとチョコ売り場に並びに行きました。
11時過ぎ、友人が戻って来た時には…凄い長蛇の列。
ヤマトのイベントだけでなくファミリー向けのイベントに来た方が多いようです。
あまりの人の数にビックリしました。

12時に開場して、早速ヤマトコーナーのマゼランパフェ整理券列にならびます。

前日は1回30食だったのですが、希望者が多かったとかで40食になっていました。

私と友人は1つのパフェをシェアするのですが、2人揃って並び、2人で1枚の整理券を戴きました。
全開のポートピアホテルでは初回の1番でしたが、今回は2番w
でも、とりあえず初回が取れて良かったです。
私も友人も、そんなに遅くまで大阪に居られないので…。

整理券を貰ってからは軽く展示物を眺め、映画と原画展のフライヤーを戴いて、カフェのテーブルに着きました。


パフェの配布時間まで時間があるし、小腹が空いたw私達は軽く食べることに。
私は「月の塩ラーメン」

お子様用ラーメンくらいの量ですが、アッサリ塩スープに程良い縮れ細麺が合います。
パフェが無かったら、普通サイズでドンと食べてみたいラーメンでしたw

友人は「ハンバーガーのアストロポテト添え」

ヤマトのロゴが印されたバンズのハンバーガーに、ロイヤルソースのポテト。
このソースが絶品でした。こういうのは自宅で作れないですよね。

これらも、軽くシェアしました。

そして、いよいよ大本命のマゼランパフェ!!

「去年よりスケールアップしてるよね(*^-^*)」と、友人とワクワク♪
あ、果物は白桃が増えてる!
お互いに好みや苦手でフルーツを分け、いよいよとりかかります!
が、メロンが…メロンが去年の半分の厚みしか無いwww
フレッシュマンゴーも2/3くらいの大きさwww
「その分白桃が入ったと思えばいいよねw」
と、頂上からパフェにとりかかりました。

ホイップクリームが去年よりもさっぱりしています。2段になったアイスの上の段はヨーグルト系?
物凄くサッパリ暑い夏にはスプーンが進みます(笑)
2個目のマンゴーアイスも濃厚で美味しゅうございました♪

食べても食べても底が見えないマゼランパフェ。
なんと、下の方ではパフェの形が崩れないようにクルクルっと巻いた形のクッキーが土台に刺さっておりました(゜д゜)!
これは去年には無かった工夫です。

そして、最後まで美味しく戴きました。
2人でシェアして丁度良い感じ。

パフェを食べて落ち着いた所で、キャラクターオリジナルドリンクを戴くことに。
古代くんと雪のはアルコール。
島くんと真田さんと沖田さんはノンアルコール。
ええ、2人ともアルコールいきましたw
最初に両方の味見をして、友人が雪を、私が古代くんをいただきました。

左が古代くん、右が雪。
古代くんはカンパリベース。
雪はライチリキュールと赤ワインベース。
とても美味しかったです♪

ちなみに、お飲み物全種はこちら


そして、せっかくだからと、ドリンクを戴きながら、友人が宇宙海軍カレーライスを。

私が回転楕円形半熟オムレツ・ハイシソースを

カレーもオムレツもホテルの味で美味しゅうございました。
ところで、大阪ではハヤシソースをハイシソースと言うのでしょうか?

その後は展示物をつらつら眺め、グッズで買い漏らした物がないかをチェックし…てたら、
背景を選んで写真を撮ってくれるコーナーが!!
勿論2人とも撮りましたww
それも、沖田艦長のコスプレをしてww
私のはこんな感じ

貫録だけは一人前ですねorz

そして、ヤマトタケシとハワイアン…という、バンドのヤマト音楽を聴いて帰途につきました。

そうそう、この日の一番のベストショットは


この白クマくんです!!
見掛けた途端に2人で追いかけて、加藤先生の絵の前で無事に写真が撮れました(≧▽≦)
ちゃんと敬礼してくれてるんですよー♪

とても楽しい1日でした。
友人とは大阪駅で別れ、それぞれ帰路の電車に…。

が、私にはその後がまだあったのです。
大阪駅で乗った混雑した新快速に耐えられず、途中で1区間だけ新幹線でワープ。
また在来線に乗って、地元に戻ってきて…
…高校時代の仲間との飲み会(白目

このダブルヘッダーがかなりきつかったようで、1週間以上体力が回復しませんでしたorz
(気力もねww)
やっとブログが書けるだけの気力が回復してきましたw

でも、とても楽しかったです♪
ちなみに自分はこの日、両手の人差し指にこんなネイルをしていきました。

もう、手がぷるぷる震えて大変だったのなんのww
他の指はナチュラルなピンクで。
ぺディキュアは、ヤマトの艦体色に近いブルーグレーを。
ちょっと拘ってみましたww

次は原画展、そして10月には追憶の航海、12月には星巡る方舟。
夫に横目で睨まれながら、出掛ける日々になりそうです(苦笑)
とりあえず、年末まではこれで生きていられそうだわw
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマト2199、日本三景とコラボ JTBのツアーも

2014-07-17 21:58:53 | ヤマト
http://akiba-souken.com/article/anime/20890/?__from=mixi
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルゴリズム体操!

2014-05-06 12:06:57 | ヤマト
YOUTUBEにアップされていた動画です。

どうぞお楽しみ下さいませ(爆)

ヤマト版
https://www.youtube.com/watch?v=DZCdHILeewE

ガミラス版
https://www.youtube.com/watch?v=l5O4IEOm5yY&feature=youtu.be
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

メモ 本日その2 『宇宙戦艦ヤマト2199』40周年プロジェクト発表会&ヤマト原画展内覧会

2014-04-21 21:55:31 | ヤマト
宇宙戦艦ヤマト2199 原画展

http://newslounge.net/archives/124706

※以下、記事より抜粋
ほか、発表会では2014年12月6日から完全新作の劇場映画『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』が公開予定であることや、その前に『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』と題し、10月11日よりイベント上映されることとなり2作連続公開されることも発表された。(詳細記事:「宇宙戦艦ヤマト2199」劇場版完全新作タイトル発表で公開は12月!出渕裕総監督もコメント寄せる)

 『宇宙戦艦ヤマト2199』原画展は22日から5月7日より西武池袋本店 別館2階の西武ギャラリーにて!なお、本展覧会を手始めに全国百貨店巡回を予定している。


巡回に超期待!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

.

2014-04-07 22:53:27 | ヤマト
天一号作戦で散華された方々に心より追悼の意を表したいと思います。
そして長い間の戦いで失われた命にも祈りを。


大和は新しく生まれ変わって、希望の艦・宇宙戦艦ヤマトとして多くの日本人が知るところとなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマト 発進!

2014-04-06 23:42:39 | ヤマト
ちょうど2年前の今日、「宇宙戦艦ヤマト2199」が劇場公開されました。
そして1年前の今日、MBS系列で「宇宙戦艦ヤマト2199」の地上波放送が始まりました。

偶然なのか意図的なのか、共に4月7日です。

4月7日に何があったのか。
それは、1945年4月7日に日本の運命を決すると言ってもよい、
「坊ノ岬沖海戦」
が、あった日です。

日本海軍が発動した天一号作戦によって、残された連合艦隊が沖縄へ水上特攻に向かう途中、
アメリカ軍に迎撃され、その多くが撃沈、または航行不能になり味方によって沈められ、敗退した海戦です。
その連合艦隊の中心であった戦艦大和もまたアメリカ軍の攻撃によりその身を海中に没した。

宇宙戦艦ヤマトファンの方でしたら、日付までは知らなくても戦艦大和が坊ノ岬沖に沈んだ事はご存じでしょう。
実はその船体が真っ二つに折れてしまっていることも。←これだと、ヤマトのお話に繋がらないので、これは脳内で無かった事に(苦笑)


宇宙戦艦ヤマトは、私が初めて「アニメーション作品」を意識した作品です。
それまで見ていたのは「テレビマンガ」と言う認識でした。
ヤマトによってアニメを意識してから、私の世界がどのように広がったのか…
は、書きだすとキリが無いので割愛します。
しかし、ヤマトが無ければ今の私が居ないと言う事は確かです。

先日の記事で、父方祖父が天一号作戦に参加し、九死に一生を得て生還した事を書きました。
終戦時7歳だった父ですら、祖父から戦時中の詳しい話は聞いていないそうです。
大和とともに駆逐艦で出撃し、撃沈した駆逐艦から辛うじて僚艦に救助された事ぐらいしか知らないそうです。

その話を基に色々と調べた結果、
祖父が乗艦していたのは、「磯風」か「浜風」
救助した僚艦は「雪風」か「冬月」らしい。としか判りませんでした。

磯風と浜風はヤマト2199第1話で艦名のみ出てきます。両艦とも沈みますが(T_T)←変な所で史実と同じ
冬月は完結編で、自沈を決めたヤマトの乗員を収容した艦。
雪風はヤマトファンなら言わずとも知れた、古代守の乗艦で、沖田司令の旗艦キリシマを撤退させる為の楯となった艦。

今までは記号的に聞いていた艦名でした。
しかし、その4艦のうち2艦に祖父が関係していたと判った今、ヤマト2199の第一話を見直すと、不思議な感情が湧いてきます。
僚艦に救助され生還した祖父は自宅待機となりました。
海軍の艦船がほぼ壊滅してしまったのですから、仕方のない事です。
そして、8月15日。
玉音放送を聞いた祖父は
「これからどうなるか判らんが、行ってくる」
と、所属していた舞鶴へ向かったそうです。
祖父は士官でしたから、敗戦となった以上その身をどう処せられるかも判らない。
だけど軍人としては行かなくてはならなかったのでしょう。
結果、無事に祖父は戻って来たそうです。

祖父が海軍に所属していた事は小学生の頃に聞いて知っていました。
しかし、少尉として駆逐艦に乗艦し、天一号作戦に参加していたとは、つい最近まで知りませんでした。
私がヤマト好きだと知っていても父は話そうとはしなかったのです。

もしかしたら祖父が目撃したであろう、大和の撃沈。
その大和から地球を救う為に新たなヤマトが抜錨、発進したのがこの日なのです。
大和の死とヤマトの生。
それは表裏一体。
大和とその時代の日本の哀しい記憶は後世に伝えていかねばならないでしょう。
そして、ヤマトの未来は若い人達に繋いでもらいましょう。
できればヤマトが希望の下で発進出来る事を願って。

祖父の話を聞いた事で、心新たにヤマト2199を受け止める事が出来そうです。

ヤマト2199のリメイクに携わったスタッフとキャストの皆様に心から御礼申し上げます。
祖父は私のヤマト好きを知っていたかどうかは知りませんが、ヤマトを希望の艦として蘇らせて下さった事に感謝します。
そして、晩秋の劇場版を心から楽しみにしています。
今度実家に戻ったら、仏壇の祖父にヤマト2199の事を報告します。
祖父が守ろうとして守れなかった大和は、今、ヤマトとして私の希望になっていると。



追記

この様子を祖父が見たらどう思うのでしょうか。
きっと苦笑することでしょう。
でも、こうやって駆逐艦に民間人が足を踏み入れられる今の時代を喜んでくれると思います。
どうか、この平和がいつまでも続きますように…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加