もんく [英語ダメでもマレーシアで働いてみたよ]

インドネシアや台湾なんかにもいたのです。(since Oct. 2004)

ほんのちょっとした事が...

2017-03-14 23:28:30 | マレーシアでニャー2017
毎朝、時々休むにしても...猫を散歩に連れて出る。
散歩と言ってもほんの100mかそこら。
たいした距離でも時間でもない。

猫たちは尻尾を上げてはしゃいだ様子で歩く。
尻尾を触ってやると得意になってまた歩く。
時々地面にひっくり返ってお腹を撫でてくれとねだる。

いつまで君達とこうしていられるんだろう。

いろいろあって、
ここを引っ越さなきゃいけない事もあるかも知れない。
もしかしたらどこか別の国に住む事になるかも知れない。

と、言うような事を思う。

もしこの猫たちがいなかったら、
もしこの猫たちの母親に前の家で出くわさなかったら、
もしそこに住む事が決まらなかったら、
この猫たちここにいなかったかも知れない。
全く知らない場所で密かに生まれて育っていたかもしれない。

さらにそんな事を思う。


そんな「かも知れない」はもうずっと前に消され可能性になっていて、
思っても意味の無い事。

人の運命とかそう言うものがあるのなら、
それは猫に会うとか会わないとか、
そんな小さな事実で勝手に決まってしまうものらしい。

決断のようなもの、それもある場合もあるけれど、
四六時中決断なんかしている人はいなくて、
こうした小さなどうでも良さそうな事の方が余計、
影響しているのじゃないかと思う。

その影響ってのはけっこう大きいものがあって、
今やこの猫たちがいなかったら、
と言うような前提条件は選べなくなってしまっている。

ビックリだ。
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« と、思ったりする | トップ | こんな事したら誰か辞めるかな? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL