もんく [英語ダメでもマレーシアで働いてみたよ]

インドネシアや台湾なんかにもいたのです。(since Oct. 2004)

懲りずに報告書を書かせてみる

2017-03-27 14:05:50 | マレーシアでニャー2017
先週金曜日と今日、あるトレーニングで現場管理の1人と
平(ヒラ)だけれどもう1人をそれに入れてみた。

前回何かのトレーニングがあった時にはその平の方はいなくて、
現場管理の2人だけだった。
何のトレーニングかは忘れたけれど。品質管理だったか?


前回、情けない事にそのトレーニングの報告書が書けなかった。
2人ともだ。
あの項目とこの項目とそれとあっちを習ったまでは書けるが、
だからどうしたとか、こう感じたとか、疑問点とか、
あの部分に応用できるとか、そこまで全く行かない。

...マレーシアの教育レベルってそんなものなのだろう。
だいたい学校の宿題で文章って書くんだろうか?
理科の実験とかでノートに何かまとめて書くってあるんだろうか?
..無さそう。

日本だったら小学校高学年位になれば人前で発表する原稿らしきものを書く。
下手くそでも上手でも、書くには書く。
読書感想文なんかも先生に叱られない程度には書く。
マレーシアにはそう言うのが無いのかもしれない。

それで何で50%も大学行くほど大学の数が多いんだ?
それにけっこう大学出もいる。
謎だ。


それはそうと、今回は報告書にテーマを決めて書かせることにした。
「XXX(トレーニングの主題)とナシ・ルマ・ワルン」
つまり実際の仕事に関係ある事じゃなくて日常生活にある何かと
今日学んだ事を、全然関係無さそうだけれどくっつけて考えてみる。

報告はA4の紙1枚にイラストなどで良い。
文章が不得意そうだから。
最後にちょっとだけ感想文を書く。


全部文章で書かせるとどうせ前と同じでつまらないものになりそうだから。



ところで、Amazonさん、仕事が早い。
もう出版できていた。
なので今夜から4月1日のエイプリールフールまでキャンペーンあり。
無料なのだ。
タイトルは「おーい 田中」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫ブーム、消えて無くなる写真集

2017-03-26 22:54:34 | マレーシアでニャー2017
久しぶりにくだらない本を出版しようとしている。
全くもって本当の本当にくだらない。
何がくだらないって、中身が無い。
完全に何も無い。

まっさらのスケッチブックみたいに真っ白なページと言うのではない。
スケッチブックの方が描ける分、まだマシ。
今度のは写真集だから落書きもできない。

何と、猫の写真集なのだ。
とネタ明かししてしまうと、お分りと思うけれども、
このブログの頭に使っている写真にもうちょっと足して
まとめた写真集だ。

タイトルは「おーい田中」。
Amazonがあまりのくだらなさにリジェクトしなければ3日位で出るはず。


ところで、ついでだから写真集の作り方を書いておく。
他の人が書いているけれども、
そこに書かれていない事もちょっとあるので。

1. 写真を撮る。
2. 写真をトリミングする。(これ大事)
iOS用には「画像サイズ」と言うアプリがあるのでダウンロード。
16:10のサイズに設定変更。
今回は1920x1200にした。(もう少し低くてもOKかもしれない。)
このサイズだとiPadで撮った4:3の写真がちょっと細くなるようにトリミングされる。
そしてKindle標準に合う縦横比率。
3. 写真の見栄えを良くする加工。
これは絶対ではない。
自分の場合はSnapseedでやっている。
4. 写真に文字を入れる。
これも必須ではない。
写真汚したい人だけ。
自分はPhontoと言うアプリでやっている。
5. 表紙の作成。
基本的には中身の写真と同じだけれど、
Amazonが高解像度を要求するので上記2-4と同じ事を
解像度を1段高くしてやる。

上のファイルはパソコンに全部コピーする。

6. Kindle Comic Creatorに表紙と写真を読み込む。(パソコン)
表紙以外の写真にはページ順に連番にしておくと
いっぺんに読み込んだ時にページが思った通り出来上がっている。
7. mobi形式に変換。
8. kdpの本棚から必要事項を書き込んだ後、mobiアップロード、
そして表紙画像(Comic Creatorに使ったのと同じ画像)もアップロード。
後はAmazonの言う通りやって終わり。


AmazonがOKと言うまで2〜3日待つ。
ダメならダメと言ってくるのでどこか間違っていても気にしない。
読んでくれる人のために本の中身だけちゃんとできてればその他は
後からどんどん修正してやれば良いのでとりあえずやってみるべし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結局、何もしないんだろうなあ、と思う

2017-03-24 13:35:17 | マレーシアでニャー2017
あるミーティングでの小さな出来事。

新しいコピー機(3月18日の記事に出て来たあれ)の
先月の運用コストはxxxでしたみたいな事を言っている。
氏によると、まだ少ししか使ってないから
デスクトップのプリンターを使うのが良いか、
そのコピー機を使うのが良いかわからないような事も言っている。

それでどうするのかと言うと、
結局様子を見ると言う。
そりゃ様子見るだろうさ。
毎日トナー交換するわけじゃないから。

はて、それで、コスト比較ってのはどうやって算出するんだろう?
もちろんそれには答えなんて期待できないわけで、
質問する必要はない。

で、デスクトップのプリンター、
これ別に印刷した数なんかを記録してるでもなし。
結局使ったインクカートリッジの数しか手掛かりは無い。
まあ、だからと言ってカウントしてくれと言って来るわけは無い。


...きっと何もしないで終わるんあだろうなあ、と思う。

例えば、わからないならわからななりに、
今月からみんなインクジェット止めてみてコッチ使ってみよう、
それで結果が悪かったら戻そう、とか何とか簡単にできる事はあるはず。
分からなくてもとりあえず結果は出るかもしれないし。


ともあれ、そんな簡単な事さへ考えない。
聞いてる方も、まだ分からないと言われて、ああそうですか、
と考えない。

こう言う考えない習慣の中にドップリ浸かっていれば、
脳味噌必要ないかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Maxisの1年間番号キープ無くなってた

2017-03-23 22:57:56 | マレーシアでニャー2017
知っている人にとっては全く新鮮味の無い話題なのだ。
しかし、自分にはリアルタイムに新鮮なのだ。

今使っているMaxisのsim、
番号1年キープができるから使っていたのに、
それが無くなっていた。
それできなくなると毎月RM30トップアップしないといけなくなる。

スマホでネットをバンバン使うならそれでも良いが、
そっちはだいたいiPadで済ませているし、
もう1つのTablet用simも入っているから軽く電話できれば良いわけで、
何しろ安く済ませたい。

以前やはり1年キープがあったDigi、
こっちももう止めてる。


残るは噂通り、これだけだ。
できれば避けたいAirAsiaグループのTuneTalk。
まともに事務処理できる会社なんだろうか?
それに困った時のサービスセンターが無い。



今の番号キープしながらTuneTalkのsimをもらうには
ネットで注文しないといけない。
来るのが半年後みたいな事にならないか、
不安だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どこまでできるんだろう?

2017-03-21 13:42:27 | マレーシアでニャー2017
今日で仕事、一区切りかなあ....

日本から人が来て試験していたので夜8時半までちょっと忙しかった。
明日からはこちらでスケジュールしてできるので楽になりそう。
(内容的には楽とは言えないが...)



ところで、3月10日に書いたあの男。

なかなかやるじゃん、と感心している。
仕事って言うのは、動けば動くほど問題が出てくる。
特にマレーシアでは、明文化されないままに動いている事がけっこう多くて
こっちではこうだと思っていてもあっちでは違ったりするのが多い。

その違いを誰も何も言わないと相手のせいだと言って放ったらかす。
いつまで経ってもちゃんとやれる気配がない。
特にあまり注目されない分野だとずっと続く。


が、こう言う人が一人いるとずいぶん違う。

「この書類にはここにハンコ捺してないといけない」と誰かが言ったとか。
待て待て、そこにハンコ捺せとどこに書いてある?
だいたいにしてハンコの欄が無い。
これまで2年やってきてそんな事聞いたことないぞ。
「いやいや、2か月か3ヶ月前までハンコは捺されていた。」
じゃ、なぜこの2か月か3ヶ月誰もその事を指摘していなかったのだ?
しかもハンコ捺せと言っている部署の人間がその書類を手にして処理した後、
そっちに渡している。なぜその時に言わないのか?
何のためにハンコが要るのか?
もしハンコだけならそこに最初からハンコだけ印刷しておくぞ。
そのルールはどこに書いてあるんだ?

と言う意味の分からないことになっていたりする。
こうした変な事があぶりだされるだけでも価値があるな、と思っている。


そのうちにこの地位も何も無いただの作業員がここに無くてはならない人間になるだろう。
彼はどこまでできるんだろう?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1ヶ月以上置かれたままのコピー機

2017-03-18 23:59:59 | マレーシアでニャー2017
最近、と言ってももう1ヶ月以上だったか?
仕事場に新しいコピー機が来た。

これまで使っていた白黒コピー機の
コピー画質が悪くなってきたための導入。
今度はシャープ製のカラーレーザー機。

が、置いてあるだけで使えない。
使えない原因とは......

その1
カラーコピーするとトナー代が高いとか言って
個々人にパスワードを設定するとか。
と言いつつ、パスワードを知らせて来ない。
別に紙コピーなんてたまに数枚、古コピー機でちょっとするだけだし、
机の上にスキャンが出来る小型プリンターがあるので
それで十分だったりする。
だから放って置いている。

その2
ドライバーソフトをインストールしないといけないとか。
なのにいつまで待っても順番が回って来ない。
ネットワーク越しにプリントしても取りに行くの面倒だし、
高速でプリントできてもそれじゃ意味ないので
放って置いている。
100枚一度にプリントする気になったら考える。


と、そんな状態で来ていたところ、
古いコピー機が無くなった。

そう言うわけでネットワーク上に見えている
シャープのコピー機から自分のパスワードを引っ張り出すか、
設定してしまおうと思った。
簡単だった。
なぜなら、初期設定の管理者パスワードが変更されていなかったから。

ついでに色々設定を見てみた。
シャープさん、これ、マレーシアで売っちゃダメ。
機能が豊富だけど、こんなの誰も使いこなせない。

たぶん納入業者が最低限設定していったままだっただろう。
もしかして納入業者も何して良いかわからなかったかもしれない。
紙入れてボタン押してコピーできるだけに戻した方が良いな。


マレーシア人、何でも他人を管理したがる。
だからパスワードとか言うと喜んで設定したりする。
そう言う時に限って話し合うとか言わない。
勝手に決めて守れみたいな事になる。

管理って言うとどうしても上から物を言う事だと
履き違えて考えている。


一応、自分の受け持ちの職場では
ルールはルールを守る人間に決めてもらう事にしている。
他人から押し付けられたルールより
自分で決めたものの方が守りやすいだろうと思うから。


と、まあ、くだらないので
パスワードは自分で設定して使いやすいように自分ですれば良いのだ。
どうせ管理者パスワードはずっとそのままだろうし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"仕方ない" から先が全然ない

2017-03-17 13:33:25 | マレーシアでニャー2017
先日、日本から来たある方とちょっと雑談していた時の話題。

「考える習慣」


XXX(人の名前)は頭悪くないんだろうけれど、
どうも考える習慣ってのがあまり無いらしくて...

1つの事からこれはこれで良いのかと考えてみるとか、
どうしてこうなったんだろうと考えてみるとか、
全然周囲で課題にも何も上がっていないけれど考えてみる、
そう言うようなのが習慣になっているかどうか。

それがけっこう人間、仕事でも何でもしていく上で大きいようだ。


例えば物の値段。

一般には高い物は安い物より良いと思われている。
だから良い物が欲しい時にはできるだけ高い物を買う。
そう言う人は多い。

子供はそうした感覚が出来ていない時には欲しい物を買う。
高いとか安いとか、あまり関係がない。
しかし何時の頃からか値段を気にするようになる。
値段は値札に書いてある。
だからそれを見ればその物の価値がだいたいわかる。
だいたいわかると、それだけ見て価値を決め、そこから離れる事が無くなる。

つまり、考えなくなる。


マレーシアなどは顕著にそう言うのがある。
そう言うの、とは考えない習慣だ。

ZZZがAAAをDDDと言った。だからAAAはDDDだ。
考えていない。
常に誰かがこう言ったからあれはこうだろう、で終わる。
だから仕方ない。
さようなら。


マレーシアばかりでなく、人間には少なからずそうした傾向がある。
だからよく宣伝されたブランドの物は売れたりする。
だとしたらある程度仕方ない。
けれど、マレーシアはそれが顕著。

"仕方ない"から先が全然ない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな事したら誰か辞めるかな?

2017-03-16 13:52:41 | マレーシアでニャー2017
先日、メンテナンス担当のテクニシャンが1人辞めた。

仕事はイマイチだったけれど、
グループの仲間内ではけっこう上手くやってたのかと思ったのだけれど。
もう他の会社に仕事を得たと言っていた。

やっぱりつまらなくなっていたのか?
それとも給料が上がらないからか?

どっちもありそうだ。


あのグループ(も)、何だかできるだけ余計な事やらないで
済まそうみたいな雰囲気がある。
それに加えて上司がほとんどかまってやってない。

そう言う状態は楽なように思えるのかもしれないが、
人間そのものとして満足できる状態なんだろうか?

中長期的には自分の中にストレスを作っているんじゃないだろうか?
それで結果的に移動と言う決断になるのでは?



メンテ要員が1人辞めたので、
こっちもそれに対応すべく、編成を変えないといけないなあ。
辞めた穴埋めはしてもしなくても良いのだけれど、
同じレベルの人間を補充されてもあまり意味が無いわけだし。


こちらは割り振りを変えてみんなに新しい仕事にしようかな、と。

それもストレスになって誰か辞めるだろうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほんのちょっとした事が...

2017-03-14 23:28:30 | マレーシアでニャー2017
毎朝、時々休むにしても...猫を散歩に連れて出る。
散歩と言ってもほんの100mかそこら。
たいした距離でも時間でもない。

猫たちは尻尾を上げてはしゃいだ様子で歩く。
尻尾を触ってやると得意になってまた歩く。
時々地面にひっくり返ってお腹を撫でてくれとねだる。

いつまで君達とこうしていられるんだろう。

いろいろあって、
ここを引っ越さなきゃいけない事もあるかも知れない。
もしかしたらどこか別の国に住む事になるかも知れない。

と、言うような事を思う。

もしこの猫たちがいなかったら、
もしこの猫たちの母親に前の家で出くわさなかったら、
もしそこに住む事が決まらなかったら、
この猫たちここにいなかったかも知れない。
全く知らない場所で密かに生まれて育っていたかもしれない。

さらにそんな事を思う。


そんな「かも知れない」はもうずっと前に消され可能性になっていて、
思っても意味の無い事。

人の運命とかそう言うものがあるのなら、
それは猫に会うとか会わないとか、
そんな小さな事実で勝手に決まってしまうものらしい。

決断のようなもの、それもある場合もあるけれど、
四六時中決断なんかしている人はいなくて、
こうした小さなどうでも良さそうな事の方が余計、
影響しているのじゃないかと思う。

その影響ってのはけっこう大きいものがあって、
今やこの猫たちがいなかったら、
と言うような前提条件は選べなくなってしまっている。

ビックリだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

と、思ったりする

2017-03-13 22:25:18 | マレーシアでニャー2017
毎朝同じような時刻に家を出る。
同じ車を運転して、同じ道を通る。
同じような混み方で同じように対処して、
同じように仕事場に着く。

同じようにやると言うのは考えなくて良いと言う事。

考えないと言うのは全くぽっかりと頭に穴が開いたような事ではない。
個々の出来事には個々に対処するために頭は使うにしても
その様式はいつでも同じ。

だから何か自分は考えているように感じているけれども
実際はパターンの中でいつも通りの処理をしているだけ。
そう言うのは考えているとは言えない。


でも人間はなんとなくそれで
毎日頭を忙しく働かせているような気がして満足してしまうものだ。

そして何日も何週も、下手すると何年、何十年、
考えもせず、見つめ直すことすらなく自分と言う人間が形作られる。


と、車を運転しながら思ったりする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いろんな言葉がウソになる

2017-03-11 23:07:54 | マレーシアでニャー2017
東南アジアはじめ海外の国々での評判でよくあるのが、
XXX人はウソつきだと言う事。

まあね、旅行なんかだと全く正反対の道を教えられたり、
なんて事なのだけれど、
生活したり仕事していると事態はもっと深刻さを増す。

深刻さと言うのは、ウソ深さもあるし、
ウソの幅広さ、そして頻度と言う面でもなかなかだ。


例えば、携帯電話の契約の事でサービスセンターに行く。
コンシェルジュみたいなカッコいい役割の人がいて質問に答えてくれる。
が、念のため別の人を捕まえて聞いてみると、別の事を言う。
ではさらにもう1人、また別の事を言う。

さあ、本当の事を言っているのは誰でしょうゲームです、って感じになる。


仕事だともっともっと大変。
あの仕事どうなったの?
はい、終わりました。
それ具合は?
問題ありません。

ご察しの通り、ウソなのである。
日常茶飯事。


さて、これでコイツらホントにウソつきだ、どうしようもない、
と片付けてしまうのは簡単だけれども、
これは皆さん感じている通り、局所的に発生している事例ではないので、
ある意味、社会現象なのである。

毎年、申し合わせたわけでもないのに自殺者の数がだいたい一定だったり、
交通事故数が一定だったりするのと同じなのだ。

と言う事は、これは個人の問題ではなく、
社会の問題、文化の問題のような視点で捉えるべきなのかと思う。


そう言うわけで、特定の1人とか2人とかでなく、
これまで経験してきた大枠の中で感じるのは、
ウソはホスピタリティの裏返しなのだろうと言う事。

簡単な言い方をすれば、皆さんも感じているだろうけれど、
その場で相手に良い返事を返さなければいけないと言うような習慣、
その場だけでも喜んでもらえる返答をしたいと言う感覚、
そう言う何かが働いている。

悪く言えば、その場丸く収め主義、
その場切り抜け主義、
なのだ。

あくまで、"その場"なのだ。

その場を凌ぐために言葉を使う。
時には、と言うか、多くの場合、質問に対して直接の答えを言わなかったりする。

XXXはどうなった?
に対して、
AAAがこうこうこう言って、こうなって、ああなって...
と、遠回りして結局答えを言わないなんてのも普通にある。

そう言う場合、XXXはダメでした、のような事を言わなくて済むようにしている。

"どうなった?" のような質問場合、彼らは責められていると感じ、
防衛線を厚く張り巡らすわけだ。

それも、相手に不快な思いをさせる言葉吐かないためで、
良いように解釈すれば、ホスピタリティの一種なのである。



とは言え、こう言う中で暮らしていると
面倒臭いには違いないのだけれど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに面白い仕事するヤツが出てきた

2017-03-10 13:54:00 | マレーシアでニャー2017
マレーシアの人はだいたい自分の仕事を小さくしようと努力する。

できるだけ小さい範囲の仕事、
できるだけ責任範囲の小さい仕事、
できるだけ難易度の小さな仕事を好む。
大きくしようとする人はほとんどいない。

だから自分の仕事はここまでだと勝手に決めている。
問題があったり困難そうな事があるとヤドカリのように
殻から出てくる気配がない。

仕事に慣れてくればくるほどそうで、
殻はだんだん強固なものになっていく。
叩いても落としても全然出てこない。


そんな中、ちょっと希望はあるらしいと最近思う光景が。
先日、別の作業場からこちらに来たいと言って入ってきた若者、
ちょっと他と働き方が違う。


今やってる仕事はやらなくて良いから
ちょっとあいまいになっている別の仕事をやってみてくれと言ってみた。

その仕事には他の部署の人間がたくさん絡んでいるので
邪魔にされるかも知れないし。
ルールも決まっていないことがあるかもしれない。

誰もそのあたりの事を重要視していないのは、
長い事そこでやっている人が1人でがんばっているからだと言うのはわかっている。
それであまり問題ないからそれはそんなものだと誰もが何も考えない。
長期的に見ればその人が辞めたらどうなるのか、
マニュアルも作っていなくていつも同じ事が本当にできているのか、
などいろいろわからない事がある。


なので、そこに勝手に入っていって調べて
自分でできる仕事はもらってきて、ルールを決めるとか
次につながるように行ってみるように、と言った。

そうしたら、何となく毎日なにかメッセージを送ってくる。
AAAの作業に時間がかかって置場がいっぱいになっている。
その作業をやっているのはBBB1人しかいない。
今度そのやりかたを聞いてみる....とか。

マレーシア的にはかなり珍しい。
(日本ではどうかな?)

面白そうだからもっと背中をズンズンと押してみようと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

液面維持システム その9 強制給液ボタン追加など

2017-03-09 13:58:29 | ABCのAはArduinoのA
せっかく書いた記事(と言っても短い)がArduinoのスケッチを
貼り付けたせいで消えてしまった。
いつも同じ事をしているはずなのに、なぜなんだ?

仕方ないのでこのWebサービスを使わせていただいた。
ソースコード変換


本題に入ります。
ブログに乗せる頻度より更新の頻度が高くて前回と話がつながらないかもしれない。

あれから変えたところ。

1.強制給液ボタンを追加。
 
あると便利で手で溶剤を扱う必要が減る。
また何か問題が起きたときにこれが使えると咄嗟にリカバリできるかもしれない。
できないかもしれないが。

このボタンはNO(ノーマルOpen)。

リセットがでLED点滅サブルーチンに強制給液の動作を追加した。
リセットボタンと同時に強制ボタンを押していると給液する。
ボタンを離すと止まる。レベルセンサーでの停止はない。
その後に通常リセットと同じで待ち時間に入ると言う動作。


2.リセットスイッチはNC(ノーマルClose)にした。

機能的にはどっちでも良いけれど、
その方が誤動作が少なそうだから。
電池でやるわけでもないので消費電力を気にする事もないし。

3.リセットスイッチのチャタリング防止を止めた。

何か効かなそうだから。
割り込みのサブルーチンに時間管理関係の命令が入っていたので。
(他の人の例で見たので使っていたが...)

4.リセットスイッチは長押しでリセットになるようにした。

誤動作防止のため。

5.待ち時間の最後にLEDの鼓動が速くなるようにした。

作業する人がわかるように。



間違えたところ。

リセットした時にReset0のフラグを立てるが、
それをLEDの長点灯と強制給液のサブルーチンの最後のところで
キャンセルしなかったので
プログラムの2順目になると処理速度が2倍位になってしまった。
Reset0をキャンセルしておかないと余計なところに迷い込んでしまうのだった。

ノイズでArduinoが何か影響受けているか
壊れたかと思った。

どうしてわかったかと言うと以前に問題なかったスケッチを入れなおしたら
元に戻ったから。







//Timer setting
int TimeW = 1; //Waiting time in minutes (1 = 1min)
int TimeP = 120; //Max. pumping time to detect error (1 = 1sec)


//PUMP manual ON button is added (from Rev. 13)
//Push RESET first, then push PUMP button.
//Pumping starts. When button released, pump stops.

//---------no need to change-------------

//INPUT PIN number
int LVS = 2; //Level sensor pin number
int RSS = 3; //Reset switch number
int PUM = 8; //Pump (Relay) ON switch number (from Rev13)

//OUTPUT PIN number
int RUN = 4; //RUN indication LED
int ERR1 = 5; //ERROR indication LED1
int ERR2 = 6; //ERROR indication LED2
int Valve = 7; //Relay for air valve



//For interrupt (input)
volatile int Reset0 = LOW; //RSS switch initial status
int Reset = LOW; //Reset flug for main program

//For liquid level checking
int Level = LOW; //Valve initial status


//Anti-chattering function
volatile int bounceR = 100;
volatile int ctR;
volatile int ptR = 0;




void setup() {

  //Debug only 1/9
  //Serial.begin(9600);

  //OUTPUT PIN
  pinMode(RUN, OUTPUT);   //RUN indication LED
  pinMode(ERR1, OUTPUT);  //ERROR indication LED1
  pinMode(ERR2, OUTPUT);  //ERROR indication LED2
  pinMode(Valve, OUTPUT); //Relay for air valve

  //INPUT PIN
  pinMode(LVS, INPUT); //Low level is NC (Normal 0V)
  pinMode(RSS, INPUT); //Switch is NC (Normal 0V)
  pinMode(PUM, INPUT); //Switch is NO (Normal 5V)

  //INTERRUPT
  attachInterrupt(digitalPinToInterrupt(RSS), RESET, FALLING); //Switch is NC

}

void loop() {

  //Debug only 2/9
  //Serial.println("Start");
  //Serial.print(" Reset=");
  //Serial.println(Reset);
  
  //Counting wating time to pump ON------------------
  
  Reset = LOW;           //Cancel reset flag to start
  while(Reset == LOW) {  //If Reset become 1, return to beginning

    //Debug only 3/9
    //Serial.println("Waiting start");

    digitalWrite(Valve, LOW);  //Valve close
    digitalWrite(RUN, LOW);    //RUN LED reset
    digitalWrite(ERR1, LOW);   //ERR1 LED reset
    digitalWrite(ERR2, LOW);   //ERR2 LED reset
    
    int varW = 0;
    while(varW < TimeW && Reset == LOW){ //time timer in min. If Reset pushed, stop waiting
      int varW0 = 0;
      while(varW0 <= 60 && Reset == LOW){ //1min timer. If Reset pushed, stop waiting
        digitalWrite(RUN, HIGH);  //Flash while waiting 0.5sec ON - 0.5sec OFF
        delay(100);
        digitalWrite(RUN, LOW);
        delay(900);
        if(Reset0 == HIGH){
          RESFLASH(); //If Reset 3 LEDs Flash
        }
        varW0++;
      }
      varW++;
      if(varW == TimeW && Reset == LOW){   //RUN LED flickering when time up
        int flick = 0;
        while(flick <= 10){
          digitalWrite(RUN, HIGH);
          delay(200);
          digitalWrite(RUN, LOW);
          delay(200);
          flick++;
        }
      }

      //Debug only 4/9
      //Serial.print(varW);
      //Serial.println("min");
    }
  
    //Start pumping------------------

    //Debug only 5/9
    //Serial.println("Pumping start");
    //Serial.print("Level sensor =" );
    //Serial.println(Level);

    Level = 0;     //Level initialize
    int varP = 0;  //Time initialize
    int Lev0 = 0;  //Level status1
    int Lev1 = 0;  //Level status2
    int Lev2 = 0;  //Level status3
    int LStat = 0; //Total status
    
    while(varP < TimeP && Level == 0 && Reset == LOW) { //Pumping when Low-level, Reset is LOW
      
      Lev0 = digitalRead(LVS);   //check liquid level HIGH or LOW
      if(Lev0 == LOW){           //Liquid level High = LOW
        LStat = 1;
        delay(500);
        Lev1 = digitalRead(LVS); //Chatering proof 2nd check
        if(Lev1 == LOW){
          LStat++;
        }
        delay(500);
        Lev2 = digitalRead(LVS);
        if(Lev2 == LOW){
          LStat++;
        }
        if(LStat == 3 || Lev2 == HIGH){
          Level = 1;
        }
      }else{
        digitalWrite(Valve, HIGH); //Air valve OPEN
        digitalWrite(RUN, HIGH); //RUN LED light
        delay(1000);
      }

       if(Reset0 == HIGH){
          RESFLASH(); //If Reset 3 LEDs Flash
        }
      varP++;

      //Debug only 6/9
      //Serial.println(varP);
      //Serial.print("Level Sensor check = ");
      //Serial.println(Level);

    }

    
    //Stop pumping-----------------------

    //Debug only 7/9
    //Serial.println("Stop pumping");
    //Serial.print("Level Sensor = ");
    //Serial.println(Level);

    digitalWrite(Valve, LOW); //Pumping stop, reached on max time
    digitalWrite(RUN, LOW);   //RUN LED dark
    delay(1000);

    
    if(Level == 0 && Reset == LOW){
      while(Reset == LOW){        //Error TimeUp, waiting for Manual RESET
        digitalWrite(ERR1, HIGH); //LED1 ON-OFF
        digitalWrite(ERR2, LOW);  //LED2 ON-OFF
        delay(500); //Waiting for RESET SWITCH
        digitalWrite(ERR1, LOW);
        digitalWrite(ERR2, HIGH);
        delay(500);

        if(Reset0 == HIGH){
          RESFLASH(); //If Reset 3 LEDs Flash
        }

        //Debug only 8/9
        //Serial.println("TimeUP");
      }
      digitalWrite(ERR1, LOW); //ERR LED1 Cancel
      digitalWrite(ERR2, LOW); //ERR LED2 Cancel

      //Debug only 9/9
      //Serial.println("RESET");
    }
    
  } //If reset SW is ON, return to beginning
}


void RESET() {  //Interrupt for RESET
    Reset0 = HIGH; //When push RSS
}


void RESFLASH() {  //RESET re-confirmation and Indication
  int Reset1 = HIGH; //Switch is NC
  int Reset2 = HIGH;
  int Pump = LOW;

  delay(1000);
  Reset1 = digitalRead(RSS); //Long-push requred to confirm RESET
  delay(1000);
  Reset2 = digitalRead(RSS);
  
  Pump = digitalRead(PUM);   //Pump manual ON
  while(Pump == HIGH){
    digitalWrite(Valve, HIGH);
    digitalWrite(RUN, HIGH);
    Pump = digitalRead(PUM);
    delay(500);
  }

  digitalWrite(Valve, LOW);

  if(Reset1 == LOW && Reset2 == LOW){ //RESET indication
    digitalWrite(ERR1, HIGH);
    digitalWrite(ERR2, HIGH);
    digitalWrite(RUN, HIGH);
    delay(2000);
    digitalWrite(ERR1, LOW);
    digitalWrite(ERR2, LOW);
    digitalWrite(RUN, LOW);
      
    Reset = HIGH;
    Reset0 = LOW;  //RESET (1st signal) reset to initial
  }
}
</code>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

掃除するな

2017-03-08 14:01:18 | マレーシアでニャー2017
日本でもその傾向はあると思うけれども、
マレーシアではよく仕事場で掃除したりする。

掃除なんてするのは一番下の作業員なわけだけれど、
もちろん自分から進んで掃除するなんてのは少ない。
無いことはないが、少ない。

ではなぜ掃除するのかと言うと、
その作業員の管理者が掃除しろと言うからだ。
このあたりは日本とちょっと違うかもしれない。


ではなぜ管理者は掃除しろと言うのか?

汚れているから?
もちろんそう言う事もある。

が、汚れていなくてもさせたりする。
遊ばせとくと自分が仕事してないように見えるからだ。


まあ、百歩譲ってそれを仕事だとしよう。
ならば、その結果はどうなっているのか?
仕事であるならば、それは結果として出てくるはずだ。

以前よりこの部分がこれだけきれいになりました。
掃除の効率はこの程度改善して短時間でこれだけできました。
みたいな事が。


それで、質問してみる。
昨日はどのエリアを掃除したのか?
それに何時間で何人かかったのか?
結果どれだけきれいになったのか?
なぜその場所を掃除する必要があったのか?
ゴミはどの位出たのか?
一昨日の掃除と今回の掃除は何がどう違ったのか?
が、答えなどあるわけがない。

と言う事は仕事ではないと認定しないといけない。



そもそも、掃除をしないといけないのは何故なんだ?
汚すからではないのか?

だとしたら、掃除は汚れに対する対策じゃなくてリカバリーでしかない。
汚してから掃除すると言うのを仕事と思っているならバカだ。
汚さないと言うのを仕事にしないといけない。



似たような事は他にもある。

先日ある人間をある工程から抜いて他に異動してもらおうと思った。
そしたら別の人間が言う。

彼はXXXのメンテナンスをやっているから彼がいないと困る。

これも掃除と同じ。

そんなに頻繁にメンテナンスをしないといけないのを放っておいて
メンテナンスばかりやっているのだったら、なおさらその人間は要りません。
メンテナンスはお金出せばサプライヤーさんが来てやってくれる。
別の誰かにできないことは無いのだ。



と言うわけで、掃除する位だったら座っていろと
イスを何個も置いてあるのだけれど...
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人間って、そうなんだっけ?

2017-03-07 13:52:13 | マレーシアでニャー2017
ずっと以前、去年のうちにある機械をバラしておいた。

バラして中身を別のところに保存させて放っておいた。
放っておいたのは別のと入れ替えたかったから。
もう使わないつもりで。

けれどもその別の物が届かないうちに使わなければならない事になって
置いておいた物をまた入れなおさないといけない。
なので今の状態を写真に撮って送らせた。

写真を見ると何だか中身が汚い。
どうも金属の屑か粉のようなものがたくさん付いている。
それならばと、取り出した物の方の写真もと思って見ると。
そっちにもある。

ちょっとそれは想定外。
別のところではそんな事は起きていない。
いずれにせよ、どうにかしないといけない。



さて、問題はその物をどうするか、ではなくて、
これに気付かない人間がそこにいると言う事の方なのだ。

まあ、日本だとほとんど想像できないと思うが、マレーシアだと普通にいる。

XXXの作業をしてください。
はい、します。
......
(終わり。)

何もいわなくてもだいたいしてはいる。
終わった時に終わったと言えない。

なぜなら、やれって言われてやるのは仕事と思うけれども
その先はそう思わない。

「やる」と言うのと「完成する」のは違う。
「やる」の中に終わったと「言う」は含まれていない。
まして、「どうだった」と言うのも無い。

簡単に言えば、機械より機械らしい。
背中のゼンマイ巻いて行くところまで行って動きが止まる。
そこまで。


だから金属の屑を見ても何も感じない。

改めて思う。
人間って、そうなんだっけ?、と。


こう言う場面、マレーシアでは普通なのだ。


でも、待てよ.....
川崎駅前の電話ボックス(もう無いかも)で冬に人が倒れていた横を
通勤の人が大勢通り過ぎていたっけ。
緑の受話器がだらーんと揺れていて人がうつぶせになって
下半身がガラスドアの外の歩道に伸びていた。
テレビドラマでしか見ないと思っていたそんな光景がそこに...


あっ、やっぱり普通なのか..
コメント
この記事をはてなブックマークに追加