もんく [英語ダメでもマレーシアで働いてみたよ]

インドネシアや台湾なんかにもいたのです。(since Oct. 2004)

鬱(うつ)かも知れない

2017-05-24 13:42:33 | マレーシアでニャー2017
現場の管理人の一人、もしかしたら鬱なのじゃないかと思う。先週はミーティングに呼んだら一人だけ行方不明になっていたし、スラウ(ムスリムがお祈りする部屋)で長く隠れていたり、先週土曜日にも仕事場に来ているのに行方不明。今週月曜日は朝一からクリニックに行ったままやはり行方不明。時々明るく振る舞うが長続きしない。

もしかして、そろそろダメなのか? あまり圧力をかけてしまって酷くなるのも困る。相手は物じゃなく人なのでダメなら簡単交換と言うわけにもいかない。よほどダメならもちろん交換だけれども、交換されてどこに置いておくか?と言うのも問題になる。上手く操縦して良くなる方法ってのはあるのだろうか?


こうした事例、他でもあると思う。しかしながら、周囲の人間は仕事場には仕事しに来ているわけで、別にその人のサポートでいるわけじゃない。見ていると周囲も良い時はお友達っぽく振舞っていたけれど、イザと言う時、何だか他人事のように変わってしまう。腫れものに触らない、巻き添え御免なのだろう。所詮その程度なのだなとわかる。

何とか考えないと。



アシスタント、昨日で辞めて行った。何も残さなかったような気がする。引き続き事項なんて何も無かったし、何かやって功績は?、と考えても思いつかない。けっこう長くいたようだけど。

仕事ってのは、世の中の幾らかの人たちは功績ってのを残すようだけれど、ほとんどの人にはそれがない。どっちかと言えば残さないのが普通なんだろう。いなくなれば形に残るものは無いと言うのが。歌とかダンスと似ているかもしれない。歌い終わったら何も残らない。記憶に残れば良いけれど、だいたい残らない。その場で終わり。

人の人生自体もそんな事なのかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セキュリティが甘い

2017-05-23 23:00:41 | マレーシアでニャー2017
先日、Wifiエクステンダーを買ったので早速工場の一部に取り付けた。今度ネットワークに繋がるのはWindows7とWindows10で共にデスクトップの2台。エクステンダーとアクセスポイントの設定は予め家でやっておいたので工場ではデスクトップ側の設定で簡単にネットワークにつながった。

つながったは良いが、いったいどこまで繋がるのかがわからなかったのでやってみると、何とちゃんとインターネットまで出られた。おかしいな、工場の現場PCはみんなメールしか繋がらないのに? さて、一番最初にやらないといけないのはWindoewsのアップデートだ。あっ、これはできない。噂通りルーターでブロックされている。次にセキュリティソフト。これもブロックされている。

バカみたいなのだけど、どうもスタンドアロンで使うに近いPCはこんなところまでブロックしてしまっているらしい。こう言うのって一応業者に来てもらってやっているらしいけれど、どうせいい加減な業者なんだと思う。それに輪をかけて素人が管理しているからこうなる。

こんなバカな設定をしていて新聞とかネットでWannaCryが流行っていると話題になると大騒ぎしたりしている。本末転倒じゃないか! 普通にアップデートすりゃ良いだけなのに。

と、まずアップデートはしないわけにいかないのである別の方法で少しづつやる。windows10はどうもwindows7より動作が鈍いみたいだ。それに設定するところがWindows10から導入された設定画面と従来のコントロールパネルに分かれていたりしてよくわからない。でもやれる事は大して変わらない感じがする。以前のバージョンのようにクラシックモードみたいなのは無いのだろうか?


Windowsのアップデートはたまっているのを一気に全部はできないらしい。一気にやってもインストールできる数は限られていて、終わったと思ってもまだ出来ていないのがあったりする。面倒臭い。(その前に溜めるなと言うのはあるが。)

さあ、この後できればファイルサーバーまで入りたいのだけれど、これもパスワードでコントロールされていた。自分のパソコンはもう最初から何でもだいたい使えるようになっているので何がブロックされているかわからないのだ。現場PCは用途が限られているのでわざわざサーバーに入れるようにするより、現場PCに共有フォルダを作っておいて他から読みに行くのが現実的かも知れない。ので、Windows7には作ってみた。問題ない。windows10はこれからやってみる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりにマレーシアの秋葉原

2017-05-20 23:59:59 | マレーシアでニャー2017
久しぶりにマレーシアの秋葉原、ローヤット・プラザへ行ってきた。ああ言う場所は嫌いではないのだけれど万年仮住まいなので物を増やす事もできないが、その前に新たに必要な物が発生しなかったのでずっと行く事が無かった。

しかしながら今回はちゃんと買うべき物があっての事。なぜなら今日の買い物は会社の物を買うのだった。それは何かと言うと、Wifi中継機、それにデスクトップPC用の無線LANだ。ネットワークを使う場所が工場の端なので有線でなくて無線で中継する事にした。

TP-LinkのTL-WA855REは中継機として1個、有線ハブからケーブルを伸ばして取り付けるアクセスポイントとして1個の合計2個。PC用の無線LANは同じメーカーのTL-WN822N。同じメーカーの方が上手く行き易いだろうと思って揃えた。30mケーブルも込みで約RM300と日本円で8000円未満と安い。もっと上のグレードでデュアルバンドと言う手も無いでは無いが、どうせ繋げても3台かそこらだし当分これで間に合うはず。それにどこにも電子レンジなんて無い。


ところでなぜこんな買い物を自分でやっているかと言うと、ずいぶん前にエンジンに依頼書を書いておいたのに何もやっいなかったのだ。原因はよくわかる。こんな大した事の無い仕事でも自分で選べないからだ。パソコンやデジタル機器にあまり関わった事が無いのだろう。もっと他の機械の仕事なら業者さんにお願いすれば自分のわからないところを補ってやってくれる。が、これ関係は今まで依頼が無いのでどこの誰にお願いして良いかわからなかったのだと思われる。

普通にローヤットでも行って店員さんに聞けば良さそうなものだが、なぜかそうしない。そこで思考停止が始まってしまう。そこから延々数ヶ月、何も起こらないままに月日は過ぎた。待てたのは最終的に今後入荷する新しい機械にさへ繋げれば最低限の要求は満たすので、忙しさに紛れて放っておいたのだ。直前になっても買うだけの時間がありさへすれば良いのだし。

それももうちょっと王手がかかる時期になってきて、そのネットワーク設備をあてにしてもっと別の事もやろうと思っていたのも手伝って今日ローヤットへ行く事にしたのだった。


ところでこの、ローヤット・プラザって、同じ物を小さな店がそれぞれ売っている。小さな店と言った時の小ささ具合は日本の秋葉原のビルの中にあるテーブル1枚位のあの店と似たような規模なのだけれど、実は別にそれほど放り出し物があるわけで無くて、普通にメーカーが完成品として出している普通の物を売っている。そうなると値段勝負みたいなものだけれど、そのあたり秋葉原を知っている自分にとって甘いな、と思うようなところがある。

実際値段を聞いてみるとそれほど安くもない。今時通販で買った方が良いんじゃないのと言いたい値段だったり(値切っても)、上の方にある何でも揃っている量販店で買って方が安かったりもする。量販店なら自前で修理受付窓口があって売り逃げされなそうな安心感もある。それで、なぜわざわざ高い値段でその小さな店で買う必要があるのか未だに理解できないでいる。売る方も売る方だけれど、買う方も買う方のように思う。

世の中、どんな仕組みで動いているんだろう? 不思議だ。 図面の読めないエンジニアがいるのと同じ位に不思議なのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガードハウスで昼食を

2017-05-18 13:52:27 | マレーシアでニャー2017
いつものマレー食堂が今日は閉まっている。それを忘れて(朝車でその前を通るのでわかってはいたが)出ようとしたところで呼び止められた。今日、あそこ休みだよ。

ガードマン、ガードマン。

ここで一緒に食べようぜ。

おお、そりゃ良いね、ゴチになります。


と言うことで、バングラデシュ出身ガードマンともう1人、同じバングラデシュから来てもう3年の作業員からご飯を分けてもらう。幸いにも皿はあり。スプーンもあり。そしてビンに入ったバングラデシュのマンゴーのスパイス漬けあり。誰かが調理したのを分けて持ってきた魚とポテトのカレー、マレー風ルンダンは作業員が朝作って持ってきた。

けっこうイケる。

国を出る前に母親から調理を習ってくるのもいれば、全く習って来ないで適当にやるのもいるらしい。同じアパートに同じ国からの人間が数人で住んでいるからできるのとできないのがいてもだいたい問題ないらしい。中には料理が好きだったり上手くやるのがいるのだそう。

バングラデシュではどの料理もマレーシアより辛いらしい。マレーシアだって日本人は警戒するけれど、多少辛い。これより辛いと言うともうどれだけ辛いかよく分からない位に辛いんだろう。それじゃバングラデシュ行けないなあ。




ありがたくお昼ご飯を分けてもらう前の前のもう少し前の朝、現場管理をやらせている男を捕まえた。ちょっとミーティング。

ミーティングを今朝やらないといけない理由と言うのは、話す事があると言うか...、昨日これをやる事にして他の者も集めたのだが、こいつだけ来なかったのだった。要は逃げていたわけだ。これだけでも十分にマレーシア人らしいが、こちらもしつこい方だから直々に今朝捕まえた。逃げられない。

全くもってマレーシア人、特にマレー人は困難と思われれるちょっとした事からすぐに逃げる。困難と言っても別にイーサン・ハントの任務の1万分の1ほども困難じゃないのだ。だいたい失敗したところで死にはしない。


彼らの困難がどんな物かと言うと、「XXX(人)がこう言った」とか「(自分がこれまで)やった事ない」とか「(頭の中でちょっとだけ考えて)ダメそう」とか、そんな程度だったりする。オマエ、それ本当に困難なのか?、とつい言ってしまう。そんなの無視せい!

どこかの猫に虐められてビクビクのうちのキナコの困難より困難度合は低い。なぜならキナコ、実際に血流して帰ってくるし、そこから病気に感染されて熱出したり下手すると死ぬ可能性もある。それよりずっとマシのはず。

でも本人にとってはノイローゼになるほどの困難なのだろう。ここでひどく叱ったりするとまあ、仕事辞めるが早いかそれとも心の病を患ってしまうかになりそうな気がするよ。最近日本でも職場のそうした問題がけっこう多いとか。ニュースで見ているだけだけれど、どうなんだろう? ネットで見ればそう言う人にどう接するべきかとかいろいろあるのかもしれないけれど、どうしようかな? まだ病気では無さそうだけれど。


もう少し虐めるか?、と言うのは冗談だけれど、一度逃げるのを覚えると将来もずっと逃げ続ける事になるだろうから、ここらへんで逃げなくても良い方法を見に付けさせないと。(キナコは逃げるのを覚えさせたい。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もらった物を大切にしないのか?

2017-05-17 13:55:55 | マレーシアでニャー2017
オフィスの机(工場だけど一応オフィスってものがある。ホントに機能として必要かどうかわからないけど、エアコンが効いてる部屋が1つあるのは良い。)のところに座っているといつも気になっている事がある。

何人かの机の上に、パッケージ入りの食べ物とか、中華正月かその前あたりの何かのイベントだったかに誰かからもらった物が袋に入ったまま置かれている。金色の紙袋に入って変な趣味のデコレーションが付いたままだ。赤い箱に入ってリボンまで付いているのがある。

もらって机の上の一番奥、パソコンのモニターの横かそのあたりに置いてそのまま何か月もそこにある。食べ物だったらもうきっとヤバいだろう。お茶の缶や飲み水を入れて持ち歩くポリエチレンのボトルなんかもチラリと見えたりする。ハエが発生していなくともカビ位は平気で生えているのではないだろうか。そのうちサルマタケでも生えてきたらどうすべきか? 菌類だったら進化してヌルヌルした身体で出てきてゼブラーマンに出てきたようなあんな生物が出てくる事だって考えられる。


とりあえず、そのうち何が出てくるかは楽しみに待っている事にして、話は本題に戻る。とにかく彼らはもらった物を大切にしないのか、何とも思わないのか、よくわからない。中華正月、彼らはミカンを配る。箱でたくさん届いてみんなで分けたりする。いくつかは食べるのかも知れないが、それも机の上に置きっぱなしにされるのが多い。長期の休みに入ると言うのにミカンを裸のまま机の上に置いて行ってしまう。あな恐ろしや、である。

あまりの恐ろしさに全員いなくなってから何度捨てて回った事か。

置いて行ってしまうくせに他人から物をもらうのは好きらしい。ちょっと前にも中国から来た人にお茶をもらった。けっこう貰って行く人はいた。が、もらってそのまま机の上に置き去りってのもいる。不思議だ。家に持って帰るとか、家族や好きな人に配るとかいろいろする事はありそうなのだが、結果は机の上だ。

どう解釈すれば良いのか、この行動。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

辞めちゃうんだってっさ

2017-05-16 13:48:41 | マレーシアでニャー2017
アシスタント、辞めちゃうんだってさ。

ちょっと前に聞いた。新人さんがたくさん入って部門毎のメンバーリストを人事からもらった時にエクセルのセルの角の所に三角くじみたいな赤いマークが付いていた。何かな?と思ってクリックするとこのセルへのコメントだった。そこにX月X日付で退職と書いてあった。

その時にはまだほとんどの人が知らなかったらしい。人事とある一部以外は。


アシスタントなのでこちらに何か言って来ても良さそうなものだが、それはもとから期待していない。だって、自分で自分のやるべき仕事はわかっているから何も言わないでくれと言っていたので放っておいた。たまにどうにもならなくて尻拭いしてやるのがちょっとあるだけだったから。

まあ、マレーシア人なので他人にとやかく言われるのが嫌いなのだろうし、言われればプライドが傷付くのだから仕方ない。それでこれまでの結果はどうだったか? 言わない。特別な事は何もなく、お手柄と言えるような事は無かったかと思う。それだけ。


今辞めてしまうとはちょっと思ってはいなかったけれど、最初にこの工場に来た時に、長く続く人間じゃないとは感じていた。その理由は前の会社がここよりずっと規模が大きかったし、有名な会社だったから給料はもしかすると下がったかもしれないなと。給料を下げてでもこの、(あっちの工場もちょっと華やかさに欠ける場所にあったけれど、ここはさらに上を行ってしまう)何とも言えないところにある何とも言えない工場なんかに来るのだから何か不満とか限界とかそうしたものを感じて辞めてきたのだろうと。


そして実際に働き始めて、そして自分のところのアシスタントになって仕事を見てみると何となく最初の印象が正しそうだと感じるようになった。プライドが邪魔して知らない事を知らないと言えなかったり、だから新たに学ぶ事もできなくてすぐに限界に到達してしまうようなのだ。

まあまあ何ともホントにマレーシア人らしいと言えばこの上なくマレーシア人らしい。下に命令する立場、他人よりちょっと有利な立場とか、もちろんこれ以上勉強なんてしなくても済む立場になるとそこから先が無いのだ。それで何か楽しいのかと思うけれど、そんなものなのだと思う。


そしてきっとここでXXX位のポジションだったと言って別のところで仕事を得るのだろう。ポジションロンダリング? それもマレーシアならアリ。ある別の会社だと別に自分が何するでもなく毎日怒鳴るのが仕事みたいなのも見ているから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きなこ、喧嘩より逃げる方法を覚えなさい

2017-05-15 13:58:50 | マレーシアでニャー2017
写真のきなこ、先日近所の猫と喧嘩して来た。

喧嘩は以前にも何度かしている。相手は同じ猫でなくて他の何匹かの猫たちだ。オス猫にはサカリがあり、サカリになるといつもいる場所からメス猫を求めて彷徨い出す。だいたい1週間か2週間、場合によってはもう少し長くなる。それがある時突然姿を見せなくなる。しばらくして別のオスが来る。

その度にきなこは喧嘩しなければならない。きなこは去勢しているのでオス猫たちの直接のライバルではないはずだ。きなこは去勢してもマーキング以外のオスの行動様式を維持している。それが狙われる原因か? 相手が向かって来ればきなこも応戦してしまう。きなこ、喧嘩に強い猫ではないのでけっこう怪我をする。

いつもは怪我してもそれほど酷くは無いが、今回はちょっと酷かった。尻尾の先、前脚と後脚といろいろなところに血が滲んでいる。それに後脚の爪が1本無くなっているし前脚の爪の裏に血が透けて見える。どうしてこうなるまで喧嘩しなければならないのか? きなこ、昨日と今日は昼間痛むところを舐め舐め寝ていた。オシッコに出る時もいつものように走って行かれない。


猫どうしはどうしてこうも仲良くやっていけないのだろう? どうしていつも喧嘩しなければならないのだろう? 同じような大きさなのに犬とか争わず、猫どうしだと争うのはなぜなんだろう? 首に「私はあなたのライバルじゃありません、争いはしません」と書いてぶら下げて歩かせたいところではある。



こうした事について、よく考えれば人間も同じかもしれない。歴史の教科書では血で血を洗う戦争はいつの時代もずっとあった。それに対して争いなどしなくても多くの問題を解決する手段が考え出されても来た。にも関わらず今でもまだ争いはどこにもある。

戦争とか国どうしの争いとか宗教や民族、そう言った大きな意味でのみ言っているのではない。身の周りにあるちょっとした正しさ論争とか、横を走っている隣の車との争いとか、我先にと争って何かを手に入れる事、夫婦間などでの主導権争いなどだ。もちろん自省も含めて言っている。自分以外について都合よく言っているのではない。



人間はけっこう野生動物なのかもしれない。自分たちで自分たちの事を上手く捉えられていないだけで、外から見れば人間と猫はそう違わないのだろう。

猫は最近やたら文明的なキャットフードを食べるようになって、人間の住む家に住み、管理されたクリーンな環境に生きている。たまに服まで着てアクセサリーを付けているのもいる。でも放って置くとちゃんとうちのきなこと同じように喧嘩で怪我してくる。別に他の猫と争わなくともご飯は十分にもらえて何の不自由もない生活ができる。にも関わらず争いだけは昔と変わらずにしてしまう。人間もまるで同じだ。


きなこ、喧嘩しそうになったら逃げなさい。弱くても良いからバカにされても良いから逃げる方法だけ覚えなさい。そっとオシッコしてそっと家に帰りなさい。家の中で隠れて過ごせば良いのだよ。そしたら玩具でも買ってあげるから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小包が届くような届かないような(写真入替)

2017-05-12 22:59:31 | マレーシアでニャー2017
先日、久しぶりにLelong.myのある店から電子工作パーツを買った。そして今日届いた。

マレーシア郵便のPoslajuのトラキングナンバーでどこにあるか確認できるので昨日、そろそろ届くころだと思ってトラッキングしたら、あれっ? FAILになっている。おかしいじゃないか、届け先は工場だし、警備員はいるし、しかも自分もここにずっといた。にもかかわらずなぜFAILなんだ!? しかもここに電話しろと電話番号が書いてある。何だいそりゃ!

配達人が面倒だからか何かの理由で来なかったに決まっている。そうでなきゃおかしいだろ。時刻はもう(昨日の事)午後6時半、近所のPoslajuの集配所は終わっている。仕方ないので明日(つまり今日)自ら行ってみることにした。10分も走らないところにある。


今朝になって行ってみる。窓口には数人が待っている。やっぱりこの人たちも届かなかったのか? わからないが、順番を待って窓口の人に聞いてみる。ちゃんとトラッキングのページとLelongの購入ページを印刷して持って来てある。それに身分証明書だってある。

話はこうだった。結局、実は配達に手間取って配達には来なかったのだった。たぶんそろそろ終業時刻だなと思ったところで帰ってしまったのだ。それならFAILじゃなくて未達(英語で何と書けば良いかわからないが)ってちゃんと書いて欲しいものだ。

そしてすごすご工場に帰る。1時間ほどして荷物が届いた。もう朝から持って出ていたのかもしれない。


それにしても、前にもそんな事書いた覚えがあるけれども、マレーシアのインターネットとかコンピュータを使ったサービスってのはどうも不完全なままでやっているのが多い。Poslajuって言ったらマレーシア政府がやっている日本の以前の郵便局みたいなものなのだ。日本だったらけっこうクレームが出るだろうけれど、マレーシアではそうはならないのだろう。

何となく思うのは、システムを作っている人は現場がどうなっているかなんてちっとも知らないのだろうし、現場の人はあっちで何やってそれが自分とどう関係があるのか知らないままなんじゃないだろうか。多少不具合があってもそれ、あっちのせいとか、使い方が悪いとかでそのままになってしまうだろう。全然助け合わない。それに何も向上しない。うーん、マレーシア的。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お釈迦様の誕生日に肉食いたいと思った

2017-05-11 23:32:32 | マレーシアでニャー2017
昨日はウェサック、お釈迦様の誕生日とか。おめでとうございます。(本人は見てないだろうとう思いますが。)

そんな日、大胆不敵にも豚肉を食べたくなった。ムスリムが大多数を占めるこの国ではどこでも豚肉が食べられるわけではない。中華の屋台村にはあるが、実は近所にそう多くない。そして肉らしい肉を塊のまま食べるとするとさらに選択肢は減る。そしてそして美味いのを、とすると近所で探すよりちょっと30分かそこら車で走って知っているところに行くのが良い。

となるともう選択肢は数軒を残すのみ。以前住んでいたスバンのSummitと言うもともと寂れて潰れかけたショッピングモールへ。隣に大型最新モールが出来てしまったし、以前からGiantとMyDinの大型スーパーに囲まれて見る影もなしなのに、中に入ると本当に照明が消えていて暗い。エスカレーターも全く動いていない。そのエスカレーターを歩いて2階分か3階分上がったところにその店はあった。まだあった。黄色い看板を掲げて、客も少ないのになでかオーナーの全身写真をカキワリにした看板まで作ってあった。

何でこんなビルのこんな店に来るかと言うと、肉骨茶がガイドブックに出ていて評判でいつでも混んでいて待たされる専門店などよりずっと美味いからだ。それ以外にもいくつもメニューはあるけれど、そっちもこれまで試した範囲ではけっこう美味い。イポーなんかで有名なチキンライスもここは美味い。それに安い。値段が知る限りここ8年の間、それほど上がっていない。一定の客数はいつも来るのだろう。

美味いって事を言葉でいくら言っても通じにくいので不親切だけれどここで終わり。それ、今日の本題じゃないし。前置き長かった。


さて、ここで食べてその後、同じビルにある新しく出来たホームセンターを見て回る。キャサリンさん、広い店内にちょっと飽きて下の階のスーパーに行くと言う。このあたりまではまずまず。が、30分位したらと言っていたのでその時刻にメッセージを入れると隣のGiantに行っているとの事。ここで異常に気付けず。Giantまで歩いて行くと地上階のフードコートでキャサリンさん発見。

親切にもここでテータレか何か飲んで待っていろと言う。まだ気付けない。言われた通りテータレを注文して待っているとしばらくしてマンゴーを持って帰ってきた。まだ気付けない。そこから駐車場に入り、はて、車どこだっけ?と、ちょっとだけれど遠回りになる。話しながら歩いていたので少し逸れてしまった。

ああ、これが地雷だった。ブツブツ言い始める。頭が痛いと言う。それが本当に肉体的に痛いのか、精神的なものか、単なる脅しかわからい。なので当たらず触らず車に乗り込む。車の中では踏ん反り返って不貞腐れている。家に帰ると、ああ、やっぱり本当に肉体的に頭が痛かったのね。首の後ろが痛いと保冷剤を当てている。

オマエのせいだと言う。人間は時々無関係なものを別の事象とくっつけて考える性質がある。たまたま黒い猫が横切ると不吉だと言ったり、茶柱が立つと縁起が良いと言ったりするのがそれだ。今回はたまたま(と言うよりけっこういっしょに居る時間は他人より長いかもしれないので全くたまたまでにないが)そばにいた時分が黒猫の役を引き受ける羽目になった。

こりゃヤバい。

仕方ない、自分の分だけ夕ご飯を買いに行こう。と、もしキャサリンさんが死んだら(頭が痛いだけで殺すのはいささか早いかも知れないが)こう言う毎日になるのだろうなと思う。自分のためだけに自分の食い物を探し、自分のためだけに自分の必要な物を買う。そう言う事なんだろうなと想像する。お釈迦様の誕生日に肉食いたいなどと走り回ったりしてはいけないな、と....
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日の公休はいったい誰が祝う?

2017-05-09 14:13:02 | マレーシアでニャー2017
マレーシアも飛び石ゴールデンウィークは明日のウェサックの休みで終了である。ウェサックって、仏教のお祭り事じゃないか?なぜ?仏教徒いるのか?たまにはいるか。お寺もあるし。

中華系がいるから?それもそうかもしれない。でも、中華系に仏教ってのは少ないのでは?と言うわけで簡単に調べてみる。


10 Countries with Highest Buddhist Population
(仏教徒の多い10の国々)

なんといきなりマレーシア10位に出てきている。(写真はヒンドゥー寺院だけど。)仏教徒人口501万人。

501万人と言うのはどれほどなのか?多そうだと言うのはわかるが、街を歩いていてどの頻度で会えるかまではちょっと人数だけだとわからない。そこで確認。

マレーシアの人口は約3000万人。と言う事は、501万人は16.7%。けっこうな頻度で出くわす事がわかる。では、もし仏教徒が全部中華系だとするとどの頻度か?

中華系はマレーシアに25%なので3000万人x25%とすると750万人。そうなると中華系の66.8%が仏教徒って事になる。ちょっと多いんじゃないか? だって、13.7億人の中国でさへ2.4億人しか仏教徒はいない。17.5%だ。

そうするとマレーシアの仏教徒は中華系だけじゃないのか?インド系にもいるのか?見た事ないが。それとも日本と同じでキリスト教以外は皆仏教徒として勝手にカウントされているのでは?日本の場合身分証明書に何教徒などと書くところが無いので何も言わないときっと勝手に仏教徒として数えられる。それと似たようなものなのか?

日本人は中国風にデコレーションした宗教施設を見ると絶対に寺だと思う。中に入ってよく見ると寺じゃなく先祖とか昔の実在人物を祀った廟である事が多い。外観で我々には全く違いなんてわからないので中国人は仏教徒ばかりのように感じてしまうけれども全然違う。

台湾などまさにそうで、台湾人のほとんどは仏教徒じゃなくて道教徒だ。そう思うとマレーシアで中華系のうち仏教徒が67%....ちょっと信じられない。


ところで、明日のウェサックのお祭り、誰が祝うんだろう?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

研修には付き合いません

2017-05-08 22:51:49 | マレーシアでニャー2017
時々人事が研修ってのをやりたがる。やりたがる、のである。やりたくも無いのにやりやがる。たまにどんな研修をやってもらいたいかと聞いて来るが、その意見が反映される事は無さそうで、勝手に突然数日後にやるとか言い出す。

やるのはやるで全くかまわない。が、やった後どうすんのよ?、とまで考えると面倒なのでやりたく無い。やりたく無いって、自分が受けるのでなくて作業者とかその管理人レベルが受けるのだけれど、でもやりたく無い。やった後、効果測定みたいなのを全然やろうとしない。受講者に報告書なり試験なりしてくれるなら良いのだが、それをしない。だから受けっぱなし。こっちはどんな内容だったか具体的に細かく知っているわけではないのでそのままにしてしまえば何も残らないし、どんな効果が出るはずだったのかがわからない。

だいたいそれは本来の中心業務ではないので効果測定など意識して時間かけてできるわけもない。つまり、いい加減になって放ったらかしになるのがオチなのだ。それでもそのままにするわけにもいかないので自分のところの受講者にはレポートは提出させる事にしている。A41枚に手書きで良いから時間かけずに簡単に書かせる。

だいたいが読むに耐えない汚い字とつまらない内容になるのだが、何もしないよりはずっとマシだ。少なくともどんな風に受講者が受け取ったかはわかる。それをスキャンして人事に送る。が、想像通りなのだけれども、そんなのは要らないみたいに扱われる。

昨日も人事からそれに返信があった。各受講者の能力などを査定するのは上司の仕事であって人事ではない。と、ご丁寧にISO登録書類の人事の職務についての記述が添付されていた。ちょっと待て、そもそもこの研修を勝手に見つけて来てやれと言ったのはそちらだ。こちらは要望したものじゃない。まあ、百歩譲ってそれでもまあ良しとしよう。が、自分が探して来た研修と講師、この有効性を自分で確認はしないのか?

しないんだ、これが。


彼らの前提条件は、研修や講師のようなものは常に正しく有効性あるものとして認識されている。簡単に言うとそれ自体が完璧だと言う事。であるからそれを受けるとそれなりに効果があると言うところに疑いは無いのである。それに関して有効であったかどうかは議論するポイントではないのである。だからやったらそれで仕事が終わったと思っているわけだ。

脳天気だ。(もうちょっと言ってしまうとアホだ。)

こっちはそうは行かない。研修するのに他の仕事をしないで時間を開けている。受けるのに金も使っている。とすれば報告書位書かせるのは最低限なのである。実は、そう考える部門長は自分以外に誰もいないらしい。結局、研修なん公式てサボり時間を作っているようなものだ。


と言うわけで、できるだけ研修には付き合わないようにしたいと思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しいものはまだちょっと待つ、古いものはまだまだ..

2017-05-07 15:45:40 | マレーシアでニャー2017
約1ヶ月前にAmazonプライムに登録していた。でも、1ヶ月後の今、無料お試し期間終了とともに止めた。約4000円弱で1年間たくさんの映画を見られるのはメリットが大きいと思うのだけれど、いかんせんネットのスピードが遅いのだ。

うちの場合、固定回線のネットは無くて全部4Gモバイルなのだ。4Gだって普通にしていれば遅くは無いが、いつでも速いわけでは無い。家に入る電波が最高に強いわけでなく、他の人が使っていれば遅くなるかも知れない。もちろんどうして時々遅いかはわからないけれど。それにもう1つ、Amazonの日本向けコンテンツを視聴するには日本へVPNで繋がないといけない。これも遅い原因の1つと思われる。

なので残念ながらAmazonプライムは無しだ。せっかくDigiが毎週2.5GBほど動画用通信分をくれているのに....


遅いながらも数点映画を見てみた。エクス・マキナ、MOON、009ノ1、鐡男、ルパン三世(実写版)。1ヶ月あったのにいくつも見られなかった。仕事忙しかったし。仕方ない。

でも、こうしたネットでの映画視聴サービスだと本当の本当に最新版が見られるわけじゃ無いんだな、と言うのもわかった。街のレンタルショップで借りるのと似ているらしい。やっぱり最新版の公開はもともとビデオ作品として作っていない限りは劇場公開なのだ。今のところ、それ、当たり前なんだ。映画館で見るか自分の部屋で見るかって選択肢じゃないんだね。そうかそうか。

それに、見られる作品も今のところアクションとかが多いようで、以前に公開されたのが全部あるって事でもないようだ。まあ、とりあえずもう少し時代が行ってからまた利用させていただく事にしよう。



話は違うのだけれど、ちょっと前にうちのブルーレイディスクが再生できるビデオプレーヤーが壊れてしまった。それで中古DVDプレーヤーを使うようにした。悲しいかな、もう一度見ようと思っていた映画が見られなくなってしまった。

ショッピングセンターで安いブルーレイプレーヤーが出ないかなと思って見ていたのだけれど、1番安くてサムスンかソニーのRM290程度の物。それだったらRM500ほど出してスピーカーが何個か着いたオーディオシステムになってるのを買おうかなんて事も思ったけれど、それっきりになっている。

よく考えるとブルーレイディスクってあまり買わないのだ。コピーディスク屋なんかもブルーレイを売るようになっていたけれど、単にDVDの中身を何本も入れて売っているだけで割安だけれど別にそれ全部見たいわけじゃない。そんなの買わないし。

確かDVDが出てからそれほど経っていない時期にブルーレイの規格が出て、これからはブルーレイだよなんて宣伝していたけれど、自分はそりゃ無いだろうと思った。あれはもう何年前? 確かにDVD以外にブルーレイディスクなんかも、そしてプレーヤーも発売されたけれど、何だかあまり普及していない気がする。プレーヤー作って売っているのはソニーとサムスンとLGとかばかりだし、マレーシアだと今でもVCD見てたりする。

ブルーレイがちゃんと普及する前にYoutubeとかその他でネットで見られるのが多くなったし、このAmazoプライムだって十分とは言えないけれど映画を見られる。想像とはちょっと違うけれど、モーターでディスクを回すなんて原始的な方法をそのまま高級化するって、そんなのアリなのだろうか? どうやってそれをアリと思ってやってるんだろうか? 無いとは思わないし、それなりの利便性も用途もあるとは思うけれど、ソニーあたりだったら同時にそれを否定できるようなものを同時に作り出す事ってできたのではないかなあ?

何でAmazonとかGoogleの横にソニー名前が無いんだろう?とちょっと真剣 に考えたり.....



キャサリンさんが言う。芸能ネタ大好きなキャサリンさんが言う。芸能人はマスコミ何か発表するとき、FAXを使う。24時間テレビでもFAX送信を求めるし実際に送る人がものすごくたくさんいる。以前、90年代半ば、自分も使っていた。それを今でもなぜか日本の皆さん、使っている。

今や、それを「なぜか」と言わなければならない時代になってしまった。なぜなら代替手段があるし、そっちの方が格段に便利なのだから。FAXを使うにはその機械を買っておいておかないといけない。それに固定電話の回線が必要だ。たぶん、24時間テレビのために新たに買うって事はないだろうからきっと10年位前に買って壊れて無いだけなんだろうなあ。日本の機械製品の品質、すごいなあ。結局、ソニーだって言い出した手前、ブルーレイ引っ込められないんだろうなあ....




長くてつまらなくて、絶対ここまで読む人はいないだろうなあ。
来たらえらい。我慢強い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

携帯電話がMaxisからDigiになったが..

2017-05-06 22:18:51 | マレーシアでニャー2017
昨日、近所のDigiストアにまた行った。

普通なら行く必要なんてないのだけれど、前回手続きした時にMaxisからsmsが入ると言われていたのが3日経っても無い。こりゃ何かあったかと思って夜10時までやっているショッピングモールのDigiに駆け込んだ。

と、こちらの顔を見るなり、パスポート番号が間違っているのでMaxis側から拒否されているよと言う。あれっ、そんなわけないが? なぜなら以前も似たような事があってMaxisで変更しているはずなのだ。ただ、例によってここはマレーシアなのだ。こう言う手続きはなぜか上手くいかない事になっている。そしてそれがずっと後になって発覚する。だからパスポートは前のものと新しいのをいつまでも一緒に持ち歩かないといけない。

マレーシアでの宿命みたいなものなのだ。

パスポート番号の変更が何度やってもできない銀行なんてのも実際にある。お偉いさんの中に日本人がいると言われているあのRHB銀行なんかもその際たるもの。何度同じ変更手続きをした事か。

さて今回はどうしたかと言うと、まず同じモールにあるMaxisの店に行く。が、何とMaxisはKLCCなどにあるメジャーな店舗でないとパスポート番号のアップデートは出来ない、とぬかしやがる。万事休すか?明日の土曜にKLCCまで行って新しいパスポート番号に変更して来るか?

と思ったが、再度Digiで聞いてみた。ダメモトで。それは、もう無効になっている古いパスポート番号で切替手続きをやり直せないか?、と言う事だ。こう言うのは普通できない。なぜなら、当たり前だけれど無効なパスポートだから。Maxisは解約だから許されるとしてもDigi側はそれで登録してしまう事になるわけだからできるとは思えない。

が、できた。穴の空いた古パスポートじゃなく、穴を開ける前のそのカラーコピーを彼らのタブレットでスキャン、この前もらったsimも同時にスキャン。これで終わり、のはず。またまたMaxisからのsmsを待つ事に。

そして昨日の午後、Maxisからのsmsは来た、と言うより来ていた。仕事場がちょっと騒がしいので来たのを知ったのが夕刻を随分と過ぎた時だった。18時xx分(忘れた)までにsmsに返信して他に行くならYES、そのままにするならNと書けと書かれていた。その後にもう1通、早くセーと言うのも入っていた。時刻は杉田がとりあえずYESと返信。その途端にわかったよと言う意味のsmsが自動返信されて来た。


そして1日経った今日の午後、またしてもsms。手続き完了。Maxisにまた来てねと。へへーん、もう戻らないよー、とは言わない言わない。が、早速Digiのsimに交換。すると今度はDigiからsms。いらっしゃーい。MyDigiアプリをダウンロードしてね。ダウンロードするとボーナスデータ通信分がもらえるよ。


夜の10時なのだが、まだダウンロードが終わっていない。携帯の表示には4Gを受信している事になっているが今使えるのは低速回線だけなのだろう。今日中に終わるのだろうか? Wifiに切り替えてダウンロードすべきか?

まあ、別に一晩かかっても置いとくだけなのでそのままにしてしまおう。(結論)




今日は土曜日、自分は休み。でも工場はやっている。メッセンジャーが入った。床掃除に溶剤を使っても良いかと聞いている。現場管理人からだった。返事は簡単、聞くな、自分で考えろ。自分でルールを作れ。

その程度の事になぜ答えを出してやらないといけないのか?そんな判断自分で出来ないのかと思うからだ。聞いて来る意味はわかる。自分の判断でやって後で怒られるのが嫌なのだ。聞いて来るのはボスとしてアドバイスを求めているのかと思いきや、実は責任回避しているだけだ。アホ臭い。

さらに返信あり。自分はスペシャリストでないのでわからない、と書いている。今回の回答も簡単。逃げるな。

掃除の会社でもないのにどこにスペシャリストがいると言うのか?スペシャリストにならないとわからないほど複雑で高度な内容か? アホ臭いのでそれで終わり。それ以上何か来てもこの件、そのまま放っておく事にする。

月曜日になったら何か考えよう。いつまでもそんな事聞かれてるようじゃ仕事ならないのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AIなんかいらない、オウムにもできる管理職

2017-05-05 13:30:30 | マレーシアでニャー2017
今朝、工場で朝礼のようなのがあった。こう言うのは時々ある。工場の作業者全員が倉庫の広いところに集めら整列させられる。工場のスーパーバイザー(監督官みたいな?)がその前に立ってマイクを使っていろいろ言う。

いろいろ言う内容はいつもあまり変わらない。少なくとも工場がこの場所に来てから約3年、ほとんど変わっていない。タバコは決められた場所で吸うこと。トイレは脇の通路では吸わないように。隣にも発火物が置いてある。そりゃ危ない。ゴミは決められた場所に捨てる事。などなど。耳にタコができるほど彼はずっとこれを言っている。

今日はスタッフのある者がまた最後に似たような事を言った。普段無いような強い調子で。それもそのはず、彼はそうした機会があまりない。それともう1つ大きな理由は中華系だから。(と勝手に思っているが、多分間違いはないだろう。) 中華系はそう言うのが好きだし、それにも増して他のやり方を知らないと思われる。この会社の前にちょっといたマレーシアの中華系の会社(マレーシアで一番利益が出ているある有名会社とか)でも同じだった。とにかく吠えるように言う。吠えるように下の者に命令する。



マネジメントと言う事を考える。強く言う、これは果たして何になっているのか? 何か効果を上げているのか? 例えば、経った今止めないと直後に危険が来る場合、それはその時有効な手段かもしれない。子供がストーブに手を突っ込もうとしているような場合、有効かと思う。

それではそうでない場合はどうだ? 経験上、これは全く効果を上げる事ができないだろう。前述の会社のネパール作業者、毎朝いろいろ言われて怒られていたが、次の日も同じだった。そして怒られる。また次の日も。

これを見てネパール人が学習能力が無いのか、低賃金で雇うために小学校も行ってない人を連れてきているからか、などと取る人もいるかもしれない。現実に怒っている方はそう思っている。はっきり言うと、あいつらバカだ、と。


横から見ていると、バカは怒って命令している方のように感じられる。まず、毎日言ってダメなのに他の方法を考えない。効果が無いとわかっているのに自分のやり方が正しいとしか思わない。それこそ何年も何年もそれをやり続けても気付かない。壁にポスター作って貼って置くとかオウムに教えてそこに置いておくのと違わない。


悲しいかな、そう言う人は大学で勉強までしたりした人だったりする。逆に、だからこそ自分が正しいと思い込めるのかもしれない。ヤツらとオレとは違うんだ、などと。



実は自分の管理する現場でも同じ事をマレー人の管理人がやっていたりする。朝、作業者が集まるとXXに注意せよと言う。その後、オマエはこれを、とマシンの点検を命じる。次のオマエはこれだ、と別の事を命じる。それを延々毎日やる。

・・・待て待て、もしオマエ(管理人)が風邪ひいて休んだ日はそれ出来てるのかよ? 夜勤の時にオマエはいないが、同じ事がちゃんと出来ているのか? と言うわけだ。結局そんな事やらなくてもある程度普通に今日のシフトは終わって彼らはバスに乗って帰る。そんな日が数日あると最後には何もやらなくても何も起きないと誰にもわかる。そしてやる事自体が形だけになる。

さあ、管理人はここに必要なのか? マネジメントってのはオウム返しの事なのか? 3年間トイレでタバコを吸うなと言い続ける事がどう言うマネジメントになっていると言うのか?

だからこうした厳しさと言うのは信じられないのである。逆にイスに座ってFacebookやっていても呼んだら来て仕事にすぐ戻ってくれるとか、それしたいために今日やる仕事を自分でさっさと片付けてくれる方がずっと信用できると思っている。

厳しい管理ってのはバカがやる事だと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この事態にどんな理由が付くんだろう

2017-05-03 23:59:59 | マレーシアでニャー2017
ちょっとしたある事情があってある国から来ている作業員数名の給料が振り込まれていなかったとわかった。通常は給料の事など自分は管理外なのだけれど、時々こうした事、つまり振り込まれない、額面が違うようだ、などがあると作業員から人事に言ってくれと言われる。

どうも人事、外国人作業員の事をバカにしているのか取り合わないような場合が多いらしい。面倒臭い、どうでも良いように思っている、下に見ている、そんなような臭いがする。仕方ないので話を付けに行くと言うわけだ。

ただ、今日のところは話す人間がおらず、メールを入れる。さて、どんな理由があって彼らの給料が振り込まれていないのか、楽しみではある。(振り込まれなくてヤキモキしている方には悪いが、楽しみだ。)

きっと何か理由を付けるだろう。自分のミスでなどとは言わないに決まっている。あれがこうでこうだから、ちゃんとやるようにXXに言っておいたができていなかった、経理には言ったのでそれはこっちの問題じゃないからあっちに聞いてくれ.....そんなような予測が立つ。


給料、本当にこれ、彼らにとっては一番大事だ。山の中の田舎から借金してエージェントにお金を払い、航空券を渡されてマレーシアに飛ばされ、別のエージェントにどこかわからないところに連れて来られ、何するかわからないままにこの工場に引き渡される。彼らが選んだのはマレーシアに来ると言う事だけだ。仕事など選んではいない。床を掃除するか家具を作るか鉄筋を運ぶか溶接するか知らずにここに来て、少なくとも3年は親が死んでも家には帰れない。

それもこれもただ、お金のためなのだ。

それが決まった日に口座に入っていないとは、どう言う事? マレーシアでは実は良くある。もうちょっと待てもうちょっと待て、来月まとめて払うと働かされて仕舞いには払われず、ビザの手続きもされず、そうした事が。まあ、この工場ではそこまでひどい事は無いが、とりあえず金が入らないのは大問題。手違いミスもこの問題に関しては許されない。

ったく、こんな普通の事務仕事もマトモに出来ねーのかよ、っと言いたいところ、ちょっと抑えて早く振り込めこのヤロー、と言うのもさらに抑えて、どうしてくれようか?と思っていたりする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加