香ばしい町並みブログ ~昭和レトロな町並み~

当ブログでは日本各地にある「どこか懐かしく、ノスタルジーを感じさせる」昭和レトロな町並みや建物をご紹介していきます

【群馬県・高崎市】昭和レトロあふれる高崎観音

2017年05月21日 21時24分12秒 | 東京・大田区
(2016年12月撮影)  GWやらアケでバタバタしており、更新が滞っておりました。お待たせいたしました。 高崎観音の周辺が香ばしいと聞き及び出かけてまいりました。 JR高崎駅西口から、高崎市のコミュニティバス(観音山線・片岡先回り)にて20分。 バスは1時間20分おきのため、バスが来るまで高崎駅周辺を散策。  バスに乗りまして観音山頂へ到着。観光センターも昭和テイストあふれてます。  周辺 . . . 本文を読む
コメント (1)

【宮城県・仙台市】行くど!東北  仙台・いろは横丁と中央市場 その2

2017年05月08日 00時29分57秒 | 東北
(2016年12月撮影)  仙台のいろは横丁をゆらゆら。  めぞん一刻館風味な組合事務所も。 手前の美容院もいい味。  建物には古い看板がありました、  実にワクワクする一角。  再びいろは横丁の通路へ。通向けな佇まいの飲み屋さん。 タイルの柱も赤線風味でレトロ。  横丁を外から見ますと、かなりスゴイ状態となっておりました。 よくぞ今日まで残ってきたものであります。 . . . 本文を読む
コメント (2)

【宮城県・仙台市】行くど!東北  仙台・いろは横丁と中央市場 その1

2017年04月23日 21時49分29秒 | 東北
(2016年12月撮影)  ということではるばる仙台へやってまいりました。  今回は仙台駅からほど近い(最寄駅は地下鉄東西線、青葉通一番町駅)いろは横丁と中央市場にやってまいりました。 どちらも隣接しており、並行したバラック飲み屋街となっておりますが、かつては市場であったようで、随所に その名残がございました。  すぐ近所には文化横丁も。    さっそくいろは横丁へ。 google map . . . 本文を読む
コメント (2)

【青森県・青森市】行くど!東北  青森駅前ウロウロ日記

2017年04月16日 22時27分53秒 | 東北
(2016年6月撮影)  引き続き青森駅前の散策を続けます。 雪国ということもあってか、全体的に北海道と建物や街並みの雰囲気(木造の三角屋根や除雪を考慮した広めの道路)が似ています。  全体的に相当年季の入ったお店が多く、興味深いです。  一本裏通りに入りますと、市場が。  内部は大変にぎわっておりました。お魚から雑貨まで何でもある!  市場の裏も、一坪くらい位の大きさのおで . . . 本文を読む
コメント (2)

【青森県・青森市】行くど!東北  青森駅前ニコニコ通り

2017年04月09日 20時33分18秒 | 東北
(2016年6月撮影)  弘前から青森駅へ移動しまして、青森駅前を散策することに。 ちょうどこの日は東北六魂祭の真っ最中でした。  さっそく駅前のニコニコ通りへ。 微妙な感じのニコちゃんのシンボルマークが昭和。  実にいい感じで駄菓子問屋さんもありました。さすが青森! 駅前から期待させる展開であります。  この辺はどこも昭和度数が高めであります。  昭和サイケ風味な美容室のカン . . . 本文を読む
コメント (4)

【青森県・弘前市】行くど!東北  中央弘前駅周辺

2017年03月31日 16時30分08秒 | 東北
(2016年6月撮影)  素晴らしく香ばしい中央弘前駅を後に市街地へ。  駅前通りには由緒ありそうな建物の教会も。 ここは道路予定地にかかっているそうで、建物が残されるのか気になります。  表通りへと戻ってまいりました。  時計店も目を引きますが、今回の目的のひとつ、中央弘前市場へ。 こちら側の出入り口はいたって街並みに溶けこんでおりますが、、  さっそく内部へ。 . . . 本文を読む
コメント (2)

【青森県・弘前市】行くど!東北 ~中央弘前駅の香ばしい駅舎~

2017年03月22日 22時35分21秒 | 東北
(2016年6月撮影)  弘南鉄道の中央弘前駅がいたく昭和チックということで、盛岡バスセンター、マルカンデパートとあわせて 出かけてまいりました(ものすごく距離が離れてますが)  青森駅にて。どちらもカラフルな列車であります。  古めかしいコクテツ型のディーゼルカーも。  青森と弘前間は電車でしたが、ディーゼルカーも走ってるようです。  ホームの用具入れもリンゴ!ヘルメットでも入っ . . . 本文を読む
コメント (2)

【栃木県・日光市】足尾銅山観光 足尾その4

2017年03月12日 11時44分29秒 | 東北
(2016年4月撮影)  足尾銅山生協の通洞売店を後に、すぐ目の前の足尾銅山観光へ。    内部は鉱山のテーマパークでした  トロッコに数百m乗りまして坑内へ。  中にはリヤルな人形が! 閉館してしまった船の科学館の青函連絡船内の展示を想起させます  内部はひんやりしてまして、湿気も多め。とにかく当たり前ですが暗い。  全長は約700mあるそうで、かなり長いです。 . . . 本文を読む
コメント (3)

【栃木県・日光市】通洞駅付近の昭和な街並み 足尾その3

2017年02月28日 22時34分24秒 | 東北
(2016年4月撮影)  足尾駅から通洞駅へと歩いてまいります。このあたりが旧足尾町の中心市街地のようです。 いい感じの洋品店も。典型的な看板建築。大正から昭和初期にかけての建築物ですね。  ときたま、かなり古そうな民家も。  何かのお店やさん跡。これが行田市ならゼリーフライ屋さんでしょう(笑)  昭和後期テイストな食堂も。  ショウケースが実にいい感じ。食品サンプル以外の . . . 本文を読む
コメント (3)

【栃木県・日光市】足尾駅とその周辺 足尾その2

2017年02月22日 21時16分03秒 | 東北
(2016年4月撮影) 足尾駅の周辺には掛水倶楽部など古い建物や、昔の工場施設と思われる建物も点在しておりました。  昭和のローカル支線の中心駅な雰囲気を漂わせる足尾駅。  コクテツ型のディーゼルカーも綺麗に静態保存されていました。  街路灯、赤いポスト、ホーロー引きの駅名票に木造駅舎、そして電話ボックス。いちいち昭和。  JRでは絶滅した普通客車列車も。  足尾駅 . . . 本文を読む
コメント (2)

【栃木県・日光市】鉱山と昭和レトロの町、足尾その1

2017年02月14日 21時22分12秒 | 東北
(2016年4月撮影)  東京からなんとか日帰りで行ける最後の秘境、足尾に出かけてまいりました。 浅草から東武特急で1時間40分、さらにそこから「わたらせ渓谷鉄道」で1時間半。 特急を使っても片道3時20分ほどかかります。渓谷鉄道は1時間半に1本程度しかないため、 予めのる列車に合わせて行程を組まないとたどり着けません。。。  まずは東武浅草駅にて。 現存する最古の地下街、浅草地下街。 20 . . . 本文を読む
コメント (2)

【岩手県・盛岡市】盛岡バスセンター、最後の夏

2017年02月05日 19時49分26秒 | 東北
(2016年6月撮影)  盛岡バスセンターは昨年9月いっぱいで閉鎖、現在は建物も解体され更地ととなっております。  盛岡バスセンターが無くなってしまう、ということで、売店がやっている平日の日中に再訪いたしました(以下の外観写真3枚のみ、 2016年3月撮影)  昭和35年(1960)以来、見守り続けてきた、いや、数多くの乗客から見守らててきた独特の意匠のログも、 いまはもう、追憶の中だけで . . . 本文を読む
コメント (2)

【兵庫県・尼崎市】夜のとばりのアマの市場 杭瀬市場と栄町商店街

2017年02月01日 21時22分32秒 | 兵庫県
(2016年10月撮影)  前回杭瀬市場を訪れたのが朝の8時という事もあって、開いているお店が少なかったのですが 夜はどんな感じなのかと再訪いたしました。  夜の商店街って被写体として面白いですね。商店街夜景だけで写真集が一冊作れそうです。  美しくカーブを描いた灯具が印象的。  交差点にはシャンデリアが。お昼間きたら殆ど気にしなかったと思うのであります。  靴屋さんも圧巻。すごい . . . 本文を読む
コメント (3)

【大阪府・堺市】チン電が走るアーケード・・・綾之町東商店街

2017年01月21日 09時31分26秒 | 大阪府・岡山県
(2015年9月撮影)  商店街の中を路面電車が横切る風景に惹かれ、堺市の綾之町商店街にやってまいりました。 すぐ近くには阪堺電車(路面電車)の綾ノ町停留所もあります。  アーケード商店街の中に踏み切りがあるのです。 私の知る限り、近鉄高田駅前商店街も、アーケード商店街をJRが横断していました。  アーケードの中から路面電車をパチリ。  綾ノ町停留所側の入り口はシャッター街でした。。 . . . 本文を読む
コメント (2)

【大阪市・西成区】忘れ去られた市場の傍ら・・・玉二商店街とその周辺

2017年01月08日 22時55分55秒 | 大阪府・岡山県
(2016年10月撮影)  本年も清々しく明けました。 今年も香ばしく宜しくお願いいたします。  関西地区、とくに大阪はアーケード商店街が非常に多いのですが、 アーケードの顔であるファサードというのでしょうか、凝ったのが時々あってなかなか面白いです。  南海電車玉出駅(玉出口)を出ますといきなり目に入る玉出本通り商店街。 「玉出」の文字がブワワーッツと噴射しているようで、個人的にはお気に入りの . . . 本文を読む
コメント (2)