九州神社紀行-ブログ

北九州近郊を中心に神社および周辺風景の撮影日記です。

白山神社(北九州市若松区)、他に参拝

2006-10-18 22:11:36 | 神社参拝
 10/14(土)、白山神社(北九州市若松区)、他に参拝しました。

若松コスモス街道からの帰り、若戸大橋から国道199号線で洞海湾沿いに西に3KmほどのJR筑豊線藤の木駅近くの赤島町鎮座の白山神社から参拝しました。

白山神社・藤の木
【鎮座地】〒808-0073 福岡県北九州市若松区赤島町14-12
【御祭神】伊弉册命 菊理姫命 事解男命
【例祭】10月17日 例祭 10月18日 例大祭
【御由緒】
 当社は若松第一の高山、石峰を後にして洞海を前に遠く東西を見渡せる風景佳き所で、岬ノ山から童子丸まで、東西約3.3キロメートルの旧藤木村の産土神(うぶすなかみ)である。
 当社初の社は童子丸に元正天皇の霊亀二年四月(奈良時代西暦716年)加賀国石川郡白山権現(現石川県白山比神社)を童子丸の地に観請して女体権現として祭った。寛永五年(西暦1628年)童子丸の社を今の地に遷し白山権現と社名を改めた。
 旧地は童子丸一丁目公園として残っている。
(境内案内板より)

境内入口の鳥居の扁額

参道の鳥居
宝永3年6月(1706年)の奉納

拝殿 本殿
御祭神の菊理姫命(くくりひめのみこと)は白山比大神とされています。

社殿全景
本殿の左に祇園社、末社(入龍社、貴船社、松尾)が一つの建屋の中に祀られています。

続いて、若戸大橋のたもとの近くの市杵島姫神社に寄りました。

市杵島姫神社(いちきしまひめじんじゃ)
【鎮座地】福岡県北九州市若松区本町1-14-16
【祭神】市杵嶋姫命
【例祭】10月17日 例祭
 

御祭神の市杵島姫命は天照大神が吹いた息に化生(けしょう)した宗像三女神の二番目の女神でのちに弁財天とされた女神です。
 現在もここのバス停は「弁財天前」になっています。

社殿全景
すぐ前に旧ごんぞう小屋を再現した展示室があります。

 筑豊炭田の石炭の積み出し港として栄えた若松の全盛時代、沖の本船で石炭荷役をする沖仲士のことを「ごんぞう」と呼んでいました。
 ごんぞう小屋は若松と戸畑を結ぶ渡船の発着場として明治34年建設されましたが、明治37年から昭和40年頃までごんぞうの詰め所として使われていました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 若松コスモス街道 | トップ | 飛幡八幡宮(北九州市戸畑区... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。