いろはにぴあの(Ver.4)

大人になって再開したピアノ(中級レベル)を楽しんでいます。よろしくお願いします。自然大好き!

2017年春の絵

2017-06-25 | お絵かき

 梅雨に入った富山、それにしてはあまり雨も降らず梅雨らしくない日々が続いている。本当に今年の春は、晴れの日が多かった。    

 今年の春の絵の締切日が近づいていた。明確な締切日や本番日が決まっている仕事や音楽関係のイベントに対して、ゆる~く趣味で描いているこの絵は、締切というものを自分で設定する必要がありそうな気がした。そこで3ヶ月単位に作っている締切、前回は3月末だったので今回は6月末、これを設定することで今も絵を描き続けられている気がしている私。無事に今季も間に合い、ほっとしている。    

 題材を見て描いた順に挙げていこう。今回は時期も場所もばらばら、しかも色を付けていない部分もある。水彩色鉛筆の絵を描き始めた頃は背景に色をつけないでいた時期もあった。そういうのもよいかもしれない、と思った。  

 満作の花。3月兼六園に行ったときに、鮮やかな黄色の帯のような花弁が放射状になって咲いている様子が非常に印象的だった。その日は植物を観察して植物の図鑑にも使えるような正確な絵を描くという、植物図の展示会を見に行き、植物のつくりをつぶさに観察し正確に描写することの貴重さを実感したのだった。その記憶を呼び起こし、撮った写真をもとに一枚一枚の花弁を線で描いてみた。そして植物図では色を塗らないことが推奨されていたので、この絵も色を塗らないでみた。 なかなか貴重な経験だった気がする。   しかしついつい色を塗りたくなる性分で・・・絵に対しては全くストイックになれない私なのであった。それでも、また気が向いたら、このような絵を描くかもしれない。

 この春は晴れの日が多く、立山連峰も見える日が続いた。立山連峰の絵に対しては、シンプル路線を目指したくなってきて、水墨画で描いてみたくもなっていたのだが、その手始めとして一色の色鉛筆で描いてみることにした。春山らしい色遣いにしてみた。

 

 単色なので楽かなと思ったらとんでもない、シンプルなものほどごまかしがきかないということを痛感したひとときだった。でも楽しかった。単色での立山連峰、また描いてみたい。

 5月末に出かけたコンサート、立山連峰も良く見えたのだけど、もう一つ面白いところに寄ってみた。大きな風車があったのね。その日は天気もよかったうえに、風もほどよく吹いていた。そしてその風車、真下にまで行くことが出来たので行ってみたら、シュワッ、シュワッと、大きな音を立てて、回っていた。まるで生き物みたいだったな~。風車愛好家の友人によると、この風車、気持ちの良い天気のもとで順調にシュワッ、シュワッと回る日は珍しいらしい。初めての見学ながら随分いい思いをしていたのだと分かった。

 天気の良い日々が続いて喜んでいたのは我が家のサツキ。好天気が続いたからか、今も沢山咲いている。富山に引っ越してきて、ここまで咲いたのは初めてだ。花も気候に馴染んでくれたのかもしれない。よかった! そこで第1号第2号の花と第3号のつぼみを描くことにした。今になって気づいたのだけど、我が家のサツキ、今まで一度も描いたことがなかったのね。今まで、外の花は沢山描いていたのに・・ごめんね。やっと描けたよ。

 2017年春の絵は以上です。夏の絵も早速題材が出てきているので、9月末にはアップできるように準備を進めていこう。 

にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ
にほんブログ村  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イタリア協奏曲全楽章 舞台初披露

2017-06-11 | ピアノ、音楽
 今日はあるところで、イタリア協奏曲全楽章を弾いてきた。
 きらきらした第1楽章への憧れから始まったこの曲への取り組み、弾いているうちに、段々欲が出てきて、やっぱり全楽章をやって曲全体をつかまなければ、という想いになっていた。その願望は恐らく、ソナタを弾くのなら全楽章を弾かないと、という願望と一緒だと思う。本格的に取り組んだら、第1楽章だけでも、難しいのに、だ。

 しかし身の程知らずと欲というものほど、強いものはないのかもしれない、いつの間にか、第2、第3楽章と譜読みしていて、どこかで弾こうと決めていた。そして練習会で初披露。最も自信のなかった第3楽章も、弾いているうちになじんできた。中間部のフーガの部分や、曲全体を流れているシンコペーションにぞくぞくしつつ。そしてなんだか弾けそうな気がしてきて、ステージともいえる場でどこまで弾けるだろうかと思いつつ。
 
 演奏順も、初体験の遅い順番、これはもうどんと構えるしかない、と思い、ひとまずどんと構え、椅子の距離と高さを調節した。そして第1楽章、昨年の秋には緊張のあまり指が震えて大変だったが、今回はそのようなこともなく、落ち着いて弾けたような気がする。とはいえ、やはり緊張のあとは出ており、思わぬところで指がすべって音を外したりもしていたのだけど。
 第2楽章は技術的には弾きやすいように思えるのだが、一音一音への集中力と音楽づくりが実は大変。今回も録音を聴いてもっとも課題の多い楽章のように感じた。即興的なイメージ、そして和声のつかみ、あああ、ヴィヴァルディを、聴きなおそう。
 第3楽章、技術的に最も不安だったので最も直前まで練習した。そして直前の練習で気づいたことも多々あり、この曲の奥深い魅力を実感し、その魅力が伝わるように弾きたいという思いになっていた。そして本番、うん、出だしは、なんとか弾けたかな、でも弾いていて我ながらいっぱいいっぱいな感じだった。中間部の難解であり心惹かれる部分もなんとか乗り切れ・・・と思ったら、時間制限にひっかかり途中で終了。こんなに時間、経っていたっけ、と思いつつも、今度の弾く場では磨きをかけたうえで本当に全部きちんと弾きとおそうという決意がますます強固なものとなった。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに立山連峰!

2017-06-02 | 気になる場所、風景

 この頃、立山連峰の写真を撮っていなかったことに気が付いた。けれども先日演奏会の会場に向かったときにはしっかりと見ることが出来た。

 のどかな田園風景の背景に聳え立つ山々!天気にも恵まれた一日だった。

 

 天気が悪くなる直前、神々しく山々が見えることがある。これはこれで、かけがえのない瞬間だ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

牛田智大氏 ピアノリサイタル

2017-05-28 | ピアノ、音楽
 牛田智大氏のピアノリサイタルに行ってきた。響きのよさで知られるホールで開催される、日時的に都合がつく演奏会であったのもあり、ぜひ一度聴いてみたいと思っていた所だった。人も沢山来ており、牛田氏の人気のほどがうかがえた。
 
 プログラム

リスト作曲 愛の夢第3番
ショパン作曲 ノクターン13番 ハ短調Op.48-1
ショパン作曲 幻想即興曲 嬰ハ短調Op.66
ベートーヴェン作曲 ピアノソナタ第14番 嬰ハ短調Op.27-2「月光」
バッハ作曲ブゾーニ編曲 シャコンヌ

 休憩

シューマン作曲リスト編曲 君に捧ぐ (献呈)
リスト作曲 パガニーニ大練習曲集より第3曲「ラ・カンパネラ」
リスト作曲 ピアノソナタロ短調

 アンコール

ラフマニノフ作曲 パガニーニの主題による狂詩曲 作品43 から 第18変奏

 重量級のプログラムだ。可愛らしかった子供時代とのギャップも大きい。おそらく彼はその後目覚ましく成長し続けている演奏家なのだろう、という期待が感じられた。
 
 愛の夢、ノクターン、幻想即興曲と一気に3曲演奏。響きのよいホールなのもあり、音がよく飛んできた。愛の夢、フレーズのまとめ方に細やかな心配りが感じられ、曲自体のきらりとした輝きが感じられた。ノクターン、幻想即興曲、まっすぐさと素直さが感じられ、これらの曲を聴いたばかりのときに感じた、宝物に出逢ったような幸福感が蘇ってきた。ここぞという目だったひねりは私の耳では感じられなかったのだが、内声部の一部、隠し味のように大切に歌いこんでいるところがあって曲に踏み込んで演奏しているのだなと思えたりした。

 月光ソナタ、有名すぎるぐらい有名な第1楽章、ゆらゆらとさす光の背後にある哀しみ、ほのかに明るい表情をしたりしたものの、最後は重く悲しく終わる思いが密度濃く感じられた。第2楽章、今までついつい聴き流すことが多かったこの楽章だけど、再現部で変化をつけたりと工夫のように思えるところがあり、愛しさが感じられる演奏だった。

 前半最後のバッハ作曲ブゾーニ編曲シャコンヌ、いよいよヘビー曲の登場、重苦しくならずに聴けるだろうかという懸念があったのだけど、そんな懸念はたちまち吹き飛んだ。楽器がたちまちピアノからオルガンへと変身、ホール全体に音の柱がささった。神々しく力強い光を華麗に発し、その光は万華鏡のように輝き、エネルギーを放ちながら一切よどむことなく勢いよく流れていき、聴いていてとても気持ちが良いのだった。夫々のモチーフの魅力も手に取るように伝わってきて、この曲はこんなに素晴らしい曲だったのだ、もっと味わって聴いていこうと思えるような演奏だった。そう、彼の演奏を聴いて、シャコンヌが今までよりもずっと好きになった、感謝したい。
 
 休憩後後半は全曲リストがかかわった曲目。私も弾いたことのある献呈だが、さすが、すみずみまで洗練されていて、こんなに弾けたらシューマンもリストも喜ぶだろうなと思える演奏だった。ラ・カンパネラ、哀愁の感じられる鐘の響きがあちこちこだましながら盛り上がってゆく様子が美しく、この曲に出逢ったばかりのときに感じた、悲しくもドラマチック、そして懐かしい感情が蘇ってきた。
 
 プログラム最後のリスト作曲ピアノソナタロ短調の演奏前に、牛田氏がマイクを握った。長くてとりとめのなさそうなこの大曲を、味わいながら聴けるように、曲の由来だと言われるゲーテ作のファウストの登場人物に曲の重要なモチーフをあてはめたものを演奏しながら解説、ファウスト、メフィスト、グレートヘン、そしてお互いの絡み合いや神がこのような形で曲の中で出てきたのかと驚きながら聴いた。牛田氏の解説はとても分かりやすく、色々な場面や様相で登場するファウストやメフィストの存在に惹きつけられたのだが、記憶力の低下もありどこの部分がどういうテーマだったか忘れてしまったものも。。。残念。
 しかしファウストやメフィストのように覚えていたテーマを手掛かりに聴いてみたら、あらら、音楽から感情のある登場人物が浮かび上がってきた。途中で登場人物の記憶が飛びそうになっても、音楽のエネルギーは場面の転換を何度も経ながら、とどまることなく流れ、その魅力的な流れに身を任せているうちに、永遠の世界へ羽ばたいていけそうな気分になった。ピアノの可能性を限界まで追求し、魅力を惜しみなく出そうとしたリストの欲張りな想いも伝わってきた。多種多様な音色やフレーズ、そして溌剌たる勢いでホール全体に展開されるドラマ、この瞬間を味わうことが出来てなんて幸せなのだろうと感じた。牛田氏が現代のリスト予備軍 (まだ若く発展途上なので予備軍も加えておきます)のように思えてきた。リストの曲の中で最も好きな曲はこのロ短調ソナタ、今日の演奏でますますその気持は確固たるものに。
 
 割れんばかりの拍手の後、パガニーニの主題による狂詩曲の第18変奏で締めくくった。沢山の宝物を私たちに与え、彼はステージを去った。
 
 終了後、シャコンヌとロ短調ソナタの入っているCDはないだろうかと思って探したのだが見つからず。。。それだからこそ、この2曲をライブで聴けて本当によかった。牛田智大氏、骨太で将来性に溢れた演奏家、これからも演奏を聴きたいと思えるピアニストの一人になった。本当に生で聴けてよかった。数年前にも同じホールで演奏会を開いたようなので、また聴ける機会がありそうな気がする。楽しみだ。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

間違えないように することよりも

2017-05-18 | ピアノ、音楽
 イタリア協奏曲、弾いても弾いても、いまひとつ、気持ちが入らなくなっていて、困った、どうしたものだろうと感じていた。相変わらず間違えやすいところがところどころであり、今までのように楽譜の一部をピックアップして書けそうなネタは沢山あったのだけど、その個々の現象をあげながらも、心の奥底で、何かが違う、というもやもやした気持ちになっていた。
 そんな中、とある生き生きとした演奏の録音に出逢って、気持が変化、今までの記事で書いてあるように、間違えないように、することも大切だけど、それよりももっと大切なことがあったと思うようになってきた。楽譜に書かれた音符ひとつひとつから、どこまで音楽の魅力を、引き出せるだろうか、そのためには、曲の魅力を、その瞬間瞬間で、丁寧に感じ取り、その感じ取ったものを、少しでも、表せるように、と思うようになってきた。ただ、技術面で及ばない今、何かを引き出そうと思ったとたん、ちょっとでも苦手な要素があったらたちまちミスしやすくなっているのも事実。けれども、今は、その時点ではミスしやすくなっていても、何かを引き出せるように、試みてみる時期のように思えてきた。大切なのは生き生きとしていること、たとえミスタッチがあったとしても、こうしたいという思いが自分の中にあって音楽を感じ取りながら弾けていれば、少しずつ慣れてくるはず、と信じて。ウィリアム・ウェストニー著の『ミスタッチを恐れるな』という本を、思い出している。
 
 本当にピアノって、奥が深いなあ。やることいっぱいあるけど、そこが楽しい。「今回はここまでやった、今度は少しずつこのように弾けたらよいな」と思いながら、毎回新鮮な気持ちで臨むことが出来たら、と思う。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加