夕陽亭にら屋

愛犬と安穏な生活

にらの秋

2016-11-13 13:41:28 | にら




お出かけ先できれいな秋を目にしたので、記念にパチリ。

今年の紅葉にらです。




『来年の、再来年の今月今夜のこの月を、僕の涙で曇らせてみせよう!』


ダイヤモンドに目がくらみ~?

そりゃ120年前の紅葉だね。

こんな恨みがましい言葉をほざく卑屈なヤツは、
さっさと捨てちゃっていいよね。
せいせいする。




「其れを言っちゃぁおしまいよ」


最近もストーカーとか増えてるようだけど
日本の男は明治の昔から陰湿なのが多いのかもね。

あ~やだやだ。



「ちょっとそこのおじいさん、
江戸の昔はどうでした?」


江戸時代の男がストーカー体質かどうかは興味ないけど
芭蕉の『奥の細道』は45歳の出立だって。

もっともっとじいさんだと思ってたよ。

まぁ、『人間50年』の頃だから十分じいさんか。。。




「じいさんにしてはかたくしまった体つき」


それは石像だからね。
そんなに硬くちゃ歩けません。




「そうですね、こんなにかたくちゃご飯も食べられませんね」


うん、らーちゃんは石像じゃなくて良かったね。
たーんとご飯が食べられる。




「はい、ボクは石じゃなくて良かったです。。。
たとえご飯がちょびっとでも。。。
ご飯増やしてくれなきゃ、うらんでやる~!」


平成の女々しいオトコめ!


ま、らーちゃんはかわいいから捨てないけどね、わたしは!


ところで明日のスーパームーンは大地震に注意だそうですよ。

巷の流言飛語に惑わされちゃいけませんが
とりあえずケータイの充電だけでもぬかりなく!
チョコレートもこっそりかばんに入れましょう~!




この記事をはてなブックマークに追加

南伊豆に行きました 3日目

2016-11-03 09:33:00 | 旅行記 伊豆




伊豆稲取、細野高原の朝です。

日曜日、夜明け前に起床、
日の出を眺めながらひとっ風呂浴びても、まだまだ朝食には時間があるので
細野高原まで車で出かけてお散歩しました。

隠れたすすきの名所だそうで
このときはすすき祭り開催中でしたが
イベントは10時から。
もちろん早朝には誰もいません。




朝日を浴びてたなびくすすきがとってもきれいでした!




山頂には風力発電の風車群
豊かな自然とのバランスの悪さがなんとも言えず妙。




「もんちゃん曰く、自然の中に人工の建造物があるのが、
ビジュアル的にはアピールするそうですよ」


と話す、人工的に刈り込まれた黒わんこは、はたして
アピールしてるのかな?




「これなんか、よくわからん」


これまた唐突に置いてあった椅子ににらを置いてみる。

これが芸術か。。。!?




「大げさな! へっぽこカメラマンのくせに!」


芸術を語っちゃいけないねppp

ここには広大な湿原があり、ハイキングコースになっています。

最短コースでも2時間くらい。

朝食前のお散歩にはもったいない広さでした。
一日かけて歩いてみたいなぁ。

また機会を得て、訪れたい場所ができました。




「歩いてみたいなら、ちゃんと歩けるように準備が必要ですぞ」


体を鍛えろってか?
苦手だなぁ。。。

まずはトレッキングシューズでも買うか。。。!




お宿に戻って、お宿の周りを歩いていたら
やっぱりすすきがありました!

すすき好き!!




朝食はもちろん完食です!
とってもおいしゅうございました。



朝からイセエビのお味噌汁、贅沢~!

わんこにもヨーグルトがでましたよ。
にらの大好物だね、良かったね!

チェックアウト後は、いつも混んでる135号線を延々北上。

途中、伊豆高原の人気店ル・フィヤージュでパンを購入したほかは
特に物産展に立ち寄ることもなくのんびりドライブしました。

熱海のパワースポット来宮神社に寄って、ご神木からパワーを授かり
らーちゃんの健康をお願いしました。

小田原でちょっと早いけどランチ休憩することに。
以前に一度行ったことのあるきのこ苑お山のたいしょう
とても混んでいて、少々待ったから、丁度良い時間になりました。
山の幸を堪能して帰路に着きました。

(この間、まったく写真がない!!)




「楽しかったですね!」


ほんと、温泉はいいねー
大満足のリフレッシュの旅でした!



この記事をはてなブックマークに追加

南伊豆へ行きました 2日目

2016-11-01 13:42:50 | 旅行記 伊豆




二日目、快晴の朝を迎えました。

早朝、お宿の海の見えるドッグランでひとっ走りしました。


「走ったのはボクだけですが」


いいんです、にらが走ればそれで!
われわれは大満足です。


">

13歳の爆走ですppp
らーちゃん、楽しそうだねー!




「録画係り、ヘタクソですね~」

。。。ハイ、ごめんなさい。
もっともっと修行が必要と認識いたしましたです。




お待ちかねの朝ごはん(の一部)
がっつりいただきました。
ご馳走様!


チェックアウト後向かったのは、西伊豆、松崎町
なまこ壁の町を歩きました。




「へろへろよ~」


10月とはいえ、晴れれば暑い!
にらさんにはちょっと過酷だったかも




「怪しいオバサン。。。」


わんこ撮影中
緊張感がまったくないね。




「そんなもの、あったためしがない!」




国指定重要文化財の岩科学校

こんな建物で学んだら、立派な人になれそう!


その他長八記念館など軽く見学しました。

この旅のメイン観光地を目指します。




途中、展望台から石部の棚田を見下ろす。

海越しに富士山を見ることが出来ました!
肉眼ではよく見えたんだけど。。。!




「心の目で見なさい」


そんなもの、あったためしがない!

この写真の左端、にらの目の高さあたりにも、
富士山がうっすら写ってるんだけどわかるかな?

更に南下して、石廊崎に到着しました。

今回の旅の一番の目的地、
伊豆で2泊するなら是非ここに来たいと望んでいたところです。

駐車場からはしばしの山登りです。




灯台は立ち入り禁止。




「ボクは拉致されました」


急峻な岩場では、にらを制御しきれないだろうからスリングに入れました。

石廊崎は初めてで、一度訪れたかったので、念願かないました。

うわさ通り、確かに、人生観が変わる感じがしましたよー。




「手も足も出ねー」


断崖絶壁とはいえ、手すりがちゃんとめぐらしてあるんだけど
それでも私は怖くて足がすくみます。。。

外国だったら柵なんか設置せず、自己責任なんだろうなと
日本でよかった。

岩の上で座ってる人たちいたけど、とてもじゃないけど上れません。
瞑想どころじゃないよ。

こわごわ下を見下ろすと、
すいこまれそうな青い海がどこまでも拡がっている。

恐ろしいけど豪快な景色で壮観でした。

海はいいなぁー!!
はるばる来た甲斐がありました!
(大げさ)

このあと下田の町を散策する予定だったけど
ここまで思いがけず時間がかかったためパスして
田午の龍宮窟へ行きました。





『海食洞の天窓、海底にたまった火山灰の地層など』

波が海岸の波にうちつけると、
崖の弱い部分(柔らかい地層や断層など)が削られていき、
洞窟ができることがあります。
こうしてできる海の洞窟を海食洞(かいしょくどう)と呼びます。
田牛(とうじ)の龍宮窟(りゅうぐうくつ)は、
おおきな海食洞の天井が一部崩れて、
直径50メートルほどの天窓が開いたものです。
龍宮窟の天窓は伊豆の各地にあるものの中でも最大級であり、
道路沿いの入口から洞窟を通って天窓の下に立つこともできます。
洞窟の壁には、
海底火山から噴出した黄褐色の火山れきが美しく層をなし、
天窓の底を満たす青い海水とのコントラストが神秘的な場所です。

『伊豆半島ジオパーク』サイトより




光と影の作る美しさ

影(私)が光(にら)を輝かせるんだねー




「なんか、よくわからないこと言ってる」


ちょっとムリがあったかも。。。




「子供らは楽しそうだなぁ。ボクもまざって遊びたい。。。」


嘘付け、水がキライなくせに!

子供たちが波遊びするには絶好の場所でした。
神秘的な洞窟の中、子供の歓声が響き
なんとも不思議な空間でした。



お隣のサンドスキー場にも行って見ました。


強い風によって吹き寄せられた砂が積みあがってできた天然のサンドスキー場。
風の強い冬場には海岸から砂の丘に向かって吹き上げられていく砂を見ることができます。

吹き上げられた砂は斜面の途中にたまったり、
背後の崖に吹き付けられて落っこちてきたりします。
やがて砂の丘が高くなってくると、
砂つぶは斜面にとどまっていることができなくなり、
転がって落ちてきてしまいます。
このように砂つぶが転がりはじめる角度(斜面の傾斜)を「安息角」といい、
砂つぶの形や大きさによって少しずつ違っています。
こうしてできる砂の丘は、安息角よりも急角度になることはできませんので、
サンドスキー場はいつも同じような角度の滑り台になっているのです。

『伊豆半島ジオパーク』サイトより


下から見ると、結構な高さと角度でした。
空っぽのペットボトルが砂山を登っていくのを見ましたよ。
嘘みたいに面白かったです。

柔らかい砂の山を親子連れが懸命に登っていて面白そうでしたが
初老の一行は無茶はしません。
眺めるだけで満足です。

ここでもにらはスリングinでした。

明るいうちにお宿に到着したかったので、
ここで観光は打ち切りです。

下田のドッグガーデンびわの木にてお土産を購入し
お宿に向かいました。

写真はないけど、この日のランチは下田のSpice Dogでカレーを食べました。
お昼ぐらい、海の幸を抜いておかないとね。
店内わんこOKです。

この日のお宿は福の湯さんです。

こちらも再訪。
前回は2011年、今から5年前でした。

前回は新月の日で、お風呂から月を見られなかったのが心残りでした。
(もっともあの日はゴールデンウィークの大渋滞にはまって到着が遅れ
のんびりお風呂に入れなかったんだけど!)




今回は見事リベンジ!

翌日が満月ということもあり、美しい円形のお月様、
薄暮に温泉につかって上る月を眺めるのは超贅沢
最高の気分でした。




おいしいお食事(の一部)




夜、もう一度温泉に
(ヨイコは酔っ払ってお風呂に入ってはいけません)

海上に月の光の路が
眼下に波の音を訊きながら(国道が近いからトラックとかも結構うるさいけど)
極楽を味わいました!

はぁーシアワセ~!
海はいいなぁ~

このまま伊豆の子になってしまいたい!



この記事をはてなブックマークに追加

南伊豆に行きました 1日目

2016-10-31 17:00:08 | 旅行記 伊豆




「にらですよ。。。うちのひとたち、温泉でぬくぬくだって」


10月14日から2泊3日で、伊豆の温泉に行ってきました。
旅行はとても久しぶり。
お天気に恵まれて、快適な旅でした。

が。。。

これまた久しぶりに持ち出したデジイチが不調で
ロクに写真が撮れず、がっかりでした。

機械はほったらかしにせず、
こまめに使わなくてはいけないと実感しましたよ。

携帯のカメラでも撮影しましたが
カーナビに使っていたからどんどんバッテリーが減ってしまい
モバイルバッテリーもあったけど
バッテリー切れが不安になってきたので
写真は控えめに。。。

ということで、
たいした旅行記ではありませんが
自分の記録として残します。

1日目は平日だったので、昼前にのんびり出発。
東名高速を沼津で下りて、伊豆半島を南下しました。

にらも13歳になったことだし
長距離移動が負担にならないように、休憩をはさみながら
特に観光もせずの道行きです。




東府や ベーカリー&カフェでコーヒータイム。
こんな景色を眺めながら足湯に浸かりました。

慌ただしい日常を離れ、しばしの現実逃避です。
自然を身近に感じながらの足湯、気持良すぎて出られません(^^)

ロングドライブで疲れた足をゆっくりほぐしました。
といっても、今回私はほとんど運転してないんだけど。

旅行というと活性化するモンキチが
ペーパードライバーの汚名(?)返上とばかり
3日間ぶっ飛ばしてました。
ごくろうさま。




「モンちゃん、運転できたんですね」


うん、驚きだよね。
すっかり忘れてたよ。
いつも免許なんて持ち歩いてないもんね。
もう錆びちゃってるんじゃない?


吉奈温泉って知らなかったけど、伊豆最古の温泉で
子宝の湯で有名だそうです。

ペットOKの離れのお部屋もあるみたい。
良い感じのリゾートでした。




「ここに泊まるんですか? 高級そうですけど、大丈夫?」


ぜんぜん大丈夫じゃないです(^^)
いつか泊まってみたいけどね。
今回はもっと南を目指しますよ。

この後は寄り道もせずにお宿へ
1泊目は河津温泉のむつみ庵です。




「にらですよ。お久しゅう!」


2度めの来訪、前回は2009年9月だから、もう7年もたつんだね。

にらと旅行先リピートするのは初めてです。




「ボクも活性化しました!」


明るいうちにお宿のランへ行ってみました。
ふかふか芝生が気持ちよかったのか
ひとりじめでご機嫌になったのか
ふいに走り出したにらさん、絶好調でした!

いつの頃からか、ランに行っても周囲を歩くだけで走らないから
最近はドッグランに連れて行くこともなかった。

思いがけず活性化したにらに、感動しました。

来て良かった!




「やる時はやるオトコです」


もう遊ばないのかと誤解してたよ。
ホントはもっともっと草の上で走りたかったのかもしれないね。
ごめんね。




「じいさん扱いするから。。。」


爺さんは爺さんでしょう~
でも思ってるほど爺さんじゃないのかもね!


お部屋に戻ってひとっ風呂浴び、
お待ちかねの夕ご飯です。




ほとんど写真がないけど



今秋お初の松茸は、忘れずに撮りました!!

ご馳走様でした~

温泉と美味しいご飯とお酒で
にらに負けじと活性化した私でしたが
睡魔には勝てず。

翌日に備えて、早々に消灯いたしました。



この記事をはてなブックマークに追加

9月のこと

2016-10-27 19:59:20 | お友達




「はじめまちて、ガルシアでつよ。 D.D.JAMへようこそ!」


もう、ひとつきも前の事ですが、
お友達のNANAさんから「D.D.JAMへ行くよー!」と連絡が入り
慌ててバイクで出動
ニューフェイスのガルシア君に会うことが出来ました。

おチビながら堂に入った看板犬ぶりです!




「ちょっとオチビ、どきなさい! ここは私のお店よ!」
「きゃー!」


本物の看板犬のディーディーです。

ディーディーはまだというか、もうというか、2歳のレディです。
若いけど、なかなかよく出来た女子ですよ。

おだやかで、愛想が良くて、これぞ看板犬の鑑!

でもこのときはお店を閉めてしまい
お客様はシャットアウト!

わんこもそっちのけで、飼い主達がおしゃべりまくりでした。

ある意味、とんでもない営業妨害!
ごめんなさーい




携帯写真ブレブレで、集合写真も満足できませんが
じいさん黒わんこ(にら)を除けばみんな笑顔だからヨシとしましょう。




JAM君もバトラー君もジュニア君もいないんだね。。。
気がつけば、にらが一番の年長さんでした。

でも次代をになう若いわんこが活発で
頼もしい限りです。




「ボクはらーちゃんと違ってヤングだけどね」

いつもやんちゃで、子供チームの代表だったバジル君が、
すっごくオトナに感じました!

いつのまにか成長していたんだね。
おばさんは嬉しいよ~




「なんだか若返った気分~!」

そうそう、13歳もまだまだ青春!
元気いっぱいがんばろうね!



この記事をはてなブックマークに追加