goo

「ノー・カントリー・フォア・オールド・メン」 No Country for Old Men

う~ん、オープニングからヒタヒタと続く緊張感ある隙のない演出にとにもかくにも映画的昂奮を覚えてしまった。ただ…。

ふとしたきっかけから手に入れた大金を出どころのヤバさは承知の上で持って逃亡を図るベトナム帰還兵モス。
そんなモスを追い続ける、人間的感情は微塵もないもののどこか主義が優先する律儀さを持った殺人マシーン男シガー。
そしてそんな二人の逃走・追跡劇をはたから見やりながら、時代の移り変わりを諦観とともに嘆き戸惑う老保安官エド。



そんな三者三様の男たちの思いが交差するこの物語、まず何と言ってもきっと観た人誰しもが覚えるであろうシガーに扮するハビエル・バルデムの強烈な風貌と特殊な武器の存在感が圧倒的。
そして妙に礼儀正しく振舞いながら、まさに理不尽な価値判断で起こされる殺人の数々に対する反発を通り越した不気味さ。
人の生死に関してコインの「重さ」程度しか感じないこのエキセントリック殺人野郎・シガーを観るだけでもこの映画の存在価値はあるのではと思うほど。



そんな彼に対してかつて『世界の警官』などという手前勝手な思い込みで、ある意味世界にプレゼンスしていたアメリカの、あたかもイラク介入し続けている現在の姿とを重ね合わせることもできるのだろうけれど、もっともっと深いところでいろんなことをこの映画では訴えかけている(はずだ)。

例えば1980年という時代設定、あるいはテキサスという国境の州の舞台設定、そこにベトナム帰還兵、ドラッグ、違法滞在、さまざまなキーワードとともに今あるアメリカの姿がいろんな意味で照射され、そういった点がアメリカでの高い評価につながっている(ような気がする)。



ただつまるところ、原題である『 No Country for Old Men 』の意味を (あたかもボブ・マーレーの『 No Woman No Cry 』のごとく)、「老いたる者たちの国ではない」と訳するべきか「老いたる者たちには国はない」と訳するべきか 判断しかねるものにとって、正直言ってどこまで理解できていたのかは決して定かではなく、ましてや『 No Country for Old Men 』というその言葉自体は、実は近代科学主義に席捲される19世紀末から20世紀初めのヨーロッパで、時代に反抗するように神秘とロマン、想像、夢の力を歌ったアイルランドの詩人W・B・イェイツの詩「ビザンチウムへの船出」の冒頭の引用だと知らされても、返す言葉がない情けなさがあったりもしてしまうのであります。

ともあれ単なる追跡劇と逃亡劇というクライムサスペンスの範疇から大いに逸脱した、いろいろと考えさせられる映画(のはず)だ。



今日の1曲 “Against The Wind ”  :  Bob Seger & The Silver Bullet Band

音楽がほとんど排除されているといった意味でも画期的な映画でしたが、そんなことはお構いなしで(笑)80年にリリースされた曲で何かないかと探しているうちに見つけたのが知る人ぞ知るボブ・シガーの代表曲であるこの曲。
ルーツロックの荒々しさと持ちつつキャッチーでポップな感覚を持った骨太ロックンローラーとしてスプリングスティーンと並び称せられた実力派として評価の高く、またこの曲ではイーグルスがコーラス参加していることも話題だったりしましたっけ。
そんな彼の当時のステージはコチラから


コメント ( 3 ) | Trackback ( 10 )
« 鮨 みつ川 DAURO,Extra V... »
 
コメント
 
 
 
ご無沙汰です。 (YOSE)
2008-05-22 12:35:23
シガーの不気味さと独自の行動規範に沿った破壊行為は痛快でレクター博士ばりのキャラの立ちようではあり、スピンオフものもありかなと思わせる感じでしたが作品自体は難解でしたねー。正直2度3度観ないと・・・語れないすねぇ。
この作品とアカデミーを競った例の作品のニキダスさんのコメントのアップも楽しみにしています!!
こちらもヘビーです・・・。
 
 
 
題名 (cloud9)
2008-05-25 13:05:31
ほぇ~、イェイツなのですか。といっても名前を聞いたことがあるだけで一篇も読んだことはありませんが。

この映画の原題、私も意味がとりづらいなと思っていたのですがそれをバッサリ「ノーカントリー」で切っちゃう邦題はますます意味がわからないですね…。

もうどんなだったか覚えてないですがこの映画を見た夜、変な夢をみました。
 
 
 
こんばんは (nikidasu)
2008-05-26 00:54:39
◇YOSE さん

確かにシガーの存在感は際だっていて、そこを中心に見るだけでも
充分「堪能」することは出来たのですが、
勿論それだけでは収まりきらないメッセージを受け取り損ねたというか、
正直未消化な部分が多すぎました。

ちなみに例の作品、やっぱりヘビーですか?
楽しみでありつつ、どこか不安だったりもするのですが…。

◇雲九さん

この邦題の安直さはやはりよろしくないですよね。
それにしてもへんな夢を見る気持ち、良くわかります。
思えばシガーって、老保安官の夢の化身だったのかも知れませんね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ノーカントリー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『純粋な悪にのみこまれる』  コチラの「ノーカントリー」は、コーエン兄弟がメガホンをとった最新バイオレンス映画なのですが、いよいよ本日3/15公開となりましたので、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  ご存知のようにアカデミー賞で、作品賞、監督賞、助演男優賞...
 
 
 
No Country for Old Men (余命拾年)
アカデミー賞なので観た。
 
 
 
『ノー・カントリー・フォー・オールド・メン(No Country For Old Men)』 (不良老年のNY独り暮らし)
コーエン兄弟は色んなジャンルの、でもテイストはいつも彼らの映画以外でありえない強
 
 
 
ノーカントリー (ネタバレ映画館)
こんな殺伐とした国なんて・・・やっぱり地球人は理解できない。
 
 
 
ノーカントリー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第80回アカデミー賞で、≪作品賞≫≪監督賞≫≪脚色賞≫そして≪助演男優賞≫を受賞した本作の公開を待ちわびた。特に助演男優賞のハビエル・バルデムの演技をとっても楽しみにしていた―【story】狩りをしていたモス(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量...
 
 
 
映画 【ノーカントリー】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ノーカントリー」 アカデミー作品賞など4部門を受賞した、コーエン兄弟による犯罪サスペンス。 おはなし:1980年代のテキサス。ベトナム帰還兵のモス(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山と大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。大金をネコババした...
 
 
 
「ノーカントリー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
テキサスの荒野でハンティング中に、銃撃戦が行われたと思しき麻薬取引現場に出くわしたモス (ジョシュ・ブローリン)。複数の死体が横たわる現場の近くで、200万ドルの大金を発見した彼は、 危険と知りつつ持ち帰ってしまう。その後、非情な殺人者シガー(ハビエル・バ...
 
 
 
「ノーカントリー」 (シネマ・ワンダーランド)
「ファーゴ」(1996年)や「未来は今」(94年)などの作品で知られる米国のジョエル&イーサン・コーエン兄弟が2007年にコーマック・マッカシーの小説「血と暴力の国」を映画化したクライム・サスペンス「ノーカントリー」(原題=No Country For Old Men、米、...
 
 
 
【映画】ノーカントリー…ホリヤ君の怪演ナイス! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日の記事でサブタイトルが上手く思いつかないから{/face_ase2/}と保留した本日の記事ですが…結局こんなのでスイマセン{/dogeza/}(サブタイトルの意味は最後まで読んでいただけると分かると思いますが…伝わることは無いと思います{/face_ase2/}) さて本日{/kaeru...
 
 
 
『ノーカントリー』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。危険なにおいを感じ取りながらも金を持ち去った彼は、謎の殺し屋シガー(ハビエル・バルデム)に追われることになる。事態を察知した保安官ベ....