イタリアワインをこよなく愛する名古屋の歯科医ブログ

イタリアワイン好きの名古屋の歯科医が、診療室でおこる日々の出来事や、その日出逢ったワインのことを綴ります

ホワイトニング

2008年03月06日 | 歯医者のはなし
最近、

高校時代の同級生があいついで二人クリニックにやってきて

ホワイトニングがしたいとのこと

40歳超えたおっさんが、何をいまさらと言う感があるのですが

二人とも揃ってテトラサイクリンによる変色歯でした


      <テトラサイクリンによる変色歯の1例>
    


永久歯が体の中で作られる頃(乳児から幼児期)に、
テトラサイクリン系の抗生物質を服用すると
骨や歯になじみの良いテトラサイクリンは、歯の内部に沈着してしまいます

そして、テトラサイクリンは光に反応するので、
歯が生えた後に、光を浴びる前歯を中心に褐色~紫色に歯が変色してしまいます

実は僕も、歯の根元部分に軽度のテトラサイクリンによる着色があります

僕の年代の前後(30代後半~40代後半)は、程度の差こそあれ、
テトラサイクリンによって、歯が変色している方が本当に多い気がします

おそらく、この年代の方が子供の頃、
内科や小児科でこのお薬が頻繁に投与されたんだと思います

抗生物質もその時々によってはやりがあります
製薬会社が意図的に作ったはやりもあるでしょう

特に抗生物質は、耐性菌の出現の問題もあり、
新しい薬がどんどん作られる傾向があります
おそらく、昭和40年前後から数年、テトラサイクリンがはやったんでしょうね

テトラサイクリンの変色歯は
疫学調査すると、はっきりとこの年代に集中した結果が出るのではないでしょうか

これって、ある意味「薬害」かもしれません
悩んでいる人は、本当にコンプレックスを持っていらっしゃいます

褐色ぐらいの中等度の変色なら、ホワイトニングでかなりきれいになりますが、
紫色や黒褐色になってくると、ホワイトニングでは良い結果が得られません
ラミネートベニアなどのセラミック修復治療が必要になってしまいます


文章を書きながら、鏡で自分の歯を見ていたら、変色が気になってきました
僕も今日から一年ぶりにホワイトニングを再開しようと思います

   

なかなかまじめに続ける事ができないのですが、今回は頑張って続けようと思います




ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CUTERA社レーザーワークショップ | トップ | きらきらイヤホン »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ちびゆき)
2008-03-06 15:09:08
先生のおっしゃる通りですよぉ><
薬害ですよぉ~><


私もやらねばやらねばといいつつ・・・
やっていない・・・^^;

帰国したら先生を見習って
マジメにやろうかな(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
歯のホワイトニングとは (歯のホワイトニング情報)
歯のホワイトニングとは、黄ばんだ歯や汚れた歯の色を、白くすることを指します。歯を白くする治療は昔に比べて随分と技術が向上しています。