Musiker Geist ~音楽家魂~

Makkyのギター教室&音楽魂、ゆるいライフ

こんなふうに弾けたら、いいなぁ。(=´∀`)

2016-09-28 20:22:56 | アイリッシュ/ケルト音楽
先日19日日曜日に行われた、「ケルト・スロー
セッション」に参加してきました。
主催はお馴染みのマスター、ジム・エディガー御大。
アコーディオンを始め、フィドル、ギター、
シターン等数々の楽器を弾きこなします。

今回は以前にも使用された吉祥寺南コミュニティ
センターで行われました。
夕方の6時〜9時、あいにくの雨という天気ながら
6 人が参加。
ジム師匠と奥様の和美さんを合わせて8人が
会に集いました。
すでに顔馴染みになった参加者の方も、ちらほら
居ましたね。

今回とくに感心したのは、楽器でのエアー
(明確なリズムの無い詠唱、及び曲)の弾きこなし
方でした。

曲自体は3/4拍子で書かれているんですが、
小節のとくに真ん中あたりの拍、あるいは
半拍を任意に引き伸ばして、一小節が
4/4以上に長く聞こえるように弾いてましたね。

真似るように指導されましたが、とてもすぐには
出来るモノではありませんでした。

ソロのジャズギターが、ひとつの完成形である
ように楽器ひとつのアイリッシュ・エアーも
またケルト音楽の醍醐味を現しているような。

そんな印象を受けました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

谷中ぎんざでぶらっと。レトロ発掘

2016-09-19 10:56:21 | Makky's column
国立博物館で、ドイツ版画展を見て来た。

帰りにちょっと脚を伸ばして、谷中でお散歩。


「富士山の溶岩でパンを焼く」が売りの、パン屋さん
「明富夢(あとむ)」
に立ち寄る。

パン焼き窯が、富士山の溶岩で出来ているんだそう。
パンを食べて、大地のパワーが吸収出来るかな?

お店には鉄腕アトムグッズ(主にアトムと関連キャラクターのソフトビニール人形や貯金箱)
がズラリ。

中でも、「地上最大のロボット」エピソードの敵役ロボット、
「プルートウ」のソフビが目を惹いた。
角の生えたロボットがプルートウ。

レイアウトの仕方もサマになってます。

優しそうなご主人(ご本人も)のイラスト入り名刺


谷中に行くと、レトロな雰囲気・気分に浸れます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日、ケルト音楽ワークショップあります。

2016-09-18 10:15:48 | Makky's column
9月19日 (月・祭)、18:00~21:00、 吉祥寺南町コミセンでケルト音楽ワークショップを行います。
なにか楽器が弾ける方なら、誰でも参加可能。メロディー・伴奏どちらもようこそ!
前半は課題曲を練習、後半はゆっくりとしたセッションという予定です。
参加費は3000円、会場は吉祥寺駅から徒歩8分程度のところにあるコミセンです。
http://www.city.musashino.lg.jp/shisetsu_annai/shisetsu_bunka/community/1000613.html
パブなどのセッションは敷居が高いという方、また、普段はほかの人や楽器と一緒に演奏する機会がないという方、
この機会にぜひご参加ください。録音可、お勧めです。使ってる楽譜/弾いてる曲もあれば他の方と分け合いできます。
オールドスタイルスコッティッシュとアイリッシュの曲を紹介いたします。

お問い合わせ・お申し込みはこのメールアドか、電話、ジム エディガー、090-9324-8193 へどうぞ。
問合せ・連絡先:Jim Ediger -->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの日からはや39年。School Of Rockの教科書ふう記事

2016-09-15 09:48:11 | Makky's column
明日9月16日は、グラム・ロックのスーパースター、マーク・ボランが
愛人グロリア・ジョーンズの運転する車の事故で亡くなった日です。

そんなわけで、彼の命日にちなんでSchool Of Rock風に。

*訂正。記事内では妻となっていますが、当時グロリアさんは愛人だったらしいです。
 
テレグラム・サム。


来年は40周年! 
月日の経つのは、早いなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三鷹ジブリ美術館行ったった(下見だけw)

2016-09-12 13:29:24 | Makky's column
十年以上、三鷹市民なのにジブリ美術館に行ったことない。

んで、こんど行くことに(なりそう)。

今日は下見に行ったった。
三鷹乃森吉ト力美術館…
いっしゅん脳が固まったが、中国語か。



イアン・ハンター(モット・ザ・フープル)みたいな外国人女性が居ましてね。











クワガタが見れるのだね。月曜日は閉館。

おまけ。

何か掘建て小屋みたいなモノ発見。

劇団の芝居小屋でした。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

箏の世界、再始動。(^-^)/

2016-09-06 09:58:31 | 楽器の世界
今年、見学に行ってからなしくずし的に参加し、
8月に会場である久我山の社員寮が使えなくなり
ストップしていた「お箏の会」。

有志のご自宅二階をお借りして、このたび無事また再開
しました。v(^_^v)♪

昨日は先輩お二人が、「ひぐらし」という
曲をおさらいし、私はそれを見学。

カナカナの蟬時雨(蟬しぐれ)を表した
高音域でのトレモロが印象的。
この四季折々のレパートリーが、邦楽の良さでも
ありますね。
単にお正月のBGM扱いじゃ、ホント勿体無い。

しかし昨今は箏を弾く人口が減っていて、
お箏の販売や修理を行う業者さんも少なくなっている
のだとか。
この会も、昔は15人も居てお師匠さんをお呼びして
稽古をなさっていたらしいですが、いまは新米の私を
含めて3人です。

自分は「三段」という曲の稽古をつけてもらってるの
ですが、まだまだ弦間違いも多く、道は遠いですね。(;゜0゜)
弦が13本と多いのと、①弦から順に
壱 弐 参 四 五 六 七 八 九 十 斗 為 巾
という記号に、なかなか慣れないです。

さらに言うと、ギターと違って①弦からだんだんと
音が高くなってるんですわ。
(^_^;)
箏は主に親指の付け爪のダウンピッキングで弾きますが、
中指の付け爪で弾くときは、例えば

参"

などと書いてあります。
これは3弦を中指で弾くということになるわけです。
ぶっつけで何度も弾いてると、集中力途切れて
ボロボロになっていきます。
催眠効果?
意外とテンポ速いし、あと三段に分かれてて
長い。弾きっぱなしだし、集中力の程度は
馬鹿にならないね。

しかしそれでも先輩お二人によると、
「覚えが早いわよ〜?」
だそうで、なんとなく上手に乗せられている気も
するんですが、せっかく縁のあった会。

細く長く続けられれば良いかな。

またなんか面白いことあったら、取り上げたいと
思います。
無くてもときどき取り上げるかも。(^ν^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

School Of Rockがあったら、こんな教科書? 〜英語クイズ付き〜

2016-09-01 21:06:36 | Makky's column
英語クイズ付き。答えは、下をスクロールしてね。



答え:上段
1. average
2. suicide

下段
1. music industry
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜市開港記念会館

2016-08-30 12:56:37 | Makky's column
大正時代に建てられた、国指定文化財
「横浜市開港記念会館」
を見学して来た。

ボランティアのオジさまの声のトーンが大変物静かで
柔らかく、あたかもTVの「放送大学」を試聴しているかのように
眠気を誘ったと(失礼)もっぱらの噂でした。

この記念館に入ったら、

案内の人が

「どうぞどうぞ、左へ」

誘導して下さるので何かと思ったら。

「エドワード・スノーデン氏に日本人で唯一インタビューした女性」

の質疑応答後援会が催されてて、つい入りそうになりました。

この人、妻が数日前にサイトでチェックしてた人だったそうで、
偶然というのもあるものですネ。

正直、見たかった!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風の隙をついて(ウソ)横浜行ったった

2016-08-29 18:11:31 | Makky's column
中華街。

太極拳の服とシューズを買いたかったが、
時間に押されてるので今日はまずお食事。

「景徳鎮」という四川料理のお店です。
↑なんでも鑑定団を思い出しますな。d(^_^o)

注文したのは、麻婆豆腐とビーフン炒め、
あと蛙(マジ。鮭じゃ無いよ、ケロロw)の炒め物
なんかです。
蛙は少し骨っぽい感じですが、美味かったです。

この日は、妻のお友達のご家族と
5人でお出かけ。

妻と元バンド仲間のMKさん。

後ろ姿が良く似ていて、何か縁(えにし)を感じます。


大桟橋(おおさんばし)。


この後、赤煉瓦倉庫のところでちょっとイベントを見て
みんなでお茶しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JAZZのインプロヴィゼイション(アドリブ)その2裏技

2016-08-28 17:17:17 | Makky's column
歌ものオリジナルの曲に多いのだが、
Autumn Leaves / Fly Me To The Moon 等の
ほぼナチュラルマイナースケール一発で
出来ている曲がある。

こういう曲はナチュラルマイナースケール
一発で追いかけて行っても一応アドリブが
成立するのだが、何かこう、
「JAZZっぽくない‥(´Д` )」
感が否めない。

そこで、発想を転換して最大公約数的に
「使える(ずっと鳴っててもおかしくない)音」
を選別していくと、
・完全5度
・長2度
・短3度
・短7度
あたりは、ほとんど大丈夫である。

あとは意外にルートの1度が
「それっぽさ」の足を引っ張ることが多い。

よって、ここは思い切って

〈ルートを省略する〉

この6音マイナースケールでソロを
取ってみると、アラ不思議で
何やら意味ありげ(コレ重要)なフレーズ
が頻出して、それっぽいソロが取れるのだ。
ただし、リズム的なクリエイティヴさが
面白いソロには必要。

結論は、
マイナースケール引くルートの6音で、
未知のマイナー曲ソロを弾いてみよ!






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JAZZのインプロヴィゼイション(アドリブ)

2016-08-28 16:54:25 | 役立ちギターレッスン(無料)
JAZZでインプロヴィゼイション(即興演奏)を
するというと、曲のコード進行に基づいて
アルペジオとコードスケールで、メロディを
組み立てなければならない。
コードスケール一発ものやフリーJAZZに
なると話は別だが、スタンダードな曲をやるとき
にはコード進行と、アベイラブル・ノートスケール
(使用可能な音階)の知識が必要だ。

で、ここからが本題だが‥

それらをあまり考えず、ショートカットでインプロが
出来るかと言うと、例えばJAZZブルースなら、
マイナーペンタトニック(及びそれに半音を加えた
所謂『ブルース・スケール』)で割と大過なく
ソロを弾くことが出来る。
但し、そればかりだと
(ははあ‥スケールを知らないな)
と、周りにバレる可能性がある諸刃の剣
(笑)。

〈後半に続く〉
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休みの宿題吹っ飛んだ…でもメルヘンな自然に癒された

2016-08-26 23:34:24 | Makky's column
PCがオーバーヒートによって、突然シャットダウン
し、また立ち上げたらせっかく夏休みに取り溜めた
録音データが吹っ飛んで消えてた。

これ以上の被害を防ぐために、対処法をググり、
まずパソコンの裏ブタをあけて(ホコリが‥
かなり溜まってた)掃除をし、余分なソフトや
ジャンクファイルを整理しまくって、
Macs Fan Controllというソフトを
DLしたら、目下のところ異常なオーバーヒートは
無くなった。

でも、夏休み分をまた録り直し。
これは精神的にキツい。

昨日今日で頑張って、半分くらいやったところ。

でも録り直ししたほうが、以前に経験を積んだ分
良い演奏になっていると思う。
何ごとも、ポジティブに捉えるのが大事だ。

ふと空を見たら、雲のじゅうたん
(昔の朝ドラのタイトルですな)みたいな風景が。

数分後には、入道雲っぽくなっていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蒸し暑い夜には…この曲一押し

2016-08-24 22:23:51 | Makky's column
メンデルスゾーン作曲:真夏の夜の夢 序曲。


学生のとき、これが指揮の授業の課題のひとつでした。

先生の熱心な説明が完全には理解・消化出来ず、実技テストではBを貰った思い出が。

ナニ、聴いたらなんだか余計蒸し暑くなったって?
これがけっこう、クセになって来年もまた聴きたくなるんですよ(確信)。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は全日休み!ふと原点に還って、ヴィンテージに浸る

2016-08-22 18:40:13 | Makky's column
今日は台風の影響で、全て休講に。
(‥て、どうせ補講はするんだけどね^_^;)

時間が出来たので、久しぶりにギターとマーシャル1959を繋いで
小一時間ほど鳴らしてみた。

やっぱりオールド・マーシャルのナチュラルな歪みは良い。
本当は爆音で鳴らしたかったが‥。
アンプ直結でも、トーンコントロールとリンクトップの組み合わせだけで
サウンド作りに飽きないんだよね。
むしろ、アン直の方が良い、ウン!

出来れば人間も、歳を重ねる毎にこんなヴィンテージに成りたいもの。

この生き物も、ヴィンテージ感に溢れてます。


〈白浜アドベンチャーワールドにて。〉
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハナゴンドウ@四半世紀ぶりのアドベンチャーワールド

2016-08-19 15:38:05 | うきうき動物らんど
このプールは、お客さんがイルカやクジラを
側で見たり餌を与えたり出来る施設。

マターリ。

誰に言われたわけでもないのに、さりげなく
シンクロナイズして泳いで見せるハナゴンドウ(クジラの一種)。

ひょっとしたら昔は、華々しくショーに参加
していたのかもしれません。

イルカショーのほうも観ましたが、流石の面白さでしたよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加