Musiker Geist ~音楽家魂~

Makkyのギター教室&音楽魂、ゆるいライフ

都会のカルガモ赤ちゃんたち

2016-07-27 10:04:05 | うきうき動物らんど
品川の、SONYビルから旧海岸通りを渡るところ。

港南中学校に向かう「しんこうなんばし」の上から
撮りました。

カルガモの赤ちゃん(産まれて2〜3週間だとか)のシーズンみたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丹野創輔バンド/CD発&誕生日ライブ!

2016-07-23 21:21:19 | ライブ/セッション/音楽仲間
7/22日新宿レッドクロスにて。

先ず、写真にて丹野創輔劇場をお楽しみ下さい。

>





















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サメ観まくって来ました

2016-07-19 09:41:44 | うきうき動物らんど
上野の国立博物館にて。
太古〜現代の海の巨大生物観て来ました。

シャチの骨格から、サメの剥製。
最大の海竜・ショニサウルスの頭骨模型もありました。

ワクワク。


呼び物は3m超のホホジロザメの剥製。




これはホホジロザメの近縁と言われる、
メガロドンの顎の模型。
文字通りJAWS(顎)です。

歯の化石も綺麗に展示してありました。
ピカピカで、そのままピックに使えそうでしたよ。

10月2日までやってます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウスバカゲロウ居た

2016-07-07 16:30:49 | うきうき動物らんど

先日ハエトリグモが陣取っていた、プランターの
ところの壁に昨日はウスバカゲロウが居た。
ウスバカゲロウの幼虫は、皆様ご存知のアリジゴク
である。
隣りのマンションとの境い目に、大家さんが
植え込みを作ってあるのだが、どちらかと
いうと余り手が入っておらず放置気味だ。

都会の昆虫たちは、こんな隙間に住処を
見つけて、生き延びているのかも知れない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お箏の世界、ピ〜ンチ!

2016-07-07 15:47:30 | 楽器の世界

数ヶ月前に通い始めたお箏のクラブですが‥

会場として使用していた、某会社の厚生施設が
このたび売却されるとのことで、遂にクラブの
存続が危ぶまれることに。

今後の展開や、如何に‥!?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昆虫界のモハメッド・アリか(c_c)

2016-07-04 10:02:59 | うきうき動物らんど
アリとは言っても、蟻んこではありません。
また、チョウでも無いし、ハチのようにも
ささな〜い!

うちの玄関先のプランター付近にて。
この小さい甲虫は、壁のコーナーに陣取って
ハエトリグモの攻撃を無効にしていた。

まるでキンシャサの奇跡でジョージ・フォアマン
を攻略した、モハメッド・アリの
「ロープ・ア・ドープ」作戦ではないか。


単にフリーズしてただけか?
傍目には絶体絶命。

ハエトリグモは射程距離まで詰めるも、
攻めあぐね、やがてクルリと背を向けてしまった。

クモがその場を離れると私も
用事に立ち、数分後にまた来て見てみると
かの甲虫は跡形もなく消え失せ
離れた場所にハエトリグモだけがポツネンと
取り残されていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワイ、ライブ禁断症状

2016-07-03 13:24:08 | ライブ/セッション/音楽仲間
今年いっぱいはレコと講師活動その他に忙しいので、
ライブ演奏はお休みすることに決めました。

だんだん、舞台の板の上が恋しく感じ始めた今日この頃。
こんな時に限って(?)、ライブハウスからもお誘いのこえが幾つか
かかって来るのですわ。

中には「ケルト・ロック特集ライブ」
とかいう美味しそうな企画も。

動画を見ました。是非ご参加を! 
とか言われると、グラッとくるんですが。

しかし、ここはやはりブレないことが肝心かと思います。

無駄に頑固なのは感心しませんが、自分のやるべきことをきっちり
やっていけば、道はまた先に開けるでしょう。

今日は地味にいつものごとくバンド・リハをやりつつ

「やっぱり、自分は音楽に関わっているときが、一番幸せなんだなあ…」

と後で酒飲みながら実感しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄料理美味いよね〜♪(=゚ω゚)ノ

2016-07-01 21:50:05 | 日常雑記
やはり定番のグルクン。これ食べないとね。

今年は予想外の激務の毎日でして、
土日でも休めない私にとっては祝日の
ない6月はビンボー暇なしを地でいく日々でした。

そんな疲れを癒してくれるのが一杯のお酒。
先日、「泡盛をブラックの缶コーヒーで割ると
美味い」
と聞き、趣味悪〜?と半信半疑で試してみたら、

‥( ゚д゚)ウマー。

絶対、オススメですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バイオリン修理されて戻って来た♪

2016-06-29 15:01:22 | 楽器の世界
表面板がパキッと断層のように真ん中から割れて、それでもしばらく使ってましたが、
いよいよ修理に出しました。

大久保のグローバル・バイオリンさんへ。

「よく(こういう割れ)はあるんですかね?」
「よく有るんですよ。」
「やっぱり楽器には湿度温度は、人間に快適な湿度温度、これが鉄則ですかね?」
「よくご存知で…」
「てへへ。まあね。」

ちなみにブリッジも取り替えてもらって(なんとっ!無料サービス)
修理代は20000円でした。

安いよね? 比較の対象を知らないので、断言出来ないが。

ちなみに裏から補強の板を貼ったので、もうまず割れることはないだろうとの事♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これ何ワンワン?

2016-06-26 10:10:27 | うきうき動物らんど

これ何ワン?



あ き た。(早w

出演:バニラ(テリア・♀)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな曲やって委員会

2016-06-22 13:53:47 | 楽器の世界
今年は、周りから誘われ型、巻き込まれ型で
いろいろ始めることが多い年回りみたいです。

専門学校講師の仕事がその代表ですが、
地域センターの厚生委員と、太極拳の係。

それ繋がりの人脈で週一でお箏を習い始めたのは
全く予測不能なことで、人生の不可思議を
思わずにはいられません。

で昨日手ほどきを受けた、
「三段の調べ」


週一、30分やってるだけなのに師匠!
ちょい進行が早すぎやしませんか。(=゚ω゚)ノ

という、発言権も与えられてないみたいなんで、
言われるまま、なすがまま身をまかせるので
あった。_φ(・_・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「伝説の虫」七不思議、いやナナフシ。

2016-06-12 11:57:20 | うきうき動物らんど
調布の神代植物公園にて。
デカイよ?

いや、でか過ぎるよ?

枯れ葉に口を付けて、食餌中のところを
発見しちゃいました。

掴んだら、ヘシッと曲がったΣ(・□・;)
ので、焦りましたが、大丈夫だったみたいです。

ナナフシは私の母の山間部の実家のほうの言い伝えで
奇妙な伝説があります。

むかし、山仕事をする人はお弁当といっしょに
水筒代わりに薬缶(ヤカン)を持って行ったそうで。

ある山人が、弁当を使ったあと薬缶のお茶を飲み、
さて一休みと昼寝をしたところ、そのまま死んでしまったのだと。

あとで調べてみたら、薬缶の中にナナフシが忍び込んで
いたのだとか。
なんとも不思議で怖い話ですが、まったく根拠の無い話でして、
あのナナフシのレアさと不思議な容姿の存在感がそんな言い伝えを招いたのかな?
と思っております。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丹野創輔バンドの新譜を聴く 

2016-06-09 21:39:38 | ライブ/セッション/音楽仲間
丹野創輔バンドの新譜ミニアルバムを聴きました。


前作で示した方向性を、

「これで行く!」

と確定したかのような安定感に溢れ、ある意味安心して聴けるアルバムと
なっています。

男女の関係につきまとう、常に痛みを伴う機微。
それを暗喩・隠喩を使いながらも聴き取り易い日本語歌詞は
すでにバンドのスタイルにもなりつつあるようで。

今回は元Grapevine(現JIVES)の西原誠氏をサウンドプロデュースに迎え
前作の作風を踏襲しながら、より厚みの増したサウンドに仕上がっている印象。

ギター&アンプのサウンドの良さは相変らず素晴らしいもので、普通は耳に痛い筈の
ハウリングの音すら美味しく聴けるほど。

丹野氏のボーカルは一発録りっぽい生々しいものですが
相変らず何より天性の甘い声で一回聴いたら忘れられないです。

何度も聴いたあげく、前作も懐かしくなって、ついCD棚を漁ってしまうのでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「習う者」として。覚え書き

2016-06-09 16:07:40 | Makky's column
なにせ忙しくて、やりたいことはいっぱい
あるのに時間が無くて。。

というのは現代人には良くある悩みだ。
ヒマがいっぱいあるのに、やりたいことが
無いのが悩みの人もいるかもしれないが。
(それは、頑張って探して下さいとしか。)
自分も太極拳を週一回と、アイリッシュセッション
参加を目標にバイオリンを練習しているのだが、
ご多分にもれず練習不足に悩んでいる。

曲をたくさん短時間で力技で覚えるには、
アイリッシュ曲はあまりに広範で多様だ。

また似た曲も多く、結局たくさんこなして
どれも中途半端になってしまう。

やはりJAZZと同じで、スタンダードを
しっかりとまず覚えるべきだろう。
(実感)
今日はScotch MaryとCongress Reelという
曲の音型が非常に似通っていることに気付いた。

こういう発見もひとつの物語として、
曲と関連付けると、覚える助けになるの
ではないかと思う。
ペアーにして、セットで演奏することも
出来る。

また覚え難い曲には、覚えにくい理由となる
盲点となる音符があることが多い。
これを意識して覚えると、その後の展開が
スルッと出て来たりするものだ。

こういう音符を、拠り所となる音と言う意味で
anchor note(アンカーノート:錨音)という
呼び名を考え付いたのだが、ググッたら
英語圏ではすでに使われている用語
のようだ。
(筆者の思う意味と同じかは不明)

曲を覚えるときは、その曲のわかりやすい
特徴的な部分と、盲点となる部分がある。

その両方を押さえて、効率的に覚えたい。
曲の個性を把握し、より味わえる助けにも
なるだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

僕の人生、ロックな人たちの思い出

2016-06-07 15:35:17 | Makky's column
(=゜ω゜)ノボストンは学術都市・学生の街と言われます。
市内にはニューイングランド・コンサーバトリー、
私が卒業したバークリー音楽大学がありますし、
総合大学ではボストン大学、隣接するケンブリッジ市内には有名なMIT 、ハーバード大学があり、その他
色々な大学や専門学校もあります。

世界各地から来た学生達は、寮に住んだりワンルームマンションに住んだりするのですが、あまり裕福でない学生達は、学生達どうしでアパートのフラット(一つの階)を借り切り、キッチンやシャワー、トイレを共有するルームシェアをするのが普通。最近は日本でもシェアハウスがありますね。

さて、このルームシェアですが若者どうしでワイワイと楽しくもあるのですが、ご想像のとおり、トラブルの温床でもあります。誰が勝手に彼氏彼女を連れこんだとか、やれ水回りの使い方が汚いの、掃除をサボったの‥。

私が習いに通っていたギターの先生も、ルームシェアで住んでいたのですが防音設備も無く、メタル系のギターを一日中弾きまくる。ルームシェア仲間(彼もメタル系でしたが)がF••k! F••k!と喚き散らしていたので、「彼は大丈夫なんですか?」と聞いたら、「大丈夫だ。問題無い。」と平然と速弾きしまくってました。
しばらくして、また習いに行ったらルームメイト君の部屋のドアが半分くらい破壊されてて、布でカバーしてありました。
多分、発狂して自分のドアを破壊したあげく、我に返って布で補修したのでしょう。

騒音がより一層、響いて来たと思うんですが。
その後のことは、知らない。((((;゜Д゜)))))))

iPhoneから送信
コメント
この記事をはてなブックマークに追加