Musiker Geist ~音楽家魂~

Makkyのギター教室&音楽魂、ゆるいライフ

イソヒヨドリ

2017-01-02 19:00:05 | うきうき動物らんど
綺麗な色のは、雄♂だそうです。

なかなかすばしこく、カメラを向けると
岩陰(テトラポット蔭)に逃げてしまいます。

孤高。


ハッ!(◎_◎;)

(カモメ)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天神崎の(=^ェ^=)たち

2016-12-31 21:04:07 | Makky's column
天神崎でも捨て猫、野良猫は多い。

餌付けは禁止されているが、毛のツヤも良く
太ったネコたちを見かけた。
ヤブの中を出入りして、小鳥などを狙っている
ようす。

近寄っても怖がらないし、ニャーンと鳴いて
寄ってくる。
耳のカット痕からみて、避妊手術も誰かが
受けさせているらしい。

猫No.2も発見。

くっついてお昼寝し始めた。
寒い日もこうして暖め合って寝てるのだろうね。

今日は小春日和かというくらい、散歩したら
汗ばむくらいの晴天。
心ゆくまでお昼寝してにゃ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海からの縁起物

2016-12-31 19:42:47 | Makky's column
また来ましたよ。

ふるさとの和歌山県田辺市。

日本におけるナショナルトラスト運動発祥の地のひとつ、天神崎。
やはりここに来ないと帰省した実感が湧かんのです。

ここの岩礁で今日はこんな拾い物を。


オオヘビガイという貝類の殻なんですが、なんと
これは三位一体になっておりました。


所謂「三つ巴」というやつですかね。
なんとなく縁起物っぽいんで拾っときました。
僕は巳年なんで、幸運をもたらしてくれることを祈ります。

自然て面白いね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジブリ美術館に行ったこと(子並)。

2016-12-14 21:32:15 | Makky's column
行ったんですよ、
約束通り。

初めてだったんスよ。

妻を先頭に。

前にここに行った人に前もって聞いてみたら、

「何時から予約なんですか?」
「2時からです。」
「あ〜、そりゃ厳しいわ」
「それはまた何故?」
「某外国人観光客ばっかりでうるさくて楽しめませんよ。」

…ぼう然。

(実際はそこまででは無かった。うん、居たけど少ーしだけ)

館内は撮影禁止なので、屋外からしか撮れません。



これは入り口(入場用)のところから撮ったもの。

窓のところに黒いソックスがいくつも突き出している。
興味深い…が、元ネタが分からん。


この巨神兵が撮影スポットみたいです。メルヘンな帽子を被った筆者と家内。

トトロのネコバスなどお子さん向けの施設と、宮崎駿監督はじめジブリの
実際の製作過程が実感出来るコーナーもあり大人も十分楽しめる作りに
なっていました。
アニメ作成までには、膨大な資料による勉強と下書き、絵コンテ等の準備が必須なこと
も体感出来、その仕事の量に圧倒されましたね。
ミニシアターで短編オリジナル・アニメが鑑賞出来るのもおトク感あって良かったです。


出口付近から。


この日は3家族で行く筈でしたが、参加予定のご家族のお子さんが体調不良にて
みなさん不参加。
残念ですが、これに懲りずにまたね。

けっきょく漫画家のKさんご夫妻と、うちの妻と自分の4人で楽しんで、
近所のクレープ屋さんで休憩して帰りました。

創作の刺激になるかな〜?
いや、しろって!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薄陽が射す井の頭公園にて。秋の散策

2016-11-27 19:25:27 | 日常雑記
今日は雨模様でしたが、昼間の東京地方は
薄陽も射しました。
井の頭公園で、束の間の散歩と紅葉の眺めを
楽しむ。


枯れ葉よ〜♪


いつもお馴染みのバイオリン弾きのお兄さんと、
マンガ読み屋さん‥

ン?

マンガ読み屋さんのお兄さんはこの時、書類の束を
抱えた役所の人(?)に何やらずっとお説教されて
いた様子。

これにめげずにガンバレ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

健康診断に病院に来た結果→

2016-11-24 08:45:27 | Makky's column
d(^_^o)54年ぶりの雪のせいか、誰も他に居ない件。

でも開業時間まで待たされるので、待合室の
子どもの本読んでラッキー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日はケルト音楽道場ありますよ♪

2016-11-23 11:52:12 | ライブ/セッション/音楽仲間
ケルト音楽道場 CELTIC MUSIC DOJO:
11.23.2016 / 6:00 - 9:00 PM 行います。
Workshop & Slow Session – Jim Ediger, coordinator
場所は新大久保の、「学生の家」にて。

多少楽器の弾ける人なら、誰でも参加可能です。
アイルランド、スコットランド等のケルト音楽を
ゆっくりしたテンポで学ぶことができます。

新大久保は韓流の町として有名ですが、僕らは
愛蘭土(アイルランドの漢字)流で、寒さを吹っ飛ばしましょう!
参加料は¥3000。
休憩を挟んで3時間、たっぷりケルト音楽に
浸れますよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北風の吹く季節が来たニャ。ʕ⁎̯͡⁎ʔ༄

2016-11-04 18:58:45 | うきうき動物らんど
ノラ猫の渡世もこう見えて、縄張り争いやら大変でニャ。


頭に草が付いてもニャンのその。


日向ぼっこするときは、ちゃんと側面も暖まらないとだニャ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お箏、トラブる

2016-10-31 14:34:03 | 楽器の世界
今日はお稽古中に弦が切れるという
トラブルが。

ブツーンと切れると、びっくりするもん
です。


弦を固定して引っ張る器械を使い、伸ばして
結わえつける感じ。
テンションは、かなり強いです。
弦は均等な太さで、調弦も同じに張るみたいです。

ブリッジ(琴柱)の位置でチューニングをするわけです。

今日は普段の平調子の他に、本雲井調子という
調弦を使って、(これはメジャーペンタトニックに
類似)嵯峨の秋という曲を聴かせて頂きました。

私は相変わらず、「街の朝」と「三段」。

「松原さんは、六段まではせめてやらないとね〜?」
と、近ごろはプレッシャーを与えられおります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は寒かった。がハロウィンは夏の祭り(?)

2016-10-30 22:02:17 | Makky's column
今日は吉祥寺でバンドリハしましたが、寒いのに
なんか混んでて人出が多かったです。
ひょっとして、渋谷のハロウィンの大騒ぎを
避けたかった家族連れやカップルが、井の頭線
の逆の終点の吉祥寺に流れ込んだのかな?
なんて推測してみたりしました。

ハロウィンは元はと言えば、ケルト人にとって
夏と冬を分ける最後の晩のお祭りだったそう
です。
その晩には死者が此の世に彷徨い出て、
この世と彼の世の境目がぼやける日だった
のだとか。
ケルト人にとって、夏の終わりは10/31日。

そして11月からは冬が始まるとともに、
新年の始まりでもあったらしいです。

つまりハロウィンは、夏の最後を祝う祭り
でもあったわけですね。

夏の終わり→即、冬の始まり
という感覚は我々にはピンと来ませんが、
そんなお祭りがここ日本でも祝われている
(ちょっと違うか)ってのは、面白いですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人身事故の電車に乗り合わせました

2016-10-24 13:50:52 | Makky's column
総武線千葉方面行きです。
荻窪にて。

すう〜っと電車が停まって、ピピピピと
警報が鳴ったので、良くある非常停止ボタン
が押されたのかと思いましたが、

車掌のアナウンスで、
「たった今この電車が人身事故に遭いましたので‥」

と(通常業務かと思うくらい冷静な口調で)
知らされたので、分かりました。

その後ホームに少し掛かった状態で停車して
ましたが、前に座ってた若い男の子が、
気分が悪くなったのか、ドーッと床に嘔吐して
しまい、周りの人は前の車両へさっさと避難。
(あゝ無情)

今日はなんか嫌な暑さだし、電車内も日差しが
きつかったしね。
私はティッシュの袋を持ってたので、
「使いますか?」
と差し出したら、
「ありがとうございます!(=´∀`)人(´∀`=)」
と感謝されました。(このAAは嘘↑。
もうちょい修羅場感有り)
みんな、ちょっと冷たくね?

その後、アナウンスに誘導されて荻窪駅で
降りましたが、電車とホームの間で作業している
のを取り巻いて見ている野次馬も居ました。

ホントよう見れるな〜。( ´Д`)
と(悪い意味で)感心しつつ、丸ノ内線に
乗り込みましたわ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今宵の月でほろ酔い

2016-10-15 19:15:52 | Makky's column
今日は良い天気。

昼過ぎまで仕事して、その後所用を澄ませ、井の頭公園抜けて帰りました。

井の頭公園駅のうえでお月さんが綺麗。

カフェ「宵待草」のテーブルでお月見する女性たちも。

その向こうに見える、赤ちょうちんの焼き鳥屋さんも
賑わってましたよ。

そんな素敵な宵。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ススキ野原が刈り取られたら、(=^ェ^=)吾輩の寝場所が

2016-10-12 20:08:50 | うきうき動物らんど
無くなったワケだが‥

居座れる場所がより一層ハッキリしたとも言える
ワケで。とりあえず‥
どっこいしょ、と。(=^ェ^=)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日の吉祥寺ケルト・スロー・セッション

2016-10-11 12:41:44 | Makky's column
昨日、10/10(月祝)。吉祥寺南コミュニティセンター
にて。18-21時。
アイルランドとスコットランドのケルト音楽を
スローなテンポで学ぶ、ケルト音楽スローセッション
(旧ケルト音楽道場)に参加して来ました。

昨日の参加者は自分とMari(コンサーティーナ)、
フィドルの女性、ホイッスルの男性。
指導のジム師匠はアコーディオンとピアノ、
奥さんのカズミさんがアコーディオン。

弦楽器とリード楽器が揃って賑やかな感じ
でしたね。

演奏したのは、先ずKitty Lie Over / Up In The Air
のジグのセット。
Up In The Air は16歳デビューの神童フィドラー、
Kevin Bark (もうお亡くなりだそうですが)の作。

続いてSolus Lillis's Reel / Donky Dorian's Reel
という、それぞれ個人名のついたリール。

これもやはり、セッションを想定して、2曲
連続で弾けることを目指します。
Donky Dorian's Reel の方は、前回私が
「セッションで盛り上がるような派手なリール
を学びたい」
と言ったので、チョイスしてくれたそうです。

流石は師匠!
めちゃツボですよコレ。
ちょうどセッションで聴いて弾いてみたかった
曲の1つです。
♫(´∀`=)絶対憶えよ、これ。

最後はJerry Holland (多分)というCape Breton の
フィドラーさんによる、スコットランド風のマーチ。

James Cameronというタイトルです。
スコティッシュ音楽独特の「ストラススペイ」
というリズムだそうで、♫のリズムの跳ね方に
特徴があるようで。
3連符的な、いわゆるタータ、タータと言う
よくある跳ねに加えてタター!という
逆の跳ね方が入るのだとか。


その他、今弾ける曲などを披露しあって、
この日は終わりました。

受講者2名は鎌倉、川崎からご参加。
お疲れ様!

そして師匠、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

19世紀ギターのコンサート

2016-10-10 14:39:02 | ライブ/セッション/音楽仲間
アウラギター教室の森先生、前場先生と
建孝三先生による、まだ珍しい(多分)
19世紀ギターのコンサートに行ってきた。

ギターの音は思ったより低音の響きがあり、
日頃なかなか耳にしない19世紀の技巧的な
作品もあって楽しめました。

プログラムの圧巻はやはり、ベルリオーズ
作曲「幻想交響曲」より断頭台への行進
のギタートリオアレンジ版。

様々なオーケストラ楽器をギターで表現
する、3人のギタリストの名人芸に
圧倒されました。

お疲れ様でした!
そしてありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加