Musiker Geist ~音楽家魂~

Makkyのギター教室&音楽魂、ゆるいライフ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お箏とフォークギターの共通点に気付く。

2018-04-17 14:48:24 | 楽器の世界
お箏の会に入って、もうすぐ2年。
週一で1時間おさらいするだけなので、
当然あまり上手くはならない。f^_^

しばらく「六段の調べ」を習っていたのだが
指導者の方により、今週から
「松原さんは今年は『椿の蕾(つぼみ)』ね。」
と御達しがあった。

六段の調べもまだ完璧からはほど遠いが、
来年また改めてやってみると、少しずつ上手く
なっていくものだそうだ。
この閑雅な時の流れが、心地よい?

椿の蕾は楽調子という、メジャー調の調弦の
明るい曲。
途中で4,9,7,9 6,9,7,9 と弦跳びが出て来るところ
など難しい。
ここの右手の指遣いは、中、親、人、親を二回
繰り返し。
ちょっとフォークギターのスリーフィンガー
(ギャロップ奏法)にも似ている。

とりあえず「良く鳴く、椋(むく)鳴く」と
語呂合わせで覚えることにしました。d(^_^o)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« GW。このお洒落カフェ貸し切... | トップ | CD完成!出来上がるとやっぱ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

楽器の世界」カテゴリの最新記事