眺めのいい部屋

人、映画、本・・・記憶の小箱の中身を文字に直す作業をしています。

今だけさよなら 

2017-06-17 15:56:57 | 人の記憶

「カクザイって、握ってると、後で手ェ離そうとしても
 ガチガチで、離せなくなるんですよ」

       「・・・火炎ビンとか投げたりしました?」

「う~ん、そーゆー話はまあ置いといて(笑)
 え~と、何科なんですか?」

       「何科?」

「お医者さんなんでしょ?」

       「ううん、私は医者じゃなくて・・・
        なれなかったんです。あ、でも
        卒業だけはしたんですよ(ほとんどジョーク)」

「う~~~ん(クソ~)ぼくは2年で放り出された(笑)}
 
  (周囲から「長崎だから」の声)

       「あ、(かの有名な)長大方式の・・・
      
        ヒドイ目に遭ったんですね。2年の終わりに単位がちょっと
        足りないくらいでやめさせられるなんて」

「(うんうんと頷きながら、でもちょっとハズカシソウに)
 ま、授業どころじゃなかったし、結局勉強なんてしなかったし」



「卒業したなんて偉いですよォ。偉い偉い、ほんとに」と
子どもに言うような、自分に言い聞かせるような口調で
繰り返しておられたのを思い出す。


35年ほど前のこと。

「家族の友人」程度の関係で
言葉を交わしたのも、このときだけ。

なのに・・・今も忘れられない。


ごく少数の「個人の集まり」として
市民運動をしていたグループの中で
家族はNさんと知り合ったらしい。

当時の私は、精神科を出たり入ったり。
Nさんのことも、四方山話として聞くだけだった。


どんなイベントだったのか・・・
私も家族に連れられて
珍しく遠出した帰りのこと。

既に時刻も遅く、仲間同士で
飲みにいくことになったらしい。

小さな居酒屋が連なるほの暗い小路の一軒。
急な階段を上がって、天井の低い2階の小部屋。
数人で卓を囲んで、古い畳に坐って・・・


飲み会なんて学生時代以来。

一人で帰るという知恵もなかった私は
言われるままにその場に坐って
周囲の話を聞いていた。

みんな学生時代のことを
わいわい話していたけれど・・・

カリカリに細い長身。
キラキラした大きな目が
歯切れのいい口調以上にモノを言ってる。

サービス精神に富んだ明るい喋り方を聞いていると
学生運動も市民運動も、純粋に「わくわく楽しいこと」
のように聞こえた。


上の会話は、その途中に
偶然挟まったものだった。

その後、私はそういう場へ
出向くことは無くなったけれど
「奥さんは来ないのかって訊かれた。
残念そうな顔してたよ」と家族は言った。


その後、家族も私も高知を離れ
あちこちを転々とした後
もう一度高知に戻ってきた。

Nさんはちょっと離れた町で
ある病院の事務長をしていると
久しぶりに会った家族から聞いた。

「事務長ってのは、もう何だってやるんだって。
 トイレが詰まったの直したり、ヤクザと交渉したり」

なんて話を聞くと、「あはは、変わってないんだ」
勝手にそんな風に感じて、私はなんだか嬉しかった。


その後も時は過ぎて・・・


何年前のことだっただろう。

突然、Nさんが入院していて
近々ホスピスに移るという話を聞いた。

家族も驚き、「しばらく会ってないから(事情がわからない)」と
迷いながら、お見舞いに行ったらしい。

(私も一瞬、一緒に行こうかと思った。
 が、我に返って・・・「行かない方がいい」)


幸運なことに、Nさんは小康状態だったらしい。

「1時間くらい、ロビーで話した。
 ずっと、あのいつもの調子で喋ってたよ」

「・・・サービスしてくれたのね」

家族も苦笑して頷いた。


その後まもなく、訃報が届いた。

 


「今だけさよなら」というタイトルで
いつかNさんのことを書きたいと思っていた。

訃報を聞いて浮かんだのが、その言葉だったから。

今度会ったら「その後どうしてましたか~」って
あのときの気分で聞いてみたい。

楽しい話が、きっと待っていると思う。






(2010年3月7日付け タイトルのみ)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『メッセージ』 | トップ | 「2016年 高知オフシアタ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです (更年期)
2017-06-17 17:26:51
ムーマさんの文章を読んで

やっぱり、ムーマさんの文章は読みやすいし
分かりやすい。
旧友の方のご冥福をお祈り致します。
ありがとうございます(^^) (ムーマ)
2017-06-17 23:31:34
更年期さ~ん(^^)

ご無沙汰してます。
読んで下さったんですね。ありがとう!!

友人なんて言えない、ほんの「知人」だったんですが
(個人的に)忘れられない人でした。
「最後の頃はデイ・トレーダーみたいなもんだったらしい」
と家族は言って、もっと能力のある人だったのに・・・と残念そう?でしたが
私はそれも、アタマの回転の良かったその人に
相応しい話のような気がして、しみじみ聞きました。
世の中から認められるとか、出世するとかいうこととは
別次元で生き生きとしていた人・・・
そんな気がしました。(勝手な言い草なんですが(^^;)

コメントを投稿

人の記憶」カテゴリの最新記事