MT-DRACO

My Last Summer Wine
-『少年』の心を持つクルマ趣味人へ-

FIAT500純正ローター ファインチューニング

2017-03-25 14:23:29 | ブレーキ関係

フィアット500Twinairオーナー様からのご依頼にて・・・

純正ローターをベースにマニアックなファインチューニング。

 

MT-DRACOのスポーツパッドを既にご愛用いただいていたので

社外品の純正置き換えローターについてのご相談がありました。

社外品ローター、価格的な魅力はあると思いますが何れもローター硬度が高いので

パッドのコンパウンドとの相性を優先しますとあくまでもFX鼠鋳鉄の純正ローターが正解。

 

4pot&6pot アルミ鍛造総削り出しキャリパー導入の為の MT-DRACO貯金 が

満期を迎えるには今少し掛かるとの事・・・

という事で、今回は純正ローターをベースに 特殊熱処理とカーヴィングスリット加工 を行いました。

 

熱処理施工による怪しげな青み掛かった色に・・・

この熱処理によって、ローター自体の成分安定化により厳しい使用でもヒートクラックを大幅に減少出来ます。

結果、ローターの寿命も延び長期間使用出来ます。

そしてブレーキ性能を引き出すカーヴィングスリットはパッド表面から発生するガスを効率良く排出。

スリット形状に関しても直線的な形状のものよりも効率が良いようです。

 

 

 

MT-DRACO with ENDLESS 純正ローターファインチューニング & スポーツパッド

の組み合わせ、ある意味非常に通好みのチョイスかもしれません。

 

 

 

 

 

そして・・・・

 

 

井戸端会議しましたオーナー様方でしたら・・・

おわかりと思います。

 

おっ! 新規商品企画開発ですね^^;

 

 

 

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

Mobile: 080-6689-9950

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アバルト乗り心地改善 

2017-03-21 16:06:27 | 足回り関係

ABARTH595 Competizione 5AT のお客様より乗り心地改善のご相談・・

御多分にもれず、後方からの突き上げ・タイトコーナーでの不安定な挙動・腰高感等々・・・

MT-DRACOスポーツスプリングへの換装にて全て解消出来る旨ご説明しましたが

私からのセールストークよりも百聞は一見に如かず・・・

今回もお時間を割いて頂いて MT-DRACO号 の試乗&味見をお願い致しました。

 

現状のアバルトにて長い時間ドライブするのは今一つ二の足を踏んでいらっしゃるようで、

主力戦闘機?! のレンジローバー・イヴォークでお越しになりました。

 

色々とお話を伺うとお気に入りのクルマ選択がほぼ私と同じベクトルのようです。

余談ですが、レンジローバー・イヴォーク 今一番気になるクルマです!!

具体的なご要望があれば心地良いチューニングのご提案も可能かと^^;

 

 

で、本題のアバルト乗り心地改善へのファーストステップ

スポーツスプリング装着の 595 5AT を試乗。

走り出すやいなや、その乗り心地とハンドリングの違いを直ぐに感じ取られたようです。

本来なら高速道路での試乗もお勧めしようと考えていたのですが

当日は日曜日、高速道路は渋滞・・・

一般公道のみの試乗でしたが充分にMT-DRACOチューニングをご理解いただけたようです。

 

更に、FIAT500S MT-DRACO号の俊足ぶりも堪能して頂きました。

 

* MT-DRACO with SES スポーツスプリング    ¥42,000(製抜)

お買い上げ有難う御座います。

 

 

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

Mobile: 080-6689-9950

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GOLD RUSH

2017-03-15 20:29:40 | お知らせ

 

今回は、クルマねたではなくお知らせです。

今を溯る事30数年前、イギリス研修から帰国後ご当地ケータハムにて入手したセブンを通じて知り合った旧友の矢野さんと

ブリキの博物館主謀の北原さんプロデュースの

ミュージカル  GOLD RUSH

 

今月の17~19日、横浜みなとみらいの 

はまぎんホール ヴィアマーレ にて開演されます。

 

アートディレクターの矢野さんは 青山骨董通リ にある WING CLUB 代表で

http://wing-club.co.jp/museum_model/

 

『少年』の心を持ち続ける趣味 の世界を教えて頂いた旧友です。

 

お時間ありましたら是非観に来てくださいませ。

http://goldrush.toys/index.html

 

 

因みに、私は18日に行ってみようと思います。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イプシロン用マフラー サウンドチューニング

2017-03-14 16:02:31 | YPSILON

イプシロン用試作プロト完成、引き続いて製作用治具を製作中・・

 

本来ならば簡易治具でも良いのですが、将来の大量注文を夢見て^^;

馬力のある量産用治具にて精度追及・・・

 

もっとも、自動車メーカー向け1次純正ライン装着用となるとこれ以外に

CADデータに基づいて完成品検品用の総削り出し治具を作成して数十箇所のチェックを行ったりしてました・・・

エアロパーツでも一緒ですが、より高い精度を求めようとすると治具・金型への投資金額で

完成品のクオリティーは大きく変わってしまいます。

例えばですが・・・

全長及び角度がほんのすこ~~しだけ変更となってもエンド部分の受けは作り直しになってしまいます

諭吉さんが沢山飛んで行ってしまうのですヨ・・・・・・

 

 

フロントパイプの前側もチンク用とは微妙に異なります ・・・・   トホホ   ・・・・

 

 

さてさて、試作プロト完成です!!

 

過給エンジン用マフラーの 要 フロントパイプ

サウンドチューニングの 要 中間マフラー

そして消音の為のグラスウールを一切使用してない リヤマフラー

と熟練職人クラフトマンによる丹精込めた リヤWエンドピース

 

 

う~ん、装着用とやはり床の間用 1台に付き 2set 注文貰わないと^^;

 

 

この 絵 だけでどんぶり飯2杯いけるかも・・・

この位置にプレート溶接するの とっても難しいのです。

 

排気の90%は 向かって左側から・・・

 

オフセットW出しです。

 

 

自己満足なのは承知しておりますが・・・・

美しい! SACLAM謹製 工芸美術品 です!!

 

FIAT&ABARTH用純正及び社外品マフラー、その殆どが排気漏れお構いなし品質ですが・・

MT-DRACO with SACLAM スポーツマフラーは安易な差込ですとかお安いプレスガスケット

ではなく削り出しの超高価なガスケットを使用してます。

 

この辺りの作りこみまでキチンと理解・評価して頂ける クルマ趣味人 が増えて欲しいものです。

 

テストコースでの試走準備です。

 

 

 

加速騒音の予備試験走行、十分なマージンを確保。

 

同じTwinairエンジンですが、チンクの少々やんちゃなレシプロ複葉機サウンドは

少しだけマイルド&ジェントルにサウンドチューニングしました。

特に、アイドリング時はかなり穏やかですが サウンド自体はしっかりと単気筒バイクのような

鼓動を伝えてきます。

 

同じく、近接排気騒音値もかなり余裕ありにて問題無し。

 

 

早速、公的機関に加速騒音認定試験を申請です。

販売価格等はこれから検討ですがイプシロン用マフラーは間違いなく受注生産品となります。

ご興味ありましたら早めに連絡下さい。

超マイナー車の為極限られたタイミングでしか製作出来ないと思いますので・・・

又、クライスラー イプシロン 5AT 用につきましては別途ご相談となります。

 

 

 

* MT-DRACO with SACLAM  

 <Cr23. Calabrone>

 LANCIA YPSILON 5MT用スポーツマフラー    時価   近日受注生産発売

 

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

Mobile: 080-6689-9950

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ypsilon be-spoke SPORTS MUFFLER

2017-03-12 14:11:47 | YPSILON

ランチャ・イプシロン 5MT用スポーツマフラー、中間マフラーは有難い事にFIAT500

Twinair用と互換性がありそうですが・・・

フロントとリヤセクションは新規に製作しなければならないようです。

・・・・・・  こりゃ、大事だ~~ ・・・・・ SACLAM 宇野氏 ぼそっと呟く ・・・・・

 

実際の所、完全なワンオフ製作ですと製作用治具等も場合によっては作らなくてよいのですが、

少量と云えども再現性のある製作となると治具から作らないといけませんので

Ypsilonの場合は正直な所完全に経費倒れになっちゃいます。

 

なんですが・・・

車両合わせにて試作はどんどん進行^^;

 

リヤセクションのパイピング取り回しとテールエンド部分のレイアウトは新規になります。

 

触媒直後のフロントパイプ部分。

 

 

中間マフラーからリヤエンドピースへのレイアウト検討中・・

 

テールエンドピースはさてさてどうしましょうかね~

 

エキセントリックなテールエンドもありなんですが・・・

 

量産の事を考えますと、金型から起こすのはちと危険・・・

 

SACLAMさんご自慢の管楽器テールエンドピース。

これ、無垢のステンレス素材から削り出してます!

 

殆どエアファンネル形状ですね。

 

フロントと中間セクションはほぼ決定です。

 

リヤセクションは色々と検討中の図・・・

 

色々と検討したのですが・・・

あえてTwinairスポーツマフラーのお仲間なので

同形状の長さ違いを試作する事に決めました。

 

一見ごく普通のW出しにみえますが、マフラーサウンドチューニングの英知が結集された

エンドデザインです。

 

既存Twinair用のパイピングと比較すると長さだけでなく曲げレイアウトも微妙に異なります。

 

此方は既存Twinair用テールエンドです。

 

美しい^^;

 

余談ですが、Twinair 5AT用スポーツマフラーは引き当て可能 1set 完成しました。

5MT用も引き当て可能 1set ありましたが、即完売です。

 

 

熟練クラフトマン氏、サクサクとプロトタイプを製作中。

 

流石、手際がとても良いです。

 

私の経験上ですが、試作プロトタイプの場合あくまでも機能確認が目的なので

TIG溶接の外観品質は全く拘らずに製作しがちなんですが SACLAM さんは

試作でも完成品クオリティーにて製作してます。

 

職人技に惚れ惚れするシーン!!

 

 

テールエンドの位置決め、

 

 

ほぼ試作プロト完成の図です^^;

次にこのマスターに合わせて量産用治具を製作です。

 

乞うご期待!!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランチャ・イプシロン(Twinair)スポーツマフラー

2017-03-11 19:53:53 | YPSILON

今週金曜日から花園SACLAMさんへ ランチャ・イプシロン にて襲撃!

怖いモノ知らず?! のランチャ・イプシロンオーナー様

1年以上お待ち頂いてようやくスポーツマフラー試作を開始です。

最悪の場合は完全にワンオフ製作の可能性もあるので、今回は花園近隣の深谷駅前のホテルを

2泊3日ほど予約をいれて完全泊まり込み態勢です^^;

 

そういえば・・・

S660のマフラー開発、未だ終了してないみたいですな~

 

S2000も SACLAM スピリット全開のリニューアル開発進行中のようです。

朝一番、タイヤ交換装着等お手伝いしたり・・・

 

社用2輪車?! DUCATI のディテールをチェックしたり・・

現代の4輪車は樹脂パーツだらけですが、2輪は今も通好みの素材とディテールですね~

 

別体タンク付き・・・

 

バイクは各パーツが丸見えなので機能&ディテールデザインもしっかりと考えてます。

ステップの裏側も肉抜き軽量・・・

但し、残念なのは殆どのアルミパーツは鋳造ですね・・・

私自身はバイク乗りではありませんが、DUCATI乗りなら

間違いなく各パーツは総削り出しにて置き換えパーツをこさえてしまうでしょうね^^;

 

良い感じ・・

 

さ~て、本題のランチャ・イプシロン

どうなりますでしょうか・・・・

 

まずは純正ノーマルマフラー取り外し

 

フロント・中間・テール 3分割構成にて検証・・・

 

FIAT用との互換性に微かに期待していたのですが・・・

やっぱり・・・・   殆ど別物 ・・・・

こりゃワンオフ製作と変わらないかもです ・・・・・

さてさて、どうなる事やら・・・

つ・づ・く ^^;

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MT-DRACO号 試乗&味見

2017-03-11 19:21:11 | FIAT

すこしづつ春の気配が近づいてます。

嬉しい事に暖かくなると同時?! に MT-DRACO号 試乗リクエストが増えてます。

 

鮮やかなブルーカラーの FIAT500S 御多分に漏れず・・・

乗り味改善をご検討中のようで 色々と社外アフターパーツをお勉強の上

MT-DRACO スポーツスプリング をご指名のようです。

 

毎度の事ながら、言葉と活字でのご説明を長々と繰り返すよりも

実際に試乗&味見して頂くのが一番!

そして、通常のディーラーさんでの試乗のように数分程のチョイ乗りでは不十分と考えてますので

MT-DRACOの場合は基本的にお客様のお時間が許す限りお好きなだけドライビングして

頂いてます。

又、ご希望があれば MT-DRACO号 3台乗り比べ等も行ってますので

ご興味ありましたら、是非連絡下さい。

 

 

こちらのFIAT500Sさんも前日のお客様と同じ鮮やかなブルーカラーでした。

MT-DRACO号 の試乗はかなり刺激的?! だったようで・・・

夜中の深夜2:00にて スポーツマフラー お買い上げとあいなりました^^;

スポーツマフラー、通常ですと受注後2~3か月程お待ちいただいているのですが

たまたま今回は受注生産分に相乗りにて引き当て可能1setが完成した所でしたので

珍しく即納品!!

 

単気筒バイク乗りの方には間違いなくジャストミートするユニークなマフラーサウンドです。

街乗りの低中速20~30km領域でも思わず楽しくなる趣味クルマは唯一Twinairかもしれません。

 

 

MT-DRACO号 試乗&味見  バイ・アポイントメント にて^^;

 

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

Mobile: 080-6689-9950

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランチャ イプシロン ファインチューニング

2017-03-01 14:10:44 | YPSILON

ランチャ・イプシロンのファインチューニング、進行中です。

 

今回のメニューはシルキースムースな制動フィーリングを追い求めて4potキャリパー装着。

絶対制動性能のみならず日常のブレーキングでも純正ブレーキの停止直前の・・・ カックン ・・・

とは異なる非常に節度感のある制動フィーリングが手に入ります。

 

そして、何よりその存在感はオーナーの心をくすぐるのは間違いない所・・・

フロントバンパーが装着されると残念ながら判りませんが・・・

エアーホーンとのカラーリングもしっかりとシンクロしてますね~

 

更に、今回はインタークーラーのパフォーマンスアップを計画していたのですが・・・

FIAT500用との互換性は全く無しww

純正のフィッティングに関してはラジエター及びエアコン用エバポレーター等

樹脂製の導風板等が装着されており、この辺りは流石FIATよりはキメ細かい

配慮がされてます。

 

反面、タービンのサクションパイピングの取り回しに関しては少々疑問な点が幾つかあるので

望めばですが・・・

純正タービン仕様でも更なるパフォーマンスアップは可能と思われます。

 

さてさて、今週後半は倒立モノチューブ車高調のチューニングセットアップを予定してます。

 

👇クルマ趣味人様から
 
夢想するに、段差のストロークが豊潤で、シュタッ、シュタッと段差乗り越えてくれて、コーナーでは、
斬進的にストロークしてロールしきったところからが何処までもオンザレール、勿論、ノーズの回頭性は俊敏に・・・・・
などと勝手に夢想しております。

 

とのご要望・・・

私の記憶が正しければ、スポーツスプリングの仕様決定に

凡そ10か月&2.5万キロ程走りこんだんですね~

という事は・・・・ この YPSILON しばら~く私の彼女状態?!

 

3月中旬にはスポーツマフラーの試作開発予定ですしね^^;

 

 

つづく・・

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

YPSILON tuned by MT-DRACO

2017-02-25 21:24:54 | YPSILON

ビ・スポーク コンプリート

ランチャ イプシロン 5MT 1年以上掛けて少しずつですが オーナー様の

理想形に近づいてます。

 

MT-DRACO with ENDLESS 鍛造4potキャリパー

特注のレッドアルマイトの RANNA PUPILLA(Flog Eye)君もかなり得意げ^^;

 

既存の鍛造キャリパーの場合、キャリパー表面は少々ボッテリとしてますが

面取り加工と肉抜き軽減の為の切削加工によってシャープな表面に生まれ変わってます。

競技用の鍛造ピストンにも相通ずる部分かもしれません・・・

 

装着してしまうと判らないですが・・・

鑑賞用にもう一つ作らないといけないかも^^;

 

ローターは純正アバルト用流用にて、特殊熱処理後にカーヴィングスリット加工。

 

 

今回はこの4potキャリパーと純正置き換えインタークーラーを装着。

そして、よりスムースなハンドリングと乗り心地を求めてフロント・リヤスプリングの仕様変更予定です。

 

更に、来月中旬以降ようやくSACLAMさんにて

スポーツマフラーの試作を始める予定です。

もっとも、基本構成パーツはFIAT500 Twinair用が

ベースとなりますので比較的早いタイミングで仕上がるかもしれません。

まずは加速騒音チェックを行ってから今後の予定が見えて来ると思います。

何れにしましてもYpsilon用各パーツは絶対的な需要が少ない為

限定製作品となりますのでご興味ありましたら連絡下さい。

 

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

Mobile: 080-6689-9950

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アバルト前置きインタークーラー装着そして納車^^;

2017-02-23 21:48:23 | スポーツサクション(吸気系)

595 Competisione 5MTへのインタークーラー装着、

フロントクラッシャブルバーの取付ポイント誤差10mmの為

かなり手古摺った装着作業でしたが無事完了。

オーナー様のお仕事多忙の為車両納車が今月末以降になりそうだったので

北関東まで納車に伺いました。

 

オーナー様の気持ちを考えると少しでも早くモディファイ後の確認をしたいと思いますので・・

当初はお仕事終了後の深夜に伺うつもりでいたのですが・・・

結局、お休みを無理くり取得されたみたいで平日に納車。

 

ノーマルバンパーの奥に、ちらりとインタークーラーが・・・

 

パッと見にノーマル?! と思って近づいてみると

良い感じですね~

 

 

もっとも、一つ気になる点が・・

納車直後にオーナー様からのTEL連絡があり、

インタークーラー装着前はなかった?! 加速時の音がする・・・

私自身は全く違和感もなく、ブーストの立ち上がりもより鋭くなり

問題無いと認識していたのですが・・・・

加速時のマフラーサウンドにかなり明確な気流音を感じてましたので

ひょっとしたらフォグランプ撤去後に装着したメッシュが音源になっている

可能性もあるかもしれませんが、現状は不明です。

 

 追記: その後、幾つか推測してみたのですが、この気流音・・

    アクセルオンでの音発生→サクション吸入音

    純正インタークーラー装着時から発生していたと考えられますが

    前置きインタークーラー装着後、吸入容量の増大により 

    比例してサクション吸入音が大きくなったと思われます。

    肺活量がかなり増えたんですね・・

 

    純正ノーマル車両、さしずめ酸素の薄い高山トレーニング状態から

    スポーツサクション&前置きインタークーラー装着によって

    海抜0mに・・・

   

 

 

      

    

 

 

 

 

    

 

 

 

 * ABARTH500&595用前置きインタークーラー  ¥265,000(税抜)

 

 

 

納車後は悪だくみ相談にて 花園 に立ち寄りでした。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加