MT-DRACO

My Last Summer Wine
-『少年』の心を持つクルマ趣味人へ-

ABARTH&FIAT500純正置き換え軽量ボンネット

2017-06-23 23:48:28 | AERO PARTS

来月上旬リリース準備中の超軽量ボンネットに関して

幾つかの質問といいますかご要望を頂いてます。

特に初回数量限定に関してですが、

装着の為に静岡県裾野への遠征が距離的に厳しいと

お考えのお客様が複数いらっしゃるようなので

ボンネットの発送先をご指定頂けましたら直送対応致します。

 

 

 

*MT-DRACO with Abflug 

ABARTH&FIAT500用超軽量ボンネット

                          (税抜)

   ① FRP ボンネット        ¥ 95,000

   ② CFRP平織カーボン1枚貼り   ¥130,000

   ③ CFRP綾織カーボン1枚貼り   ¥145,000

   ④ CFRP綾織カーボンセンターシンメトリー  時価

 

初回数量限定スペシャルプライス!!

                          (税抜)

   ① FRP ボンネット        ¥ 83,333   限定 3set

   ② CFRP平織カーボン1枚貼り   ¥120,370   限定 1set

   ③ CFRP綾織カーボン1枚貼り   ¥134,259   限定 1set

    ④ CFRP綾織カーボンセンターシンメトリー  直接ご相談

   送料は別途請求となりますので個別にお問合せ下さい。


FRPとCFRPの違いですが重量及び強度に関してはほぼ同様です。

従いまして、ボンネットを車体と同色塗装若しくはカッティングシート等での

カラーリング前提の場合は ① FRP の選択がコストパフォーマンスが高いと思います。

②~③ CFRPカーボン は基本的に独特のカーボン目をアピールする前提と考えてますので

予めクリア塗装してます。

なので、②~③CFRPカーボン にストライプを入れたり 部分塗装を行う予定でしたら

予めご相談頂けましたらクリア塗装無しで対応する事も可能です。

特に ①FRPボンネット のスペシャルプライスはMT-DRACOブランドへの皆様方からの

日頃の御支持に答える為、お客様に喜んで頂ける採算度外視の超戦略的プライスです^^;

 

 

是非この機会に約4kg前後の軽量化がもたらす

軽い身のこなしと素早い加速性能を堪能して頂けたらと思います。

 

 

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

Mobile: 080-6689-9950

 

 

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LANCIA Ypsilon 車高調 Ver3

2017-06-19 21:30:10 | YPSILON

 

トライバルオートさん、朝一番

キュートなお尻を覗かせてますランチャ・イプシロン 5MT

 

 

 

ファクトリー内の奥のリフトを今週は占有の予定・・

 

 

 

車両の入れ替えも結構大変です。

 

 

 

入れ替え車両、気付けば全てキャブ車・・

デロルト・ソレックス・ウェーバー ・・・・

独特の吸気音、良いですね~~

 

 

 

3穴に対する3ホール&6本

 

5穴・・ じゃなかった センターロックに5本

 

4穴に対する4本 

偶数には偶数 ・・・・

 

 

4穴に対して ツィンファイブ 10本スポーク・・

辛うじて辻褄あってた・・・・

 

 

往年のカンパニョーロだ~

 

 4穴に4

 

  

 

ABARTH3000   勿論4本スポーク 

 

 

流行りのフィンタイプやコーンケーブも勿論悪くないですが・・・

折角ABARTHにお乗りならば カルロアバルト氏直伝の

4本スポークが 通 な選択かもしれませんね~

 

 

 

 

今回のランチャ・イプシロン 5MT のメインイベント、 

車高調のメリットをフルに活用?!

 20段調整のショック、一般公道での低中速時の乗り心地改善を目的に

減衰設定変更を行う事に。

 

 

街中での低中速での乗り心地をよりしなやかに設定したいので

減衰最弱ポイントの設定変更を計画してます。

 

ABARTH595 5AT の純正ノーマルブレーキから

乗り換えると、

<RANNA PUPILLA>4potキャリパー

その制動フィーリングのシルキースムースな

心地良いブレーキングが本当に感動モノです^^;

 

 

しかも、視覚的な存在感も クルマ趣味人 には欠かせないポイントかも

レッドハードアルマイトにロゴはブラック

この世の中に唯一無二の逸品ですね~

 

さてさて、倒立モノチューブ20段調整車高調 Ver.3

今週中にセッティング終了となるか・・・    乞うご期待 !

 

 

 

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

Mobile: 080-6689-9950

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ABARTH&FIAT500用超軽量ボンネット 受注開始

2017-06-16 19:14:35 | AERO PARTS

お待たせいたしました、超軽量ボンネットの予約受注開始です。

 

*MT-DRACO with Abflug 

ABARTH&FIAT500用超軽量ボンネット

                          (税抜)

   ① FRP ボンネット        ¥ 95,000

   ② CFRP平織カーボン1枚貼り   ¥130,000

   ③ CFRP綾織カーボン1枚貼り   ¥145,000

   ④ CFRP綾織カーボンセンターシンメトリー  時価

 

①FRPはゲルコート仕上げ

②~③ は基本的にクリア塗装仕上げになります。

送料は別途実費請求となります。

 

 

 

初回ロット分の納期は一応7月上旬デリバリーを予定してます。

ボンネットの装着に関して裾野のアブフラッグさんまでお越し願えるお客様

にはささやか乍らですが限定数量にてスペシャルプライスにてご提供

させて頂きます。

 

初回数量限定スペシャルプライス!!

                          (税抜)

   ① FRP ボンネット        ¥ 83,333   限定 3set

   ② CFRP平織カーボン1枚貼り   ¥120,370   限定 1set

   ③ CFRP綾織カーボン1枚貼り   ¥134,259   限定 1set

   ④ CFRP綾織カーボンセンターシンメトリー  直接ご相談

 

ボンネット本体の塗装に関しては個別対応となりますが、純正色対応

以外でもご相談の上対応したいと思います。

 

 

超拘り工芸品品質の フルTIGステンレスメッシュグリル 

ボンネットとほぼ同じスケジュール(7月上旬)にて 限定 2set

製作可能ですので、こちらも詳細等に付きましては直接

連絡下さい。

 

 

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

Mobile: 080-6689

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バネ下重量軽減 体感?! YPSILON編

2017-06-14 18:45:06 | YPSILON

バネ下重量軽減 体感?! にご興味頂きましたクライスラー・イプシロン 5ATのオーナー様

RS209A を2~3日程試し履きにて試乗される事に。

インチアップの17インチ、以前履いたご経験があるようで

一番の懸念事項は轍等でのハンドルが取られたり路面ギャップでの

ドタバタ感が心配との事。

日常走りなれたルートにて試乗されるのが一番ですので

忌憚のないインプレッションが楽しみ・・・

 

 

サンドベージュとRS209Aのカラーコーディネーション、

さり気ない中に洗練されたセンスが光るかもしれません。

 

 

 

 

オーナー様からの情報では、ランチャ・イプシロン 5MT の売り物は

以前は探せば何台かあったようですがここ最近は全く見受けられないようで・・

隠れた 通好み 最右翼になっているのかも・・・

 

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

Mobile: 080-6689-9950

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

趣味人の為のスポーツサクション

2017-06-12 23:14:49 | スポーツサクション(吸気系)

 

昨日のFIAT FESTAにお越しのイプシロンオーナー様。

ご夫婦揃ってクルマ好きのご様子で・・・

中間加速性能アップに非常に効果が高いスポーツサクションをDIYにて装着。

 

同じTwinairでもイプシロンの補器類のレイアウトは微妙に異なるようで

アクチュエーター本体の合わせ目部分の突起がスポーツサクションの遮熱プレートと

干渉、オーナー様ご自身にて逃げ加工されました。

 

それにしても、パイピングはピッカピカ!!

私からのアドバイスにてスポーツサクション装着前に

3日3晩掛けてのパイピングポリッシュ作業されたとの事です^^;

(その割には、指の指紋はしっかりと残ってました)


プロの金属研磨(例えば燕三条の銀食器磨きの職人さん)を依頼しますと諭吉さん3~5人

分の出来上がりと思います。

 

此方はか~るくピカールにて磨いたもの。

 

 

以前ご照会しましたABARTH595のオーナー様のスポーツサクション。

ライバル現るといった所ですね。

 

 

 

更に同じくDIYにてシルバーアルマイト仕様にされたFIAT500S

 

機能パーツとしてのスポーツサクションですが

オーナー様のセンスとアイデンティティー表現の楽しみがありますね。

 

 

 

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

Mobile: 080-6689-9950

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

FIAT FESTA 2017 井戸端

2017-06-12 12:56:11 | FIAT

終日穏やかな日曜日、FIAT FESTA 2017

無事終了です。

MT-DRACOブースにお立ち寄り頂きました常連のお客様、そして初めてお会い出来ました

クルマ趣味人の皆様、楽しい井戸端会議有難う御座います。

 

 

皆様とお会いして直接会話が出来るのがイベント参加の最大の魅力です。

ともすると私の独りよがりの商品企画に猪突猛進する悪い嵯峨がありますので

エンドユーザー様からのご意見といいいますか歯止めも時には必要かと^^;

 

と言っている端から、例の?! フルTIGステンレスメッシュグリル 

正直な所コマーシャルベースからは逸脱した仕様かもしれません。

たかがグリルなんですが、私的には時代を超えて時が経つほどその価値と存在感が

増していく逸品と思います。

大袈裟と思われますが、例えば英国を筆頭とする欧州のヴィンテージカーの著名なコレクターの方々

コレクションされたクルマのオーナーは時代とともに引き継がれて行きます。

美術工芸品でも同様に本当の本物は時を超えて引き継がれます。

クルマのパーツであってもある一定時期を過ぎて、オーナー様から

    『コレ、捨てて下さい!』

と言われるようなモノ創りはとても勇気がいる事と思います。

そういう意味で、MT-DRACOの販売商品の中には 時価 という表示があります。

     『お前は、寿司屋か??』  といった突っ込みは止めましょうね^^;

 

 

CFRPリアルドライカーボン、

日頃中々手に取って観るチャンスが少ないと思います。

その圧倒的な軽さと強度・剛性、 通 なクルマ趣味人には一生モノの逸品ですから

一つは手元に置いておかなければいけませぬ!!

 

存在感は抜群と思います。

 

 

ABARTH用とTwinair用のインタークーラー

吸気系のフレッシュエアー有効性云々をお考えでしたらコンプレッサーから過給された吸気温度を

下げる為のインタークーラーはパフォーマンスを優先的に考慮しますと

純正インタークーラーでは役不足です。

 

車高調本来のメリット、バネレート・減衰・車高設定

様々な方向性にて調律チューニングが可能です。

お客様のドライビングステージに合わせた ビ・スポーク 対応にて仕様をご提案しております。

 

 

SACHS ピュアコンペティション用(スーパーGT) フォーミュラマトリクスダンパー4way

EXIGE S(V6)用にどうでしょうか?

お値段は概算ですが 諭吉さん200人+α となります^^;

2wayでしたらかなりお安くなります。


 

RS209B クラブマンスポーツとして往年のアバルトレーシングを

気取ってみたり。

 

 

さり気ない小物に無駄使いしてみたり

 

 

1/1プラモデル感覚にてアバルト&チンクライフを満喫して頂けたら幸い!!

 

 

 

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

Mobile:080-6689-9950

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ABARTH&FIAT500 超軽量ボンネット 

2017-06-09 21:29:06 | AERO PARTS

今週末開催予定の FIAT FESTA 2017 に間に合わせるべく

製作現場にはかなり無理をお願いしまして本日完成。

出来栄えはかなり良い線行っているとおもいますよ。

 

左右のチリ合わせ、特に後方両サイド部分の収まりもマズマズ・・


綾織カーボンのバイアス取りセンターシンメトリーも当初試作品よりも良い出来栄えに。

CFRPリアルドライカーボンでしたらもっとち密に張り合わせ部分がしゃっきりと

なるのですがね^^;

 

一応、現状での単体重量も測定してみました。

純正ボンネット 8.8kg → これまで装着していた社外品FRP 6.1kg 

→ 今回のプロト 5.7kg

マット構成はCFRPカーボン2プライ GFRP1プライ ラウンド部及び要所部分に

コアマットを使用してます。

一番の課題となっているシンメトリー貼りのテストを兼ねていますので含侵樹脂の抜き具合も

緩めで更にクリア塗装も厚めにしていますので量産品ではより軽量になると思います。

又、ボンネット裏面での肉抜きも行うつもりですので5kg前半位を狙えると思います。

 

販売価格はここ1週間程悩みモードでして・・・

購入希望者の クルマ趣味人 の皆様方からのご要望等々も考慮したいので

FIAT FESTA 2017 での井戸端会議?! が販売価格検討会に

なったりしそうです。

特に、①FRPベーシック バージョンは破格のバーゲンプライスを目指したいと考える

今日この頃・・

 

 

 

前置きインタークーラーに合わせてナンバープレートも上方に若干移動。

純正オプションのアセットコルサグリルから MT-DRACO 謹製オリジナル 

ステンレスメッシュグリルに換装。

単体重量、測り忘れてましたが・・

兎に角めちゃくちゃ軽いです!!

鉄っちんグリルとの比較ですと、その重量差同様に見た目の軽快感も増したように思います。

しかも、フロントバンパーを外さなくてもグリル部分が脱着可能になりましたので

フロント回りの整備性も格段にアップします。

今までは外から見えていてもアクセス出来ないもどかしさがありましたので・・・

 

因みに、バンパーとグリルのクリアランスは若干余裕を持たせています。

コンペティションユースの場合は完全にリジット装着が基本ですが、

その場合はボディー側の塗装は振動等で細かなダメージ(塗装剥離等)は当然起きます。

装着方法もクイックリリース等の仕様、更に塗装仕様等もご注文時に ビ・スポーク にて

対応するつもりです。

 

余談ですが、センター部分のメッシュ繋ぎ部分と外周枠の TIG溶接は 殆ど芸術作品

 

まさに神業と云っても差し支えない職人クラフトマンシップと思います。

私の経験では同等のクオリティーで製作出来る所はそうそうはいらっしゃらないと思います。

 

 牽引フック部分も追加加工にてクリア。

この部分も、リング状のステンとメッシュをTIG溶接処理してます。

 

ステンレスの光沢とTIG溶接による青みがかった色・・・

私、ほくそ笑むのを通りこしてニヤニヤ・・・

心の中で、 きゃっほ~~~     ・・・  と、叫んでました^^;

此方の オリジナルグリル も販売価格は未定、

といいますか、 果たしてこの創りこみの凄さを本当に

理解して頂けるか若干不安でして

恐らく価格は  時価、

納期は受注後連絡、

と成りそうです。 

製作元?!    HKS時代のGT500メルセデス からの

戦友で国内トップクラスのワークスレーシングカーやパイクスピークエントリー車両ですとか

ジュネーブに出展した超有名デザイナーのショーカーですとか

その他色々と 秘匿事項 てんこ盛り職人エンジニア&クラフトマン氏の

作品です。

要するに、お金儲けならまず受けてもらえません。

又、時間的に暇な時なら 『こさえても良いよ~』

と言ってくれますが、一旦本業のお仕事が入りますと製作自体が困難になります。

 

と言いながら・・・

何故か?! 職人エンジニア&クラフトマン氏の元に

本日こクルマを置いてきました^^;

 

 

ご興味ありましたら ☟

 

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

Mobile: 080-6689-9950

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロータス エリーゼ/エクシージ Falcone裂開鍛造ホイール

2017-06-07 17:22:58 | Falcone

発売以来大好評のFalcone裂開鍛造ホイール、

中でも LOTUS Elise/EXIGE 2ZZ用(含む1ZR&2ZR)

はお陰様で在庫は FGDフラットゴールド 1set のみです。

既に次回生産分の予約ご注文も舞い込んでまして7月下旬~8月上旬デリバリー予定

にて準備中です。

 

 

 

 

ピュアレーシングフィールドからのフィードバックがそこかしこに

施された MT-DRACO with Tan-EiーSya

裂開鍛造ホイールで心地良いロータスライフをお届け出来れば嬉しい限り^^;

 

スペック: F 16×7J +25 4-100 

      R 17×8J +32 4-100

      カラー:FGDフラットゴールド・FGMフラットガンメタリック・FBKフラットブラック

      4本set ¥320,000(税抜)

 

 

予約注文承っております。

 

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

Mobile: 080-6689-9950

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライトウェイトプロジェクト 試作プロト完成!

2017-06-06 19:39:30 | AERO PARTS

 

 

更なるバネ下重量軽減を目論むライトウェイトプロジェクト

軽量ボンネットの試作プロトタイプが完成しました。

第一弾として綾織りカーボン、バイアスセンターシンメトリーのウエットカーボンです。

一応量産品はクリア塗装を施す予定ですが 塗装若しくはカッティングシート張り込み

前提の場合は平織カーボンの1枚貼りも計画してます。

松竹梅的には・・・

① FRPベーシック

② CFRP平織カーボン1枚貼り

③ CFRP綾織カーボン バイアスシンメトリー貼り

3パターンにてお客様のご要望に応えようと考えてます。

試作マスターでの収縮率チェックを行ったので製品精度はかなり高いレベルにて

製品化出来そうです。

 

この手のカーボン製品、通常は価格的な問題があるのでバイアス・シンメトリーは

中々お目に掛かれないと思いますが

理由は簡単・・・・

1枚貼りとの比較ですと材料費がほぼ3倍、そしてカーボン張り込み工数も3倍以上

掛かるのとセンターでの張り合わせの難易度が高く

限られた樹錬クラフトマン氏の技量に頼らないと製品化出来ません。

まさに工芸品レベルの軽量ボンネットとなっちゃいます。

・・・・・   多分、あまり売れないでしょうね~

・・・・・   ですが、これも私自身が欲しいのですヨ !!

 

 

 

 

そして・・・・

思ったよりも手間暇掛かってしまった、オリジナルグリル

 

様々な仕様を色々と検討したのですが、

まずはステンレスメッシュにて試作しました。

 

恐らく、写真ではその作りこみの凄さは判らないと思いますが・・・

溶接技術者でしたら本当にビックリするとおもいますが・・・

皆さんがお判りになりますか??

 

1mm厚メッシュのセンター接続と外周部分との接続

全てTIG溶接してます。

これ、尋常ではない溶接技術でして

10数年以上の溶接経験者でも恐らくお手上げ状態の作りこみです!

MT-DRACO お得意の工芸品品質の超逸品かもしれません。

 

純正オプションの鉄っちんグリルとは次元の異なる軽さと

ピュアレーシングのオーラがプンプン^^;

 

 

 

 

今週末、6月11日 FIAT FESTA 2017 に

一応ボンネットとメッシュグリルを展示する予定です。

 

題して・・・・ 本当の本物を見分ける クルマ趣味人 の為の ライトウェイトプロジェクト  ・・・

 

 

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

Mobile: 080-6689-9950

 

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

アバルト&フィアット500 3種の神器?!

2017-06-05 16:44:13 | FIAT

ここ最近お客様からのお問合せの中で・・・

           『何処から手を付けたら良いですか?』

といったご相談があります。

 

お気に入りのクルマをモディファイなりチューニングするなり

その生き方は人それぞれ・・

中には、クルマは純正ノーマルが一番とお考えの方もいらっしゃるかと・・

(ラテン系イタ車の場合は必ずしも当たりませんが・・)

 

そんな中で、アバルト&フィアット500に共通する

お勧めの調律チューニングメニューとして3種の神器をご照会です。

MT-DRACO常連のオーナー様は読み飛ばして下さいませ^^;

 

 

80~90年代のFIATと比べたら飛躍的に信頼性がアップした

フィアット。

唯一電装関係の信頼度は残念ながら国産車レベルには未だ追いついていない

ので、転ばぬ先の杖として Zero Earth NERO MkⅡ

は全てのオーナー様に一押しアイテムと思います。

 

所謂、マイナスアースのチューニング。

特にデユアロジックATのシフトアップ&ダウンがスムースになるのと経年変化による

バッテリーの突然死対策に一定の効果が認められます。

 

通常規格の8Ωコードと比較して圧倒的な容量を持つアメリカンワイヤーゲージを使用。

一番の拘りはその端子部分にあります。

端子ベース部分は銅と24金そしてロジウムコーティングの3層構造。

非常に手間暇の掛かった処理を施してます。

因みにロジウムは金に次ぐ導電性能があります。

結果、車両個体差もあると思いますが

MT-DRACO号での装着検証では4台ともに装着前と後で 0.2~0.5Ω程抵抗値低減。

 

端子部分は初期型のZero Earth NEROと比較すると

端子表面が非常にスムースになってます・・・

 

 

 

2番目のお勧めは純正置き換えブレーキパッド。

  

 

車両購入後にまず最初に驚かれるのがそのブレーキダストの多さと

少々スポンジーな制動フィーリングと停止直後の カックン・・

特に制動フィーリングの改善とよりシビアなブレーキングにも対応出来るように

ノンメタルコンパウンドながら対応温度0~630℃。

お遊びサーキット走行にも十分通用する性能を発揮します。

 

 

そして、少しばかり腰高感のあるノーマル車両の場合

後方からの突き上げ感と早い車線変更等での揺り戻し・・・

更に、高速進入路等のタイトコーナーでの不安定な挙動等々・・・

 

巷のローダウンスプリングとは異なるコンセプトにて実走テストだけでも2.5万キロ走破して

開発した MT-DRACOスポーツスプリング

 

ダウン量は穏やかな前後20~25mmほど

若干の前傾姿勢に設定してます。

純正ノーマル車にて無意識のうちにマンホールや路面のウネリを避けてドライブ

スポーツスプリング装着後は意識的にマンホールや路面ギャップにタイヤを乗せてみたり・・

 

タイトコーナーではステアリングの舵角一定のまま素直にノーズが入っていくハンドリングは

本当に心地よいドライビングをご提供です。

 

 

 

今回ご紹介の 3種の神器?! 全てのアバルト&フィアット500 オーナー様に

自信を持ってお勧め出来るアイテムと思います。

 

 

より心地よいアバルト&チンクライフを楽しめたら幸い!!

 

 

 

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

Mobile: 080-6689-9950

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加