日本共産党 岡山県議会議員 森脇ひさき

環境・福祉・平和がわたしの原点――だから大切にしたい、人の生命と地球のいのち

森脇ひさき  今日も元気です!

2100-01-01 | Weblog
06年11月20日 ブログスタート! このブログでは、森脇ひさきの日々の活動を紹介しています。 (本文中に日付のない記事は、投稿日におこなった行動です) 県議会の報告などはホームページをご覧ください。 . . . 本文を読む
コメント (10)

県民に寄りそう県政へ

2016-09-25 | 各種集会など
日本共産党岡山地区委員会の会議にて県政の特徴、県知事選挙政策について報告しました。 . . . 本文を読む
コメント

障がい児の命を守る1400万円が出せないのか‼

2016-09-16 | 県議会での活動
15日の9月議会一般質問で日本共産党の氏平みほ子県議は、障害のある子どもの医療費を無料にするよう求めました。知事は「障害のある子どもの医療費を18歳まで無料にした場合、必要な予算は新たに1400万円」と答え、その制度拡充さえ否定しました。 . . . 本文を読む
コメント

9月議会(4)小規模火力発電所と地球温暖化防止対策

2016-09-15 | 県議会での活動
来年度、水島コンビナート内に、2基の小規模火力発電所が稼働します。1基はいま問題の石炭が燃料なのに、環境影響評価もおこなわれませんでした。大気汚染という点でも、地球温暖化という点でも問題大です! . . . 本文を読む
コメント

9月議会(3)生活困窮者への支援充実を

2016-09-15 | 県議会での活動
昨年4月にはじまった生活困窮者自立支援制度。生活保護受給者削減だけを目的とせず、困窮している人へのきめ細かな支援制度となるよう求めました。 . . . 本文を読む
コメント

9月議会(2)正規教員の増員を

2016-09-14 | 県議会での活動
一人ひとりの子どもを大切にする教育のために、正規の先生を増やすことを求めました。「教育再生」をかかげる知事ですが、肝心な先生を増やす点では・・・ . . . 本文を読む
コメント

9月議会(1)県民の立場で国にも意見を!

2016-09-14 | 県議会での活動
知事は「『これは必要だ』と思ったときにはしっかり意見を述べてきた」と答弁。果たしてその内容は・・・ . . . 本文を読む
コメント

10月の県知事選挙に向けて政策を発表

2016-09-05 | 県議会での活動
10月23日投票でおこなわれる岡山県知事選挙で「民主県政をつくるみんなの会」は、代表委員の植本かんじさんを候補者としてたたかうことを発表するとともに、選挙をたたかう団体である「住民こそ主人公・県民の会」は政策を発表しました。 . . . 本文を読む
コメント

県議会総務委員会 地域防災計画に熊本地震の教訓を

2016-08-12 | 県議会での活動
今日の総務委員会で、県の地域防災計画の一部を見直すことが報告されました。そこには、熊本地震のような活断層が連動する地震への対策も、原発災害に対する防災計画も、入っていませんでした。 . . . 本文を読む
コメント

県議会総務委員会(2) 大学に期日前投票所を

2016-07-16 | 県議会での活動
 先の参議院議員選挙。全国では大学や商業施設に期日前投票所が設置されたにもかかわらず、岡山県はゼロでした。原因はどこに・・・ . . . 本文を読む
コメント

県議会総務委員会(1)県の総合計画改定骨子

2016-07-15 | 県議会での活動
県議会総務委員会で今年度中に改定される総合計画(最上位の計画「新生き活きプラン」)骨子について議論しました。 . . . 本文を読む
コメント

6月議会討論(3)三菱自工の社会的・道義的責任を問え!

2016-06-24 | 県議会での活動
6月県議会最終日。議案や請願・陳情に対する採決がおこなわれ、討論に立ちました。 討論では最後に、三菱自動車工業の燃費不正、生産一時停止によって大きな影響を受けている下請け中小企業や労働者への支援の補正予算について、賛成しましたが意見を述べました。 . . . 本文を読む
コメント

6月議会討論(2)教育予算を増やし条件整備を、TPP批准に反対

2016-06-24 | 県議会での活動
6月県議会最終日。議案や請願・陳情に対する採決がおこなわれ、討論に立ちました。討論では第二に、給付制奨学金制度の創設、国による35人以下学級の実現などを求める陳情を採択するよう求めました。 . . . 本文を読む
コメント

6月議会討論(1)保育所職員の配置基準緩和に反対

2016-06-24 | 県議会での活動
6月県議会最終日。議案や請願・陳情に対する採決がおこなわれ、討論に立ちました。討論では第一に、待機児解消の緊急対策として国が決めた保育士配置基準等の緩和にもとづき、県条例を「改正」することに反対し、その理由を述べました。 . . . 本文を読む
コメント

教育再生と言いながら小中学校の講師比率は増えている!

2016-06-09 | 県議会での活動
「教育再生」と県は様々な施策を講じていますが、教育を支える教員は、非正規の講師数は、現知事就任後の3年間、さらに増え、講師比率は全国平均の2倍にもなっています。 . . . 本文を読む
コメント