ししまるの空き箱

宝箱? びっくり箱? ゴミ箱?
どんな箱になるかは自分次第。あなた次第。

鶏肉三昧

2016-08-28 | 料理
8/28 はYの 15回目の誕生日。

ということは、自分が父親になって 15年経ったということですね。
いや、ビックリ。そりゃ白髪も増えるってもんです。


家族の誕生日は、いつも夕食リクエストを聞いて作ることにしていますが、
今回Yのリクエストは「唐揚げをたらふく食べたい」とのことでした。

なかなか、育ち盛りの中学生らしいリクエスト。


同じ唐揚げばかりでもつまらないので、
いつもの鶏もも肉だけでなく、骨付きやササミも買ってきました。

骨付きは、いわゆるチューリップ。(手羽元を開いたヤツ)
ササミのほうは梅しそ巻きにして。(これ、好物)

「たらふく」だったかどうかはわかりませんが、
まずまず満足してくれたようです。




今回のケーキは、ミルクレープでした。
さすがに、ここへ 15本のロウソクを立てるのはやめました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

炊飯器

2016-08-26 | 日々あれこれ
炊飯器、不調だったので買い替えました。

今までの炊飯器、最近は炊きあがりが美味しくないし、
保温しててもすぐにご飯が黄色くなってしまう。

どうやら完全に蓋が密閉できていないみたいでした。
まだ故障には早いと思ったけどなぁ...。


最近の炊飯器は、機能もいろいろ、性能もさまざま。
でも、あまり時間をかけずに選んできました。

機能といっても、今まで通り使えればいいんですけどね。
前の炊飯器もケーキとか焼けたはずだけど、ご飯炊くしかやったことなかったし。

これから新米も出てくる季節、美味しいご飯を食べましょう。




ついでに、電気ポットも新しくしました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花火

2016-08-21 | 日々あれこれ
8/21。

毎年この日は隣町にある神社の祭典で、奉納花火が上がります。

我が家の二階からも見えるので、窓を開けてよく家族で見ています。

ただ、Mは未だに打ち上げ花火が怖いようで、
一階でじっとテレビを見ています。(窓を閉めてエアコン効かせて。)

もう 5年生なのにぃ!?




家からだと電線越しになるので、少し歩いて河原に出ると更によく見えます。
河原の夜風は気持ちよくて、近所のひともよく集まって見ています。

ちょうど最後の一発が終わった後で、パラパラと雨が降り出しました。
ぎりぎりセーフというタイミング。よかった。


今年の夏休みは、特に後半オリンピックに明け暮れた感じでした。
受験生のYもここぞとばかりに夜更かし加速。
地球の裏側のオリンピックはとにかく大変です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハゼ釣り

2016-08-20 | お出かけ
8/20、夏休みも終盤。

ずっと行きたかった浜名湖へのハゼ釣り。
テナガエビのシーズンも行かなかったので、今年初の釣りでした。

前日にMも行きたいと言ったので、親子で早起き。
一人だと 5時出発の予定でしたが、6時半ぐらいに出発。

子供も釣りやすい(足場のよい)いつもの釣り場は...?
あまり人がいませんでした。ラッキー。
でも、満潮時刻に重なって足元が狭かった。

目標 50匹でしたが、結局 30匹程度の釣果でした。
わりと浅いところで釣ったので、小さめのハゼが多かったかな?

あと、子供と 2人で行くときはトイレに要注意。
一旦片付けてコンビニまで車を走らせるのが大変です。
こういう時は大人が二人いるといいですね。
(今回は、妻は終了間際に合流でした。)




いつものように片栗粉と塩コショウで、サッと揚げていただきました。

そうそう。
いつも釣りに夢中になるので、浜名湖の写真がない...。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関宿

2016-08-18 | お出かけ
8/18、三重県の関宿へ行ってきました。

今年の帰省は諸事情あって、家族一緒ではなく一人でした。
まあ一人のほうが自由がきくこともあって、戻る途中の寄り道です。

東海道の宿場町、関宿。
帰省で 100回ぐらいは近くを通っている筈なのに、行くのは初めて。

関宿は、東西に 1kmほどの宿場町で、
名阪国道の関ICから行くと、「東の追分」へすぐです。
今回は(京都側の)「西の追分」方面の駐車場を利用して歩きました。







手に入れた地図を片手に、ワクワクしながら歩いてました。
全体的には過度な観光地化はしていなくて、落ち着いた感じ。

観光客やお土産屋さんが多くなっているところよりは、
のんびり散策するのに適していて、個人的には好印象です。
1kmほどのコンパクトな中にも、見どころはたくさんありました。



▲眺関亭という街道に面した建物から、宿場町の家並みが楽しめました。


▲山車(だし)の倉がありました。「関の山」という言葉の語源のようで。


▲「関の山=そこまでが精一杯」との意味からすると、立派な山車でしょうね。


▲大旅籠の玉屋さん、漆喰彫刻がカッコよかった。


▲馬をつなぐ金輪が家に残っていたりします。


▲橋爪家の「むくり屋根」。この独特な形は犬山(愛知県)でも見ました。


写真はかなり撮ってきたけど、ブログに載せるのはこのくらいで。
今まで帰省でスルーしてきたところにも、いいところがあるもんですね。
今回は 1時間ぐらいだったけど、また今度ゆっくりと訪れようと思います。


最後に、ちょっとした豆知識。


▲お土産は「関の戸」を買いました。

なんと 370年余も前から作り続けられている銘菓。
この記事の最初の写真がお店の深川屋さんです。

後から知った情報ですが、東西方向でお店の看板文字が違うようです。
撮った写真は江戸(東)側から見たもので、「関の戸」の「の」の字が平仮名。
逆に京都(西)側からみると、すべて漢字になっているらしい。(の=能)

これは庵看板といって、旅人が方向を間違えないための工夫だそうです。
なかなか面白いですね。こういう情報はだいたい行った後から知ります。

これから出掛ける方は、是非注意してご覧ください。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二日目は雨

2016-08-15 | 日々あれこれ
夏祭りの二日目。

この日もMは屋台に乗ってお囃子を吹くことになっていましたが、
残念ながらあいにくの雨模様。

雨模様というより、もう途中から土砂降りです。
大雨・洪水警報、出てます。

いつ中断になるかと見ていましたが、歩き続けます。
もう大人も子供もずぶ濡れ。




回るコースも短縮しながら、神社にたどり着きましたが、
水の上を進んでいくようでした。

こういうお祭りって、ずっと練習や準備をしてきたので、
なかなか中止の判断をするにも勇気が要るのでしょうね。

それでも、ちょっと子供たちもかわいそうな感じでした。



本当は、Mたちもお囃子だけでなく、ダンスを練習していたのですが、
そのお披露目機会もなくなってしまいました。

ちょっと最後は残念な結果になってしまったけど、天気には勝てません。
はじめて参加したお祭りに参加した年だったのに。


来年の参加は、どうするかな?
Mの気持ち次第?







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏祭り

2016-08-14 | 日々あれこれ
初めて本格的に参加する、地元の夏祭り。

子供会の役員だからという理由がほとんどですが、
Mも笛の練習をしてきたので、楽しみも大きいです。


夕方になって、神社に屋台が集まりました。
屋根で旗を振る人の姿も勇ましい。

この屋台に子供たちが交代で乗り込み、
笛を吹いたり太鼓を叩いたり。

出発する頃になって、小雨が降り出しました。
せっかくの豪華な屋台も、屋根を覆って出発です。



笛、練習の甲斐あって、だいぶ音が出るようになりました。
何年もやっている子は、力を抜いてきれいな音が出ています。
(上の写真で、真ん中に写っているのがM)



屋台に乗るのは交代なので、後は吹きながら歩きます。
練習していたお囃子は全部で 5種類ぐらい。



こうしてお祭りの一日目は終わりました。

あと一日。暑い盛りですから体力勝負になりますね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤くなる

2016-08-13 | 庭の畑
ピーマン(京みどり)もたくさん収穫できているのですが、
残しているとほとんどが赤くなってしまいます。

もう少し緑色の時期が長いとありがたいんですけどね。
でも、青椒肉絲とか二色のピーマンを使うと、彩りいいかも。



このあたりなんか、ほとんど赤に。

個人的には緑の内に収穫する方がみずみずしさがあって美味しいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祭りの笛

2016-08-09 | こどもの成長
いつも 8月中旬(一般的なお盆に時期)は帰省するのですが、
今年は自宅のある地域のまつりに参加します。

この辺りのお盆は 7月なので、
8月のど真ん中にお祭りを設定しても問題ないらしい。

子供会の役員になっていることもあって、まつりの準備が大変です。
どうせならと言うことで、Mもまつりの笛を練習しています。

横笛って、簡単には音が出ませんよね。
練習を始めた頃はなかなか音を出せなかったようですが、
ようやくコツをつかんできたようです。



これが、楽譜。
6つ穴の笛なので、押さえる穴の位置が並べてあります。

このような曲がいくつかあって、練習も大変そう。
8月に入って毎日夜2時間ほど練習に行ってます。


でも、せっかく練習しているので、
お祭り本番に舞台の上で吹いている姿は楽しみにしています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不思議な小石

2016-08-07 | 日々あれこれ
先日の南知多の海岸で拾ってきた石(と貝殻)。

旅行のブログでも少し書きましたが、
何故かきれいに穴のあいた石があるのが不思議でした。

元は人工的に削られたようにも見えるけど、石の質は全部違うようだし。
でも波の力だけで、こんなふうになる?
今のところ、自分の中でも出来た理由が結論づけられていません。

探すと至る所でたくさん見つけることが出来るんですよね。




持ち帰った石に、割れてしまったものがありました。
見ると、表面が薄くなっていて中が広く空いていたりするんです。




持ち帰ってどうするの?という気もしますが、
鉛筆立てぐらいにはなるかな? (強引か...)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加