Twitterつぶやき&気まぐれ備忘録

Twitterのつぶやきまとめとごくたまに、gooニュースを引用した記事について書くBlog

宅配業者の悲鳴・・・・厚生元官僚襲撃事件の余波。(>_<)

2008年11月20日 17時20分00秒 | 社会記事(注目記事)

宅配便業者「ドア開けてもらえない」 元次官宅襲撃影響(朝日新聞) - goo ニュース

 

 

昨日の記事にも“〆(^∇゜*)カキコ♪しましたが、厚生労働相元次官の連続殺傷事件の影響か、宅配業者による「通常業務」支障をきたす事態になっております。

 

 

犯人が宅配便を装う手口で犯行に及んだ可能性があることで、一般市民が、受取人に警戒されてドアを開けてもらえなかったり、配達人と信じてもらうのに手間取ったりしているそうです。

 

 

都内の某大手宅配業者の営業店の男性配達員の方(26)は「あの事件後、初めて訪ねた個人宅でなかなかドアを開けてもらえなかった」とのこと。また別の配達員の方(58)も「カメラ付きのインターホン越しに『差出人は誰? 社員証を見せて。それ、本物ですか?』と不審がられた。通常は荷物の受け渡しに1分もかからなかったのに、身分確認のやりとりだけで数分かかった」ということです。

 

 

最近の民家による、「強盗殺人事件」の手口として、宅配便業者を名乗って、家屋に侵入するパターンが急増しております。特に今回は首都圏で連続して発生しただけに、警戒心もなおさらだと思いますが、一方で犯罪パターンに利用された「宅配便業者」「デリバリーフードサービス業者」等の業者は、大打撃を受けております。(-_-ll)

 

 

昔から近所づきあいのある地域では、事前に「情報」を共有して、身の回りの危険を回避する動きがありましたが、最近は「隣人が誰なのかもわからない」状況が、特に都心部を中心に「当たり前」のようになって来ました。隣人トラブルは、この面が引き起こした顕著な事例です。

 

 

ただ、今回に関しては、元厚生官僚を狙った、連続「テロ」事件のイメージが強すぎて、とくに「厚生労働省」や、配下の「社会保険庁」現職・OBも対象になる可能性が高く、犯人の行動が全く掴めていない状況では、恐怖感は拭い去れません。(>_<)

 

 

かといって、「宅配業者等」デリバリーサービスを使う必要性も生じる場合もあり・・・・。大変「住みにくい世の中」になってしまいました。

 

 

一日も早く、安全に暮らせる世の中であってほしいと思っております。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「元厚生事務次官」連続殺傷事件の余波・・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

2008年11月19日 15時10分00秒 | 社会記事(注目記事)

首相「いたましい事件」 朝の散歩取りやめ(朝日新聞) - goo ニュース

 

 

昨日18日(火)、東京都埼玉県の、元厚生労働省の事務方トップである、「厚生事務次官経験者」の自宅が、何者かに刃物で襲撃され、夫人を含む2人が殺害され、元次官1人が重傷を負う、前代未聞の殺傷事件が相次ぎました。

 

 

まだ、犯人はこの時間までには、見つかっておりませんが、二つの犯行現場にあったのついた靴底の血痕が、殆ど同じである事から「同一犯」の疑いの可能性とみて、捜査が行われているようです。

 

 

いずれも小泉政権時、厚生労働省重要な任務を遂行された、省内でも「優秀な評価」を受けた方々だったそうですが、今回は不幸にも、その奥様方非道な人間への犠牲になってしまったのが、大変無念だと感じました。

 

 

舛添厚生労働相は、会見で「政治的テロ」と称して、戦時中の2.26事件を引き合いに出され、犯人の悪辣な殺害行為厳しく非難しておりました。

 

 

また、麻生首相は、首相官邸での記者会見で、「いたましい事件だ。亡くなった方のご冥福、けがされた方の回復をお祈り申し上げる」と述べ、事件の背景について、「単なる傷害殺人事件なのか、そうじゃないのか。それ以上のことはわからない段階でコメントはできません」とし、さらに「年金の取り組みは現場でやっているが、これと直ちに(事件が)結びついているという確証が我々にはない」として、年金行政との関連断定を避けた見解を示しました。

 

 

一方、麻生首相は同じ会見時、普段日課としている自宅周辺での朝のウオーキングを取りやめたとの記者団への発表をし、その理由として、「(警備に)負担がかかると思ってやめた」と説明したそうです。(-_-ll)

 

 

今回の犯行の動機が、全く不明な事もさることながら、今後、どのような展開を辿っていくのか、首都・東京で発生した「国家テロ事件」に、不気味さを感じます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

酷すぎる、ひき逃げ死亡事故の連鎖。(-゛-メ) ヒクヒク

2008年11月18日 15時40分00秒 | 社会記事(注目記事)

前日に初給料「また頑張ります」=「悔しい」と被害少年の父-大阪ひき逃げ事件(時事通信) - goo ニュース

 

この手の事件は、先月から大阪を中心に数件発生しており、事故処理を早急に行っていれば、被害者の「生命」は、助けられたのですが、引きずっているのを分かっていて、自己保身優先した、まさに卑劣・非道なる「凶悪犯罪」です。

 

 

今回の犠牲者は、大阪・富田林市の新聞販売店で、アルバイトを始めて1ヶ月になったばかりの16歳の少年でした。

 

 

その職場に父親が勤務していたのがきっかけで、「父親と同じ仕事をしてみたい」と思い、始めて、事故前日ちょうど1ヶ月目初給料日だったそうです。

 

 

その1ヶ月間は、遅刻や欠勤もなく、それだけこの仕事の「おもしろさ」が分かりかけた矢先の悲惨な事故でした。(ToT)ウルルン

 

 

新聞販売店の責任者は、「(容疑者は)何ですぐ救急車を呼んでくれなかったのか」と強い口調で報道陣に語っていたそうです。また、被害者少年の父親は、「悔しいという以外にない。生意気なように見えるが、まじめで優しい子だった。仕事は喜んでやっていた。」と書面でのコメントを発表したそうです。

 

 

先月、大阪市内で、悪質な「死亡轢き逃げ事件」があり、社会全体があれだけ、非道な事件と騒いでいたのに、こういう事件が立て続けに起こるとは、怒りよりも、むしろ悲しい気持ちになってしまいます。

 

 

関係者・親御さんの無念が、如何ばかりかと思うと、やりきれない気持ちでいっぱいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Googleマップ、個人情報公開の波紋・・・・。(ノω=;)。。。

2008年11月17日 13時20分00秒 | 社会記事(注目記事)

グーグルマップに名前や住所、うっかり公開37校980人(読売新聞) - goo ニュース

 

( ̄▽ ̄;) アハハ、3ヵ月以上、こちらを野放し状態にしてしまいました。

 

久々に「更新」を再開する事に致しました。ただ、毎日とは行きませんが、出来るだけタイムリーな話題を中心に“〆(^∇゜*)カキコ♪するつもりでございます。

 

実は、この話題は、方々で問題になっているようですね。(  ̄- ̄)フムフム

 

「個人情報の保護」がたやすく崩されたような結果のようです。

 

自分は、Googleユーザーではなく、gooユーザーですので(核爆)、詳細な事は良く分からないのですが、自分用のweb上の地図として使える利点がある一方、そこにリンクされた情報まで、読み取られてしまうといった「失態」もあるのでしょうね。

 

運営先のGoogleさんが、「日本での個人情報の取り扱い」について、どこまで理解されているのかは、存じ上げませんけど、個人情報の重要性の基盤となるプライバシー機能の欠陥である事をユーザーに周知していなかったのは、明らかに責任追及を受けても致し方ないと思います。

 

 

使い方を一つ誤ると、大変怖いネット上の「個人情報管理」。

不用意に公開しない我々「利用者側」の心構えが、なおさら必要だと考えさせられた今回のニュース記事でした。( ̄~ ̄;)ウーン・・・

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加