なまちゃ

SEO対策に役立つサイトです。もともと、雑記帳だったサイトだったのですが、SEO対策に興味をもち記事をまとめて見ました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

SEO対策 目次

2030-09-23 13:42:47 | Weblog
SEO対策に役立つと思うことをまとめて見ました。
SEO対策にいい情報をお待ちしています。


SEO対策1(TITLEタグ)
SEO対策2(METAタグ)
SEO対策3(H1タグ)
SEO対策4(ALTタグ)
SEO対策5(A HREFタグ)
SEO対策6(外部リンク)
SEO対策7(内部リンク)
SEO対策8(ページランク)
SEO対策9(キーワードを選べ)
SEO対策10(すきまキーワードを活用)
SEO対策11(キーワードは、サイト上位へ)
SEO対策12(キーワードを間違えろ)


相互リンクをしていただいているサイト

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相互リンクしていただいているサイト様

2007-02-12 13:32:19 | Weblog
相互リンク
相互リンク1
相互リンク2
相互リンク3
相互リンク4
相互リンク5
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2007年が始まりました。

2007-01-02 00:47:49 | Weblog
すでに、元旦から日が変わってしまいましたが、2007年がスタートしました。

今年一年は、のどれになるのでしょうか。

私としては、いろいろと進化していることを感じれる一年でありたいと考えています。

今年もよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相互リンク5

2006-11-13 07:34:31 | Weblog
相互リンク5


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相互リンク4

2006-11-13 07:34:14 | Weblog
相互リンク4
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相互リンク3

2006-11-13 07:33:58 | Weblog
相互リンク3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相互リンク2

2006-09-23 22:24:01 | Weblog
相互リンク2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相互リンク1

2006-09-23 22:14:07 | Weblog
相互リンク1
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SEO対策12(キーワードを間違えろ)

2006-09-23 14:28:41 | Weblog
SEO対策の裏技になるかもしれません。
検索エンジンを使うのに何かしらのキーワードを使います。

例えば、読み間違えとか打ち間違えがあると思います。
そのときに、SEO対策をしているサイトがなかなか上位表示されず、あまり関係ないサイトが表示されることがあります。

間違ってるなら正しいのに直すのが、正しいSEO対策です。
でも、間違っていることがアクセスアップに繋がる可能性があるんです。
「アフィリエイト」なのか「アフェリエイト」なのかパッと見わからないですよね。
昔は、「ルイージ」のことを「ルイジー」と呼んでいたものです。
最近では「ベルウィックサーガ」というPS2のゲームソフトがあるのですが、
「ベルウェックサーガ」という単語で検索に来た人もいました。

このように検索単語ミスって結構あるんですよね。
そこをわざと間違えることでアクセスアップにつなげるとことがあります。
1つや2つはそのようなことを行ってもいいでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SEO対策11(キーワードは、サイト上位へ)

2006-09-23 14:28:20 | Weblog
検索エンジンは、サイトの上位にあるキーワードを特に重要視します。
それは、英語の論文は、重要な概念が必ず文章の最初に現れるからです。それと、英文の書き方を中心につくられています。
お分かりだと思いますが、ロボット検索エンジンを提供しているGoogleやYahooは、米国の企業ですからです。

そのようなわけで、サイトの上位にあるキーワードを重要視するようです。
日本語では起承転結など最初が命題であることが多いので逆になります。

ほとんどの検索エンジンがGoogleを改良し、使っている状態です。
つまり、上のようなことがほとんどのロボット検索エンジンで当てはまるんですよ。

また、サイトの上位にキーワードを置くということは、サイトを見たときの位置で必ずしもないことがあります。

ロボット検索エンジンで見るのは、ソースコードです。
つまり、3コラムなどに分けているサイトですと、左コラムが一番、中央コラムが二番、右コラムが三番になります。
例えば、サイトを見たときに すべて同じ高さのところにキーワードがあるときに、すべてが同じ重要性をもつと思われますが、ちがいます。この場合、左コラムが一番高くなります。

これに、気をつけて、キーワードを配置していきましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加