貢蕉の瞑想

青梅庵に住む貢蕉の日々のつぶやきです。

天龍寺と永平寺 

2017-04-29 10:19:25 | 日記
天龍寺と永平寺 

2015年(平成27年)10月31日8時~

まずは、天 龍 寺

  昨日よりおなかの調子が悪く整腸剤を

飲み、7時過ぎ寝入る。

 夜半寒くなり、ネックウォーマーと電気

毛布で凌ぐが、のどの渇き、頻尿模様で

全くせわしきこと先晩。

 その後、5時半まで寝入ったので疲れも

とれる。

 とりあえず天龍寺へ向かう。

 越前国に入った芭蕉は永平寺へと向けて

歩みを進める。

 随行したのは金沢の門人、北枝(ほくし)。

 本職は刀の研ぎ師で、後に蕉門十哲の一人

に加えられる程、俳人としても優れた資質を

持っていた。

 芭蕉に心酔した北枝は、金沢を発ち半月程

旅に同行。

 曽良に替わって旅のパートナーとなりまし

たが、永平寺に程近いここ天龍寺で二人は

別れることになる。

 ここから永平寺を経て福井の町に至るまで、

わずか半日ほどが長い長い『奥の細道』の旅

のなかで唯一芭蕉がひとりで移動した区間だ

といわれている。

物書きて 扇引きさく 余波哉 芭蕉

<句意> (夏の間使い慣れた扇も捨てる

 季節になったが、あなたともいよいよ別れる

 時が来た。離別の形見に何か書き付けて、

 扇を二つに引き裂き、名残を惜しむことであ
 
 るよ。)

天龍寺参道



天龍寺



参禅道場



芭蕉塚説明板



芭蕉塚



余波の碑



芭蕉余波の句碑



物書きて 扇引きさく 余波哉 芭蕉



來訪者も修行の身



心和む置物









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加賀市:全昌寺

2017-04-27 09:44:32 | 日記
加賀市:全昌寺

2015年(平成27年)10月31日

山中温泉を出立した芭蕉は一旦小松の町に

戻ってから、大聖寺という城下町のはずれに

ある禅寺、全昌寺に泊まる。

この寺には山中で別れた曽良が前夜泊まっ

ており、次の句を残していた。

よもすがら 秋風聞くや 裏の山 曾良

<句意>一晩中(なかなか眠れず)裏山に

吹き渡る秋風の音を聞き明かした。

 一夜の隔て千里に同じ

 前の夜は曽良が泊まり今夜は私が泊まる。

たった一晩の隔たりに過ぎないのだが、二人

が千里も遠くに隔たっているような気がする、

と曽良のいない寂しさを表している。  

この禅寺で一夜を明かした後、今日は越前

まで行こうと慌しくする芭蕉に、若い僧が

硯や紙を持って駆け寄ってきて、句を詠んで

欲しいと懇願する。

禅寺に宿泊した場合、翌朝その礼に庭などを

掃除してから出立するのが習わし。それをせ

ずに旅立つ謝意を込め、芭蕉は即興で次の句

を詠んだ。

庭掃いて 出でばや寺に 散る柳

<句意> (出発しようとすると、おりか

ら柳の葉がはらはらと散った。せめてこの寺

に散る柳の葉を掃き清めて、出立したい。)

全昌寺は、見事に整備された寺であった。

住職は若いが、寛心の方であった。

全昌寺山門



全昌寺説明板



本堂



芭蕉などの句碑群



芭蕉と曾良の句碑説明  日本百名山の著者深田久弥氏は、実は俳人でもあり。彼が弟子として造る。



深田久弥の句碑





奥の細道説明碑







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山中温泉:医王寺

2017-04-27 09:24:25 | 日記
山中温泉:医王寺

10月31日 13時40分~

桃妖の菩提寺である。

 参道といっても階段を上り着くと、

国道364号の山中バイパスの道に出る。

 山中温泉全体が見渡せた。

 こんな処にお寺がという感じだが、

車で来ればごく普通のお寺という印象だ

ろう。

国分山医王寺は、行基が開いた温泉守

護の寺として薬師如来を祀っていること

から、町の人々から「お薬師さん」と

呼ばれ、「日本三薬師」の一つといわれ

ているそうだ。

 そして、芭蕉が山中を訪れた際に忘れ

ていったと伝えられる「芭蕉の忘れ杖」

などが展示されているということだった

が、人気がなく拝見することができな

かった。

山人の 昼寝やしばれ 蔦かづら 桃妖

幹線道路沿いの山門 



医王寺



句碑



庖丁塚



山中温泉街が眼下に



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山中温泉:芭蕉の館

2017-04-26 11:13:04 | 日記
山中温泉:芭蕉の館

 10月31日13時40分~

 芭蕉の館近くに駐車場があり、そこに停

める。

 芭蕉が泊まった泉屋に隣接した泉屋別館

を改築したそうだ。

 山中温泉最古の宿屋建築の館だ。

幹線道路沿いにある泉屋跡地石碑



芭蕉の館



前庭の芭蕉と曾良の別れ





館内展示物より

芭蕉座像





芭蕉も拾ったますほの小貝説明



芭蕉堂説明



よく見かける芭蕉と曾良の旅姿 掛け軸



芭蕉の館二階より





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加賀市:山中温泉

2017-04-25 10:13:20 | 日記
加賀市:山中温泉

平成27年11月1日 8時~9時15分

 有馬温泉に次ぐ効能があるといわれる山中

温泉に到着。

 泉屋の主人の久米之助に魅了された芭蕉は、

ここでひとつの試練にみまわれる?

 「山中や 菊はたをらぬ 湯の匂」

という句を詠む。

 曾良はおなかを壊したので、、知り合いの

いる伊勢の国長島へ先に出発するという。

「行く行きて たふれ伏すとも 萩の原」

と書き残して去る。

 これからの旅は一人旅になるということに

なった地でもある。

 芭蕉と曾良と美少年の関係は、いろいろ

取りざたされているが、やはり絆がほどけ

た要因のひとつであることにちがいない。

 俳聖と弟子の関係は、そういつまでも続く

ことはない。変容と変貌、力関係にひびは

つきものだ。

 いろいろ思いを巡らすうち風呂に入りそ

こねた。

鶴 仙 渓

こおろぎ橋より黒谷橋の往復、自然遊歩

道を水と奇岩と紅葉を楽しみながら散策。

鶴 仙 渓 と呼ばれているところと歩

いていて分かった。

 湯の名残 今宵は肌の 寒からむ 
               芭蕉

 往復の道は、予期していなかったので、

ちょっと迷ったが、散策を本日は大事にした。

 釣り場があったりして、山中温泉で成立し

てきた町という印象も強く感じた。

 石段を上がると、ゆかしい神社があったり、

もっとゆったり歩くといろいろな発見もあっ

ただろう。

こおろぎ橋石碑



こおろぎ橋付近





朝靄も



こおろぎ橋





芭蕉堂近く



芭蕉堂





芭蕉句碑



鶴仙渓川床表示



石階段を登りきると・・・



東山神社







コメント
この記事をはてなブックマークに追加