ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

議員の『劣化』と議事録の『捏造』が示す、日本における議会制民主主義の『崩壊』を食い止めるのは私たち!

2015年10月16日 | 日本とわたし
世にもみっともない法の採決を演出した、世にも愚かな議員たち。


自公、そして次世代、日本を元気にする会、新党改革の議員も含め、次の選挙で議会から追い出しましょう!


このサイトがとても素晴らしいです!
次の選挙の際に、ぜひぜひ参考にしてください!

国会議員一覧リスト
http://democracy.minibird.jp
国会議員に民意を伝えよう!



安保法「聴取不能」の議事録 与党判断で「可決」追記
【東京新聞】2015年10月12日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201510/CK2015101202000131.html

 

(まうみ注・以下↓の記事中の写真は、わたしが行いました)
安全保障関連法を採決した、9月17日の参院特別委員会の議事録が、11日に、参院ホームページ(HP)で公開された。
採決は、委員長の宣告後に行われるのが規則
採決を宣告したと主張する委員長発言を、「聴取不能」と認めておきながら、安保法を「可決すべきものと決定した」と付け加えた
採決に続き、議事録の内容まで与党側が決めたと、野党は反発している。
(篠ケ瀬祐司)
 
野党議員によると、参院事務局は、追加部分は「委員長が認定した」と説明しているが、野党側は事前の打診に同意していない。
 
9月17日の特別委では、委員長不信任動議が否決されて、鴻池祥肇(こうのいけよしただ)氏が委員長席に着席。
民主党理事の福山哲郎氏が話しかけたところ、自民党議員らが、委員長の周囲を取り囲んだ。









野党議員も駆け付け、混乱状態の中、委員長による質疑終局と採決の宣告は、全く聞こえず、
自民党理事の合図で、与党議員らが起立を繰り返した。




野党議員は、何を採決しているのか分からない状況だった。
 
9月18日に、正式な議事録の前に、未定稿が各議員に示された。
鴻池氏の発言は「……(発言する者多く、議場騒然、聴取不能)」となっていた
 
議事録は、「聴取不能」までは未定稿と同じ内容
しかし、「委員長復席の後の議事経過は、次のとおりである」との説明を追加
審議再開を意味する「速記を開始」して、安保法制を議題とし、
「質疑を終局した後、いずれも可決すべきものと決定した。なお、(安保法制について)付帯決議を行った」と明記した。
 
福山氏によると、今月8日に、参院事務局担当者が、この議事録を福山氏に示した。
福山氏は、
「委員長が、追加部分を議事録に掲載するよう判断したとしても、理事会を開いて与野党で協議する話だ」と、了承しなかった
 
福山氏は議事録公開について、
与党議員らが、先に委員長席を取り囲んで『聴取不能』にし、後から速記を開始して可決したと追加する
これでは議事録の信頼性が揺らぐ」と指摘した。
 
議事録には、安保法の委員会可決だけでなく、付帯決議を行ったことも書き加えられた
この付帯決議は、自衛隊の海外派遣の際の、国会関与強化を盛り込む内容で、次世代の党など、野党三党と与党が合意した。
法律に付帯決議を入れる場合は、委員会で読み上げられるが、野党側は全く聞き取れなかったと主張する。
 
特別委委員だった福島瑞穂議員(社民)は、
「可決ばかりか、付帯決議もしたと書くのは許されない」と批判する。
 
委員会採決の翌日、委員会可決について、「法的に存在したとは評価できない」との声明を出した弁護士有志メンバーの山中真人氏は、議事録の追加部分について、
「議員や速記者が、委員長の声が聞こえていない以上、採決は存在しない」と強調した。



以下は、IWJ Independent Web Journalさんが、一般にも公開してくださっている記事です。

議事録の「改竄」を公聴会公述人が徹底批判! 
壊れつつある議会制民主主義に、SEALDs奥田愛基氏は、
「正当なプロセスが踏めないなら、国会や委員会の必要性がなくなる」

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/270517

始まりから終わりまで、一貫して非民主的だった、安保関連法制の国会審議

参院安保特別委員会における「強行採決」に至っては、採決そのものが本当に存在したのかさえも疑わしい。
しかし、議事録はあとで「改竄」され、まるで正当な手続きが行われたかのように仕上がっている

2015年10月15日(木)、参議院議員会館で、「参議院安保特議事録『改竄』に対する抗議記者会見」が開かれた。
会見には、9月16日に行われた横浜地方公聴会の公述人である水上貴央弁護士(青山学院大学法務研究科助教)広渡清吾前日本学術会議会長と、中央公聴会の公述人を務めたSEALDsの奥田愛基氏が列席した。


◼️「聴取不能」から委員長判断で一方的に上書きされた議事録

10月11日、参院特別委員会で、9月17日に安全保障関連法案を採決した際の議事録が、参院のホームページで公開された。
怒号が飛び交うなかで作成された速記録は、可決を宣言したと主張する鴻池祥肇委員長の発言を、「聴取不能」と記していたが、
新たに公開された議事録には、「可決すべきものと決定した」との文言が加筆されていた

【議事録】第189回国会 
我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第21号 平成二十七年九月十七日(木曜日)
 
また、実際には、「速記停止中」に「採決」が行われていたはずが、
新たに公開された議事録では、「速記を開始し」という文言まで追加されていた
これらの加筆部分について、参院事務局は、「鴻池委員長が認定した」と主張しているが、
野党側は、事前の打診に同意しておらず、「議事録の信頼性が揺らぐ」と反発している。


◼️「今回の議事録は、実態と大きく異なるという意味で『改竄』だ」


▲議事録の加筆を「改竄(かいざん)」だと非難する水上貴央弁護士

「NHKで生中継されていましたが、速記を起こしていないのは明らか。
それが、速記を起こしていたことになっているんです」


地方公聴会に公述人として招かれた水上貴央弁護士は、今回の議事録の加筆を、「改竄」だと非難する

「野球で例えれば、“タイム”がかかっている最中に、客席から観客がフィールドに雪崩れ込んできて、
内野を人間かまくらで囲ってバリケードを作ったうえで、ピッチャーが勝手に3回ボールを投げて、
『三振!』『ゲームセット!』とやっているようなものです」


また、通常の委員会採決であれば、議事録には「多数決で採決した」「全会一致で可決した」などと、採決の様子が記録されるが、
「今回は『可決する』だけで、採決が多数決だったのか、全会一致だったのかも書かれていない。
さらに、誰が決定したのかもわからない」と、異常性を指摘した。


そのうえで水上氏は、
「今回の議事録は、実態と大きく異なるという意味で『改竄』です」と強調。
「中身も不合理で、これを許すと、もはや委員会審議をしなくても議事録をあとから書けばいい、ということになる。
議事録は、あくまで議事経過を記録し、歴史的な検証をするものなので、ありもしないことを書いてはいけない」
と憤った。


◼️異例づくしの公聴会の扱いに水上弁護士「参院審議の重大な汚点」

さらに水上氏は、「公聴会の議事録の扱い」にも疑問を呈した。

参院の安保特別委員会では、地方公聴会後に、一度も委員会で審議が開かれることなく、法案が「採決」されたため、
地方公聴会の内容は、委員会で共有されず、公述は採決に活かされることもなかった

地方公聴会は、委員全員が参加するわけではない。
したがって、通常であれば、公聴会後に委員会で「派遣報告」をし、公聴会の内容を委員間で共有しなければならない
そして、報告会の議事録の末尾に、「参考資料」として、公聴会の議事録が添付されるのが通例である。

今回は、「派遣報告」が行われなかったため、地方公聴会の議事録も一度は宙に浮いたが、
野党の抗議を受け、17日の「強行採決」の議事録の末尾に、“アリバイ”のように添付された
これは異例の対応だという。

水上弁護士は、公聴会で公述した際に、
「この横浜地方公聴会は、慎重で十分な審議をとるための会ですか? 
それとも、採決のための単なる『セレモニー』ですか?」と、懸念を示していたが、
結果として報告会も開かれず、議事録も、採決後に後付で添付されただけだった。

「これでは、公聴会が、本当にセレモニーになってしまう」と水上氏は指摘し、
公聴会は、採決の参考にするために行われるものです。
『都合の悪い公述だった場合は、採決が終わった後に議事録を添付する』というのであれば、公聴会自体の意味がないことになる」と主張。
今回の地方公聴会をめぐる扱いについて、「参院審議の重大な汚点だ」と痛烈に批判した。

水上氏には10月13日、IWJ代表・岩上安身が、詳しく話をうかがっている。
4時間にわたる超ロングインタビューだが、中身は引き締まった非常に重要な内容である。
ぜひ、ご覧いただきたい。

2015/10/13 岩上安身による水上貴央弁護士インタビュー(動画)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/270079


◼️広渡氏「『改竄』というより、事実と違うことを書いた部分は『捏造』だ」


▲「事実と違うことを書いた部分は『捏造』だ」 会見する広渡清吾・前日本学術会議会長

続いて、水上弁護士と同じく公述人を務めた、広渡清吾・前日本学術会議会長が、
「実際の採決は、(加筆された)議事録のように、整然と採決されたわけではない。それは全国民が見ていた」と述べ、議事録の欺瞞を暴いた

さらに、
「実際に委員会室で、どのようなことが生じたかは、記録されなければいけない」と話し、
「聴取不能で、採決ができない状況のなかで、与党はとにかく『採決をした』と主張し、
(採決できていないのに)本会議で、委員会の報告を行った、というのが事実。
国民が、あとで、この事実を振り返られるようにしなければいけない」
と訴えた。

議事録の加筆に対する広渡氏の見方は、水上氏よりも厳しい。

「水上弁護士は、『改竄』と柔らかい表現を使われていたが、事実と違うことを書いた部分は『捏造』です。
事実でないものを記載したなら、『捏造』というのが常識的な評価ではないでしょうか」

また、公聴会を開いておきながら、報告会も行わず、公述が採決の参考にされなかったことも踏まえて、
「こうしたやり方は、安保法案の成立過程で一貫して示された、極めて不正常な法案を強行する、というやり方の一環であると言わざるをえない」と非難した。


◼️安保法制は手続きも無視して「やりたいからやる」という感覚


▲「立憲主義、議会制民主主義が壊れてきている」と警鐘を鳴らすSEALDsの奥田愛基氏

SEALDsの奥田愛基氏は、
「今回の議事録は、『法案は可決すべきと決した』としているが、その理由が書かれていない。
何によって決められたのか、議事録を見てもわからない」
と論じる。

「これは、『やりたいからやる』という類に近いと思う。
現政権は、『根拠はないが、やめられない』ということをずっとやってきた。
海外の邦人保護も、ホルムズ海峡での機雷掃海も、ないことを『ある』といい、憲法上は読めないことを『読める』という。
採決の根拠を示してほしいが、根拠は『決めたから』以外にないだろう」


「根拠はないが、やめられない」というのは、政府が、集団的自衛権行使の根拠とした、「昭和47年政府見解」の読み替え問題が顕著だ。

個別的自衛権を認め、
「外国の武力攻撃によって、国民の生命、自由、及び幸福追求の権利が、根底からくつがえされるという急迫、不正の事態に対処し、
国民のこれらの権利を守るための、止むを得ない措置として、はじめて容認される」
と定義し、
「集団的自衛権の行使は、憲法上許されないといわざるを得ない」と結んだ政府見解について、安倍政権は、
「外国の武力攻撃」が「誰に対して行われるか」が明記されていないと主張
「同盟国への外国の武力攻撃」も、自衛権発動の対象になるとの見解を、強引に導き出した


この政府の読み替えは、昭和47年、政府見解を作成した吉國一郎・内閣法制局長官(当時)本人が、明確に否定しているにも関わらず、安倍政権は聞く耳を持たない
詳細は、民主党・小西洋之議員が、岩上安身のインタビューでこたえているが、
まさに奥田氏のいう、「根拠はないが、やめられない」状態そのものである。

【スクープ!】「集団的自衛権行使容認の閣議決定」が覆る決定的根拠! 「昭和47年政府見解」の知られざる真実を小西洋之議員が暴露!!
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/246547

奥田氏は、
「このようなかたちで議会を運営するのを、許してはいけない」と呼びかけ、
こうした議会運営を、「憲法上のクーデターに近い」と糾弾する

「立憲主義や議会制民主主義が、壊れてきています。
現政権は、本来、歯止めとなる憲法や国会を、ないがしろにしている。
もし、国会審議などの正当なプロセスが踏めないのであれば、国会や委員会がなぜ必要なのかという、そもそもの前提が崩れます。
安保関連法が可決した以上の問題が、今回の議会運営にはあったと思います


最後に奥田氏は、
「『わかっちゃいるけどやめられない』という体制は、安倍政権が名指して批判している国のあり方に、一番近いのではないか」と、安倍政権の専制政治を批判した。


◼️採決は「有効」か「無効」か? 議論後にさらなる行動を展開!

参院特別委員会における「採決」の瑕疵を、法的にどう位置づけるか。
水上氏によると、委員会採決に何も問題がなかったと考える法律家は少ないが、
「問題がある」とみる法律家の中でも、大きくわけて、次のふたつの立場に分かれているという。

(1)安保法案の採決の手続きそのものが行われておらず、特別委員会での手続きは「不存在」であるが、
その後に参院本会議は行われ、法案は可決・成立したので、そちらは「有効」だ、という考え方。

(2)委員会での採決が「不存在」であれば、本会議での可決・成立も「無効」だとする考え方。


水上氏は今後、さらなる議論を重ね、導き出された結果によって、次の行動に訴え出ると語った。

(取材・写真:ぎぎまき 記事:原佑介)

↑以上、転載おわり
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天高くおばちゃん肥ゆる秋 | トップ | 大好物との決別 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。