ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

大阪のガレキ陳情書をゴミ箱に捨て、せいせいしたとブログに載せた、井戸まさとし51才・維新の会議員

2013年03月29日 | 日本とわたし
井戸まさとし(正利)という、51才の、大阪維新の会の、都島区選出の、維新塾運営委員の、みんなの党員の、ほんでもって医師でもある男がいる。



今までは知らんかった男やけど、今朝、調べものしてた時に見つけたこの写真がきっかけで、この男のブログに行き着いた。



ブログ記事の文章は、早々に削除されて、今は見られへん。
けども、もちろん、魚拓をとって残してくれた人がいて、それでこうやってここにも転載させてもらえる。

まあとにかく、この男の書いた文章を読んでみてください。


陳情書の大半が片付きました
2013/3/28(木) 午後 7:59

今日は、午前中が幹事会・団総で、午後委員会採決の予定ですが、会派間交渉が延び、幹事会が始まったのが団総の時間となりました。
例の、市営交通民営化は、昨日の段階で、交渉は残念な結果で終わってしまっています。
それともう1つ、この議会で議論しておく重要な件があるのです。
山ほど書きたいけど、怒られちゃうので、この件は今日はここまで。

予算案は、組み換え等はなくいけそうでしたが、自公民が組んで、重たい付帯決議を要求してきました。
国保保険料や幼稚園民営化などです。
一部は、事前に調整で、維新としても賛成できるものがありますが、大半は、これまでの議論を否定することにつながるので、修正せず通すことは無理な話。
各委員会でいろいろ議論して文面を考えたものの、最初から自公民は修正に応じる気はなく、賛否だけを返せと、全く時間の無駄の作業でした。
まあ修正してもどうせ受け入れないだろうから、さらなる時間の無駄をする必要がなく良かったとも言えますが。

民生保健委員会は、採決に加わらない委員長が自民党のため、自公民では過半数に達せず、結局、共産党賛成の予算に関する付帯決議(災害廃棄物、管路輸送)だけを出してきました。
我々の修正を聞き入れていないので、「セシウム等の放射線量」と、科学的には誤解を与える表現。
言いたいことは多分、「セシウム等の放射性物質(放射能)の量(=Bq)」だと思います。
あれほど金も手間もかかるベクレルの測定を、たくさんすることにこだわっていましたから。
もちろん、「セシウム等から放出される放射線量(=μSv)」等とも読めないこともないですが
仮に空間線量が上がってくるようなことがあれば、Bqで言えば、基準を桁違いに超える量です。
専門家がついているとのことですが、前の条例でも、「甲状腺膿腫等の悪性新生物等」という、医学的にはありえないような表現がありました。
膿腫は、膿を持った腫物で、悪性新生物ではありません。

いずれにせよ、予算の可決で、ガレキの陳情書等が議決を要しないものとなりました、
大半は、市外からの扇動家が送り付けてきた、デマだらけのメチャクチャなもので、
金太郎あめのように同じような中身で、印刷すること自体が紙の無駄、と議会でも言ってました。
仮置き場である机の上に、山積みしていたのが片付きました
あとは、焼却処理あるのみです。



あの写真の書類は、大阪市民からのガレキの陳情書やね。
それをこの男は、
市外からの扇動家が送りつけてきた、デマだらけのメチャクチャなもので、
金太郎あめのように同じような中身で、
印刷すること自体が紙の無駄やと議会で言うてたことに賛成してて、
それを、仮置き場や焼却処理という、ガレキ問題でよう使われる言葉を使て、じゃまなもんがやっとこさ片付けられて清々した、と言うてる。

みんなが、必死で、いろいろと勉強して、調べて、祈るような気持ちで書き込んだ陳情書が、こんな扱い受けてたことがわかった。
この男が特別異常ならまだ救われる。
けど、そうやないやろと、これまでの状況を知ってるもんなら想像できる。

それと、大阪市議会っちゅうもんの質もようわかった。
あれほど金も手間もかかるベクレルの測定を、たくさんすることにこだわることは、あかんことらしい。
測定してなんぼちゃうのん?
日本は、重大な原発事故を経験した。
福島第一の免責棟は、今だに10マイクロで、そこで作業員の人らはご飯食べたり座ったりしてる。
補償はめちゃくちゃで、ウソの履歴書書かされて、上から金をぼったくられて、検査もちゃんとしてもらわんまま、それでも自分らがやらな誰がやるって思て作業してくれてはる。
いったいぜんたい、なんでこんなクソッたれの後始末を、一市民やった人らがさせられてるわけ?
無主物かなんか知らんけど、猛毒を国にまき散らしといて、それが及ぼす害を必死で無かったことにする。
そんなことが、なんで罪にもならんと許されてるわけ?
そのことで、未来を受け継いでくれる子どもらの健康に、できるだけ支障の無いよう、必死でなんとかしようと考える大人の気持ちや行為を、

金太郎あめのように同じような中身で、印刷すること自体が紙の無駄という議会とこの井戸っちゅう男、

議員として、っちゅうよりも前に、人間としてどうやのん?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いろいろおつきさん | トップ | 「住民が持ってきた土をうち... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (わんこ)
2013-03-31 00:02:30
人の人間性をどうこう言う前に、まずはあなた自身を省みなさい。あなたのの不勉強さを恥じなさい。あなたの読解力のなさを恥じなさい。あなたの文が論理的でないことを恥じなさい。またそれらに気づかず、ただの感情論を、しかも意味なく上から目線で論じてるあなたの醜さを恥じなさい。
わんこさんへ (まうみ)
2013-03-31 06:37:20
コメントをありがとうございました。

上から目線という言葉が、よく使われている昨今ですが、この言葉がここで使われていることがよくわかりません。

感情論で意味が無い、醜い、読解力もない、不勉強で自分自身を省みない、ということについては、それはあなたがそう感じられた、ということをきちんと受け取らせていただきます。
Unknown (おりひめさま)
2013-03-31 13:24:48
おカネが大好きな医者が病院流行らないからもっとおカネ欲しいと思って政治家になった!?維新の議員どれ見ても・・ロクなのいない。。「医者」という肩書きあるだけにやっかいですね。政治家ッてまじめにお仕事すれば忙しいし、儲らない。儲っていい服着て威張ってるのは悪い事してる証拠。政治家だけじゃないけど・・
怒り心頭 (一撮)
2013-03-31 18:37:55
まうみさん のブログを読んで この井戸という男に 怒り心頭しました。 こういう人間が医者であり、議員であるということが 今の世相を表していると思うと、気が沈みます。 それと、わんこ というコメントを残したオバン? あんたの方がよっぽど上からの目線だし、勉強不足であること、わかんないのか!.....おたんこなす と思いました。 まうみさん 相変わらず頑張ってますね。
おりひめさまへ (まうみ)
2013-04-01 00:23:22
あの男はさらに、自分は科学者なので、おまえらのような無学なのではなく、放射能物質の現状を把握できているとばかりに、本当にひどい暴言をツィッターで吐いておりました。
ああいう140文字の言葉を読んだだけで、あの男の人間としての歪みがよくわかります。
今まで知らなかっただけに、本当に驚きました。

維新の議員にも、まともな方はおられるのかもしれませんけれども、おりひめさまがおっしゃるように阿呆が多いのなら、きっと肩身の狭い思いをしてはるでしょうね。

金、金、金……人間、どこまで狂ったら気が済むのか……。
一撮さんへ (まうみ )
2013-04-01 00:29:24
怒りの共感、ありがとう!!
こんなんばっかり、というか、社会をよく見ようとすると、次から次へと目に入ってくるびっくりニュース。
読んだり観たりしてるだけで心が疲弊してしまいます。
ほんまに、なんちゅうことでしょうね。
こんなんが今までにもぎょうさんいて、こんなことが今までにもあちこちで起こってて、
それをなんも知らんと、のほほんと、人に迷惑かけてへんかったら良し、という人生を過ごしてた……。

ため息がどんどん深なりますが、一撮さんの応援でまた、かなり元気が出てきました。
ありがとう!
これはひどい (通りすがり)
2013-04-05 01:29:41
こういう人の思考って、「自分に理解できないものは現実に存在する事象でも存在しない」というふうにでもできてるんですかね。ことの発端である福島事故に関った東大のとても偉い(けど半端じゃなくどアホな)先生方の対応を見るにつけそう思います。
通りすがりさんへ (まうみ)
2013-04-05 11:28:14
半端じゃなくどアホな、というところで、うんうんと頷いてしまいました。
ほんまに、なんであんな、もう知ってる人はとっくに知ってるデタラメを、今だに平気な顔して、公衆の面前で言えるんでしょうね。

頭の中は多分、通りすがりさんが言わはったような状態なんやと思います。
そんなんが今だに多いのがほんまに困ります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。