レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

真田丸 第6回

2016年02月14日 18時38分27秒 | 2016年ドラマ

『迷走』
「無念の涙生きてこそ」

内容
明智の兵のいる安土から脱出を試みる信繁(堺雅人)たち。
城内にいた姉・松(木村佳乃)だけでなく、女子供も連れて逃げはじめる。
信繁、三十郎(迫田孝也)茂誠(高木渉)が奮闘。佐助(藤井隆)も加勢。
だが追っ手に囲まれてしまい、ついに松が。。。。

そのころ、次の一手を考える昌幸(草刈正雄)は、苦悩していた。
そこで信幸(大泉洋)に意見を求めると。織田に加勢し、仇討ちすべきと告げる。
話を聞いた昌幸は、滝川一益(段田安則)のもとへ向かい、仇討ちを進言。

一方、松を救えなかったことを悔いる信繁。
そんなとき、北信濃から退却してきた森長可(谷田歩)の軍に遭遇する。
出浦昌相(寺島進)が、道中の案内をしているようだった。

そんななか、信濃国衆と議論を始める昌幸。
織田家につくべきと言う昌幸に、室賀(西村雅彦)は北条につくべきと。
その場を治めるため、室賀の意見を聞き入れた昌幸だったが、
すぐさま、弟・信尹(栗原英雄)を。。。。

そして北条氏政(高嶋政伸)のもとに、信長の死の一報が届く。

敬称略


サブタイトル通りですね。

たしかに、真田家が迷走というか、苦悩している姿が描かれている。

ただ。。。極論を言えば、それだけしか描いていない。

おかげで、今回の話。

“主人公・信繁”の部分が多いこと。多いこと(苦笑)

 

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 動物戦隊ジュウオウジャー1+仮... | トップ | 家族ノカタチ 第5話 »

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
大河ドラマ「真田丸」 #06 迷走 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
信長の死が真田を翻弄する・・・。 まさか10日で天下の行く末が変わろうとは・・・。
真田丸 第六回「迷走」 (事務職員へのこの1冊)
第五回「窮地」はこちら。うちの読者には歴史好きが多いんだろうか。城マニアにつづいて別の読者からもレスが。今の真田丸のおもしろいところは、もはや戦国の後始末の部分を描いているのに、直載にそれを描かないところで、徐々に盛り上げて……うんうん、...
大河ドラマ「真田丸」第6回 (日々“是”精進! ver.F)
この国が、好き… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201602140001/ 真田幸村と真田丸価格:1,058円(税込、送料込)
真田丸 第6回「迷走」簡単ですが感想です。 (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
いや〜〜 結局ジャンプも読めず、アニメのほぼ録画も見れなかった2月の第2週でございました(^^;)大河ドラマも 途中からなのですが そして簡単感想なのですが たたたっと書かせて...
真田丸 第6回「迷走」 (あしたまにあーな)
前回大盤振る舞いをして安土にいた人質を大勢連れ出した信繁たちですが、逆に動きが悪くなってしまい途中で明智の手の者たちに見つかってしまいます。その結果姉の松が逃走中にがけから飛び降りてしまい、一堂は亡くなったと思ってしまうのですが、後ほど彼女の無事が確認...
「真田丸」5、6 ☆☆☆ (ドラマでポン)
「良き息子じゃ」故郷を誇る息子を、さらに誇る父。美しい田畑に山々。胸に迫る名場面でした。先週の愉快な伊賀越えから、今週は一転しての重い姉身投げです。なぜか先週は信繁が ...
【真田丸】第6回 「迷走」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
本能寺の変、直後の安土。 信繁(堺雅人)は松(木村佳乃)を連れ信濃へ逃げようとするが、明智兵に見つかってしまう。 追いつめられた松は思わぬ行動に。 真田の郷では、「信長公のあだを討つべし」と正論を主張する信幸(大泉洋)に対して、昌幸(草刈正雄)の策は意...
恋はため息と涙でいっぱい・・・信繁様への真心ゆえに(長澤まさみ)終わりの始まり(段田安則) (キッドのブログinココログ)
安土城がいつ炎上したのかには諸説ある。 安土城といっても巨大な城郭であるために・・・全焼したという確証はない。 大きなパーツを考えても、天守閣、本丸、二の丸、城下町が存在する。 このうち、本丸は天正七年(1579年)には落雷で一度、焼失したという説がある。 天守...
真田丸「迷走」 (のほほん便り)
本能寺の変以来の激変。歴史の変動が目まぐるしく、それが「噂として」伝わってきて翻弄させられる様が、なんか、あの時代らしくてリアルです。 信繁(堺雅人)は松(木村佳乃)を連れ信濃へ逃げようとするが、明智兵に見つかってしまい、崖に追い詰められ、思わず身投...
真田丸 第6回「迷走」〜信濃があるかぎり、大名たちと対等に渡り合える! 大博打の始まりじゃ! (平成エンタメ研究所)
 『覇権か、生存か』  ノーム・チョムスキーの本のタイトルだが、今回の話はまさにこれ。  <覇権>を目指すのは、羽柴秀吉(小日向文世)滝川一益(段田安則)ら織田家臣と北条氏政(高嶋政伸)ら戦国大名。  <生存>を目指すのは、真田昌幸(草刈正雄)、そして徳....
【真田丸】第6回プチ感想と関東・関西視聴率「迷走」 (ショコラの日記帳・別館)
副題「迷走」 新聞ラテ「無念の涙 生きてこそ」 第6回の関東の視聴率は、前回の1
【真田丸】第6回プチ感想と関東・関西視聴率... (ショコラの日記帳)
副題「迷走」新聞ラテ「無念の涙 生きてこそ」第6回の関東の視聴率は、前回の19.0%より下がってしまって、16.9%↓残念ながら、最低視聴率でした(汗)今回、ちょっと地味な話で、...
大河ドラマ 真田丸 第6回「迷走」   感想 (架空と現実の雑記帳)
抜け道を使って安土城外へ脱出できた信繁(堺雅人)一行でしたが、明智の兵に見つかり、さぁ大変。しょせんは多勢に無勢。神君伊賀越えのときの半蔵の「押し通します」作戦とは対照的に、一行は散り散りに。松姉さん(木村佳乃)は火曜サスペンス劇場並みの断崖絶壁に追い...
真田丸 第6話「迷走」 (昼寝の時間)
公式サイト 本能寺の変、直後の安土。信繁(堺雅人)は松(木村佳乃)を連れ信濃へ逃
大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い6昌幸は氏政が上野を狙う事を見越して一益を見限る動きで岩櫃と沼田奪還に動き出した (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「真田丸」第6話は安土から逃亡する事になった信繁と松だったが、明智兵に見つかってしまい、そこで松が琵琶湖に飛び降りて行方不明となる。亡くなったと悟った信繁は ...
真田丸、大博打の始まり??? (函館 Glass Life)
真田は誰の下にも付かん!!」 「この信濃がある限り大名達と対等に渡り合える!!」 又々、昌幸の思い付き発言炸裂。 言ってる事は一見説得力がありそうですが、この先も大名達の 顔色を伺い生きていかなければなららい真田家、とても対等に は渡りあえないのです 「ど...