貧乏人・島謙作

ただの貧乏人です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スピードラーニング赤ちゃん言葉講座

2016-06-03 11:00:07 | 日記
「いいね」を押してくれたラジオのリスナーの皆さまに、調子こいて耳よりなお話しです。

赤ちゃんは言葉を学びませんよね。でもお母さんからすると赤ちゃんって何をしてほしいのかわかりません。子育ての時、赤ちゃんが出す意味不明な”音声”が何なのか、知りたいと思いませんか。

という事で今日、ご紹介するのは「スピードラーニング赤ちゃん言葉講座」のご案内です。

赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいる時は、へその緒がつながっているので話す必要なんてないですよね。でも、生まれたらすぐに、母と子として何等かの会話をしなければなりません。赤ちゃんと喋れたらいいなぁ、この子は何を考えているんだろうって思いませんか。そんな新人ママに送る教材が「スピードラーニング赤ちゃん言葉講座」です。

それではお便りをご紹介します。

「長男が生まれたとき、長男がなぜ、グズルのか全然わからず、子育てヒステリーになりかけました。ああ、この子と話せたらなぁとずいぶん悩んだものでした。長男がなんとか大きくなったとき、二人目を妊娠しました。また言葉も喋らない赤ちゃんと過ごすのかなぁと不安だったときに出会ったのが”スピードラーニング赤ちゃん言葉講座”です。

これなら授乳中に聞き流すだけで、長女の”バフバフ”だとか”ブブブ”といった赤ちゃん言葉もなんとなく理解できたような気がしました。でも本当に聞き流すだけで効果があるのかな、と思ったとき、長女がいきなり泣き出したのです。なぜ”バババババァー”と泣き出したのかよくわからなかったのですが、何となく”お腹が痛いよ”と言っているように聞こえました。パパに頼んで急いで車で病院に行ってみると、長女がパパのガンプラのプラ弾を飲み込んでしまったことがわかりました。

それから”ブブブ”と言った時はオシメを替えろとか、”バババ”と言った時はお腹が空いているとか、”ゲボッ”と言った時はお腹が一杯だとか、自然と赤ちゃんの言葉がわかるようになりました。授乳中にスピードラーニングの散歩のシーンを聞いていると、長女が”ブフゥー”と言って、窓を指をさした時、散歩に出かけたいンだなとわかるようになったのです。長男は少しは言葉が喋れるのですが、長女がもう少し大きくなって”パッパ”と主人に甘える日が楽しみです」

という事なんですが、赤ちゃんの言葉がわかるって凄いですね。しかも赤ちゃんの誤飲も気が付くって凄いことですよ。これも授乳中のわずかな時間、聞き流すだけ。

育児は重労働ですか、聞き流すだけで赤ちゃんの言葉が理解できる"スピードラーニング赤ちゃん言葉講座"、今ならお試しCDが無料。継続してご入会いただきますと、今ならパンパース1ダースが付いてきます。スピードラーニングでした。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

スピードラーニング東京下町弁講座

2016-06-01 17:38:38 | 日記
ラジオをお聞きのみなさん、こんにちわ、フリーアナウンサーの住吉美紀です。

私は東京の山の手で生まれ、その後、バンクバー、シアトル、ニューヨーク、ロンドンと子供の頃、海外のさまざまな街で過ごしてきました。同じ英語でも、その街に行くと地元特有の言い回しがあるので、ずいぶんと子供の頃には英語の訛りでカラカわれたものですし勉強も大変でした。バンクバーは英国領だったせいかキングズイングリッシュ。シアトルはどちらかというと西海岸英語で「ペラペラ」という感じ、ニューヨークは、多国籍な人種のルツボですから「ベラベラ」という感じのビリー・ジョエルのような発音が多いのですね。ですから、勉強は大好きでしたがNHKに入局してからは地方回り、アナウンサーとして、取材で地元の素朴な方との方言でのやり取りは「苦労」の一言でした。 子供のころから大人になっても、スピードラーニング方言シリーズはかかせませんでしたね。方言は習うより慣れよ、これ帰国子女だった私の実感です。

初めて、東京勤務をした時は、ホームに帰ったようでほっとしました。でも深川の材木問屋の取材に行った時、私はいろいろ取材したかったのですが、

「ケレケレコチト、ラシデェカキ、レドキダ、オトツ、イキヤガレ」

「オトツイキヤガレ」とおっしゃるのですが。うちにはデロリアンがありません。一昨日に行くにはどうすれば良いのか、その時はわかりませんでした。その木材屋の車庫にも黄色いナンバープレートの白いトラックがあるだけでしたし。

その後、築地の魚市場で食事をしようと牛丼屋にはいると、乱暴に入ってきた威勢のいいお兄さんが店員さんに
「ダクヌキギョクデぇィ」と聴いたことのないものを注文しましたが、メニューにはありません。どんな食べ物だろうと思ってみていたのですが、普通の牛丼のようでしたが、アッという間にお兄さんの口の中にはいったので、何を召し上がったのかよくわかりませんでした。
そこで、渋谷の公園通りの入り口にある同じ牛丼チェーン店で、「ダ、クヌギ、ギョ、クデ 」を注文すると店員さんが「ポカーン」。私のホームタウン、トウキョウでも、僅か数マイル移動するだけで、これほど言葉が違うんですね。

結局東京の下町言葉って、英語でいうところのコックニー訛りなんですね。

そこで早速「スピードラーニング東京下町言葉講座」を申し込みました。ほとんど使ったことのない「江戸っ子下町言葉」でしたが、スムーズに耳に入るようになりました。今では地下鉄で門前仲町から「シンジク」「シビヤのテーコクホテル」へ行くタクシーの乗り方も判りますし、怒ったような下町言葉でも、実はすごく人情あふれる親切な説明なんだなぁ、と思える様になりました。私の大好きな一人カラオケの後、牛丼店で「ツユダク、ネギヌキ、ギョクシロ抜きつけて」と注文しています。

そんな「スピードラーニング東京下町言葉講座」今日は特別に「はてぶ」してくれた方にお試しCDと「(NHKアナウンス部吹替済の)男はつらいよ」シリーズの第一巻を無料でお送りします。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

スピードラーニング鹿児島弁講座

2016-05-28 15:30:49 | 日記
ラジオをお聞きの皆さま、おはようございます。イクシマピロシです。今回ご紹介するのは、”スピードラーニング鹿児島弁講座”です。
僕も初めてアメリカへいった時は、金なしコネなし、おまけに英語はダメでした。でも不思議なんですね。周囲が英語しかしゃべらないと、そのうち英語が身についてしまう。そんな私が日本に来る外国人にお勧めするのが、スピードラーニング。たとえ外国語大好きという方でも、方言は苦手。今回は鹿児島弁講座をお送りします。麻布でイタリア料理店を経営するイタリア人の方からのお便りです。
「私は、日本語は勉強したので、来日した時から、アザブに来るニホンジンの言葉は何とか慣れました。経営する料理店に日本のティストを加えたいので、日本料理のスープストックによく使われるドライボニートが、カゴシマにあるというので、出かけてみました。ハカタから、キュウシュウシンカンセンに乗ったら気持ちいい揺れですぐ眠ってしまいました。揺れ方がゆったりでフェリーボートに乗っている夢を見ました。乗物から降りて、タクシーに乗ると”オワンサド、ケイットコイゴ、ワスカ”と私が学んだことのない言葉で、話しかけてきました。”あれ、シンカンセンじゃなくて、ハカタから間違ってプサン行きのフェリーに乗ってしまったのかな、誤ってコリアに来ちゃった”と思ったのですが、パスポートも見せていないし、タクシーのドアも自動で開きましたし、駅前のロータリーの車はみんな左側を走っています。どうもハカタから間違ってプサン行きのフェリーに乗った様ではありませんでした。駅名を見ると確かに”カゴシマ”と書かれていました」
うーん、鹿児島弁は戦時中に東京とベルリンとの平文での暗号通信にも使われた、暗号のような言葉ですからねぇ。とても日本語には聞こえませんね。お便りの続きです。
「目指すカゴシマ料理の店へ行くと酔客がいて、”アノヒトサア、ルッカタヨンゴ、ヒンゴダバイ”という、どう聞いても日本語には聞こえない奇妙な言葉が聞こえるのです。酔客はよろよろと店を出ていきました。これでは、目的のドライボニートは手に入らないな、と気が付きました。やっぱり韓国でも日本でもなく、全く違う国に来たようでした。目的のドライボニートが見つからなかったので、トウキョウに戻り、”スピードラーニング鹿児島弁講座”を早速申し込みました。毎日仕込みの時に15分聞き流すだけです。”ラストサムライ”のストーリーと共に進む鹿児島弁講座でしたが、日本軍の暗号に使われたくらい、ナバホ族の言語の様に難解でした。そんな時、経営するレストランに聞いたことがある二人連れのお客さんが来たのです。炙ったボニートのカルパッチョと一緒に、鹿児島スピリッツがあったので、ドライでお勧めしたところ大変喜ばれました。そして、お二人はなんと鹿児島弁で話始めたのです。そして、何気なく聞いていると、お二人がビジネスの話をしていることが何となく理解できました。
今では、イタリアンレストランのメニューに、サツマテンプラのオムレツや、キビナゴのオリーブオイルカルパッチョなどを咥え、サツマのスィートポテトやブラックウィードのスピリッツなどを加えてお店は繁盛しています。」
って、すごいですねぇ。スピードラーニング鹿児島弁講座で、ナバホ族並みの難解な薩摩言葉をマスターして、お客さんの言葉を全部理解したんですね。おまけに商売繁盛。スピードラーニングでは、このように日本の独特な方言に悩む外国人や、日本人のみなさんのために、初回無料の「スピードラーニング薩摩弁講座」の無料CDをお送りしています。
方言は習うより慣れよ。
スピードラーニングからのお知らせでした。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

スピードラーニング山形弁講座

2016-05-28 06:28:10 | 日記
スピードラーニング山形弁講座のご案内です。
勉強は嫌い、特に外国語の勉強は英語でいつも5を取っていた私でも勉強は大嫌いです。でも赤ちゃんは勉強はしませんよね。海外の習慣だって勉強はしません。そんなあなたにおすすめなのがスピードラーニング山形弁講座です。
今日は、京都にお住まいの方からのご経験談をご紹介します。
「私も主人も、生まれも育ちも京都です。お上品な言葉しか知らなかったので、大阪でもせいぜい船場言葉まで、六甲のロープウェイに乗ったときは、周囲のみんながヤクザ言葉に聞こえ生きた心地がしませんでした。ただ、亡くなった父は幼いころ山形から京都に越してきたので、嫌いな勉強をしなくても山形弁にはそれほど抵抗はなかったつもりです。しかし、祖母が暮らす山形の山中の集落へ初めて行った時、”アゲレ、ニサコワイガハ、ママダズ”と言って、鯉の煮物の支度をしてくれましたが、いくら肉親だと言え、何を言っているのかわからないし、旨くもない鯉の煮凝りにお礼をしようにも分かりませんでした。やはりおばあちゃんと、まともなコミュニケーションもできないと、親戚の間でちょっとコッ恥ずかしい思いをするので、思い切ってスピードラーニング山形弁講座を試したのです。もう”桃山から西、叡山から東は外国だ”という刷り込みがあるせいか、NHKの7時のニュースでも、随分荒っぽいアズマ言葉だと思っていた私は、聞き始めは恐る恐るという感じでした。はじめは何を言っているのかわかりませんでした。スムーズなストーリーの説明があるので、内容は何となくわかるのですが、やっぱり親戚の法事は怖くて行かない方がいいのかな、と思いっていました。しかし、どうしても外せない法事だったので、山形新幹線の赤湯駅から”フラワー長井線”という”どローカル”な鉄道に乗り換えて、東北の夏の景色や最上川を眺めていた時、地元のおばあさんが”ジョッピンカッテハ、ワラスサザデッショリハ、ゴショガッタズムツコイガ”、”ジョシャネェズ”という意味が「鍵かけて子供をたっぷり叱ったよかわいそうだけどね」「簡単な事ね」と意味まで解ってしまったのです。おかげで、法事で鯉の洗いを肴に酒を飲みすぎて真っ赤になっている伯父と叔母の掛け合いの意味まで解ってしまいました。鯉料理が山形は法事での最高級料理だと、初めて知りました。次は”おしん”のDVDも字幕なしで楽しめそうです」
というお便りです。凄いですね。日本中の本屋を探しても、山形弁なんかに辞書なんてありませんね。辞書もない、事例もない言葉を勉強もしないでも、自然と身に付き、苦手な鯉の煮凝りも楽しめたのですね。次は”おしん”ですか。楽しんでくださいね。
という、今回ご提供する”スピードラーニング山形弁講座”、お試し版には、東宝さんのご厚意で「スイングガールズ(南置賜弁字幕なし)」をなんと無料でお付けしてお送りしています。
スピードラーニングでした。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

スピードラーニング大阪弁講座

2016-05-20 13:49:02 | 日記
日本に在住の外国人の皆さん、日本語にはNHKニュースの「ニホンゴ」と関西で通用する「オーサカベン」がある事をご存知ですか。今回ご紹介するのは「スピードラーニング大阪弁講座」。江東区葛西にお住まいのインド出身の、マジャハル・ビハンディさんからのお便り読みますね。

「日本語を勉強して日本に来てから4年。葛西のスーパーではインド料理の食材やカレー用の香辛料がありますので、日本で暮らす事にも、テレビのニュースを見ていたので日本語にもすぐ慣れました。でも、アキタ県出身の友人の付き合いでオーサカへ行った時、駅のエスカレータで左側に立っていると”ナニボー、トシトンジャ、ド、ツクゾ、ド、ケワレ、コマシタ、ルデー”と言われたとき、”ケワレ”の意味が分からず、その言い方が余りにも怖くて困っていました。友人によると”オーサカという所は日本語が通じないのよ”と言われ、興味本位で”聞き流すだけのスピードラーニング大阪弁講座”を毎日10分だけ、NHKのニュースの後、聞いていたんです。そうしたら、ある日、日本のコメディ番組で”モーカッテマ、ッカ?”、”ボ、チボチネ、ン”という単語が自然と聞き取れ、二人が仕事の話をしているという事がわかりました。今では苦手だったタコボールパイもホルモンオコノミパンケーキも大好きになりました。今度はコーシエンに行ってボルネオタイガーがプリントされたハッピコートを着てベースボールを観戦するつもりです」

って凄いですね。阪神ファンになるなんて、普通、日本でも珍しいですよ。

聞き流すだけで大阪弁が聞き取れる「スピードラーニング大阪弁講座」今回はなんとあの早口で有名な「オーサカ・マンザイ・コメディ」DVDをセットでなんと無料、無料でお送りします。これで朝日放送のローカルコメディ番組特有の「ボケ・ツッコミ」も聞き取ることができるといいですね。スピードラーニング大阪弁講座のご紹介でした。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

IT業界の悪文:ツールのダウンロードリンクしかねぇじゃん。

2016-04-22 09:00:32 | 日記
Subject: 【神様お客様】RE: ヘルぺスLED点滅の件(受付番号:4358386133-472 )
J19

神様お客様
ご担当者様

いつもお世話になっております。
日本ヒューレット・バカバカリ・サーバー担当 馬鹿歳三でございます。
本日は外出のようで、メールにて失礼いたします。

弊社の管理ツールの種類は、以下の通りでございます。

○HH System Management Homepage (SMH)
○IMA
1. HH System Health Application and Command Line Utilities
2. HH SNMP Agents
3. HH System Management Homepage Templates
○HH Insight Diagnostics
○HH Smart Storage Administrator (SSA)

詳細のダウンロード先は以下のようにご案内いたします。

HH ProLiant サーバー - System Management Homepage (SMH) と Insight マネジメ
ント エージェント (IMA) のインストール方法 (Linux)
http://h20565.www2.hhahoahoaho.com/hpsc/doc/public/display?docLocale=null&docId=emr_na-c03065327

○RECOMMENDED * HH System Management Homepage for Linux (AMD64/EM64T)
http://h20566.www2.hhahoahoaho.com/hpsc/swd/public/detail?sp4ts.oid=4091411&swItemId=MTX_e8fede0963eb4a54884625fa24&swEnvOid=4049

1.HH System Health Application and Command Line Utilities for SUSE LINUX
Enterprise Server 11 (AMD64/EM64T)
http://h20566.www2.hhahoahoaho.com/hpsc/swd/public/detail?sp4ts.oid=4091411&swItemId=MTX_d3439b3d9b0949429ffb7cdd01&swEnvOid=4049

2.HH System Management Homepage Templates for Linux
http://h20566.www2.hhahoahoaho.com/hpsc/swd/public/detail?sp4ts.oid=4091411&swItemId=MTX_15c87bdc1632468382b3bb313e&swEnvOid=4049

3.HH SNMP Agents for SUSE LINUX Enterprise Server 11 (AMD64/EM64T)
http://h20566.www2.hhahoahoaho.com/hpsc/swd/public/detail?sp4ts.oid=4091411&swItemId=MTX_20bee17f4fb6462b97f507b911&swEnvOid=4049


○ RECOMMENDED * HH Insight Diagnostics Online Edition for Linux (x86-64)
http://h20566.www2.hhahoahoaho.com/hpsc/swd/public/detail?sp4ts.oid=4091411&swItemId=MTX_5d7a6fe262ee43f780f6c74103&swEnvOid=4049
*ページ内のインストール方法をご確認いただければと存じます。

○HH Smart Storage Administrator (HH SSA) for Linux 64-bit
http://h20566.www2.hhahoahoaho.com/hpsc/swd/public/detail?sp4ts.oid=4091411&swItemId=MTX_f1e7b5d721eb4fa489b46c4476&swEnvOid=4049
*ページ内のインストール方法をご確認いただければと存じます。

万が一ご不明な点がございましたら、お気軽にアホナキャク・サポート・センターまでお問い
合わせいただければと存じます。

以上、ご査収の程宜しくお願い致します。
日本ヒューレット・バカバカリ株式会社
アホナキャクノサーバー担当 馬鹿歳三


このアホな担当者は、ツールのリンク先を教えて偉そうにしているだけ。ちゃんとマニュアルもあるんだから、マニュアルのリンクも書けよ。完全な手抜き。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

時代遅れのセキュリティの基本

2016-03-27 11:18:49 | 日記
今でも笑っちゃうような古いセキュリティポリシーってあるもんです。

- 添付ファイルのパスワードと別便送付 -

「ファイルを添付する際はパスワードをかけて、別メールでパスワードを送る」というルールはどれほど意味があるのでしょうか。30年前のインターネット勃興期であれば、バケツリレー方式でメールが送られるわけだから、間にあるコンピュータでも電子メールは読み放題だったかもしれません。「カッコウはコンピュータに卵を産む」の1980年代なら十分にあり得るセキュリティ対策だったでしょう。

また20年前のダムHUB全盛時代であれば、メールサーバーにスニッフィングかければ、電子メールのパスワードだって本文だっていくらでも読むことができました。

電子メールの仕組みは今も同じです。パスワードをメールサーバーに平文で送って、平文でメールを読む。だがスニッフィングで電子メールのセキュリティが破られたという話は最近とんと聞かない。むしろ社内のネットワーク管理者が一番怖い。金融機関とかだったら、そういう専門部署だってありそうですね。

それは、スニッフィングできないスイッチングHUBと、ISPの守秘義務のおかげです。スニッフィングするためには特別なポートにスニッファーをつながない限りできません。もちろん、裁判所の許可がなければ通信の無断傍受で重大なペナルティでしょう。「カッコウ...」の時代のように、どこの誰だかわからない経路を通るという事はないのです。

という事で、我々が送るメールの送信元と、宛先の間に流れるメールパケットはよほどのことがない限り読みだすことは不可能でしょう。しかも狙ったメールは膨大なトラフィックから見つけ出さなければならない。恐ろしいほどの根性か、シカケを必要とします。圧縮された添付ファイルをトラフィックから取り出して、パスワードを解読する事はあまりにもコストとリスクの高い行為なのです。そのために、わざわざ添付ファイルを暗号化して、パスワードを別便で送るというのは効率が悪い。

問題は、添付ファイルは、圧縮を解かれ、コンピュータの中やファイルサーバーの中で平文化されて保存されていることなのである。そちらの方がよほどセキュリティ意識があまい。

たとえ添付ファイルと別メールでパスワードを送ったところで、解凍されてPCにある平文ファイルは危険にさらされているわけです。

二度手間をかけて、何の意味があるのでしょうか。もちろん、送付する内容が非常にセンシティブであれば、その程度の配慮は必要でしょうが、一般的な文書のやり取りに、こんな手間かける人は「一生やってろ」と言いたくなります。

そんな手間かけるなら、クラウドのファイル転送サービスの方がよほど安全でしょうね。

一番需要なのは「送信先を絶対間違えるな」という事なんですけどね。


- パスワードの定期的変更は効果があるか -

パスワードを定期的に変更しても、一旦破られたパスワードには効果がないでしょう。どうせ password123 が pasword345 に代わるだけです。辞書攻撃を受ければひとたまりもない。

一定の効果はあっても一時的なものでしかありません。

よく「フェイスブックのパスワードなら FBpassword123 でヤフーならYHpassword123 と変えて使いまわさないようにしているよ」という人がいるけれど、だいたいそんなルールはみんな使っているから、簡単に辞書攻撃されるでしょうね。既にパスワードによるセキュリティは崩壊しているのです。

これはもうソーシャルハッキングの世界かもしれませんが、古いパスワードに何かキーワードを付け加えれば、もう簡単に破られるものなのです。



- パスワードはメモに書くな -

このルールを考えた人は多分、新約聖書も旧約聖書もすべて暗記している、素晴らしいニンゲンかもしれません。ついでに般若心経も記憶してほしいくらいです。

実は昔、職場で支給されていたノートPCが実におバカな仕様で、Bios パスワードをかけているにも関わらず、再起動してもパスワードを聴いてこないんですね。電源を切ったときだけはパスワードを聴いてくる。しかもスリープから復帰した時もパスワードを聴いてこない。電源スイッチを押したときだけ初めて Bios パスワードが有効になるというすごくおバカなPCでした。

私は支給されたPCの Bios パスワードを支給されて速攻で変えたのにその甲斐が全くない。そのうち、忘れちゃうんですよ Bios パスワード。

そうして数年使っているうちに、PCがどうにもならず、再起動も受け付けないので電源長押しでPCの電源切ったら初めてパスワード聞かれた。焦りましたよ。全然覚えちゃいない。

ってことで周囲のみなさんに聞いてみたら、出てくる出てくるデフォルトのパスワード書いた付箋紙が引き出しの中からズラズラとですね。笑っちゃいました。

ま、これが実態というものです。

結局まさかと思っていた滅多に使わない危ないパスワード入れてみたら、ちゃんと動きましたけどね。
たいていパスワードなんて紙に書いてありますよ。手帳にね。特売サイトのパスワードとか、求人広告のパスワードとか、ニュースサイトのパスワードとかどうでもいいパスワードが何十種類とですね。

ただ、本当に大事な金銭が関わるようなパスワードなんて書いてありません。重要な聖書の語句のように、人の心に刻まれているものです。

よく顧客のシステムの初期パスワードを設定することはありますが、「パスワード変更の儀」を経て、パスワードは知らない事にしています。たいていわかるんだけどね。

- アカウントロックアウトのポリシー -

普通のシステムでは、ログインに数回失敗すると、アカウントがロックアウトされ、数分間ログインできないようになっているのですが、 Windows ではこの設定が標準ではありません。なのになぜかグループポリシーとして、パスワードの長さや複雑さを要求してくる。GPO の設定で複雑さや長さ制限をかけても、隣のアカウントロックはかけないところが何故かおおい。

もっともこのパスワード設定がGPOというわかりにくい処に設定できるのに、コントロールパネルのような、アクセスしやすい処に設定がないのも随分おかしいな、と思うのは私だけでしょうか。

アカウントロックのポリシーはブルーフォースアタックには一番効果的だと思うのは私だけなのかしら。

実際、iPhone のパスワードロックは4桁の数字が基本です。アカウントロックのポリシーがないので、9999回の力技のトライで簡単に画面ロックが解除できてしまいます。


- 頼むから root でダブルクリックしまくるなよ -

ある、お客さんのところで、中途入社のシステム管理者に業務を引き継いだことがあるのですが、なんと彼、そこら中にあるアイコンをダブルクリックしまくるのですね。もう目がテンになりました。メールの添付ファイルももちろんダブルクリック。

頼むから止(辞)めてくれ、と心の中だけじゃなく、実際口に出していってしまいました。

もちろん彼が数日後に馘首されたのは言うまでもありません。

でも多いんでしょうね。目の前にあるアイコンを何でも「ダブルクリックして開きまくるシステム管理者」ってね。

本当は右ボタンメニューを開いて「何か怪しげなメニューが出ないか」を常に注意すべきことなのですが、オブジェクトを右クリックして相手が実行ファイルであっても「開く」というメニューしか出ないのは問題ありだな、と常に杞憂しています。
メールの添付ファイルだったらまず、保存してスキャン。
「Word で開く」とか「偽装したZIPファイルを実行」「ヤバいVBスクリプトを実行」とかもっと確実な情報を出して欲しいものです。

右ボタンを押して、ZIP ファイルを偽装したアイコンであれば「開く」ではなく「実行する」とか「実行しちゃうけどイイの?」くらいのメニューにしてもらいたいものです。

- 生体認証は安全の嘘 -

生体認証は怖い。もし漏えいでもしたら、指を切り落とさない限り、リセットできないのである。指紋認証をリセットするためには、新宿歌舞伎町の裏にある雑居ビルの3Fあたりにある「✖✖興業事務所」で「落とし前」をつけなければならない。ろうえいしたらタイヘンな個人情報、認証情報なのですね。

実際、マレーシアあたりでベンツを盗んだ窃盗団がオーナーに落とし前をつけさせたことがあるらしいですけどね。

- P2P は使っていない -
P2P つかっていますよ。だって Windows10 の Windows Update はデフォルトで P2P なんだもの。


--

こうした「今では時代遅れ」のセキュリティポリシーがまかり通っている、という事は、新しく策定すべきセキュリティポリシーにも対応できていない、つまりセキュリティポリシーのPCDAサイクルが機能していないということなのです。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

嘘ばっかりの Wikipedia

2015-12-14 07:23:35 | 日記
Wikipedia は嘘ばかりである。なぜならワシが執筆しているからだ。

こないだ、某SI屋のセールスマンと話をしていたら、ワシが書いた嘘ばっかりの Wikipedia の内容をそのまんま話しているのを聞いて苦笑してしまった。

--
問題は、Wikipedia 日本語版では「他国語版を翻訳したもの」と見做されると「削除依頼」のリストに入ってしまうという事だ。

したがって、他言語版に記述がある文章をそのまま「翻訳とみなされる」記述はできない。

だから、ほかの言語で「まぁ割と正確だな」という内容をそのまんま書けないのである。他の表現や引用元を使って「オリジナルな嘘」を書かなくてはいけないという事だ。

だから、Wikipedia のニホンゴ版には微妙に「正しくない表現」で嘘記事を書かなければいけないのである。

--
「嘘は嘘と見抜けなければネットの世界は歩けない」

とは西村某が言った事だが、Wikipedia の日本語版でも全く同じ事が言える。

困った事に Wikipedia は非常に検索したときのヒット率が高く、影響力が大きいという事だ。記事さえ書けば、一部の団体への利益誘導なんて簡単にできる。

Wikipedia は書いたもの勝ちである。仮にバカな執筆者(つまりワシのこと)が、某団体の活動(まともだよ)をヨイショするような記事を書いても誰も検証しない。もっとも、その活動をやっている某団体と同じような活動をしていいる団体が他に居ても、執筆者はそんなこと知らないわけだから、自然と某団体のヨイショ記事になってしまう。

自分が関連する事に関して記事を書かない、というのが原則らしいのだが、そもそも自分が関心がない事は記事にならない。参考出典に「自分が書いた本を参考にしました」と出典明記しても、別に「利益誘導だっ!」って事にはならないだろう。そもそもそういう事柄を研究して、詳しいから記事にしているだけなのである。ど素人が書く記事よりよほど正確である。

よく芸能人が「私の出身地の地名が間違っているので誰か修正してぇ」という発言があるが、だったら自分で修正すれば良い。

--
そもそも削除屋さんって何やっているヒトなのかわからないが、Wikipedia 上で正当に会話しているようには見えない。Wikipedia で会話しているンじゃなくて、メールとかで連絡しているんじゃないのかな。じゃなければ、削除屋さんの大元も気が付いてしまう。

削除屋さんの大元というのがいるらしいのだが、大元を通さないでお互いに、記事に茶々を入れるような感じなんだよな。ちなみに大元さんは記事の投稿そのものに茶々を入れる権限はないらしい。削除屋さんを指名する権限しかないそうだ。

そもそも、こんな推測ばかりの事を書くわけだから

「嘘は嘘と見抜けなければネットの世界は歩けない」

というのは名言だ。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

本日の味スタ 2015/4/19 FC東京 VS. 広島

2015-04-19 18:03:33 | 日記
首位なのに、24,000 人。まぁ天気はいいけどちと寒い。

で本日の東京のやる気システム。

GK権田(日本代表)
DFに徳永(元ロンドン代表)、吉本、モリゲ(日本代表)、太田コースケ(日本代表)
蟹蟹2カニーニは本日お休み。
ボランチに高橋秀人(元日本代表)
左右に米本(日本代表補欠)、10番梶山
トップ下に河野
2トップ、武藤ヨッチ(日本代表)石川ナオヒロ(元日本代表)

蟹蟹がいないので奈良と丸山が控え。

ヨッチのプレミアムリーグ移籍はとりあえず封印。出場機会のないヨーロッパでやるより今はJでがむばってほすい。

そのヨッチが梶山のこぼれ球に反応して、0分でいきなりズドン。

盛り上がるG裏だけど、嫌な流れだなぁ、と思ったのはワタスだけ?
こんな早い時間帯で先制して勝った記憶がない。

案の定10分後には同点弾を食らう。

縦パスを上手く使う広島に対して横パス、バックパスが目立つ東京。

ハーフタイムで羽生先生投入。米ちゃんお疲れ様。

かなり危ないシーンをオフサイドで乗り切るが、後半もう一発。

最後のロスタイムで、権田が上がってヘディングするが、これもオフサイド。

ウナダレル飛田給。権田の冗談みたいなオフサイドがなければ、みんな本当にうなだれていただろう。最後に笑いと根性を見せてくれた権田に乾杯。あれがなければタダの負け試合だった。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

IT業界の悪文:「させて頂きます」を撲滅しよう

2015-04-14 09:45:12 | 日記
言語は時代と共変にわる。この事実は否定しません。しかし IT業界のみならず「させて頂きます」という表現が、「あまちゃん」の正宗パパの様に

「イラッ!」

と来る人が多いのも事実なのです。つまり「気に入らない表現である」と考えている人が、恐らくワタシ程度の中高年を中心に多いという事実を、頻繁に使う人は知っておくべき事です。

先日、友人が某マックロソフト社のプレゼンテーションで「させて頂きます」攻撃で撃沈され、その後ヤケ酒飲んでブチ切れていました。それくらい「させて頂きます」は聞いている側をアル中化して廃人にする「言語兵器」なのです。

いやぁ、高校時代の歴史の教師だったンですが、やたらと語尾に「ね!」を付ける先生が居ましてですね、クラスの皆ンなで「あの先生は何回(ね!)を言ったのか数えようね」というプロジェクトがありましたね。

勿論、その授業の45分間はだぁれも、先生の授業の内容なんて聞いていませんね。必死に『笑い』をこらえてノートの片隅に「正」の字を書き続けていましたね。

たまに「させて頂きます」を速射砲のタマの様に投げつけてくるヒトのプレゼンテーションなんかを聞くと、思わずメモ帳の端っこに「正」の字を書きたくなりますね。

それくらい、耳障りで、集中できないンです。こりゃ「させて頂きます」によるプレゼンテーション破壊力です。私にとってはテロと言って良いでしょう。

聞いている側はもう全然内容に心が向かない。プレゼンテーションの最終兵器、テポドンと言って良いでしょう。これを連射されると、最終兵器食らったみたいに聴衆は固まって大人しくなります。

ただ呆れて「この馬鹿は一体何を言いたいのだ」

と思ってしまうくらいの稀薄性ガスのような、誰かがライターをカチリと付けると火が付きそうな、陰湿なブワー、ザワーっとした空気を製品の発表会場の中に充満してくれます。

困ったことは、「させて頂きます」という言葉にこれほど破壊力があるにも関わらず、それであきれ果てている聴衆が「感動してオレの話を聞かせていただいている、皆さんはワタシの神の様なプレゼンを聞かせて頂き、感動されているのだ」と馬鹿な話者が神にでもなったキモチで非常に困った誤解をさせて頂いていることなのです。

ただ、皆様、ツマラナいプレゼンテーションに下手な坊さんの法話並に飽き飽きしているだけなんんです。不幸にも気が付かないのは本人だけ。

やっぱりヤバいなぁと思うのは、低能人のテレビ会見の模様で「出演させていただきありがとうございます」なんていう表現がメディアで流れて「これが正しい表現だ」と思われてしまう事なのです。

こいつら本当に台本読めるのか、心配になります。

ただ、台本には恐らく「させて頂く」を連発させる様な台詞は少ないでしょう。台詞の中に「させて頂く」を連発させる脚本家は、あえて演者を「阿保ゥで卑屈で低能な役」に見せるために意図的に書いているように見えます。大抵そういう役割の役者にこの台詞を進呈しています。

つまり「させて頂く」という表現は極まりなく「低能で卑屈でわけのわからない事を言うヤツ」を意図的に作り出すには非常に便利なツールなのです。

まぁ芸能人なんてのは、ドラマに出るのも自分の意思よりも、プロデューサーだとかスポンサー様のご意向があるわけで。「させて頂く」行為そのものは、それほど不自然に感じない。

それをIT業界のプレゼンテーション馬鹿が、誰も頼んでいないのに真似る。悪循環なのですな。

--
なぜ、「させて頂く」がIT業界(たぶんノミならずなんだろうけど)にこれ程はびこるか。


まず、徹底的に撲滅したい、と思うニッポン人がいない事。失礼にならない程に突っ込んであげられない事もあるのでしょう。日本語教育、特にビジネスマンとしての日本語教育が行き届いていない事を痛切に感じます。おおよそ、その様な日本語教育を、新入社員教育としてできないという企業側の事情もあります。

余りにもIT業界の中で「させて頂く」がはびこっているため、ま、言わば「ギョーカイ用語」化している事に問題があるわけです。


一度書いた事があります。「させて頂く」とか「思います」を連発するIT技術者、プリセールスエンジニアは、まず自分の言動に対する自信の欠如が大きいのです。自信に裏付けられていれば、「させて頂く」とは言わず「できます」「実績があります」「この仕様で検討します」と自信を持って答えられる。

自信がなければ「実績はありませんので調べます」程度に言ってみればいい。極めてお役所言葉に近い表現かも知れないが、「実績がないので調べさせていただきます」より、お役所コトバ度が低いはずです。

本当に「させて頂く」を撲滅するには、連発するニンゲンのスピーチをシカトするしかありません。不買運動でも構いません。もし商談で

「この値段にさせて頂きます」
と言われれば
「誰もこの値段にしろと言った覚えはない!」
と激怒してみましょう。

「させて頂きます」がスリッパに張り付いた便所虫以下の土の中に棲む卑屈でふてぶてしい言葉である事を気づかせることが重要なのです。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

本日の味スタ 2015/4/4 FC 東京 VS. 甲府

2015-04-05 11:10:03 | 日記
花見の最期のシーズン。味スタ通りの桜並木埋め尽くす 20,700 人の観客


本日のやる気システムは

GK日本代表:権田
DFは:右から徳永、蟹2、ニッポン代表モリゲ、ニッポン代表太田コースケ。
ボランチに最近先発が多い、東京の10番梶山
左右に三田とニッポン代表サブメンバー米本
トップ下:河野
2トップは、ニッポン代表武藤ヨッチと復活の石川ナオ。

これだけ代表選手が多いのに、ちょっと観客が少ないぞ。甲府はやる気あんのか?

マッシモ監督は、ちょっと三田に期待していたみたいで細かな指示が飛ぶ。

前半は、圧倒的にトウキョウペースで試合が進む。15分、米ちゃんのロングパスが飛び込んだ石川ナオにポトリ。そのままGKと1対1でズドン。

以上、オシマイ。

じゃぁ面白くない、後半、モリゲのPKもヘッド弾も全てバーに弾かれ追加点ならず。

後半は、最近信任厚い羽生さん、腰を痛めたヨッチの代わりに前田、三田に代わって秀人が入ってダブルボランチとなる。後半の厳しい甲府のパワープレーを権田がセーブして

眠らない街。

二勝二分で何故か同率2位。この4節で、全勝も全敗もない混戦模様。昇格組も良い仕事をしている。面白いリーグ戦になってきた。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

本日の味スタ ナビ杯予選 FC東京 VS. 新潟

2015-03-19 00:53:58 | 日記
平日のナイターで 9,400 人。ほんのり春の香り。

今日のマッシモ監督のやる気システムは

GK権田
DFに徳永、モリゲ、吉本、丸山、コースケは控えにいない。
ボランチに秀人、左右に三田、ヒガシケーゴ。
今日は米ちゃんも梶山もお休み。
トップ下に石川ナオ。
2トップ、ヨッチと林ヨーヘイ。

もうウォーミングアップの途中から「ナオ」コールが始まる。

今日は、コースケも米ちゃんも梶山もいないし、前田、河野、羽生、カニーニが控えというメンバーだ。試してくれ。ヨーヘイ。ナオ。決めてくれ。橋本拳人も控えている。

試合が始まって、いきなり2分で失点。嫌ぁーなムードが流れる。

ヨッチと林に繋がらない。とにかくレオ・シルバに奪われるンだよね。危ない所は権田が何とか凌ぐ。あまり動きは良くない。

で、今日はあまり面白い試合じゃないなと思った後半、羽生が入って流れが変わる。

後半19分。ナオが自分でセンターに運んで自分でシュートを決める。もうG裏は大喜び。前頭2枚目が白鵬から金星を取ったように感涙にむせぶ本日の味スタ。

あまり調子が良くなかった林容平がPKを獲得して更に2点目。

久しぶりに歌う「眠れない街」
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

IT業界の悪文:「思います」は小学生の読書感想文

2015-03-15 11:36:57 | 日記
某大手外資系ITサービス企業の社長さんのブログを引用しました。

別に私にこの書き手さんへの悪意はありません。でも指摘の仕方が悪意だらけなのはご愛嬌。

この文章には「思います」の乱発です。10個まで数えましたが、多すぎて諦めました。


ネットのビジネスを約20年ほどやっていますが、どんな人材が向いているのかということについて考えてみたいと思います。

-考えているわけだから「考えてみたいと思います」という意味がわからない。これを英語で翻訳すると I think, I try to think about.... となるわけで、はっきり言って冗長です。もし彼の秘書が、「この文章を英訳しておいて...」 と頼まれた秘書は悲鳴を上げるでしょう-



ネットビジネスのコアは人材なので、一緒に働く仲間とそのチームワークがとても重要です。なので採用がとても大事で、また教育も大事です。ただ教育は本当に難しく、教育というより本人の生き方を変えるところまでしないと本当の意味で活躍出来る人材には育たないと思います。

-単に「感想文」です。本当に「大事です」なら「人材は育ちません」とでも書けばいい-

それで向いている人材ということですが、まず一般的な部分から言うと変化に強い人です。IT業界は変化が速いのでその変化を楽しみ、且つ強みに変えられる人材がとても重要だと思います。ただ一方で矛盾するのですが変わる時に何故変わるのかきちんと理解し、それに疑問があれば変わらない提案が出来ることも重要だと思います。変わることが単なる流行りで終わるのか、そうでないのかという深堀が次のイノベーションを生むと思います。

-「変化が早い」から変化に強い人が重要だというのはわかる。しかし「思います」で〆てしまうと単なる感想文に終わってしまう残念な文章。素材はいいし調理もいいのだが、仕上げに必ず「思います」のカレー味のケチャップを掛けただけの残念なコース料理です。-

次に向いている人材は、常にユーザー目線を持っている人です。世間がどうとか、組織がどうとか、モチベーションがどうとか色々な言い訳があると本当に良いサービス提案は出来ないと思います。社内の企画会議で色々な意見が出た場合、プロジェクトリーダーがその中間をとって調整する場面を見かける事がありますが、これは最悪で私たちは常に利用者の事を考えて意思決定をしなくてはいけないと思います。そのためには提供する価値を定義し、それを実現出来るか出来ないかでメンバーに嫌われてもその価値を作り出すことに集中出来ることが大事だと思います。ただ勝手に決めるというよりはメンバーとのコミュニケーションはとても大事だと思います。何故その価値を提供するのか可能な範囲で開発者やデザイナーも理解して欲しいと思います。そうでないとメンバーの力を最大化出来ないし、早いスピードで変化する度にいちいち説明が必要になってしまうからです。


- この1センテンスに「思います」が4回。トマトソースのスパゲティにカレー味のケチャップとタバスコたっぷりのテイストです。
というかこの人は本当にITビジネスのリーダーなのでしょうか。現場を見ていないから「~です」と書けずに「思います」と他人事の様に語っています。-

3つ目に向いている人材は分析力が高い人です。ネットの世界では多くの情報がログとして残りそれらを分析することで利用者の動向を把握することが出来ます。これを生かすことがとても重要だと思います。もちろん感性や感覚も大事ですが、逆に数字なんてどうでも良いという人は向かないと思います。仮説を立て、結果を見て分析し解決するということはサービス設計のベースにあるべきかと思います。ただ一方で目の前の数字だけに頼ってしまうと利用者の変化を見逃すことがあります。それは自社の利用者のみに偏ってしまうからです。特には感覚的に広い視野で判断することも大事です。

-このセンテンスには一か所だけ「思います」が使われているのが残念です。しかし、言いたいことがストレートに表現されているようです-

後もう1つ追加でというと上の3つほどではないのですが技術に関して理解をすることも大事です。プログラムを見て理解できるように!ということではないのですが例えば最近だとWEBとアプリは何が違うかとか、クラウドってどんな価値が提供できるか、クライアントとサーバだとそれぞれどういう役割を持たせたら良いかなど最低限の部分は理解して欲しいと思います。

-この方の論旨は「人材論」のようです。残念ながら人材論ではなく「人材希望論」に終わってしまうような印象を「思います」で〆ています。残念です-

以上4つあげてみましたが皆さんはこれに当てはまるでしょうか?林川はどうなんだ!と言っている人もいるかも知れませんが、ネット業界のような厳しい業界で成功する人はほとんど全ての業界で成功できると思っています。ぜひ皆さんこの荒波を乗り越え成長しましょう。


-「皆さんは」と語りかけているという事は、彼は何かを必死に伝えようという意図があるわけです。強い気持ちが「思います」の一言で、デザートのアイスクリームのカレー味のケチャップ味に仕立てあげています。折角の素材がいい繊細な料理なのに、カレー味のケチャップをぶちまけて、すっかりテイストが台無しになっている残念な文章です。-

中々、良いことを書いているのに、これだけ「思います」を多用する「私の主張」を読んでみると、単に「私の感想文」に終わっているのが非常に残念な悪文事例です。本当にこのヒトはニッポンジンなのでしょうか。表現の貧弱性を疑います。ここのITサービスは仕方がなく加入しています。トップがこの様な貧弱な文章しか書けないのであれば、恐らくプレゼンテーションとかインタビュー記事などの中身も貧弱なのではないか、サービスそのものも貧弱じゃないか、と余計な事を想像してしまいます。


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

本日の味スタ 2015/3/14 VS.横浜FM戦

2015-03-15 08:36:48 | 日記
今シーズン最初の味スタホーム戦。観客3万人越え。

分身の術を使い縦横無尽に駆け回る中村俊輔を欠く横浜にはアデミウソンが新加入。こいつ若いのによくチョコマカ動くんだな。

ハリル新監督が臨席する中で、日本代表ベストメンバーを揃えたトウキョウはどう戦うのだろうか。

ということで、マッシモ監督が選んだ本日のやる気システム。

GK:権田(1だぜ)
DF:徳永、カニーニ、モリゲ、コースケ。
ボランチ、梶山、左右に羽生と米ちゃん。
トップ下は河野。
トップにヨッチと新加入の前田遼一。

昨年のエドゥの代わりに前田が入った程度で、ほとんど変わらない昨年後半と同じやる気システムだ。やっぱりヒマラヤの不在と、和真、エドゥの離脱は大きい。大砲をどこかで調達するんだろうな。

前半は完全にトウキョウペース。横浜はせいぜいカウンター狙いしかできない。かと言っても、ヨッチや前田の前にポトリとボールが落ちるわけでもなく、いいペースなんだが決まらずハーフタイム。

後半は5-5、攻める横浜、守るトウキョウ。兵頭のシュートを権ちゃんが好セーブ。かと言って、一方的に攻められている訳でなく、組織的にちゃんと攻撃もするが、横浜の中澤の守備の上手さからのカウンターも結構キビシイ。ヨッチのCKからのヘディングがゴールポストを叩く。

東ケーゴ、秀人、先週の疲れが残るコースケに変えて丸山を投入するが、結果はドロー。

--
まだ、味スタ通りに「サクラ咲かず」

これで勝ち点は2点目。まだ本格的な始動には至らず、
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

IT 業界の悪文メールの例:このメールで客も激怒!プロジェクトは遅延

2015-01-30 21:25:43 | 日記

客を激怒させ、プロジェクトを3週間遅延させた悪文の事例。

T株式会社はDelo 社の NetBaca を導入するため、以前より利用していた HX 社のデバイスの後継製品(ScoreOnce)を導入する予定で機種選定を行いました。(ほとんどイニシャルトーク)ところがこの後継製品、余りにも新しすぎて Delo 社では NetBaca での動作実績が記載されていない。という事で、HX 社での社内評価を尋ねた結果がこれだ。

-ここから-

T株式会社

システム担当主任

島謙作 様

いつも大変お世話になっております。
日本hx 営業本部 
齋藤某 と申します。


弊社のテレマーケットのメンバーよりエスカレーションを受け、本メールを差し上げ
ております。
この度はHX ScoreOne の導入をご検討いただきまして誠にありがとうございます。

ScoreOneとNetBaka システムの動作検証結果がわかる資料のご要望をいただいている

とのことでしたので、下記資料のURLをお送りいたします。
資料の7ページ目に、ScoreOne の各VersionとNetBacaのVersionの対応表が掲載さ
れておりますのでご参考にして頂ければ幸いです。

http://www2.hx.com/hpsc/doc/public/ja_JP

どうぞ宜しくお願いいたします。




--ここまで--

この斎藤某は「資料はある、このURLのこの部分を読め」と言っているに過ぎない。こちらとしては要件を全て明らかにして問い合わせているにも関わらず、資料を出しただけで、その資料のどのポイントを見て、どの様な判断をすればよいかを全く明確にしていない。こちらとしては「動くか動かないか」の実績を尋ねているだけなんだけど、その結果の判断を、資料を提出して、判断を顧客にゆだねている訳ですね。

100歩譲って、テレフォンアカウントとか間の代理店との連絡の行き違いがあったかも知れない。しかしHX社の代表として回答を出しているなら、もっとしっかりした回答をすべきである。大手ITベンダーにありきたりな、ベルトコンベアー式、無責任、流れ作業、責任はワシ持たンもんね的な回答である。

これでHX社の評価が顧客内で大きく下がったことは言うまでもないし、顧客の機種選定が混乱して、他社製品を導入しようか、という判断にまで広がってしまったのである。何しろ、この1月に新社長に代わった HX 社、業界内部ではエラク評判が悪い。ワタシも一度会ったことがあるけれど、セールス能力もエンジニアリングセンスもない、ただのマーケット屋だ。

本来であれば、

「このマトリクスによれば、Y軸とX軸で一致するので、お客様のご要望にはほぼ問題ないと判断できます。ご不明な点は改めてお問い合わせください。調査します」

とでも書けば、それで済んだ所なのだけれど、判断を全て顧客に委ねてしまったことで、顧客の疑心暗鬼がさらに深くなってしまった悪文事例である。

根拠を示して、結論を述べる事は重要であるが、根拠だけを示して判断を出さないのは最低だ。まして判断を出さずに暗に顧客に判断させようとするのは完全な責任逃れである、とワタシは思ふ。

おかげでシステムの導入時期が3週間遅れてしまった。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加