陽だまり

孫の成長と
大好きなワライナキと
日々の出来事を素直な言葉で綴っていきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ご無沙汰です・・・(;´・ω・)

2016-12-04 21:01:49 | 日記

またまた2ヶ月放置してたブログ・・・

でも、この2ヶ月いろいろありました

①11月1日に人生で初めて骨折しました( ;∀;)しかも2日後に仙台にいくというタイミングで。幸い、足の薬指を固定するだけの処置だったので強行突破で予定通り行ってきたけど。。。

全治1ヶ月ということで、今はほぼ完治。

②3泊4日で福岡のいっちゃんと仙台のコブクロツアー参加からの宮古に行ってゆったり楽しい時間を過ごしました。岩泉でのボランティアの予定は直前の骨折というアクシデントに断念・・・その分、浄土ヶ浜でこんなにゆっくりしたことないなあっていうくらい満喫。マリンハウスでいろんな出会いがあったり、夜は2日連続たくさん笑ってもっと仲良しになって、もう親戚か家族かっていうくらい気持ちが繋がるのを感じました。

③義母がグループホームに入所しました。

夏に体調を崩すことが多くて一人暮らしの限界を感じ、家族で相談して申し込んだものの、入所できるのはもっと先かと思っていたら、ビックリポンΣ(´∀`;)

慌てたけど、冬を目の前にして不安もいっぱいやったので、入所を決めました。まだ慣れずにいろいろ気になる言動はあるけど、受け入れつつ、施設にお願いしているところです。

⑤父と3姉妹の富士五湖めぐりの旅を満喫しました。

ホテルから眺めた富士山、そして朝日が昇る絶景は感動でした。

忍野八海もよかったな〜食事も美味しかったし、満足満足(^^♪

前回よりかなり体力が落ちたと実感した父と、あとどれだけ旅ができるのかなって思った今回の旅でした。

④義父が誤嚥性肺炎で入院し、肺炎は回復したのですが、病院と施設との面談で(義兄が出席)退院して施設で「終末期の見取り介護」という書面でも交わしました。

明日は、次女を連れて日帰り帰省しておじいちゃんとおばあちゃん廻り(笑)

お見舞い&面会&実家にも寄ってきます。

 

 

そんなこんなで慌ただしい毎日です。。。

でも、そんな中、孫たちは日々成長しています。特にてっちとみぃちゃんの兄妹喧嘩が激しく、娘はげんなりしていることもあるけど('◇')ゞさくちゃんが癒しの存在で、ほんとに表情やしぐさが可愛くて「可愛いな〜」つい言ってしまいます(笑)

甘えん坊で、よく食べて、よく笑って、子ども部屋のままごとコーナーが大すきでよく遊びます。1歳5か月・・・このまま大きくならないでと娘と話しています(笑)

2段ベッドの階段を上がるのが嬉しくてお兄ちゃんとお姉ちゃんの真似をして3人がキャーキャーはしゃいでいると、やっぱりきょうだいっていいなって思います。泣き声も怒り声も笑い声もにぎやかすぎるほどやけど、元気が何より・・・一番幸せなことなんだな〜

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1週間に2度も・・・

2016-10-01 22:49:18 | 日記

ちょうど一週間前に学童に孫を迎えに行った時に自分の指をスライドのドアで閉めてしまって声もでないほどの痛い思いをしたばかり。

岩手行きの二日のことでした。ヤバイ(;゜0゜)
焦ってしまったけど、回復も早く病院にも行かず、今は少し傷跡と腫れが残っている程度。

...

そして、今度は、半日仕事をして熱を出している一番下の孫の子守りのため娘とバトンタッチをするため、豪雨のなか、職場からバイクを走らせているときのアクシデント(;´・ω・)

信号待ちのためブレーキをかけた瞬間、バイクがスリップして転倒して私は側溝に片足を突っ込んでいました。(大雨で泥水のなか)

慌てて溝から出てバイクを起こしてエンジンをかけたら大丈夫やったので、何ごともなかったかのように走り始めてから少しずつ痛みがでてきました。

手のひらに怪我をしていて、膝も痛むし、何より頭をぶつけたのかズキンズキンと痛みだし、急に不安に。

なんとか娘のとこに、たどり着いて
泥のついた顔でよれっとしている私の姿に娘もオロオロ。

結局、娘も仕事どころでなくて、
着替えてしばらく横になってました。

娘が、主人に電話をしたら、帰ってきてくれて、病院で手当てを受けて、あちこちレントゲンもとり、どこにも異常がないことがわかって、胸を撫で下ろして、安静にして過ごしました。

そして、年のせいか鈍くなってる自分が情けない( ̄▽ ̄;)
道路の中央側に転倒してたら、後ろの車にひかれてしまっていたかもしれないし、もっと大きな事故になってたはず。

こんな程度でよかったと思うことにしよう

 

二度あることは三度ある?

いやいや、そんな痛い思いや恐ろしい思いは懲り懲りだわ( ;∀;)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩手への旅・・・2016③

2016-10-01 22:46:30 | 日記

今回の岩手の旅の中で一日だけボランティア活動をしました。

実は大槌菜の花プロジェクトの金山さんのところで活動する予定をしていたのですが

台風10号の被害が大きかった宮古で参加することに変更しました。

...

岩泉の甚大な被害のこともとても胸が痛く、まだまだ復旧が進まない状況も伝わってきていたのですが

今回はご縁の深い宮古での活動に決めました。

関西組の3人と宮古のまきちゃんの4人での参加。
ただ、おばちゃんで😞💦体力に自信があまりないので

午前中は被害のあったレストランで泥をかぶった食器洗いの活動。

午後はちょっと頑張ってスコップを使って泥に埋もれた家財を運び出すお手伝い。

その日はとても気温が上がって
男性陣に混じって汗だくで重い泥をすくって、かき出して、普段やらないような力仕事に息が上がってしまうような体力のいる活動でした。
わずか二時間半ほどやったけど、クタクタになっているおばちゃんたち。

役に立てたのかどうかわからないけど、「微力だけど無力じゃない」
そう信じてみんなで汗を流しました

ここで出会った皆さんは
地元のかたもおられましたが
もう何日も活動しておられるかたや
週末ごとに、活動されているかたも。

地元の高校の野球部の生徒さんもいました。前日、岩泉で活動してきた男の子は私たちが関西から来たことを知ると
ありがとうございます。と感謝の言葉をとても自然に言うのです。

自分の家は震災の時、津波で被災して
今回の台風でまた浸水したそうです。
自分の家が復旧したら、今度は被害の大きかったところへ手伝いに行っているその姿に、おばちゃんたちは、その気持ちのいい若者にひたすら感心していました。

そして、ボランティアセンターに戻ると、なんとサンマの塩焼きやキュウリのまるかじり、つみれ汁、ホヤなどが振る舞われ、ビックリ。

どうやら、特別な日だったようで、ラッキー(笑)
センターのスタッフさんやボランティアさんともお話ししながら、お腹いっぱい食べて、身体は疲れていたけど、なんだかお腹も満たされ、参加できてよかったなあと思いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩手へ・・・2016②

2016-10-01 22:44:06 | ワライナキ復興支援ライブ

今回の岩手行きの一番の目的はマリンハウスでのワライナキ&わたなべゆう特別ライブでした。

震災の年の11月、奇跡の出会いから5年の月日が流れ、縁は深くなり、強い絆へと変わり
離れていてもお互いを想いあえることは
大きな喜びです。

...

ワライナキにとっても
ゆうくんにとっても

浄土ヶ浜マリンハウスは大切な場所

待ってくれている人たちが確かにいる

ただいま
おかえり
そんな言葉を交わせる
温かな場所

浄土ヶ浜の景色も
マリンハウスの早野さんやスタッフの皆さんも、美味しい海の幸も

ほんとに大好きです
好きすぎて帰るのが辛くなるほど😢

今回のライブではこの5年間をしみじみと思い出しました。

ワライナキの歌が
ゆうくんのギターの音色が
音楽の力が
繋いでくれた縁は
宝物です

そして、私は
自分がここを訪れることで
私自身の復興支援活動の原点となったあの日をいつも思い返します

何かできることはないか
何か力になれないか
そんな強い衝動から動き始めたこと

でも、いつしか私自身が
マリンハウスを訪れることで
皆さんとの交流するなかで
温かさに触れて
癒されて
あの美しい浄土ヶ浜の魅力にはまって
いることに気づきました

皆さんとの再会が嬉しくて
笑顔を見ると幸せな気持ちになれます。

また、必ず会いに行きます

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩手へ・・・2016①

2016-10-01 22:29:53 | ワライナキ復興支援ライブ

三泊四日の岩手への旅

会いたい人に会いに行く

...

再会の約束を果たせる喜びに何度も胸が熱くなりました。

大槌町の2ヶ所の復興住宅での初めましての出会いの緊張とワクワク…
開催に至るまでの紆余曲折もあり、無事に終わりほっと安堵の気持ちでいっぱいです。

ワライナキとわたなべゆうくんの音楽に心と耳を澄ませてしんけんに聞き入り
笑顔と涙を見せる皆さんの姿がありました。

まだまだ癒えない傷の深さを感じたり
少しずつ前に進もうと頑張ろうとしているお話を聞いたり…

短い時間でしたが、共に過ごすことができて心からよかったなあと思いました。

街並みは訪れるたびに変わっていき
復興は進んでいますが
その心はきっと追い付いていないのだろうと思います。

離れていると気づかないことや感じない気持ちを味わうこと

住民の方と触れあうこと

毎年、訪れて、復興に向かうその過程を応援し見守っていくこと

そこに私なりの活動の意味を感じています。

大槌町の町長さんが2ヶ所とも参加してくださって、とても感動したと喜んでくださいました。
町の大きなイベントへの参加へのお誘いいただきました。
大槌町での縁の花も咲き誇るといいなあ。

一ヶ所目のライブに参加してくださった方が、もっと聴きたいと、午後からの会場にもきてくださって、なんとホカホカのバナナケーキをさしいれしてくださいました。

涙が出そうなくらい温かな気持ちでいただきました。

菜の花プロジェクトの金山文造さん
大槌でのライブ開催に尽力を尽くしてくださった自治会長さん、広報に力を貸してくださった佐藤さん
たくさんのご協力ありがとうございました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家族で和歌山県白良浜へ

2016-08-05 21:43:26 | 日記

先週の土日は、楽しみにしていた娘ファミリーとの一泊旅行。
和歌山県白浜に行きました。

朝、高速のトンネル内で玉突き衝突の影響で予定より一時間遅れで到着。

白良浜海水浴場と今夜の花火大会が目の前で楽しめるリゾートマンションを主人の同業者のかたにお借りしました。

白い綺麗な砂浜と
とっても透明度の高い綺麗な海
青い空
窓から見えるロケーションも最高で
大満足でした。

可愛い孫たちと過ごす二日間
楽しい夏の思い出ができました。

初めての海を体験するさくちゃんは、日差しの強いうちはやめておこうと夕方までお留守番。

てっちとみぃちゃんは、目の前に広がる海を見ながら早く行きたい気持ちを押さえきれず
さくちゃんを待てずにママととうちゃんと先に遊びに行きました。

私はマンションのエアコンのきいた部屋から遠くにみんなの姿を見つけニコニコ(^^♪

それにしても、うちにも経済的なゆとりがあれば、こんなマンション欲しいなあ。

さくちゃん、4時半頃にやっとビーチへ。
海デビュー。

ニコリともせず、泣きもせず、終始、無表情(笑)

...

7時からの花火大会のため、今日は5時でビーチからの撤退となり、

そのあとは、マンションのプールへ移動。

海にプールに満喫しているてっちとみぃちゃん。

ママとさくちゃんは、ひとあしお先に温泉へGO。

海、プール、温泉、花火と一度に夏の思い出オンパレードです

じぃじ~連れてきてくれてありがとう😆💕
孫たちのキラキラ笑顔に目を細め満足しているじぃじでした(笑)

 

そしてPM8時

お楽しみの花火スタート☆

13階の部屋のリビングから真正面にうち上がる花火は、もう素晴らしくて、大人も孫たちもワクワクとドキドキの時間でした。

花火大会の日に私たち家族のためにリゾートマンションを貸してくださった主人の同業者の方のご好意に感謝の言葉しかありません。

...

花火大会の渋滞に巻き込まれることも、暑さや人混みにバテることもなく、上を見上げてばかりで首が痛くなることもなく(笑)

可愛い孫たちと一緒に見たたくさんの打ち上げ花火、こんなに贅沢な時間はないなあとしみじみと幸せを噛み締めました。

夜寝る前に、みんなで遊んだトランプ「うすのろのばか」の爆笑と盛りあがりも楽しい思い出。
みんなの笑顔やおもしろエピソードがいっぱいの一晩でした。

日曜日も、午前中は朝から海プール温泉と楽しみました。

じぃじの飛び込みに刺激を受けてはじめにチャレンジしたのはみぃちゃん。
ビビるてっちに、「てっぺい、見本みせたげるわ」と(笑)
妹に負けてられないと頑張ったてっち、ちょっとビビりながらも飛び込めるようになったのも、大きな成長です。

また、行きたいね〜☆

うん、また行こうね~

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次女からのプレゼント♪

2016-07-09 20:31:54 | 日記

7月3日4日・・・一泊二日で次女からのプレゼントの家族旅行に行って来ました。

まず金沢に向かい、兼六園と金沢城の散策してから、35年来の友だちと再会。
私たち夫婦も次女もよく知っている友人なので一緒に素敵なカフェでケーキセットを食べながら近況を語り合い、大人になった娘にも会ってもらうことができました。

...

それから、宿泊先の山代温泉へ。

次女と相談しながらネットで申し込んだホテルは

星野リゾート 界 加賀

イメージ通りのところも、そうでないところもあったけど(^^;

家族3人でゆっくり語り合い
お茶席でお抹茶をいただいたり
スタッフさんの丁寧な心のこもったおもてなしの接客も素晴らしかったし
食事ではお料理の美味しさだけでなく、九谷焼の器の美しさも堪能することができました。

特に温泉地なのに、お風呂が残念すぎました(;'∀')

次女が一週間前にホテルのほうに連絡を入れてくれていて、サプライズで私の誕生日(7月5日)

のお祝いデザートを用意していただいていました。

ひとあし早くお祝いしてもらって、嬉しい時間を過ごすことができた夜。

酔っぱらって先に寝た主人でしたが、私は娘とテレビを見て大笑いしたり、
仕事の話や友だちの話、恋ばな、相変わらず笑わせてくれる娘との時間でした。

今日は、朝、近所をゆっくり散策して、雨が降ったり止んだりしていたので、ホテルでゆっくり過ごして
特に観光らしいこともしないで
高速道路のサービスエリアに立ち寄りながらいろんなものを食べながら
京都に戻りました。

次女からのリクエストで牛タンを食べて孫たちにお土産を届けて
次女はまた神戸へと帰っていきました。

楽しみにしていた次女との旅行は終わり、ちょっと寂しげな主人でしたが、
7月末には長女家族と白浜への賑やかな旅の予定もあることを思い出して笑顔になってました。

二人の娘たちが、まったく違う性格で
まったく違う環境で
それぞれの場所で仕事に育児にと奮闘しています。

大人になった我が子のことは
もう見守るしかできないけど

もちろん、心配したりすることはあるけど

一生懸命、自分の人生を生きてくれていること

それだけで親としては幸せに思います。

あ、次女からはもうひとつプレゼントをもらいました。
大きな紙袋の中味は
腰痛や肩こりにボヤくことが多い私に、もみ玉が通常の2倍という謳い文句のコンパクトなマッサージクッションでした。おーっサンキュー!!

毎日、お世話になるつもりです

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

さくちゃん1歳おめでとう(*^▽^*)

2016-06-30 21:58:13 | 

すっかりブログを放置している間に

3番目の孫のさくちゃん6月25日に1歳の誕生日でした。

誕生日の1週間前から発熱・・40度超えの高熱が続いて心配したけど、夏風邪(ヘルパンギーナ)と突発疹のダブルパンチで、なんとか復活して無事に1歳を迎えました。

お祝いに娘のところに主人と二人で行って来ました。

すくすくと、あれよあれよというまに一歳。

上の二人とは少し顔立ちが違うねとよく言われるけど、...
ちょっとした表情とか笑顔とか似てるなあって思ったり

梅雨の湿気で、ますます髪の毛くるくるのさくちゃんやけど
ほんわか笑顔がとっても可愛くて癒してくれる存在です。

ねぇねとにぃにと呼んでほしいというみぃちゃんとてっちに可愛がられて
どんなふうに成長していくのか楽しみです

電車の音に反応してすかさずバイバイと手を振ったり

ちょうだいと言うと、どうぞとおもちゃを渡してくれたり

おいしいのポーズをしたり

名前を呼ぶと手を挙げたり

知ってる歌には身体を揺らした手をたたいたり

ボールをポイって投げ返したり

いつのまにかできることがいっぱいできていた。

ひとつひとつの表情やしぐさがほんとに可愛くて

娘と「可愛いなあ」と思わずニンマリ・・・(*^▽^*)

てっちとみぃちゃんが大きくなってきた分、この時期の愛らしさが際立って(笑)

もう大きくならないでこのままでいてほしいって思う。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孫たちの成長

2016-04-08 21:19:23 | 

てっちは、先月3月26日に6年間通った保育園を卒園して、今週は入学より一足早く学童クラブに通い始めました。

そして、さくちゃんも保育園に入園して、ただいま慣らし保育中。毎朝、大泣きのようですが朝寝もしてるようやし、泣き止む時間もあって、給食も完食しているようで、意外とたくましいのか??この保育園は慣らし保育の期間が長くて、娘はまだ仕事復帰できてません(;'∀')

みぃちゃんは進級して4歳児となり、弟のさくちゃんのことを気にかけつつお姉ちゃんの自覚をもって今のところ、はりきって通園しています。

そして今日は、てっちの入学式でした。

昨日の雨であいにく見頃は過ぎてしまったけど、風が吹くとサクラ吹雪がとっても綺麗で入学したピカピカの1年生たちをお祝いしてくれてるような景色でした。

娘が本格的に仕事が始まったら、てっちのお迎え、さくちゃんとみぃちゃんの保育園迎えからの夕食、お風呂、寝かしつけ・・・いやいや、その間にてっちの勉強や翌日の準備など、想像しただけで怒涛の時間が慌ただしく過ぎてきそうで大丈夫なんかなって、娘のことも心配になります。

私も今年度は週3日の勤務にしてもらったので、少しはサポートしてあげられるかな?

大きな環境の変化の春!

頑張ろうっ!!!

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩展6日目

2016-03-30 23:00:09 | 日記

3月24日(木)

詩展6日目は最終日でお昼までということもあり、次々と来場者がありました。

職場の後輩や友人、知人、詩太さんの友人も偶然立ち寄られたかたも12時まわっても数人の方が作品を見てくださいました。

今日は、仕事は休みだったので9時過ぎには町家に着いて、この一週間を振り返り、もう一回じっくり作品を見たり写真を撮ったりしているうちに、勝手に涙が出て来て、そのうち止まらなくなって、鼻水が出始めて😭💦💦焦ってしまいました。

...

この感情はなんなんでしょう(^^;

今日で終わりという寂しさや切なさもありました。

一週間、詩太ワールドに包まれて浸って幸せな時間を過ごせたことへの感謝の気持ちも込み上げてきました。

縁あって出逢って繋がって
私にとっても縁のある長岡京ふれあい町家という場所で
いつか京都でと願っていた北九州の詩人アーティストの詩太さんの個展を開催することができ、ひとつの大きな夢が叶って、心から嬉しかったです。

この一週間、私自身、日常生活とはかけはなれたゆっくりとした時間が流れている場所に身をおいて心身ともに癒されてリフレッシュできました。

大好きなアーティストさんのライブに行って元気をもらったり感動したりするのとはまた違う心の動きがありました。

うまく説明できないけど

音のない世界で
ただ作品と向き合う

美術館にも書の展覧会にも興味がない私が

詩太さんが紡ぎ出す
言葉や書や絵に
引き寄せられ
考える
感じる

昨日、何気なく見ていた作品に今日は吸い寄せられて、心が動くということもありました。

何度見てもぎゅっと胸が締め付けられる感覚になる作品もありました。
人それぞれの感性で好みも違うけど

子どもに関わる仕事を長年している職業柄もあると思うけど、こんな気持ちで子どもの育ちを見つめたいと思う作品の前に何度も何度も立っている自分がいました。

保育園に飾って、保育士さんや保護者の方に見てほしいなあと呟いてみたり。

見にきてくれた職場の保育士さんたちのほとんどが、この作品に引き寄せられていました。

子育てでも当てはまるけど
そうありたい自分と
なかなか現実的にはできていない自分もいて

でも、この言葉にハッとするんです

そうやねん
ほんまはこれ大事やねん

そんな私の気持ちに気づいていた詩太さんが、さりげなく私にもこの作品を作ってプレゼントしてくれたんです。

もうすごく感激して、でもうまく言葉が出てこなくて。

最高のプレゼントです
一生の宝物です

作品も詩太さんの気持ちも
ほんとに嬉しくて幸せで
何度言っても足りないくらいの
ありがとうの気持ちが
心のなかに溢れています。

たくさん生まれた出会いやドラマをそばで見守り、思いを共有しながら過ごした6日間。

あまりにも濃すぎて
お別れはほんとに寂しかったです。

でも、いつかまたここに帰って来てください。詩太さんに出会って応援したいと思ってくれたたくさんの方と一緒に楽しみに待ってます

(それまで待ちきれなくて
北九州まで行くかもやけど‥笑)

会場の町家のスタッフの皆さんもみんな詩太さんのファンになりました。
作品に癒されていました。

毎日、珈琲飲みながらたくさん語り合い
持ち込んでこっそり食べたケーキや詩太さんもお気に入りのシズヤのパン(笑)

いろんな思い出を胸に
また日常生活に戻ります。

京都で個展をしてくださった詩太さん
町家に足を運んでくださった皆さん
町家のスタッフの皆さん
心からありがとうございました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加