LIVINねこ徒然日記

LIVINねこが見て聴いてひげに触れて(?)感じた事を気ままに記述する場所です。トラックバック・コメントは後程承認です。

JR九州沖縄支店

2016-07-25 19:15:00 | 運輸交通
 沖縄県にはJRの鉄道・バス共に運行されておりませんけれども、JR九州が営業窓口として沖縄支店を設置しております。所在地は那覇市壷川にあります。バスに関しては、JR各社の集客した募集団体旅行用として沖縄本島のバス会社へ年間契約した貸切バスにJRバスカラーとした車両がかつて存在していたようです。
 JR九州沖縄支店、JR時刻表の本にその存在は全く記載ありません。JR九州のWebサイトをよく見れば存在と営業時間が分かります。

 

 
JR九州沖縄支店看板 JR九州グループのドラックイレブンと沖縄吉野家が同じ場所にあります。

 
 JR九州グループのドラックストア「ドラックイレブン」とJR九州沖縄支店の敷地内には沖縄吉野家330号線壷川店も所在しております。
 沖縄吉野家には、オリジナルメニューとしてタコライスがあるのでお昼の食事としてタコライスを食してきました。



 
ドラックイレブン店舗脇のJR九州沖縄支店入り口


 JR九州沖縄支店はドラックイレブン建物2階に入居しており、同じ2階には沖縄吉野家の事務所も入居しています。2階への入口はドラックストア商品搬入口付近のややわかりずらい場所にあります。
 今年の夏季期間に使う青春18きっぷをJR九州沖縄支店にて購入してきました。クレジットカードもJR駅みどりの窓口同様に利用可能ですが、駅のようにマルス端末でカードのオーソリゼーションを行い利用伝票もJRマルス券の用紙へ印字されるのではなく、一般的なクレジットカード端末機を使って処理されました。利用伝票もクレジットカード端末機のが渡されました。
 支店係員からは切符を万が一取り消し払戻される場合にはJR九州沖縄支店のみでクレジットカードの取り消し処理になる旨購入時に案内がありました。本土からのお客だと分かってトラブル回避のためその旨案内したものと思われます。JR九州沖縄支店にて変更取り消しする可能性ある指定券やらレールアンドレンタカーといった切符を購入される場合には現金支払いの方が無難かもしれません。

 私が青春18きっぷを購入中に別なお客様がSUGOCAカードを購入したいと来店されて係員にお申し出されました。SUGOCAカードは入り口入ってすぐ左側に自動販売機にて購入してくださいと係員が説明されておりました。
 私も切符購入後に自動販売機にてJR九州沖縄支店オリジナルデザインのSUGOCAカード購入しています。

 

 
JR九州沖縄支店発行の青春18きっぷと同店オリジナルのSUGOCAカード


 趣味がてらJR九州沖縄支店へ訪問し購入されたのではなく、純粋に実用性があって利用されたという情報は検索をしてみたところ福島中央テレビの須賀宣之アナウンサーが新幹線指定席特急券の取り消し処理を2013年8月に行われたと同局公式サイト内日記にて記述されたケースがありました。須賀宣之アナは高校サッカー中継担当のようでして、福島中央テレビが密着取材した丸山夏鈴さんが尚志高校生徒会長時代に全国高校サッカー選手権大会出場した尚志高校サッカー部応援へ行った際の福島中央テレビが撮影した映像に関わりがありそうです。

 参考文献・Webサイト
 ☆Now&Here☆日本ぐるりん旅日記 
  沖縄でしか買えないSUGOCA「カエルくん&シーサーくん」☆
  ☆Now&Here☆日本ぐるりん旅日記様、今回の沖縄旅行訪問先と手段に記述がとても参考となりました。ありがとうございます。
 続・吾輩はヲタである JR九州旅行沖縄支店
 福島中央テレビアナウンサー日記須賀宣之 2013年9月2日付 失敗に基づく消費生活アドバイス6 発券は慎重に・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月19日 ゆいレール2日乗車券で那覇空港から出発

2016-07-24 23:00:55 | 運輸交通
 LCCバニラエア(JW)のキャンペーン運賃「わくわくバニラ」にて搭乗したJW901便、成田国際空港(NRT)PTB3は予測通りセキュリティーチェックエリア通過後すぐの本館ゲートでした。若干の距離をバス移動で搭乗してほぼ満席の機内にて飛行時間を過ごして那覇空港(OKA)へ。OKAでは、ANA資本傘下のLCC利用ですと貨物ターミナルエリアのLCCターミナル利用となりますが、搭乗機から降りて徒歩でターミナルへ移動できました。

 OKAのLCCターミナルからはバスで国内線ターミナルへ移動またはレンタカー会社の送迎車にてレンタカー会社営業所へ移動のどちらかの脱出方法しかありません。私は、今回のメイン目的が那覇国際通り沿いに所在する「デパートリウボウ」ということもあり宿泊先を「ドアの向こうは那覇国際通り」な宿泊施設へ2泊連泊にしたので、レンタカー利用だと駐車場なる余計な経費を支払いたくなかったので公共交通機関利用としております。

 国内線ターミナル行きバスに乗車まで2回待ってようやく乗車し移動。貨物ターミナルエリアでの勤務されている方向けの福利厚生施設(売店)に沖縄銀行のATM設置されている看板を見て(同ATMは沖縄銀行公式サイト店舗検索で表示されます。)から、貨物エリアのゲートをバスは抜けて一路国内線ターミナルへ。
 昼餉は、当日の状況で国内線ターミナルの空港食堂にて沖縄そばとするか、沖縄吉野家330号線壷川店にてタコライスとするかの二択とすることとしておりましたが、空港食堂結構な混雑ぶりをみて腹具合もゆいレール(沖縄都市モノレール)で壷川まで移動してもまだ持ちそうとの判断でゆいレール那覇空港駅へ向かうこととしました。

 

 
ゆいレール那覇空港駅に設置の日本最西端の駅碑


 ゆいレールの那覇空港駅は2016年時点の日本国における最西端の駅になるそうです。
 駅入り口に「日本最西端の駅」碑がありました。


ゆいレールフリー乗車券二日乗車券


 国際通り沿いが一応今回のメイン行動エリアとなりますので、ゆいレールのフリーきっぷ「二日乗車券」を券売機で購入。券売機購入時刻から48時間有効となる乗車券です。フリーきっぷにありがちな沿線施設割引優遇も、「首里城」・デパートリウボウがキーテナントのパレット久茂地に入居しております「那覇市歴史博物館」などで割引対応があります。
 
 それではゆいレールに乗車して壷川駅へ移動し昼餉を取り、その後昼餉を取った店の隣で買い物をしたいと思って空港から移動開始です。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Webサイト本館(LIVINねこの部屋)の更新お知らせ(2016年7月23日)

2016-07-23 21:19:00 | サイト運営情報
 

 デパートリウボウ(パレット久茂地)


 リウボウページ、現地訪問したことに伴い大幅加筆と写真掲載の上更新しました。

 今回の沖縄本島への訪問は、LCCバニラエア(JW)のキャンペーン運賃「わくわくバニラ」がたまたま7月の勤務と休日シフトが決まるタイミングでの発売を知り、往路に関しては同社便の利用を決めて予約しました。成田空港のLCCターミナルにおいては昨年8月に熊本へジェットスター・ジャパン(GK)便利用の際に、同じ時間帯のJW便はターミナル本館からの出発であったので今回もそうであることを想定し予約を入れました。運賃が関西遠征でよく乗る上野発の京都行き夜行バスよりも座席指定をしても廉価だったのは、このような時代が来るとは10年前には想定もしておりませんでした。
 往復ともJW利用にしなかったのは那覇空港のJW便利用ターミナルが貨物ターミナルエリアに所在するLCCターミナルなので、沖縄本島那覇市内滞在最終日を少しでも空港以外で行動したかったために復路は他社利用とすることとしました。まずGKの予約状況運賃検索をしたところ、結構高い(と言ってもJL・NHと比べれば廉価ですが)。スカイマーク(BC)も那覇空港から本土行きの便を多数運航しています。BCでは羽田空港(HND)・茨城空港(IBR)といった関東地方だけでなく、中部国際空港(NGO)・神戸空港(UKB)便も運航しております。利用したことのない空港を使ってみたくなり、HND以外の3空港便予約状況運賃検索をしてみたところ、IBRは時間帯が悪すぎる(直行便は早朝発・経由便はIBR到着後東京駅行バスがなかった。)。勤務先の状況からして8月は連休が取れそうにないので、以前から計画していた明治村の見学もこの際行ってくることとしてNGO・UKBの運賃と運行時間帯を確認したところ、UKB便が廉価だったので空港からJR三ノ宮駅移動後、1月に移転した「りそな銀行神戸支店」を訪ねてから名古屋へ移動することとして予約を入れました。
 
 三ノ宮駅から名古屋へはJR線利用となりますが、ちょうど青春18きっぷ利用可能期間となるので切符の購入を那覇市内にあるJR九州沖縄支店にて行う事にしました。同店は平日10時から17時までの営業となっておりますが、那覇へ行くのはちょうど平日であったから購入に支障なさそうです。
 夏鈴党入党希望者としては、丸山夏鈴さんが大好きな水族館訪問は外せないところです。沖縄美ら海水族館に行ってみたいこともあり、レンタカー利用か定期観光バス利用の二択となりましたが、メイン目的は那覇国際通り沿いであるので宿泊先も那覇国際通りとしたいので駐車場代かかりそうなレンタカー利用をせずに定期観光バス利用とすることとしました。
 
 JR九州沖縄支店・定期観光バス利用したことについては後ほど別途記事をUPする予定です。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Webサイト本館(LIVINねこの部屋)の更新お知らせ(2016年6月20日)

2016-06-20 14:35:20 | サイト運営情報
 ツイッターで既に情報発信してましたHMVが仙台ロフトからEbeanSへ移転したことをams西武仙台店ページに記述追加しました。
 現地未訪問のリウボウページ、旧店舗跡のREXA RYUBO(レグザリウボウ)に関する記述を追記し一部記述の修正を行いました。

 函館へ出かけるよりも那覇へ出かけるのが交通費廉価というのは、リウボウのページを現地未訪問にて暫定作成公開した11年前には想定できなかった事になります。
 函館西武店のコンテンツは一部書きかけの状態で未だに公開もしていませんが、次回現地訪問取材先はどこになるのやら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

協和銀行松阪支店跡

2016-05-11 19:10:55 | りそな
 三重県松阪市には協和銀行が松阪支店をかつて設置しておりました。協和銀行(日本貯蓄銀行)の前身行の一つである不動貯金銀行が1920年(大正9年)3月1日に松阪支店を設置し、1945年(昭和20年)5月15日に合併し日本貯蓄銀行松阪支店となり1948年(昭和23年)7月15日に普通銀行転換し協和銀行松阪支店となり、1948年(昭和23年)前後の協和銀行(日本貯蓄銀行)地方支店大量廃止を乗り越えるも1973年(昭和48年)8月19日に津支店へ統合となり廃店となりました。


2015年2月時点の協和銀行松阪支店跡


 2015年2月22日に協和銀行松阪支店跡を訪問しましたが、三重交通路線バス車両の後方上部に広告を掲載しているメガネのマスダを経営している株式会社マスダの本店(メガネのマスダ松坂本店)敷地となっております。

 協和銀行→あさひ銀行支店跡、メガネ店になっているところとしては姫路・春日井も該当しています。
 
 参考文献・Webサイト
 不動貯金銀行創立四十周年記念写真帖 不動貯金銀行、1940年
 協和銀行史 協和銀行、1969年
 協和銀行通史 あさひ銀行、1996年
 為栗 裕雅ホームページ「遊牧民の窓」
  MEGU 2007.11.28(水)(14)津市の協和銀行、その複雑な歴史


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

店舗所在地は最古の西友中河原店

2016-05-06 10:00:00 | LIVIN・西友
 1961年(昭和36年)5月1日に東京都府中市住吉町4-11-13へ西武鉄道中河原分譲地用の小売店舗として開業した西友中河原店、セゾングループのグループ史であるセゾンの歴史上下巻とセゾンの活動を見る限りでは店舗開設後建て替えをしたとの記述がありません。
 
 1972年(昭和47年)と1978年(昭和53年)の府中市住宅地図を閲覧し店舗所在地を比べてみたところ、所在地は変わらないものの建物の形が違っていました。建て替えをしていたとなればこの期間内だと思いさらに調べてみました。西友(当時社名:西友ストアー)が東京証券取引所第二部へ上場し株式を公開したのは、1974年(昭和49年)9月12日になります。株式公開後の有価証券報告書ならば国会図書館のマイクロフィルムで閲覧することが出来ます。
 1975年(昭和50年)2月期の西友ストアー有価証券報告書に、中河原店1974年(昭和49年)8月に建替えのため閉鎖、同年9月に着工し翌1975年(昭和50年)3月完成予定の記述がありました。1975年(昭和50年)8月期の西友ストアー有価証券報告書には中河原店1975年(昭和50年)3月建替え開店の記述があり、当初の予定通り建替えが完了したことが確認出来ました。中河原店が建替えの過去が判明したので2016年5月時点の西友で店舗建物が最古なのは、1962年(昭和37年)9月1日に開店した高田馬場店になることが確定しました。



2016年3月時点の西友中河原店


 建替えられたことを知る以前の2016年3月に西友中河原店を訪問してきましたが、店舗の外装と売り場の内装は改装されております。建替えられたとは言えども1975年(昭和50年)3月竣工ですからすでに40年経過した建物なので、よく見るとレトロな箇所はありました。

 参考資料・参考Webサイト
 セゾンの歴史 上巻・下巻 リブロポート、1991年
 セゾンの活動 リブロポート、1991年
 西友ストアー 有価証券報告書 昭和50年2月期 西友ストアー、1975年
 西友ストアー 有価証券報告書 昭和50年8月期 西友ストアー、1975年
 ゼンリン住宅地図

 当ブログ関連記事
 最古の西友「ひばりが丘団地店」建て替え移転のため一時閉鎖2007年3月21日付
 今月末で閉店の西友保谷店2006年2月26日付
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三重交通、バス停デザイン変更でSANCOマーク終焉へ

2016-03-28 21:10:00 | 運輸交通
 三重交通がバス停標識のデザインを28年ぶりに変えるそうです。

 三重交通Webサイトの2016年3月9日付プレスリリース

 青色のSANCOロゴマーク、徐々についていない三重交通バス車両が増えていましたがバス停の看板からも消えることになります。バス車両にはSANCOロゴマーク制定以前からあった「ミ」の字をデザインした社章を再びつけていますが、新しいバス停看板には社章はつかないようです。バス停の看板変更のスピードはかなり速くて今年の春中には完了するとしている。

 青色のSANCOロゴマーク、現在ついている車両が引退した際が完全な終焉の時になりそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイエーとマルエツ商品券相互利用終了へ

2016-03-15 22:02:55 | ダイエー
 本日、マルエツ某店へ買い物に行ったところダイエーとの商品券相互利用を4月30日をもって終了するとの店頭掲示を見ました。マルエツはダイエーとの資本関係を解消後、2016年現在ではイオン資本傘下「ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス」の子会社となっておりますので、ダイエーも2016年現在ではイオン資本傘下となっているのでなぜこの時点でこのようなことを実施するのかが不思議な気がします。

 マルエツ公式サイト商品券取扱いに関するお知らせ

 ダイエーの公式サイトでは商品券ページに小さく掲載されておりました。

 マルエツの店頭掲示と公式サイトに利用できなくなるダイエー側の商品券として、発行会社としてユニードや忠実屋の名称が挙げられております。まだ、未使用で持っている方が残っているのでしょうか。マルエツ商品券が使えなくなる場所として中合と記載されておりますが、中合の店舗は福島市の店舗以外は合併前の屋号(十字屋・棒二森屋・三春屋)を使って営業しております。十字屋・棒二森屋・三春屋に5月以降マルエツ商品券を持参されて利用不可のトラブル発生する可能性があり得そうです。ただ、南関東圏の食品スーパーの商品券を東北・函館の百貨店で利用していた件数が著しくなかったのが実情なのかも知れません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京スター銀行ATMレシート裏面に東北地方自治体観光広告を掲載へ

2016-02-19 20:06:02 | 東京スター銀行
 東京スター銀行が東日本大震災からの復興支援企画として平日(8:45~18:00)・土曜日(9:00~14:00)他行引き出し手数料無料にて運営している同行ATM利用レシート裏面に岩手県陸前高田市、宮城県気仙沼市・南三陸町、福島県いわき市の観光情報をカラー印刷広告として掲載し現地へ持参した方に先着でプレゼント贈呈があるキャンペーンを2月15日から3月31日まで開催すると報じられました。

 「おいでよ東北!」=ATMで観光客誘致―東京スター銀

 河北新報のWebサイト内記事により詳しく掲載されておりました。

 ATMレシート広告と合わせて、同行本支店32ヵ店にて「東日本大震災を忘れない」写真展を開催する。
 広告掲載されている自治体エリアの中で、いわき市にはCGC加盟店「マルト」のうち8店舗に東京スター銀行ATMが設置されています。
 東京スター銀行ATM、サークルKサンクスのゼロバンク契約終了や西友・CGC系店舗から徐々に設置箇所減っている中で久々に話題となる出来事になります。

 東京スター銀行Webサイト内「おいでよ東北!100 万人お声がけキャンペーン」ページ

 東京スター銀行のプレスリリース
 
 有人店舗内で開催中の「東日本大震災を忘れない」写真展ですが、立川高島屋8Fに所在する同行立川支店にて本日(2/19)にATM利用して見てきましたが、店内ロビーに4枚の写真を1枚のパネルに印刷したもの3枚を掲示しておりました。ATM利用した際にはレシート発行の有無を確認する画面が出てきますので、発行を選択したところ「いわき市」のが印刷されたものが出てきました。湯本駅から近い「いわき市石炭・化石館ほるる」へレシート持参で先着1,000名に「フラおじさんビニールポーチ」がもらえるとの記載でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Webサイト本館(LIVINねこの部屋)の更新お知らせ(2016年1月30日)

2016-01-30 12:54:30 | サイト運営情報
  Webサイト本館(LIVINねこの部屋)川崎西武デイリーフーズICHI店ページを更新しました。
 ルフロンから無印良品が2月7日をもって閉店することに伴い、記事の修正を行いました。なお、無印良品はJR川崎駅ビル「アトレ川崎」にも店舗が存在しておりますので、川崎駅東口界隈(旧来からの川崎駅繁華街)から店舗がなくなる訳ではありません。西口のラゾーナ川崎プラザにも無印良品店舗存在しております。


 当ブログのカテゴリー順序を変えました。サイト運営情報を1番目にしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加