LIVINねこ徒然日記

LIVINねこが見て聴いてひげに触れて(?)感じた事を気ままに記述する場所です。トラックバック・コメントは後程承認です。

那覇市歴史博物館(パレット久茂地4F)

2016-08-27 19:00:00 | Weblog

那覇市歴史博物館(パレット久茂地)


 定期観光バスを下車してから、本日(7/20)もパレット久茂地へ。ゆいレールのフリーきっぷ「二日乗車券」にて入館料が割引となる那覇市歴史博物館が4Fに所在しております。企画展示室と特別展示室は、琉球王朝の染織物を展示していました。常設展示室では、1945年の沖縄戦以前の那覇市中心市街地に関する展示があり、那覇港至近の西・久米界隈が中心市街地であり、沖縄山形屋もそちらのエリアにあったそうです。那覇市史が博物館にあったので少し閲覧したところ、沖縄戦以前に鹿児島県本拠の銀行支店が存在していたようです。追って詳しく調べてみたいところです。


 那覇市歴史博物館見学後、デパートリウボウへ。7Fのタワーレコードにて「オリオンビールCMソング大全集」を購入したり(タワーレコードのポイントとTカードのポイント共に加算されます。)、地下食品売り場で本日の夕餉を購入したりして宿泊先へゆいレールで戻りました。
 


オリオンビールCMソング大全集
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄バスの定期観光バスにて本部半島方面の観光へ

2016-08-19 06:00:00 | 運輸交通

今回乗車した沖縄バスの定期観光バス車両(センチュリオンホテルリゾートヴィンテージ 沖縄美ら海にて撮影)


 沖縄滞在2日目は美ら海水族館(海洋博公園)に行くような標準的な観光客として過ごすこととしました。
 美ら海水族館(海洋博公園)へ向かうには航空会社系列をはじめとする旅行会社主催の日帰りツアーもありますが、
2016年現在沖縄本島で路線バスを運行している会社の中で2社が路線バス認可を得ている定期観光バスを運行しております。
 リウボウグループとのつながりを考慮すると、デパートリウボウのパーキングビルやら栄町りうぼうの土地建物を貸している沖縄バスの定期観光バス運行便に乗車するのが良いのかなと思い予約しました。

 沖縄バスへ定期観光バス予約を入れた際に宿泊先を尋ねられたので伝えたところ、バスの座席は自由席なので希望の位置に座れない可能性承知と運賃支払いは当日ガイドへ現金払いであれば、宿泊先のロビーへガイドが向かいに来て乗車することも可能との事でしたので始発の沖縄バス本社ビルからの乗車はしないこととしました。但し、帰りは宿泊先至近を通過しないとの事にて始発の沖縄バス本社ビルで下車となる旨案内がありました。確か、以前沖縄バス公式Webサイトには、今回の宿泊先での乗車可との記載があったような記憶がありますけれども帰路下車不可のクレーム防止なのかいつの間にかそのような記載は無くなっておりました。

 乗車当日の朝、宿泊先で朝食を済ませた後にバス運賃分のお金を引き出しに宿泊先近くのファミリーマートへ。E-netATMを使って手数料無料の三井住友銀行口座からお金を引き出ししようとしたところ、ウチナーグチの音声で挨拶がされて驚きました。2012年7月からこのような音声対応されていることを後ほどE-net社Webサイトを閲覧して知りました。お金を引き出し後、宿泊先に戻りロビーで待機していると同じようにツアーバスやら観光タクシーを待つ人々が結構いました。でも、次々と沖縄バス以外の他社バス会社バスガイドやらタクシーのドライバーが案内に来て居なくなる。
 やがて、沖縄バスのガイドがやってきてバスへ案内されがてら運賃を支払う。車内は思っていたよりもゆったりとした乗車人員にて、太陽光が当たらない左側の座席に座ることが出来た。
 美ら海水族館(海洋博公園)までの往路は一般道経由にて主に国道58号線を北上する向かうルートにて最初の下車観光地万座毛へ。途中、リウボウグループ以外でも沖縄にて無印良品のFCを運営しているサンエーの大型店舗を数店舗、オリオンビールのCMソングやJNN筑紫哲也のニュース23エンディングテーマ曲で有名な「りんけんバンド」の本拠である「カラハーイ」もある北谷町のアメリカンビレッジ、嘉手納飛行場なんかを通過し車窓から眺める。 


万座毛


 万座毛は地元資本のお土産店が並んでいるのが会津若松市の飯盛山みたいだった。岬の風景を眺め終わって再びバスへ。名護市内を通過して美ら海水族館(海洋博公園)のある本部町へ。美ら海水族館すぐそばの昼食会場である「センチュリオンホテルリゾートヴィンテージ 沖縄美ら海」へは昼食開始時刻より若干早く到着する。ガイドから途中乗車の私へ、水族館の入場券は昼食会場で購入した方が安いとのアドバイスがあったので食事前に購入する。昼食のランチビュッフェは沖縄料理もありますが、13時からのオキちゃん劇場でのイルカショー観覧に合わせて30分弱で食事を済ませてまずは美ら海水族館へ。


美ら海水族館


 「黒潮の海」大水槽を見たり、大水槽の上部(バックヤード)も覘ける水上観覧出来る「黒潮探検」コーナーを見たりしてショー開演する13時前にオキちゃん劇場へ。


オキちゃん劇場


 イルカショーのオキちゃん劇場界隈は無料エリアにて観覧できます。イルカショーを見終わってからおきなわ郷土村(こちらも無料エリア)を覘いてきてからバスの停車している昼食会場へ戻る。海洋博公園には海洋文化館や熱帯ドリームセンターも所在しておりますが、時間の都合で今回は見学しませんでした。



今帰仁城跡


 本部町の隣である今帰仁村に所在する今帰仁城跡。首里城等と合わせて世界遺産になっております。隣接する今帰仁村歴史文化センターも見学できるので見てきました。

 バスは名護市内のパイナップル園を経由し、那覇への帰路は沖縄自動車道経由で下車地になる沖縄バス本社へ向かう際に昨日立ち寄った壷川のJR九州沖縄支店前を通過して一日の行程を無事に終了しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天久りうぼう楽市

2016-08-10 21:35:00 | 小売業一般


天久りうぼう楽市看板と沖縄銀行新都心支店

 
 天久りうぼう楽市敷地内には沖縄銀行新都心支店も所在しております。銀行で新都心と言えば、東京都新宿区西新宿のりそな銀行新都心営業部と言った西新宿界隈に所在する銀行営業拠点を思い浮かべてしまうのは東京圏在住の証拠になってしまうのであろうか。因みにりそなグループは埼玉りそな銀行にさいたま新都心支店も所在しています。蛇足ですが沖縄銀行には大宮支店も存在しています。所在地は沖縄県名護市宮里にて埼玉県さいたま市大宮区ではありません。(笑)


天久りうぼう楽市


 西友とりうぼうが資本提携していた時代の開業にて「天久りうぼう楽市」の名称を使っております。西友の楽市店舗に似た看板やら店舗建物の造りと配置です。首里りうぼうにある100円ショップやらリウボウ旅行サービスも入店しております。無印良品ショップも出店しております。

 夏の沖縄で晴天下の元で首里、おもろまち界隈でも鹿児島銀行から天久りうぼう楽市まで歩いて結構疲れを感じてしまいました。ゆいレール安里駅の至近にある栄町りうぼうで宿泊先へ戻る前に夕餉の買い出しと考えておりましたが、めんどくさくなり豚の角煮と沖縄風の煮物が入った弁当やらゴーヤチャンプルーの惣菜と飲料を買う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鹿児島銀行沖縄支店

2016-08-03 22:19:14 | 銀行

鹿児島銀行沖縄支店


 沖縄県に所在する唯一の他県本店地方銀行協会加盟行支店になります。
 支店の所在地は那覇市銘苅1丁目にて、日本銀行那覇支店所在のおもろまち新都心至近の場所になります。
 琉球新報の記事によれば、1945年の沖縄戦終了後では初めての他県本拠地方銀行支店設置になるそうです。

 (以下、作成中)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

首里りうぼう

2016-07-30 21:22:15 | 小売業一般

首里りうぼう


 ゆいレール首里駅から北西方向へ、ゆいレール延長工事中の道路沿いに首里りうぼう(リウボウストア)が所在しております。かつては食品以外も直営で運営していたようですが、2016年7月時点では衣料品をサンキ(沖縄の衣料品スーパーであったマルエーを千葉県柏市本店のサンキが傘下にしたマルエーサンキが運営)入店にて取扱い。レンタルビデオのTSUTAYAもリウボウグループがTカード提携しているためなのかテナントとして入店しております。

 2Fの100円ショップにてデジカメの電池を購入してから、店内を散策。同じ2Fのサンキでは近隣の小学校指定体操着を陳列販売していたのは、リウボウストア直営衣料品売り場時代からの流れでサンキにて取扱継続なのでしょうか。なお、建物の建屋看板にサンキとなっておりますが、エスカレーター2F入口の垂れ幕はサンキマルエーの名称でありました。サンキマルエーなる呼称はヨークベニマルに類似しているような。

 1FにはレンタルビデオのTSUTAYA以外にもいくつかテナント入店ありますが、リウボウグループのリウボウ旅行サービスがあるのは沖縄本島以外への移動時に航空券購入が必要不可欠な日常という事もあるからなのかも知れません。
 地下(と言っても地形の関係上、平面駐車場と同レベル)はりうぼう食品売り場。時期がらお中元コーナー展開中でしたが、包装紙はリウボウストアのモノです。CGC加盟店である証拠としてCGCブランドのペットボトルを販売していますが、西友のPBである「みなさまのお墨付き」を陳列されている方が違和感がない売り場の雰囲気。熱中症対策で首里城公園で自動販売機でペットボトル飲料を購入し飲んでおりましたが、冷蔵されていたさんぴん茶の500mlペットボトルを購入しました。

(2016年8月8日20:47記述修正)
西友のPBである「みなさまのお墨付き」が陳列されている方→西友のPBである「みなさまのお墨付き」を陳列されている方が
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

首里城へ

2016-07-29 20:10:00 | Weblog
 壷川のJR九州沖縄支店にて買い物が済んだので、ゆいレールの壷川駅へ戻る。モノレールに乗車後デパートリウボウ(パレット久茂地)最寄りの県庁駅で下車せずに先の駅へ。今回の遠征は那覇では連泊・名古屋の宿泊先は駅至近にて、所要を済ませた後再び宿泊先至近へ戻ってくる行程となっているので、パソコンを持参しております。那覇の宿泊先は廉価なプランで予約したので通常チェックイン時刻よりも遅い時間にしかチェックインできませんが、宿泊施設フロントにて荷物の預かりは出来る模様なので宿泊施設フロントにパソコン入りのバックを預かってもらう算段でした。フロントで荷物の預かりをお願いしたところ、部屋の準備が出来ているので時間前ですがチェックインできますとの返答があり、お言葉に甘えて早速チェックインして部屋へ。汗だくなのでシャワーを浴びることもできスッキリとしました。

 身体をスッキリしたところで宿泊先を出て、再びゆいレールに乗車して県庁前駅へ。デパートリウボウ(パレット久茂地)やら近隣の気になる施設の外観写真を撮っているとやたらとパトカーが走行している。この時点では、何があったか分かりませんでしたが翌朝に新聞を読んだら下記のような出来事があったと知る。
 パトカーに追跡された車が逃走、別のパトカーと衝突 那覇市久茂地
 那覇の中心街でレンタカー暴走 警官の制止無視した挙句、パトカーに衝突

 デパートリウボウ(パレット久茂地)の中を一通り見てから、県庁前駅へ戻ってゆいレールに現時点での北の終点である首里駅まで乗車。
 首里と言えば、首里りうぼう(笑)と首里城ですが、まずは首里城へ。


守礼門

 2000円札の図柄になっている守礼門。こちらは首里城公園の無料エリアに所在しています。


首里城歓会門

 首里城の正門にあたる歓会門。こちらは首里城公園の無料エリアに所在しています。


首里城正殿


 無料エリアも結構広いのですが、正殿入場は有料となります。ゆいレールのフリーきっぷ「二日乗車券」利用者は有効期間中1回のみ団体料金にて首里城有料入場券を購入出来ます。入場券を購入して正殿を見学しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JR九州沖縄支店

2016-07-25 19:15:00 | 運輸交通
 沖縄県にはJRの鉄道・バス共に運行されておりませんけれども、JR九州が営業窓口として沖縄支店を設置しております。所在地は那覇市壷川にあります。バスに関しては、JR各社の集客した募集団体旅行用として沖縄本島のバス会社へ年間契約した貸切バスにJRバスカラーとした車両がかつて存在していたようです。
 JR九州沖縄支店、JR時刻表の本にその存在は全く記載ありません。JR九州のWebサイトをよく見れば存在と営業時間が分かります。

 

 
JR九州沖縄支店看板 JR九州グループのドラックイレブンと沖縄吉野家が同じ場所にあります。

 
 JR九州グループのドラックストア「ドラックイレブン」とJR九州沖縄支店の敷地内には沖縄吉野家330号線壷川店も所在しております。
 沖縄吉野家には、オリジナルメニューとしてタコライスがあるのでお昼の食事としてタコライスを食してきました。



 
ドラックイレブン店舗脇のJR九州沖縄支店入り口


 JR九州沖縄支店はドラックイレブン建物2階に入居しており、同じ2階には沖縄吉野家の事務所も入居しています。2階への入口はドラックストア商品搬入口付近のややわかりずらい場所にあります。
 今年の夏季期間に使う青春18きっぷをJR九州沖縄支店にて購入してきました。クレジットカードもJR駅みどりの窓口同様に利用可能ですが、駅のようにマルス端末でカードのオーソリゼーションを行い利用伝票もJRマルス券の用紙へ印字されるのではなく、一般的なクレジットカード端末機を使って処理されました。利用伝票もクレジットカード端末機のが渡されました。
 支店係員からは切符を万が一取り消し払戻される場合にはJR九州沖縄支店のみでクレジットカードの取り消し処理になる旨購入時に案内がありました。本土からのお客だと分かってトラブル回避のためその旨案内したものと思われます。JR九州沖縄支店にて変更取り消しする可能性ある指定券やらレールアンドレンタカーといった切符を購入される場合には現金支払いの方が無難かもしれません。

 私が青春18きっぷを購入中に別なお客様がSUGOCAカードを購入したいと来店されて係員にお申し出されました。SUGOCAカードは入り口入ってすぐ左側に自動販売機にて購入してくださいと係員が説明されておりました。
 私も切符購入後に自動販売機にてJR九州沖縄支店オリジナルデザインのSUGOCAカード購入しています。

 

 
JR九州沖縄支店発行の青春18きっぷと同店オリジナルのSUGOCAカード


 趣味がてらJR九州沖縄支店へ訪問し購入されたのではなく、純粋に実用性があって利用されたという情報は検索をしてみたところ福島中央テレビの須賀宣之アナウンサーが新幹線指定席特急券の取り消し処理を2013年8月に行われたと同局公式サイト内日記にて記述されたケースがありました。須賀宣之アナは高校サッカー中継担当のようでして、福島中央テレビが密着取材した丸山夏鈴さんが尚志高校生徒会長時代に全国高校サッカー選手権大会出場した尚志高校サッカー部応援へ行った際の福島中央テレビが撮影した映像に関わりがありそうです。

 参考文献・Webサイト
 ☆Now&Here☆日本ぐるりん旅日記 
  沖縄でしか買えないSUGOCA「カエルくん&シーサーくん」☆
  ☆Now&Here☆日本ぐるりん旅日記様、今回の沖縄旅行訪問先と手段に記述がとても参考となりました。ありがとうございます。
 続・吾輩はヲタである JR九州旅行沖縄支店
 福島中央テレビアナウンサー日記須賀宣之 2013年9月2日付 失敗に基づく消費生活アドバイス6 発券は慎重に・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月19日 ゆいレール2日乗車券で那覇空港から出発

2016-07-24 23:00:55 | 運輸交通
 LCCバニラエア(JW)のキャンペーン運賃「わくわくバニラ」にて搭乗したJW901便、成田国際空港(NRT)PTB3は予測通りセキュリティーチェックエリア通過後すぐの本館ゲートでした。若干の距離をバス移動で搭乗してほぼ満席の機内にて飛行時間を過ごして那覇空港(OKA)へ。OKAでは、ANA資本傘下のLCC利用ですと貨物ターミナルエリアのLCCターミナル利用となりますが、搭乗機から降りて徒歩でターミナルへ移動できました。

 OKAのLCCターミナルからはバスで国内線ターミナルへ移動またはレンタカー会社の送迎車にてレンタカー会社営業所へ移動のどちらかの脱出方法しかありません。私は、今回のメイン目的が那覇国際通り沿いに所在する「デパートリウボウ」ということもあり宿泊先を「ドアの向こうは那覇国際通り」な宿泊施設へ2泊連泊にしたので、レンタカー利用だと駐車場なる余計な経費を支払いたくなかったので公共交通機関利用としております。

 国内線ターミナル行きバスに乗車まで2回待ってようやく乗車し移動。貨物ターミナルエリアでの勤務されている方向けの福利厚生施設(売店)に沖縄銀行のATM設置されている看板を見て(同ATMは沖縄銀行公式サイト店舗検索で表示されます。)から、貨物エリアのゲートをバスは抜けて一路国内線ターミナルへ。
 昼餉は、当日の状況で国内線ターミナルの空港食堂にて沖縄そばとするか、沖縄吉野家330号線壷川店にてタコライスとするかの二択とすることとしておりましたが、空港食堂結構な混雑ぶりをみて腹具合もゆいレール(沖縄都市モノレール)で壷川まで移動してもまだ持ちそうとの判断でゆいレール那覇空港駅へ向かうこととしました。

 

 
ゆいレール那覇空港駅に設置の日本最西端の駅碑


 ゆいレールの那覇空港駅は2016年時点の日本国における最西端の駅になるそうです。
 駅入り口に「日本最西端の駅」碑がありました。


ゆいレールフリー乗車券二日乗車券


 国際通り沿いが一応今回のメイン行動エリアとなりますので、ゆいレールのフリーきっぷ「二日乗車券」を券売機で購入。券売機購入時刻から48時間有効となる乗車券です。フリーきっぷにありがちな沿線施設割引優遇も、「首里城」・デパートリウボウがキーテナントのパレット久茂地に入居しております「那覇市歴史博物館」などで割引対応があります。
 
 それではゆいレールに乗車して壷川駅へ移動し昼餉を取り、その後昼餉を取った店の隣で買い物をしたいと思って空港から移動開始です。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Webサイト本館(LIVINねこの部屋)の更新お知らせ(2016年7月23日)

2016-07-23 21:19:00 | サイト運営情報
 

 デパートリウボウ(パレット久茂地)


 リウボウページ、現地訪問したことに伴い大幅加筆と写真掲載の上更新しました。

 今回の沖縄本島への訪問は、LCCバニラエア(JW)のキャンペーン運賃「わくわくバニラ」がたまたま7月の勤務と休日シフトが決まるタイミングでの発売を知り、往路に関しては同社便の利用を決めて予約しました。成田空港のLCCターミナルにおいては昨年8月に熊本へジェットスター・ジャパン(GK)便利用の際に、同じ時間帯のJW便はターミナル本館からの出発であったので今回もそうであることを想定し予約を入れました。運賃が関西遠征でよく乗る上野発の京都行き夜行バスよりも座席指定をしても廉価だったのは、このような時代が来るとは10年前には想定もしておりませんでした。
 往復ともJW利用にしなかったのは那覇空港のJW便利用ターミナルが貨物ターミナルエリアに所在するLCCターミナルなので、沖縄本島那覇市内滞在最終日を少しでも空港以外で行動したかったために復路は他社利用とすることとしました。まずGKの予約状況運賃検索をしたところ、結構高い(と言ってもJL・NHと比べれば廉価ですが)。スカイマーク(BC)も那覇空港から本土行きの便を多数運航しています。BCでは羽田空港(HND)・茨城空港(IBR)といった関東地方だけでなく、中部国際空港(NGO)・神戸空港(UKB)便も運航しております。利用したことのない空港を使ってみたくなり、HND以外の3空港便予約状況運賃検索をしてみたところ、IBRは時間帯が悪すぎる(直行便は早朝発・経由便はIBR到着後東京駅行バスがなかった。)。勤務先の状況からして8月は連休が取れそうにないので、以前から計画していた明治村の見学もこの際行ってくることとしてNGO・UKBの運賃と運行時間帯を確認したところ、UKB便が廉価だったので空港からJR三ノ宮駅移動後、1月に移転した「りそな銀行神戸支店」を訪ねてから名古屋へ移動することとして予約を入れました。
 
 三ノ宮駅から名古屋へはJR線利用となりますが、ちょうど青春18きっぷ利用可能期間となるので切符の購入を那覇市内にあるJR九州沖縄支店にて行う事にしました。同店は平日10時から17時までの営業となっておりますが、那覇へ行くのはちょうど平日であったから購入に支障なさそうです。
 夏鈴党入党希望者としては、丸山夏鈴さんが大好きな水族館訪問は外せないところです。沖縄美ら海水族館に行ってみたいこともあり、レンタカー利用か定期観光バス利用の二択となりましたが、メイン目的は那覇国際通り沿いであるので宿泊先も那覇国際通りとしたいので駐車場代かかりそうなレンタカー利用をせずに定期観光バス利用とすることとしました。
 
 JR九州沖縄支店・定期観光バス利用したことについては後ほど別途記事をUPする予定です。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Webサイト本館(LIVINねこの部屋)の更新お知らせ(2016年6月20日)

2016-06-20 14:35:20 | サイト運営情報
 ツイッターで既に情報発信してましたHMVが仙台ロフトからEbeanSへ移転したことをams西武仙台店ページに記述追加しました。
 現地未訪問のリウボウページ、旧店舗跡のREXA RYUBO(レグザリウボウ)に関する記述を追記し一部記述の修正を行いました。

 函館へ出かけるよりも那覇へ出かけるのが交通費廉価というのは、リウボウのページを現地未訪問にて暫定作成公開した11年前には想定できなかった事になります。
 函館西武店のコンテンツは一部書きかけの状態で未だに公開もしていませんが、次回現地訪問取材先はどこになるのやら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加