LIVINねこ徒然日記

LIVINねこが見て聴いてひげに触れて(?)感じた事を気ままに記述する場所です。トラックバック・コメントは後程承認です。

Webサイト本館(LIVINねこの部屋)の更新お知らせ(2017年1月17日)

2017-01-17 10:58:10 | サイト運営情報
 昨年12月に本年2月で閉店となる八尾西武へ約2年ぶりの訪問をしておりました。現地取材と文献の再読による「八尾西武店」ページ記述の加筆修正を行いました。

 訪問順序としては昨年末に更新しましたザ・モール安城の前日でしたが、Webサイトの更新順序は前後してしまいました。
 八尾と同じく本年2月で閉店となる筑波西武についても館内に存在するりそな銀行ATMの状況確認と合わせて近日中に現地訪問する予定です。

 ツイッターで速報しました小田急トラベル錦糸町営業所撤退の件を、「錦糸町店」ページへ反映しました。
 「ザ・モール小倉(小倉西武店)」ページに後継ショッピングセンター開業した旨を記載しました。

 以上、Webサイト本館(LIVINねこの部屋)の更新お知らせでした。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イトーヨーカドー豊橋店

2017-01-10 19:48:35 | セブンアンドアイ

イトーヨーカドー豊橋店とロワジールホテル豊橋(ホリデイイン豊橋→ホテル日航豊橋のリブランド経緯あり)



ホリデイ・スクエアのアミューズメント施設側からのイトーヨーカドー豊橋店


 1978年10月開業のイトーヨーカドー豊橋店(店番:081)2階建てで横にダダ広い造りは1990年代後半から2000年代に開業した大型小売店舗と変わらない感じが。2017年1月9日の閉店後、さほど時間かからずに後継店舗が営業開始しそうな気がしました。ちなみに、同じ敷地内にある高層ビルホテルは2度ほどブランド名を変更しています。

 イトーヨーカドー豊橋店1Fフードコート近くに静岡銀行ATMコーナーがあり、同行愛知県内唯一の店舗外ATMになります。東海銀行の流れで三菱東京UFJ銀行ATMが設置されていても不思議でないエリアなのですが、三菱東京UFJ銀行ATMは設置されていませんでした。

 訪問日:2016年12月22日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イオンモール岡崎(イオン岡崎南店と西武岡崎店)

2016-12-30 15:46:50 | 小売業一般

イオンモール岡崎入り口の看板、キーテナントのイオンと西武が表示されている


 愛知県岡崎市にはイオンと西武百貨店が同居しているショッピングセンター「イオンモール岡崎」が存在しております。場所はJR東海道線の岡崎駅と名鉄東岡崎駅のほぼ中間になります。日清紡の工場跡になるそうです。JR岡崎駅と名鉄東岡崎駅を結ぶ名鉄バスの路線バスがイオンモールを経由しております。


イオンモール岡崎、イオン岡崎南店側の外観

 ジャスコ岡崎南店として1995年9月に開業し、その後大規模拡張をしたそうです。


イオンモール岡崎、西武岡崎店側の外観

 イオンモールの西武岡崎店建物、なんとなく同じ愛知県内に所在するLIVIN春日井店(旧称:春日井西武店)に似ているような気がしました。無印良品は西武の管轄エリアではなく、イオンモールエリアの西武岡崎店に隣接する場所にあります。

 大規模なイオンモールなのでイオン銀行はイオンクレジットサービス運営による有人代理店を設けておりますが、西武岡崎店内にセブン銀行ATMも設置されておりました。
 

 参考文献・Webサイト
 全国大型小売店舗総覧-2015 東洋経済新報社、2014年
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西友岡崎店

2016-12-27 19:10:05 | LIVIN・西友

西友岡崎店


 愛知県岡崎市には西友岡崎店が所在しております。1992年10月の開業にて3階建ての建物ですが、2016年12月時点では1Fが西友直営のウォルマート仕様の店内改装された食品スーパー、2Fと3Fがテナント(主にブックオフ)となっております。店内にはエスカレーターが2か所設置されており、吹き抜けも所在しております。店舗建物の外装装飾も開業時期からしてセゾングループ全盛期らしい名残がいくつか見られます。おそらく総合スーパーとして開業するも、同じ岡崎市内に大規模なショッピングモールであるイオンモール岡崎が開業したりと競合が激しい岡崎市内の商業事情もあって現状の営業形態になったと思われます。1Fにはスガキヤとマクドナルドがフードコートとして入店しております。岡崎信用金庫とクレディセゾンのATMも設置されていました。

 全国大型小売店舗総覧-2015によれば、土地建物所有者は西友関連会社のエスシーシーであるようです。

 参考文献・Webサイト
 全国大型小売店舗総覧-2015 東洋経済新報社、2014年
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Webサイト本館(LIVINねこの部屋)の更新お知らせ(2016年12月25日)

2016-12-25 05:30:12 | サイト運営情報
 ザ・モール安城へ約10年ぶりの再訪を12月10日にしました。前回(初訪問)が2007年3月31日でした。その後、青春18きっぷ利用で東海道線の安城を通過することは何度もあったのですが、途中下車して片道約15分を歩いて再訪することをしていませんでした。

 ツイッターにて再訪するモチベーションが出た旨だけはツイートしましたが、肝心のモチベーションは何かということを文章では公表していませんでした。ツイートの文章と写真にヒントがあったかと思います。実は、通帳に利用した店舗とATM設置箇所の名称が印字されることが一部で有名な「大垣共立銀行(OKB)」に口座をようやく開設できましたので、OKBのATMが設置されている「ザ・モール安城」へ立ち寄ってきた次第です。
 10年の歳月は、岡崎市内の百貨店松坂屋が撤退していたりとだいぶ状況が変化しております。「ザ・モール安城」のページ記述を修正加筆しました。

 

 
OKBの通帳印字「ザモール安城」

 
通帳にてATM利用のため、摘要欄に自動機と印字。次に利用した「トヨハシステーションビル」ではカード利用のためカード入金と印字。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JR北海道プラザ大阪支店

2016-12-11 22:00:30 | 運輸交通
 今年の夏、青春18きっぷを沖縄県に所在するJR九州沖縄支店で購入して利用しました。JR北海道の鉄道路線でも利用したのですが、私が使った直後に甚大な台風被害を受けて運休区間がいまだに存在しております。支援の気持ちで冬の青春18きっぷをJR北海道にて購入しようと思いましたが、流石に青春18きっぷ購入のためだけに北海道へ出かける時間的余裕は残念ながらありません。JR北海道は本州に営業拠点としてJR北海道プラザを設けておりますが、かつては仙台・東京・千葉(幕張)・横浜とJR東日本エリアにも拠点があったのですが撤退しております。唯一、大阪支店が現存しております。JR時刻表の本にもJR九州沖縄支店と違って営業時間と電話番号が記載されております。


 
大阪駅前第一ビル9FのJR北海道プラザ大阪支店


 大阪駅前第一ビルには各地の道県大阪事務所が入居しておりまして、北海道大阪事務所と同居の形にてJR北海道プラザ大阪支店は営業しております。

 クレジットカードもJR駅みどりの窓口同様に利用可能ですが、駅のようにマルス端末でカードのオーソリゼーションを行い利用伝票もJRマルス券の用紙へ印字されるのではなく、JR九州沖縄支店と同じく一般的なクレジットカード端末機を使って処理されました。利用伝票もクレジットカード端末機のが渡されました。支店係員からは切符を万が一取り消し払戻される場合にはJR北海道プラザ大阪支店のみでクレジットカードの取り消し処理になる旨購入時に案内がありました。マルス端末でカードのオーソリゼーションと利用伝票ですと発行会社以外のJR駅でもクレジットカードの取り消し処理可能になったようですが、JR九州沖縄支店と同じく一般的なクレジットカード端末機使用のため自店のみ対応となるために案内したようです。


JR北海道プラザ大阪支店発行の青春18きっぷ

 
 参考文献・Webサイト
 格安旅行研究所 JRのカード払い
 きっぷメモ。 クレジットカードで購入したきっぷの取り扱い

 過去の関連記事
 JR九州沖縄支店(2016年7月25日付記事)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シネマハワイアンズ

2016-11-11 21:20:01 | 映画・芸能・マスメディア
 11月9日、シネ・リーブル池袋へ。

 シネ・リーブル池袋の水曜サービスデーなので、勤め先加入の福利厚生アウトソーシングサービスにある映画割引よりも廉価にて映画鑑賞できるので丁度5連休最終日に当たったので向かいました。

 「シネマハワイアンズ」を鑑賞してきました。

 

 
シネマハワイアンズのフライヤー(日本橋ふくしま館-MIDETTEにて入手)


 スパリゾートハワイアンズの開業50周年記念ショー「BIG MAHALO!!~ありがとう・ありがとう・ありがとう~」の練習光景と初日公演、そしてショーの舞台裏ドキュメントを題材としたドキュメンタリー映画です。ショーの演出を担当する「芸能グループ」所属スタッフについても取り上げられていたのは過去の作品に無い点です。撮影後作品公開までの間にダンサーの所属動向変化に対してエンディングで対応していた点は、こんな演出方法もあるのだなと感心しました。

 フラガール物語 常磐音楽舞踊学院50年史 [ 清水一利 ]フラガール3.11 [ 清水一利 ]の作者も取材協力された映画作品です。

 ポレポレ東中野やらMOVIX昭島といった映画館にてまだ鑑賞できる期間がございます。

 過去の関連記事
 がんぱっぺフラガール~フクシマに生きる。彼女たちのいま~(2011年11月1日付記事)
 

 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島交通、窓口でクレジットカート利用可能

2016-11-08 10:20:01 | 運輸交通
 

福島交通郡山駅前案内所

 
 福島交通の高速バス、JRバス関東とJRバス東北との共同運行路線である「あぶくま号(新宿~郡山~福島線)」がJR駅みどりの窓口にての発券取扱い終了したため、すべての路線で窓口購入の際にクレジットカード払いが出来なくなっていたと思っておりました。11月5日から福島市・郡山市界隈へ帰省兼ねて出かけておりましたが、福島交通の福島駅東口バス案内所・郡山駅前バス案内所と鉄道飯坂線福島駅窓口にクレジットカード・電子マネー取扱いの表示を見かけました。福島駅東口案内所には委託販売しているJRバス東北の福島~川俣線定期券販売にはカード利用不可の掲示がありました。


利用可能なクレジットカート・電子マネーの表示

 クレジットカードの国際ブラント(VISA・マスター・AMEX・JCB)と電子マネー(nanaco・楽天エディ・クイックペイ)が利用可能となっております。
 nanacoの利用可能店舗検索によれば、福島交通白河営業所・須賀川営業所・相馬営業所もnanacoカード利用可能と表示されましたので、クレジットカード支払いも可能だと思われます。楽天エディの利用可能店舗検索ですと、nanacoの利用可能店舗検索では対応となっている福島交通白河営業所と鉄道飯坂線福島駅窓口の2箇所は表示されませんでした。なお、福島駅東口案内所の地図表記位置が2016年11月8日9時50分時点では違っていました。
 
 福島交通公式サイト及び持ち株会社である「みちのりホールディングス」公式サイトにはクレジットカード利用可能に関する記述が見当たりませんでした。

 楽天トラベルでは、出発前日9時までの取り扱いであぶくま号(郡山~新越谷)・出発前日23時59分までの取り扱いでギャラクシー号(福島・郡山~京都・大阪)の予約決済が可能ですけれども、直前の乗車で楽天取扱い終了後は福島交通の窓口利用でもクレジットカード使えるのは利便性向上したと感じました。今回帰路は郡山駅前案内所にてあだたら号の乗車券を購入し乗車してきました。


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西友保原店(織田大蔵氏居宅跡)

2016-11-05 21:43:00 | LIVIN・西友
 エンドーチェーン引き継ぎの福島県内唯一となる西友保原店。所在地は福島県伊達市(旧:伊達郡保原町)保原町九丁目になります。

 

 
西友保原店


 1980年(昭和55年)7月4日にエンドーチェーン保原店として2階建ての店舗建物にて開業しました。その後、1992年(平成4年)にエンドーチェーンの2階建ての店舗建物としては営業終了するも、1996年(平成8年)4月に平屋建ての店舗として営業を再開し、その後資本関係の変化で東北西友保原店を経て西友保原店となっております。
 
 

 
西友保原店の看板、よく見るとエンドーチェーンのレインボーマーク跡がうっすらと

 
 ウォルマート仕様の冷蔵ケースとなっている店内ですが、店頭駐車場の看板にうっすらとエンドーチェーンのレインボーマーク跡が見えました。福島県北エリア出身のタレント「なすび」氏が著名となった某番組みたく目隠しされていきなり店内を見させられたとしても店内に酪王カフェオーレと渋柿漬け込み用のお酒が置いてあったので福島県県北エリアのお店であることを認識できると思いますが、それらを見落とせば西武線沿線の西友食品スーパー店舗だといわれたら信じてしまいそうな感じでした。

 西友保原店の場所は、かつて福島交通の社長を務められた織田大蔵氏の居宅「雲竜閣」の跡であるようです。織田大蔵氏は生前に死後居宅は取り壊してガソリンスタンドにでもしてしまえと子息へ言っていたそうですが、まさか西武鉄道の堤康次郎氏とゆかりのある企業の小売店舗になるとは思っていなかったであろう。

 
 参考文献・Webサイト
 福島民報
 福島民友新聞
 清水 昌夫『大蔵語録』 伊達物産ブッサン・ジャーナル編集部 1974年
 でぱあとまにあ「西友保原店」
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東武鉄道がみちのりホールディングスへ東野交通の株式売却

2016-11-02 06:24:45 | 運輸交通
 東武鉄道が東野交通の所有株式をみちのりホールディングスへ売却し、12月より東野交通は東武鉄道グループ離脱しみちのりホールディングス傘下となると報じられました。

みちのりHD、東野交通をグループ化 バス事業の広域連携狙う

 栃木県本拠のバス会社「関東自動車」も既にみちのりホールディングス傘下となっており、隣県の福島交通・茨城交通・会津乗合自動車と同じ資本傘下に入ることとなります。福島交通が名鉄と共同運行している福島・郡山~名古屋線はみちのりホールディングス傘下の関東自動車エリアの栃木県内に停留所を設けておりますが、東野交通エリアの栃木県県北(那須塩原市・矢板市)にも停留所設置される可能性が高まったのではないかと思われます。

 みちのりホールディングス傘下のバス会社「岩手県北自動車」のみ営業エリアが隣接していない状況となりましたが、中間地点に存在する路線バス運営企業の大株主が今後東武鉄道のような株式売却をするのかどうかを今しばらく注目していきたいところです。

 (2016年11月2日 6時35分追記)
 宮城県内に岩手県北バスの貸切バス営業所「仙台宮城営業所」が2015年4月に開設されていたので、貸切バスと高速バスのエリアとしては一応繋がっていることになります。
 
 岩手県北バスのプレスリリース
コメント
この記事をはてなブックマークに追加