LIVINねこ徒然日記

LIVINねこが見て聴いてひげに触れて(?)感じた事を気ままに記述する場所です。トラックバック・コメントは後程承認です。

協和銀行松阪支店跡

2016-05-11 19:10:55 | りそな
 三重県松阪市には協和銀行が松阪支店をかつて設置しておりました。協和銀行(日本貯蓄銀行)の前身行の一つである不動貯金銀行が1920年(大正9年)3月1日に松阪支店を設置し、1945年(昭和20年)5月15日に合併し日本貯蓄銀行松阪支店となり1948年(昭和23年)7月15日に普通銀行転換し協和銀行松阪支店となり、1948年(昭和23年)前後の協和銀行(日本貯蓄銀行)地方支店大量廃止を乗り越えるも1973年(昭和48年)8月19日に津支店へ統合となり廃店となりました。


2015年2月時点の協和銀行松阪支店跡


 2015年2月22日に協和銀行松阪支店跡を訪問しましたが、三重交通路線バス車両の後方上部に広告を掲載しているメガネのマスダを経営している株式会社マスダの本店(メガネのマスダ松坂本店)敷地となっております。

 協和銀行→あさひ銀行支店跡、メガネ店になっているところとしては姫路・春日井も該当しています。
 
 参考文献・Webサイト
 不動貯金銀行創立四十周年記念写真帖 不動貯金銀行、1940年
 協和銀行史 協和銀行、1969年
 協和銀行通史 あさひ銀行、1996年
 為栗 裕雅ホームページ「遊牧民の窓」
  MEGU 2007.11.28(水)(14)津市の協和銀行、その複雑な歴史


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

店舗所在地は最古の西友中河原店

2016-05-06 10:00:00 | LIVIN・西友
 1961年(昭和36年)5月1日に東京都府中市住吉町4-11-13へ西武鉄道中河原分譲地用の小売店舗として開業した西友中河原店、セゾングループのグループ史であるセゾンの歴史上下巻とセゾンの活動を見る限りでは店舗開設後建て替えをしたとの記述がありません。
 
 1972年(昭和47年)と1978年(昭和53年)の府中市住宅地図を閲覧し店舗所在地を比べてみたところ、所在地は変わらないものの建物の形が違っていました。建て替えをしていたとなればこの期間内だと思いさらに調べてみました。西友(当時社名:西友ストアー)が東京証券取引所第二部へ上場し株式を公開したのは、1974年(昭和49年)9月12日になります。株式公開後の有価証券報告書ならば国会図書館のマイクロフィルムで閲覧することが出来ます。
 1975年(昭和50年)2月期の西友ストアー有価証券報告書に、中河原店1974年(昭和49年)8月に建替えのため閉鎖、同年9月に着工し翌1975年(昭和50年)3月完成予定の記述がありました。1975年(昭和50年)8月期の西友ストアー有価証券報告書には中河原店1975年(昭和50年)3月建替え開店の記述があり、当初の予定通り建替えが完了したことが確認出来ました。中河原店が建替えの過去が判明したので2016年5月時点の西友で店舗建物が最古なのは、1962年(昭和37年)9月1日に開店した高田馬場店になることが確定しました。



2016年3月時点の西友中河原店


 建替えられたことを知る以前の2016年3月に西友中河原店を訪問してきましたが、店舗の外装と売り場の内装は改装されております。建替えられたとは言えども1975年(昭和50年)3月竣工ですからすでに40年経過した建物なので、よく見るとレトロな箇所はありました。

 参考資料・参考Webサイト
 セゾンの歴史 上巻・下巻 リブロポート、1991年
 セゾンの活動 リブロポート、1991年
 西友ストアー 有価証券報告書 昭和50年2月期 西友ストアー、1975年
 西友ストアー 有価証券報告書 昭和50年8月期 西友ストアー、1975年
 ゼンリン住宅地図

 当ブログ関連記事
 最古の西友「ひばりが丘団地店」建て替え移転のため一時閉鎖2007年3月21日付
 今月末で閉店の西友保谷店2006年2月26日付
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三重交通、バス停デザイン変更でSANCOマーク終焉へ

2016-03-28 21:10:00 | 運輸交通
 三重交通がバス停標識のデザインを28年ぶりに変えるそうです。

 三重交通Webサイトの2016年3月9日付プレスリリース

 青色のSANCOロゴマーク、徐々についていない三重交通バス車両が増えていましたがバス停の看板からも消えることになります。バス車両にはSANCOロゴマーク制定以前からあった「ミ」の字をデザインした社章を再びつけていますが、新しいバス停看板には社章はつかないようです。バス停の看板変更のスピードはかなり速くて今年の春中には完了するとしている。

 青色のSANCOロゴマーク、現在ついている車両が引退した際が完全な終焉の時になりそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイエーとマルエツ商品券相互利用終了へ

2016-03-15 22:02:55 | ダイエー
 本日、マルエツ某店へ買い物に行ったところダイエーとの商品券相互利用を4月30日をもって終了するとの店頭掲示を見ました。マルエツはダイエーとの資本関係を解消後、2016年現在ではイオン資本傘下「ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス」の子会社となっておりますので、ダイエーも2016年現在ではイオン資本傘下となっているのでなぜこの時点でこのようなことを実施するのかが不思議な気がします。

 マルエツ公式サイト商品券取扱いに関するお知らせ

 ダイエーの公式サイトでは商品券ページに小さく掲載されておりました。

 マルエツの店頭掲示と公式サイトに利用できなくなるダイエー側の商品券として、発行会社としてユニードや忠実屋の名称が挙げられております。まだ、未使用で持っている方が残っているのでしょうか。マルエツ商品券が使えなくなる場所として中合と記載されておりますが、中合の店舗は福島市の店舗以外は合併前の屋号(十字屋・棒二森屋・三春屋)を使って営業しております。十字屋・棒二森屋・三春屋に5月以降マルエツ商品券を持参されて利用不可のトラブル発生する可能性があり得そうです。ただ、南関東圏の食品スーパーの商品券を東北・函館の百貨店で利用していた件数が著しくなかったのが実情なのかも知れません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京スター銀行ATMレシート裏面に東北地方自治体観光広告を掲載へ

2016-02-19 20:06:02 | 東京スター銀行
 東京スター銀行が東日本大震災からの復興支援企画として平日(8:45〜18:00)・土曜日(9:00〜14:00)他行引き出し手数料無料にて運営している同行ATM利用レシート裏面に岩手県陸前高田市、宮城県気仙沼市・南三陸町、福島県いわき市の観光情報をカラー印刷広告として掲載し現地へ持参した方に先着でプレゼント贈呈があるキャンペーンを2月15日から3月31日まで開催すると報じられました。

 「おいでよ東北!」=ATMで観光客誘致―東京スター銀

 河北新報のWebサイト内記事により詳しく掲載されておりました。

 ATMレシート広告と合わせて、同行本支店32ヵ店にて「東日本大震災を忘れない」写真展を開催する。
 広告掲載されている自治体エリアの中で、いわき市にはCGC加盟店「マルト」のうち8店舗に東京スター銀行ATMが設置されています。
 東京スター銀行ATM、サークルKサンクスのゼロバンク契約終了や西友・CGC系店舗から徐々に設置箇所減っている中で久々に話題となる出来事になります。

 東京スター銀行Webサイト内「おいでよ東北!100 万人お声がけキャンペーン」ページ

 東京スター銀行のプレスリリース
 
 有人店舗内で開催中の「東日本大震災を忘れない」写真展ですが、立川高島屋8Fに所在する同行立川支店にて本日(2/19)にATM利用して見てきましたが、店内ロビーに4枚の写真を1枚のパネルに印刷したもの3枚を掲示しておりました。ATM利用した際にはレシート発行の有無を確認する画面が出てきますので、発行を選択したところ「いわき市」のが印刷されたものが出てきました。湯本駅から近い「いわき市石炭・化石館ほるる」へレシート持参で先着1,000名に「フラおじさんビニールポーチ」がもらえるとの記載でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Webサイト本館(LIVINねこの部屋)の更新お知らせ(2016年1月30日)

2016-01-30 12:54:30 | サイト運営情報
  Webサイト本館(LIVINねこの部屋)川崎西武デイリーフーズICHI店ページを更新しました。
 ルフロンから無印良品が2月7日をもって閉店することに伴い、記事の修正を行いました。なお、無印良品はJR川崎駅ビル「アトレ川崎」にも店舗が存在しておりますので、川崎駅東口界隈(旧来からの川崎駅繁華街)から店舗がなくなる訳ではありません。西口のラゾーナ川崎プラザにも無印良品店舗存在しております。


 当ブログのカテゴリー順序を変えました。サイト運営情報を1番目にしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Webサイト本館(LIVINねこの部屋)の更新お知らせ(2016年1月16日)

2016-01-16 22:53:24 | サイト運営情報
  Webサイト本館(LIVINねこの部屋)水戸店ページ姫路店ページを更新しました。昨年12月の水戸店跡地訪問と本年1月の姫路店訪問を行ったことによる現状を追記しました。昨年8月に送迎バス利用で訪問しましたよこすか店についても記述修正してあります。

 ザ・モール小倉店ページに関しても記述修正追記を行いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Webサイト本館(LIVINねこの部屋)の更新お知らせ(2016年1月9日)

2016-01-09 23:12:21 | サイト運営情報
 Webサイト本館(LIVINねこの部屋)西友高槻西武店(番外編)ページを新規公開しました。西友八尾西武店(番外編)ページに2014年8月に現地訪問した際に撮影しました写真を掲載しました。2014年8月に関西のりそな銀行巡りを実施した際に両店舗とも訪問済みでしたが、高槻西武に入店しております関西スーパーの社史を閲覧後に公開することとし、昨年末にようやく閲覧しました。関西スーパーは創業時に西友ひばりが丘団地店(旧店舗)を視察し、建物外観まで類似させていた事を、同社社史にて知ることが出来ました。昨日、オーロラモール高槻(西武高槻店)を再訪し立体駐車場ビルにセブンイレブン入店を確認してきました。
 番外編のページですがご覧いただければ幸いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Webサイト本館(LIVINねこの部屋)の更新お知らせ(2015年12月31日)

2015-12-31 11:49:49 | サイト運営情報
 イービーンズ(旧SEIYO仙台)と甲府県庁防災新館(甲府西武店跡に新築)をこの年末に訪問してきました。ツイッター及び当ブログ別記事にて記述した点をサイト本館の当該ページ記述修正及び追記をしました。

 更新したサイト本館ページへリンクは下記からどうぞ。
 SEIYO仙台店ページ
 甲府西武店ページ


 青春18きっぷ、残り2回分あるので有効期限切れ前に夜行バスと廉価航空便も使って関西遠征したいところです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山梨県庁防災新館(やまなしプラザ)

2015-12-31 11:20:20 | Weblog

平和通り側から見た山梨県庁防災新館(やまなしプラザ)


 甲府西武店跡のビルを山梨県が購入し、山梨県民情報プラザとして一時期活用しておりました。山梨県は甲府西武店跡地に県庁の新庁舎を建築するべく土地建物を購入しましたので、その後2009年に取り壊されて県庁の防災新館を建築しておりました。私、建築中だった2012年の夏ごろに当時の仕事で甲府市内へ出向いた際に建築中の同地を車で走行しましたがその後2013年に竣工したとの情報を得たまま、全く現地訪問をしておりませんでした。
 ようやく、甲府市の山梨県庁防災新館(やまなしプラザ)を訪問してきました。建物名称通り、山梨県警本部・山梨県教育委員会及び災害対策本部関連部署が2階から上に入居して執務を行っております。1階は旧山梨県民情報プラザの役割を継承した「やまなしプラザ」としてイベント開催スペース・県産品を使った食事を提供している「オープンカフェ・まるごとやまなし館」・山梨県の地場産業である宝飾加工業の歴史と製品技術を紹介している「山梨ジュエリーミュージアム」となっております。
 私が訪問した日が年末であったために「山梨ジュエリーミュージアム」は休館日になっており見学できませんでした。
 オープンカフェは山梨県の名産品であるワインを豊富な品揃え提供しておりました。


県庁入り口側から見た山梨県庁防災新館(やまなしプラザ)


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加