廃校利用 山里の美術館「共星の里」

福岡県朝倉市黒川の「共星の里」のイベント情報や楽しい体験記を掲載。
左下のお好きなカテゴリー(1〜16)毎にどうぞ!

ジョナサン ボロフスキー IN 黒川INN美術館

2016-05-12 20:12:54 | 3.05〜16年の企画展告知&展示

巨大な立像「ハンマリングマン」や

ペチャクチャおしゃべり続ける「チャタリングマン」、

「1から無限へのカウンティング」など

エネルギッシュな作品で知られているインスタレーションの先駆者でもあり、

現代アートシーンを代表するアーティストの一人のジョナサン・ボロフスキー。


彼の作品は、米国・ホイットニー美術館、

スイス・バーゼル美術館などで大規模な展覧会を開催し

世界の名だたる美術館に収められている。

また、世界各地に巨大なモニメント作品を設置。

アメリカを代表する現代アート界の巨匠だ。



1997年京都でのプロジェクトに


共星の里のアートディレクター柳和暢センセーが関り、


奇跡的なジョナサン・ボロフスキーの展覧会が今回実現致しました。




この展覧会のメインの作品は人間の心を象徴する”赤いルビー”と

1997年京都の清水寺・成就院をアトリエとし、

7日間公開制作し完成した作品。

『4GODS』

4っの神様はキリスト教・仏教などの4つの宗教を意味する。

瞑想・お寺での制作。

「ただひとつの言葉を選べと言われるとそれはGODなのです。

私はいつも人生の意味を探しているし、平安を求め続けている」と当時の本人の言葉である。

このプロジェクトのためにプロデュースされた彼のCDの音楽が流れ、

曼荼羅にも似た安らぎを与える

小宇宙から大宇宙へと…。


あなたはここで ”何をかんじますか?”


是非、鳥のさえずりと里山の新緑が輝いているこの黒川へお越し下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JONATHAN BOROFSKY 展 開催中です!

2016-05-06 15:16:28 | 3.05〜16年の企画展告知&展示
共星の里が開館して17年の歳月が流れています。

今回、私共のこの小さな小さな廃校利用の美術館にて、

国際的な偉大なアーティスト『JONATAN BOROFSKY』が開催できることは、

奇跡にも近い出来事です。


記念すべき、「ジョナサン ボロフスキー」 の世界





皆さまのお越しをお待ち致しております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「寺田太郎・寺田健一郎の親子展」はお陰様で無事に終了致しました。

2016-05-06 14:35:09 | 3.05〜16年の企画展告知&展示
お影様で太郎の方舟設置記念

「寺田太郎・寺田健一郎の親子展」は

好評のうちに終了致しました。

たくさんの方々がお越し頂き、心より感謝致します。

また、お友人やご家族の皆様には、大変お世話になり重ねて御礼申し上げます。

展覧会は終了致しましたが、

「太郎の方舟」はこの共星の里で、未来に向かって航海中デス。











展覧会にお見えになれなかった方々も

是非、また会いにお越し下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒川院歴代座主の慰霊祭・直会無事に終えることが出来ました☆

2016-04-27 00:37:28 | 9.山里の四季・風土
今年は4月17日(日)、英彦山の『黒川院歴代座主の慰霊祭』は天候を心配されたのですが、



早朝に雨も上がりまして、

英彦山神宮から、宮司さんと氏子さんたちがお越し頂き、

粛粛と神事が行われました。





その後、今回も館内の常設展を皆さんに鑑賞して頂き、

そして旧講堂のレストランで直会が始まりました。

 直会とは(神様のお力を感じさせていただきながら、皆で昼食を囲む事)。

皆さんそれぞれ、高木のためにがんばっている方々!


 



役職の方々をはじめ、区長さんやPTA・老人会の代表の方です。



有難い御神酒を酌み交わし、和気藹々と和やかに会は進みます。



英彦山神宮の高千穂宮司様とお話する作家の八尋さん。



宮司様から英彦山が

NHKの『あさイチ』で、明日27日篠山輝信さんがレポーターで紹介されるとご案内がありました!

お時間がある方は是非観てください〜♪



最後にお写真がOKな方だけで記念撮影☆



宮司さんたちがお帰りなった後、

三奈木小学校・十文字中学校の校長先生もお残りになり、

お世話された皆さんもホット一息。


お酒が進む!



私たちも無事に滞りなく終えた事に有難い思いです。

天気を心配していて、当日はテントを立てる用意をしていました。

早朝しっかり降ったにもかかわらず、雨が上がったので

会場に行ってテントをたたむ事にしたときのことです。

会場だけは、一滴も雨が落ちてなくてテントが濡れていなった!!と

奇跡的な出来事だと村の方が驚いて話してくれた!

私もビックリして、

『ほんとうに〜?よかったですね〜。奇跡ですよ!!』と安堵して、

皆さんとご利益を頂いた思いでお話させてもらった。

見えない大きな力に抱かれた想いを胸に…。



今回もたくさんの方々が共星の里の準備に関わってくれました。

クランドの整備、外回り、八尋さんと代表の尾藤。


そして、食事の準備にと黒川のゆっこさん、佐田のなりちゃん


遠く、朝早くから野上さん、ひかりちゃん、柳さんのお姉さん、野中さん、



村の方から、タケノコも掘ってきてもらい、

大きな地鶏も頂き、柳センセーにさばいてもらった。


命をいただく事の大切さをかみしめて…。

かしわのおにぎりとがめ煮に。







皆さんから料理も良かったとお褒めの言葉を頂きました!


たくさんの方々から支えられて今の共星の里があります。

 今日の良き日を迎えられ、いにしえを頂き、皆さんと共に 

 無事に終えたことすべてに心から感謝申し上げます。
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

♪〜共星の里ほのぼの弁当〜♪ 

2016-04-15 22:08:59 | ETSUKOの部屋
朝倉市では

昭和59年3月から

独居・2人暮らしの高齢者を対象にスタートした

ほのぼの配食・会食サービスがあり、今年で32年目を迎えるそうです。


この事業は各地の社会福祉協議会のネットワーク事業の一環としてひとり暮らし等の高齢者世帯を見守り活動の一環でもある。





先日、このボランティア情報交換会に

甘木地区の社会福祉協議会の代表も兼ねている

共星の里の大表の尾藤が参加した時の資料を

もらって初めて知ったのだが、





朝倉市には14地区の社会福祉協議会の地区があり、

どの地区もコミュニティーセンターでボランティアで配食を年に4〜8回行われている。


パラパラっとページを捲って行った…。皆さん工夫してそれぞれのお弁当がならんでいた。

その時目が止まった!

高木地区だけが市販のものだった…。


今はボランティアで作る人が居ないと、高木のコミュニティーの答えだった。


なんだか、ちょっと寂しい気持ちになった。

共星の里で出来ることならば…。やりたい!!!

いてもたってもいられない気持ちになり、やらせてもらいたい!と伝えた。

大人数の料理は慣れているとは言え

これは独り出来ることではないのだ。


想いをぶち明け共星の里のスタッフと知り合いの友人・知人に相談してみたら、

皆んな快く引き受けてくれた!!!

朝早くから、遠くは大野城や太宰府から、そして久留米から家族で手伝いに来たくれた仲間。

そして

佐田から幼馴染のなりちゃん!

東京から滞在中の岩下さん夫妻も手伝ってもらった。







高木地区は広いし、端から端まで遠い距離。

10時までに佐田と黒川のコミュニティーまで配達!!

逆計算したら朝4時起きないと間に合わない…。

なかなか大変!!










佐田地区50個、黒川地区60個 合計110個!!!







どうにか、時間ギリギリ間に合った☆




2台の車に分けけ送り出す。

高木地区の80歳以上の110人の皆さんに、想いが伝わりますように〜♪




全て作業が終わって、ホッとして遅い朝食をみんなで頂く♪





お昼過ぎに電話のベルがなる。


「大変だったろう!!、美味しかったばい。ありがとう。また作ってやんない〜♪」


村の方から御礼の電話だ!!



思いがけない御礼の言葉を頂き、スタッフの皆んなも涙を流し喜んでくれた。


共星の里としてこの地区に出来うることをひとつづつ…。そういう思いを胸に抱いて☆



共星の里の活動に

それぞれがその人の関わり方で関わってもらっている。

一日しか来れないけど…。

週末しかお手伝い出来ないけど…。

ボランティア来ていいですか!?

是非お願いします!

そうした支えが、


ひとつ、ひとつ、根っこになって繋がって


活動の勇気を頂き、


支えてくれる皆さんが居てくてるから今がある。

ここで出来ることがあるのです。


また、ひとつそして、明日へと…。





















































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜満開!「太郎の方舟」設置記念パーティー♪

2016-04-07 22:47:56 | 4.05〜16年のイベント 告知&報告
春爛漫の4月2日。



久々にとってもいいお天気、ドライブには最高の日となりました。

共星の里の周りも桜が満開です。



生きていれば本日55歳を迎える

前衛芸術家集団「九州派」のアーティスト寺田健一郎(1931年−1985年)氏の長男で、

造形作家の寺田太郎氏は、





2007年12月15日早朝、飲酒運転の犠牲で46歳の若さで亡くなっている。



あの日、事故にあう1時間前まで彼と一緒に笑い、語り合い、乾杯を交わしあった仲間はもとより、


多くの友人に彼の訃報は衝撃を与え、その記憶は強烈に残っている。




あれから時は流れ、縁あって彼が亡くなる6ヶ月前に制作した最後の大作 「太郎の方舟」が昨年の秋に共星の里の屋上に設置されました。




息子さんの事故をきっかけに、遺族会の一員として署名運動に参加し、


飲酒運転の厳罰化につなげた経験を持つお母様の翠さんの素晴らしいご挨拶。


今では、大きな竹ぼうきを手に魔女風のいでたちで「さんばば(三婆)」で天神の街頭に立ち、


道行く老若男女に、来夏の参院選への投票や安全保障法制への反対を訴え続けてあります。


柳センセーとは彼が大学時代からのお付き合いです。





お祭り事が大好きだった故人になんで、

彼とゆかりのある素敵なお仲間たちとミュージシャンのライブが開催されました〜♪

★原みどり&ポールマッカートニー(替え玉)

★釈迦カーン

(お写真が無くてスイマセン)ノリノリでみんなでダンシング!!!タイムでしたよ〜♪








朝倉出身のトヨタのCMでもお馴染みのえどぴりか!!!

そして飛び入りで、ナナイロこと徳田畳。太郎さんと同じ名前の太郎…。いい味出してました〜♪



 



大盛り上りな一日でした。r="0">

皆様、

太郎さんのご縁を頂き、本当うに楽しいひとときををありがとうございました☆彡




日々の暮らしの中に芸術がある幸せ。




旅をしたいと太郎さんはあの日に言っていたそうだ。


きっと、この方舟に乗り、大好きなみんなの夢をのせて





時空を越え、航海し続けてあることでしょう♪


P L A N T

種が血に落ちる

空と大地の糧を得て

芽が出る。 

茎を伸ばし根を伸ばしやがて木となり

花を咲かせ

実をつける。

そしてまた種が地に落ちる。


ぼくらも同じように

いくつもの

このサイクルを

繰り返し

旅を続ける。

終からの始まり。

新しい旅の始まり。

           寺田太郎  0.7.7.7
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の足音が聞こえてきます!

2016-03-27 22:43:52 | ETSUKOの部屋
春の足音が聞こえて来ますが

今日は春冷えでまだまだ寒いですね。



共星の里はこの薪ストーブが温めてくれております。

ブログを更新する時間がなかなか出来ずに

久々の投稿です。


3月の開館からあっと言う間に1ヶ月が過ぎて行き

春を頂く、


土筆があちかこちらで芽吹いております✩

これからが、野草の本番を迎えます。

この一ヶ月でいろいろな方々が色んな想いで共星の里にお越し頂きました!

遠くは、パリと南仏から




そして久しぶりに喜多郎さん



音楽館にも寄っていただき、館長と音楽三昧!




かれこれ35年のお付き合いです。




企画展の打ち合わせに

京都・福岡から作家さんたちがご来館です。




また埼玉から、ご先祖様が黒川の方で、

わざわざ助っ人に4回目のI夫妻!



自転車での登場デス!!


そして、「娘が共星の里が好きだったから!」と今は亡きcちゃんのご家族が

お越し頂き、面影を偲んでいらっしいました。

まだまだこれからだったcちゃん、

「短く、太い人生でした…。ここに来れて娘も喜んでいると思います。」とお言葉を頂き



本当に有難い事です。


只今開催中の寺田太郎氏の「太郎の方舟」




この日は、その手の先の光が

とてもとても綺麗でした。



それぞれの皆様とのご縁に感謝申し上げます。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年春、本日3月2日(水)開館致しました!!

2016-03-02 15:24:38 | 3.05〜16年の企画展告知&展示
皆様大変お待たせ致しました。

共星の里は冬季休館を終え、

本日3月2日(水)より開館致しました!!!

今年の冬は大変寒い黒川でした・・・。

今年で17年目を迎える共星の里


雪景色の中に佇む

寺田太郎氏の『太郎の方舟』

この黒川の里山に抱かれ

春の息吹と共に

伸びやかに息遣いが聴こえて来ます。

太郎の方舟設置記念

寺田太郎・寺田健一郎の親子展




2016年3月2日(水)〜5月1日(日)

春のめぐみと共に

寺田親子worldをお楽しみ下さい!

皆様のお越しをお待ち致しております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年 新年明けましておめでとうございます☆彡

2016-01-03 15:34:54 | 1.「共星の里」って?
2016 新年明けましておめでとうございます☆彡

旧年中は大変お世話になり誠にありがとうございました。

今年は申年です☆彡

黒川から出土した中世の神のつかいの猿と共に

皆様のいやさかをお祈り申し上げます。

今年も共星の里らしさを大切に

この里山の廃校でのお一人お一人の出会いと創造する喜びを胸に

2016年3月2日(水)より多様な企画展を開催、発信致します。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


共星の里スタッフ一同
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今年もご来館頂きありがとうございます!冬季休館のお知らせです。

2015-12-10 22:16:41 | 4.05〜16年のイベント 告知&報告


12月に入って寒かったり、暑かったり…。

そんなん中、

12月3日は視察に島根県浜田市からお見えになりました。



美術館見学の後、レクチャーをさせていただき、

有意義なお時間でした。




わざわざ遠いところ、本当うに有難いことです。


また、12月5日は

朝倉市の文化趣味講座で

切り絵作家の坂井かおりさんを迎えて、



美術館見学と切り絵アートが開催されました。



応募された朝倉市の皆さんとオリジナルな年賀状製作です。

無心で切り絵に向かう皆さん、

とっても真剣で、久しぶりに集中したとおしゃっておられました♪

黒川の村の方も参加され、

梨の差し入れとコーヒーで

終わったあとのホッとした笑顔♪






素敵な作品がそれぞれ出来上がりました。


12月の団体のお客さまのご来館も終わり、

共星の里は只今、冬季休館に入りました。

今年も幼児さんから90歳のお年寄りまで

年齢もさまざま

国内外の色んな方々との

いくつもの出逢い!

いくつもの笑顔!!

いくつもの想像・創造!!!

いくつもの経験!!!!


多くの皆さまとのご縁を頂いたことに

スタッフ一同心から感謝申し上げます。

来年2016年は3月2日(水)から開館致します。

新たな企画を持って、共星の里らしさを大切に、

皆様のご期待に添えるべく、冬季に準備をして参ります。

来年もどうぞ、よろしくお願い致します。


共星の里スタッフ一同
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緊急、告知致します!!

2015-11-29 17:19:48 | 3.05〜16年の企画展告知&展示

急なお知らせですが、

本日KBC TVの「クリエイティブ ディグ」の番組にて

10月に開催致しましたアキヒト氏の

「映画を100倍楽しく見る特別講義」の様子が

深夜26時10分からの番組の中で紹介されます!

是非、夜が強い方は見てください〜☆彡


http://www.kbc.co.jp/creativedig/





こちらもお知らせです!



朝倉市の文化趣味講座

美術館で、切り絵アート

〜共星の里美術館へ行こう!〜

と題して

12月5日(土)にワークショップを企画して頂いております。

切り絵作家の坂井かおりさんによる

きりえでオリジナルな年賀状を製作致します。

美術館見学は柳センセーによるレクチャありです。

人数に若干余裕がありますので

お時間のある方は是非ご連絡下さい!

Tel 0946-29-0590

共星の里まで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早いもので11月も残りわずか!

2015-11-27 20:26:36 | ETSUKOの部屋
早いもので11月も残りわずかとなりました。

今年は寒い日が無かったので、安心していましたら、

ここ2〜3日で随分寒くなりましたね!

冬到来です!

11月は熊本から写真家の長野さんがツワーを企画されて



団体様でのご来館です。

お食事と美術館見学です。

県外のお客様も多い共星の里。

大分から2台の大型バスでのご来館!



今年山田線が拡張されてので、大型バスもスムーズに〜。



同郷の大分出身の風倉匠さんの作品に感心されてました。



近くは朝倉市内から、






そして、アメリカはサンフランシスコから



京都から作家の鈴鹿さんのお点前で、ゆったり、時間が流れます。




そして朝倉の志波の柿をいつも食べてある喜多郎さん、久しぶりに生産者の森高さんと再会♪



お写真OKの方々もNGの方々も遠くから、近くから本当に

わざわざお越し頂きましてありがとうございます!

今年の開館は明後日の11月29日(日)となっております。

12月は団体様の予約を除いて

12月〜2月末は

冬季休館となります。

尚、誠に申し訳ございませんが

明日11月28日(土)は研修のため、13時からの開館となります。

ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ致します!!明日はいよいよ本番です!

2015-11-14 23:39:46 | 6.KAZUさんの部屋
あっと言う間に11月。暦の上ではまさに今冬の始まりですね。

お知らせ致します。

明日11月15日(日)は共星の里ともご縁が深い、

喜多郎さんのコンサートが、飯塚の嘉穂劇場にて開催されます。

「私にとって、ある曲は雲であり、ある曲は水である。」喜多郎さんは語っています。

第43回グラミー賞ベストニューエイジ・アルバム賞受賞アーティストであり、

自身16回のグラミー賞ノミネートを果たす、世界でもっとも喝采を浴びている日本人アーティストの一人です。

自然の雄大さ、荒々しさ、暖かさ、冷たさなどから様々な感情を授かり、森羅万象の声を聞き、大自然のエネルギーが曲となる。

アーティスト喜多郎が伝える地球の「声」が

ここ飯塚で、古くから歴史と共に人々に愛された「嘉穂劇場」を舞台にふりそそぎ、

私たちひとり一人の心へと深く染み込み、きっと素晴らしい世界が繰広げられるでしょう!

是非、お時間のある方は嘉穂劇場へお出かけ下さい!!

共星の里の柳センセーが舞台美術を担当しております。

こちらもお楽しみ☆彡


開催時間:昼の部 12時会場13時開演 
     夜の部 16時会場17時開演
 当日券
   S席6500円
   A席5500円
詳しくは 嘉穂劇場TEL0948−22−0266まで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒くなりました!あっと言う間に11月ですね〜。

2015-11-01 14:59:00 | 5.ワークショップ&アートキャンプ!
寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

早いもので11月ですね〜。

そんな中 共星の里には、心温まるあたたかいお便りが届きました☆彡




9月29日に長崎市長与町から修学旅行でお越し頂いた、洗切小学校の6年生の皆さんです。

本当にありがとうございます。

この日は、美術館見学と草木染め・陶芸・蕎麦打ち体験にお越し頂きました。

少しだけその様子を…。(記録係がいなくて、写真が少ない班もあります)








それぞれの班に分かれてのご挨拶。ちょっと、緊張気味な様子。



草木染めは、草花の採集から…。





皆さん、どんな色に染まるのか、興味心身です!



初めての絞りに挑戦




色がだんだん変化していく。


思い想いの作品の完成です。





蕎麦打ち体験チーム

柳センセーの指導のもとスタートです。





蕎麦は時間との勝負です。





皆さん、ご自分の作ったお蕎麦は美味しいと満足し、完食でした〜☆彡




陶芸は美野田先生ご夫妻に指導してもらいました。

手びねりは難しい技法ですが、皆さん真剣そのもの、

「最初は慌てていたけど、ゆっくり、丁寧にしていくと

だんだんと作るのが楽しくなりました〜。

また作りたい」と嬉しい感想デス。







美術館鑑賞〜。










初めての経験は、誰でも最初は戸惑いますが、

そこから得る発見は、何よりも代え難いものです。

創造することは、出来た作品はもちろんのこと、その過程がとっても大切☆彡

心のビタミンになりますね。

皆さんの表情からもわかるように、とっても良い笑顔!!!!

作家さんのユニークな作品からエネルギーを吸収し、

ストレートにその感想をそれぞれに頂いております。

この経験・体感が良い思い出になれば幸いです。

私たちも皆さんからもちろん、たくさんのエネルギーを頂きました。

これを励みにさせて頂きます。



ご来館、そしてお手紙を頂き、感謝申し上げます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「映画を100倍楽しく見ることができる特別講義」にご来場頂きまして有難うございました♪

2015-10-22 18:55:06 | 4.05〜16年のイベント 告知&報告



10月17日(土)開催致しましたAKIHITO氏のトークイベント

「映画を100倍楽しく見ることができる特別講義」は、

小学生から大学生の生徒の皆さんや多種多様な方々が

県内外からもお越し頂き、

会場は満員状態で大盛況の内に終わることが出来ました。


初めて、共星の里にお越し頂いた方は、

何故、こんな朝倉の山奥のそれも廃校に

ハリウッドからAKIHITO氏が来るのか?!

不思議に思う方もいらっしゃるのでは?

AKIHITOさんとのなれそめを

共星の里のアートディレクターの柳センセーがまずは説明。



(MAJI,ST 松本和生)

AKIHITOさんの制作・参加された映画の数々





映画の舞台裏を映像と写真を見ながら、ハリウッドの映画の創り方など、



エピソードをまじえて丁寧に楽しく紹介された。

「前にどうぞ!」の一言で

沢山の人がわーっと近寄ってて、AKIHITOさんを囲み講義に夢中!!

そして、参加者の中からモデルになって頂き、




ハリウッド最新版の傷メイク。


(野田眞直)

一部抜粋

特殊メイク




会場から歓声が沸き起こる!






熊先生、お客様、良い味出してましたよ〜☆




常連さまも見事にサルに変身!!





楽しいムード満点です。



そしてこの後


AKIHITOさんによる、

皆さんから題材を募っての

粘土彫刻のデモンストレーション!!













おしゃべりもまじえながらも


手が確実に動き、ラインに無駄が無い☆


とにかく、仕事が速い!!


こんな真近で、制作風景を見れることはとっても贅沢な空間…。

うそ、いつわりのない世界。

やはり、アナログかあってこそだっと実感☆


(野田眞直)

約40分で完成です。

穏やかな語りの中にも、

ハリウッドの第一線で活躍されるAKIHITOさんの

キャパの大きさ、引き出しの大切さを実感し

たくさんの経験・実動があってこそ、成せる技!度量!…。

とっても有意義な3時間でした。


壮大な人と予算・技術や思いで完成に至るハリウッド映画の世界は、

そういうことを知れば知るほど、

私達にとって「遠い世界」として少々距離を感じてしまいがちです。


しかし、映画づくりの内側で仕事を続けているAKIHITOさんの存在と言葉は、

この日、山里まではるばるお越し下さった方々とスタッフを含め約100人のひとの心の中で、

その「距離」を確実に大きく縮めてくれたような気がします。


そして、日本人の技術やセンスはもっともっと世界の中で自信を持つべきという彼の言葉も

説得力がありとても印象的でしたが、

結果的には、人種云々や国ということではなく、

超シンプルに「人が人を楽しませる」ということの素晴らしさと、

そこにまつわる個々の「人間の想像力」というものの壮大な可能性みたいなものを

再認識させてくれるような大切な場となったと思います。


映画というものづくりを通して、この山里の廃校で垣間見えた世界。


私達の生活や仕事、人と人のコミュニケーション、人生、全てにおいて、

誰かの想像力が誰かの想像力を刺激して、また誰かの想像力を生み出す壮大なループ。

面白いもの、驚くもの、素敵なもの、美しいもの…等々、

人の心を動かす多様なものが宇宙のように広がっていく豊かな世界を、

参加者ひとり一人に想像させてくれた貴重な1日となってくたのではないでしょうか。

ご縁を頂き、この共星の里に集まって頂いた皆さんの

何かしらのヒントになれば、幸いです。

最後になりましたが、


AKIHITOさん、そしてこんな山奥までわざわざお越し頂いた皆様、


素晴らしい、お時間を本当にありがとうございました!


また、このイベントに関わって下さった皆様、

新聞社・TV局・ボランティアの皆さん

心より御礼を申し上げます。


そして、

このご縁を結んでくれたKさん、ミニゴリラちゃん本当にありがとうございます。




この廃校の山里の美術館共星の里へお里帰りされる日を心待ちに致しております。


                                  深謝

共星の里スタッフ一同。


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加