廃校利用 山里の美術館「共星の里」

福岡県朝倉市黒川の「共星の里」のイベント情報や楽しい体験記を掲載。
左下のお好きなカテゴリー(1~16)毎にどうぞ!

タイムカプセル開封!同窓会開催されました。

2018-02-18 20:34:07 | 9.山里の四季・風土
お久しぶりのスタッフよしえです☆

先日こちらのブログでお伝えしておりましたように、
旧黒川小学校である、共星の里の校庭に埋設されていて
先の豪雨にて寺内ダムへと流されていたタイムカプセル。
閉校最期の在校生とそのご家族が見守る中、
本日同窓会が開催され、無事に開封されました!!




この様子は、明日の18:15頃からRKBのニュース内で放送される予定です!
そして、西日本新聞にも掲載されるとのこと!


涙あり笑いありの奇跡的な感動の瞬間!!
久々に校舎に響き渡る卒業生の皆さんの声☆

その瞬間に立ち会う事の出来た私達スタッフ一同、
自分の事のように嬉しく感動し、全ての事に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

そしてまた、ここ黒川で亡くなられた方々を想い、
開封前に黙祷を捧げさせて頂きました。


過去の皆さんの思い出を胸に、黒川が一日も早く復興復旧していってほしいと
改めて深く思う一日となり、笑顔で帰ってゆく卒業生とそのご家族、
お世話係の皆さんから、私達も温かいものを頂いた、貴重な時間でした☆

詳細はまた後日、お伝え出来ればと思っています!
ひとまず、ご報告まで…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの日から7ヶ月…。

2018-02-08 20:47:18 | 平成29年7月5日九州北部豪集中豪雨
2018年もあっと言う間に2月。

あの水害から7ヶ月が過ぎました…。



お陰様でたくさんの皆さんに支えられ、昨年は校庭の復旧も進み、瓦礫・流木の山だった校庭もご覧のとおり、大きな赤石が出現しております。

あの災害で井戸のポンプが流され、水が出ない状態での作業は進まず、せっかくの皆さんからのボランティアのお申し出にも、

お断りをしなければならない状態が、残念なことに昨年からずーと続いておりました…。

あれだけの大水、自然の猛威に愕然とさせられましたが、

日常にとっては水が無いことがこんなに不便なことかと…。

水道をひねれば、水が出ることは本当にありがたいですよね!災害から色んなことを考えされられる日々です。



掃除・片付けにもホトホト困ってしまい、そんな中に冗談のようですが、雪解け水の存在は掃除にうってつけ!!助かりました。




ともあれ、やっと水道のボーリング工事の着工が出来るように手はずが整い、3月の開館に間に合ってくれれば嬉しいのですが…。

水が出てくれるか…。これも天に任せるしかありません。

そんな中に、とっても嬉しいニュースが飛び込んで参りました。

共星の里はご存知の通り廃校利用の美術館です。

明治7年に開校した黒川小学校は、平成7年3月に在校生10人を残して、惜しまれながら閉校となりました。

その在校生の想い出を託し、タイムカプセルと石碑がこの小学校の校庭に、静かに眠っておりました



がしかし、

あの災害で共星の里の校庭は瓦礫の山、多くの歴代の卒業生の想いも詰まった校庭は、今回の災害で一変しました。



還暦の記念に卒業生から植樹をして頂いた桜も、



オランダの子供たちの来日記念の植樹や、子供のころ疑問だった叔父の名前が入っていた校門

なぜ叔父の名前が入っているのか、全くわからなかったのですが、

祖父が長男である叔父が結婚するときに、お祝いに村に貢献したいと思い、

村の要望を聞いたところ門柱を立ててほしいと言われ、記念に叔父の名前を入れたと言うことも、今回分かり謎が解けました。

みんなが遊んだ遊具も、さまざまな多くのものが見事に無くなってしまいました。本当に残念で残念で…。


機会あるごとに来館者の皆さんに、特に修学旅行の子供たちにはこの小学校が最後に何人の在校生を残し廃校になったか?

いつも質問形式でクイズにして尋ね、そのタイムカプセルが埋まっている記念碑を皆さんに見てもらっていました。




本当ならあと6年でそれを掘り起こすと聞いていたので、それまではこの共星の里を継続するぞ!と

開館当初、閉校当時の3月度のスケジュールが書いてある黒板を旧講堂の壁に掲げ、共星の里の継続を胸に誓ったものです。

来年で共星の里も20周年。奈良ヶ谷線も開通し、大型バスも入りやすくなって、この黒川を訪れる方々も増え、

これから!!!という中でのあの惨事…。

瓦礫と流木の山々…。家も車も道も無くなってしまう様態で、あのタイムカプセルも流されたか…。

仕方ないけど、本当に無念な思いが残っておりました。

そんな中、なんと奇跡的にほんとうに偶然にも寺内ダム付近で見つけ出され、


石碑も見つかり、文言がちゃんと「子らよ、くろがわの思いを胸に未来へはばたけ!」残ってます!



痛々しい…。しかし!

少しは割れたているものの、この共星の里に帰って来た!!!信じられない、本当に奇跡です!!



今回、父兄の代表の方からの申し出を受け、共星の里で皆さんの同窓会をする運びとになりました。


内なる希望のエネルギー、光が見えた思いです。



今回のこの作業に携われた方々、よくぞ届けて頂きました!心意気に感謝致します。

さまざまな皆様とのふれあいをまたひとつ抱き、一歩、一歩 歩んで参ります。

皆様の多くの支えが私達の原動力となっております。

どうぞ今後共々、共星の里のご支援・ご鞭撻の程よろしくお願い致します。


共星の里スタッフ一同





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AKIHITOさんのイベント大盛況でした!!

2017-10-11 11:26:08 | 4.05~17年のイベント 告知&報告
昨夜開催された、AKIHITO in RESOLA TENJIN 2017
「映画を100倍楽しく見ることができる特別講義vol.3」☆


平日の夜のお忙しい中、沢山の世代の皆様 約200名に
お集まり頂き、大盛況のイベントとなりましたこと、
共星の里再起動計画 実行委員会のメンバー一同、
心より感謝申し上げます!

今回、共星の里の被災状況を知って頂くために、
写真と説明のパネルをホワイエに展示させて頂きました。
多くの皆様からご心配や応援のお声を沢山頂戴し、
誠に有難うございました。
直接のお声がけに、スタッフも大変励まされました!






今日は、講義と会場の様子を写真にて少し報告します☆
また、今朝のTNCももち浜ストアにてテレビ放映されましたので、
その様子も併せてご紹介しますねー!

前半はAKIHITOさんがこれまでお仕事された作品を
映像を使って紹介しました。
こちらは権利の問題で写真は割愛です。

中盤、いよいよお客様の希望者の中から
じゃんけん大会!!を勝ち抜いた方々への傷メイク!
血が苦手な方、観覧注意です(苦笑)




そのリアルさに、体験のご本人も他の皆様も絶叫だったり、固まったり、、、
会場の熱も上がります!

そして、いよいよモデルさんを使っての生特殊メイクです☆
日本の鬼をイメージしてつくられた、今回の為のオリジナル作品!
(モデルさんは、偶然にも‼︎現共星の里 黒川小学校の卒業生でした〜‼︎何というご縁!)








舞台上に上がるまで、事前に2時間以上の下準備が施されていました。




スタッフひかりちゃん、アシスタントとして大活躍!






そして!!
完成したお顔がこちら☆☆☆



柳センセーと、全身写真☆


完成後は、お客様との撮影会となりました〜!!
終演後は、AKIHITOさんが直接サインを入れての本の販売をなさり、
お客様も興奮状態‼︎熱気ムンムン‼︎で幕を閉じましたー!

撤収後の楽屋にて。
スタッフも皆笑顔で終了!

沢山の愛に包まれて、AKIHITOワールド全開の夜となりました。


最後に、改めまして、お越し下さった皆様に心より感謝申し上げます!!
長時間ありがとうございました❤️


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AKIHITO in RESOLA TENJIN 2017 再度のお知らせ☆

2017-10-06 11:54:00 | 4.05~17年のイベント 告知&報告
先日お伝えしていたイベントが、いよいよ来週に迫ってきました!

Special Effects Make-up Artist
AKIHITO in RESOLA TENJIN 2017
「映画を100倍楽しく見ることができる特別講義vol.3」


廃校利用美術館「共星の里」で2年連続開催され大好評だった講義の第3弾!
講師はハリウッド映画界の奇才・特殊メイクアップアーティストAKIHITOさん。
数多くの名だたる映画に携わり、特殊メイクを担当しています。







なかなか直接聞く事は出来ない映画制作の舞台裏を、映像と写真を見ながら楽しく解説。
厳しいハリウッドの世界で1人の日本人として果敢にチャレンジしてきたAKIHITOさんの
考え方やハリウッドの裏話などを聞き、特殊メイクの制作過程を実際に目の前で見ながら、
ものづくりの世界の内側に触れて、夢を広げてみませんか?

映画はもちろんのこと、日常でも様々な角度から物事を捉えれる視点を増やすチャンスです~☆
あなたの眼で、心で、ぜひ体感してください!

当日、モデルさんにその場で特殊メイクを施します!
また、会場で希望者を募り、ハリウッド式最新版の傷メイクを簡単に行いますよ!
体験してみたい方は是非ご参加ください。(抽選となる場合があります。)

皆様のお越しをお待ちしております‼
AKIHITOワールドに皆でどっぷり浸りましょ~う!
当日、写真撮影OKです!☆

AKIHITO in RESOLA TENJIN 2017
「映画を100倍楽しく見ることができる特別講義vol.3」
10月10日[火] 18:00開場18:30開演
● 大人…3,000円 ● 学生(中・高・大学生)…2,000円 ● 小学生…1,000円
○当日料金は500円UP

会場:レソラホール(http://resolatenjin.jp/)
   福岡市中央区天神2丁目5-55レソラ天神5F

■お問い合わせ:TEL.092-781-8888(レソラホール)
主催:「共星の里再起動計画」実行委員会
協賛:NTT都市開発株式会社
協力:BEA

■チケット:8/27(日)10:00am~ 各プレイガイドにて発売
【ローソンチケット】 Lコード:82143
電話0570-084-008 http://l-tike.com/
店頭:LAWSON、ミニストップ

【 チケットぴあ 】 Pコード:636-819
電話0570-02-9999 http://t.pia.jp/
店頭 : セブン-イレブン、サンクス、ぴあ店頭
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AKIHITO in RESOLA TENJIN 2017 「映画を100倍楽しく見ることができる特別講義vol.3」開催します!

2017-09-13 05:16:25 | 3.05~17年の企画展告知&展示
この度の九州北部豪雨に際し、ご厚情あふれる励ましとご支援を頂き厚く御礼申し上げます。

災害から約2ヶ月の月日を迎えております。

復興に携わっていただいている皆様をはじめ、

沢山のボランティアの皆様、友人、知人の方々がお忙しい中に、道なき道を通って頂き

ご支援のお陰で少しつづ、復興に向かっております。

この集中豪雨は、これまで経験したことのないもので、朝倉に大きな被害を残しました。

復興の道のりは長期になることが予想され、黒川(くろがわ)を含む高木地区が平穏な日々を取り戻すには、長い月日が掛かると思います。

今、私たちは、来期には共星の里を力強く再起動させることを目指しながら

朝倉の一日でも早い再生の為にも、この山里に光を当てることが共星の里の大切な役割でもあると感じています。

アートの力を復興のエネルギーにかえて頑張って参りたいと思います!

今回、共星の里を飛び出し、福岡のど真ん中、天神へ!

あさくらの山里、廃校利用美術館「共星の里」で2年連続開催され大好評だった講義

映画の奇才・特殊メイクアップアーティスト

AKIHITOによるトーク&特殊メイクのデモンストレーションを開催致します!



Special Effects Make-up Artist

AKIHITO in RESOLA TENJIN 2017

「映画を100倍楽しく見ることができる特別講義vol.3」

10月10日[火] 18:00開場18:30開演

● 大人…3,000円 ● 学生(中・高・大学生)…2,000円 ● 小学生…1,000円

○当日料金は500円UP

会場:レソラホール(http://resolatenjin.jp/)

福岡市中央区天神2丁目5-55レソラ天神5F

■お問い合わせ:TEL.092-781-8888(レソラホール)

主催:「共星の里再起動計画」実行委員会

協賛:NTT都市開発株式会社

協力:BEA

■チケット:8/27(日)10:00am~ 各プレイガイドにて発売

【ローソンチケット】 Lコード:82143

電話0570-084-008 http://l-tike.com/

店頭:LAWSON、ミニストップ

【 チケットぴあ 】 Pコード:636-819

電話0570-02-9999 http://t.pia.jp/

店頭 : セブン-イレブン、サンクス、ぴあ店頭

このイベントに際し九州北部豪雨災害復興支援企画としてご協力くださった方々、

「共星の里」の復旧作業に来てくださる方々、お気にかけてくださる全ての方々に、

心より感謝申し上げます。


福岡、天神で皆様にお会い出来ることを楽しみにしております!
 
 共星の里スタッフ一同  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九州北部集中豪雨被害③

2017-08-18 01:28:44 | 平成29年7月5日九州北部豪集中豪雨
残暑お見舞い申し上げます。

随分のご無沙汰して申し訳ございませんでした。

実は、電話もパソコンも電柱が倒れて、光回線が切断されているため

このブログも更新出来ないままでした。

その為、ネット環境が無く共星の里のメールも不通状態です。

ご迷惑をおかけ致します

携帯電話の回線は大丈夫なのでスマフォからのFB,ツイッターでは、災害後の様子をUP出来ておりましたが

このブログにコメントを頂いていながら…。失礼を致しお許し下さい。

お陰様で、インフラの整備の復旧に関わる団体の関係者の皆様や

たくさんのボランティアの皆様のお陰で、少しつづ状態を回復して参りました。

そう喜んでおりましたが、昨日の雨でまた逆戻りといった具合でなかなか

仮の橋や、道路の整備が重機を入れて急ピッチで行われているというのが7月17日現在の今の状態です。


少しお話すると、

集中豪雨当日から寸断されていた道路が14日には通れるようになったので、

その翌日15日に 工房まるの樋口君のありがたい呼びかけで、湊さんとその小学生の息子さんたちと一緒に玄関周りの作業をしました。


















中腰で粘土質の土砂をとる作業が、腰にこたえますが、

湊さんの小学生の男の子2人は身体が柔らかく、せっせと、「僕たちの大好きな場所だからと笑顔で言ってくれて…。

猛暑の中、大人でも大変な作業に、兄弟で連携プレイで頑張ってくれました!

こういう時の子供の声の明るさは、本当に有難いです

樋口君湊さん、そして子供たち、

お忙しい中に本当にありがとうございました


大量の瓦礫が流れ付き土砂に埋まっている校庭








外はこの様子ですが、館内は被害が本当に少なかったことは奇跡としか言いようがありません。

柳センセーの2つの鉄オブジェと銀木犀が壁となってこの美術館を守ってくれました。

救いとしか思われない出来事です。

まだまだ、ネット環境が無い状態ですが少しづつこれまでの様子もUPしますのでよろしくお願い致します。

年間スケジュールの中での災害前に決まっていた館外の事業は動いております。


東京近辺の方々は是非よろしくお願いします

2017 東京 現代アートによる国際交流展いよいよ明日から開幕です!

『 美 の 探 求 』 明日8月19日(土)から29日(火)まで

アーツ千代田33331メインギャラリーにて開催されます。

過去に共星の里で展覧会を開催して頂いた多くの国内外の作家さん達も勢揃いで参加されております。

国内外55名の作品の展示。

そしてワークショプ6講座(すべて無料)。

明日のオープニングイベント

2000年、共星の里開館のオープニングや、ライブインスタレーション『ゼロ戦が鳩になる日』等で演奏して頂いた

共星の里ともゆかりの深い大倉正之助氏による太鼓と我が共星の里のアートデイレクターであり、

現代美術家の柳和暢とのライブペインティングとのコラボレイション「 氣 韻 生 動 」は必見です!

日時:9月19日 (土)  14:30~15:30   料金: 無料


       
また8月20日は、こちらも共星の里で2年連続開催され大好評だった講義。

ハリウッドの映画界の奇才・特殊メイクアップアーテイストAKIHITOによる

「映画を100倍楽しく見ることが出来る講座」と粘土彫刻のデモンストレーション。

映画の裏側のお話や粘土彫刻のデモは素晴らしいものがあります☆

日時:8月20日(日) 時間:18:00~20:00 料金: 無料


詳しくは アーツ千代田3331 

http://3331.jp/schedule/003951.html.



急なお知らせで誠に申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。






















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北部九州豪雨被害②

2017-07-10 02:27:44 | 平成29年7月5日九州北部豪集中豪雨
この度の北部九州豪雨において、

被災された皆様をはじめ、亡くなられた方々に心よりお見舞い申し上げます。

今回の災害地区は朝倉市だけでも範囲が広く、心を痛めております。

我がふるさと、朝倉、高木地区も多大な被害に見舞われております。

黒川地区においても、共星の里が属する区会長さんのご家族が3人もお亡くなりました。

とっても明るいお嬢さんで帰省される度にお子さんとお遊びにこられていて、今回お産でお里帰りされた折の災難だけに、

何とも言葉では言い表せない思いがあります。

心から謹んでお冥福をお祈りする思いです。

テレビのニュースから流れる今回の映像、黒川の共星の里(旧黒川小学校)付近を見て、愕然とするほどです。



なかなか直視出来ない思いがあり、映像を頂いてもUP出来ない自分がありましたが

このことを心身に受け止め、前に進むしかありません。

出張から帰っての災害の5日の朝、寺内ダムの上流の呑吉地区付近から川を見ると、

ダムができる前の川底が浮き上がって、例年にない今年は水不足だと思っていたのが、

まさか、その日の午後には川も荒れ狂うほどの想像を絶する嘘のような惨事。

信じられない光景です。





今、黒川地区は道路が土砂と瓦礫で遮断され、橋も崩壊して行くすべがない状態です。



共星の里・音楽館のことをご心配されて、沢山の励ましのお言葉・メールも頂き感謝の気持ちでいっぱいです。

本日、柳センセーと美術家の八尋晋さんがその実態を確かめに、道なき道を2時間掛かって見に行ってくれてます。









共星の里の校庭は土砂に埋まり瓦礫が散乱し、ブランコが半分も埋まった状態でこれだけの土砂が流れてつくほどの勢い、









橋も崩れ落ち、松尾川も地形を変えて権現様付近から流れ着いた大きな赤い石が出現。


新しい川が校庭に出来ています。


水道のポンブ小屋は流されましたが、シンボルのイチョウの木はこの惨事にもビクともせず、





柳センセーの2体のオブジェが見事に防波堤になってくれて、

心配していた館内は、玄関の入り口だけが土砂が入っていましたが、

外の世界の惨事を知る由もなく、いつもの共星の里がそこにありました。

全く館内は大丈夫で、作家さんの作品もいつものように迎えてくれています。

黒川院の部屋もあの木造の旧講堂も異常はありません。

本当に奇跡としか言いようがありません。

音楽館も外は色々とありますが、館内は全くこちらも大丈夫だと渕上館長の報告がありました。

昨日、7月8日、高木地区の住民全員が自衛隊のヘリ・レスキュー隊での救出活動で全員救助が出来たと聞いております。

救助に当たっていらっしゃる関係各位の皆様をはじめ、ボランティアで働いている方々には心から感謝申し上げます。

インフラが完全にたたれた今、これが整うには相当の時間が掛かると思いますが

前に進むしかありません。

しばらくは休館となりますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。


 ♪ 梨の花咲く丘霞、

   黒川谷の朝ぼらけ、

   200の友よ胸をはれ、
 
   我ら山の子たくましく、

   今日も仲良く学ぼうよ ♪


 黒川小学校の校歌です。


この校歌を口ずさみながら…。

「今」この瞬間を受け入れ、

「今」を認めて意識してこのことを学び、

進んでいこうと思います。

今回も皆様の多くの支えが私達の原動力となっております。

感謝の気持ちでいっぱいです。

これからが、大変だとおもいますが、一歩、一歩前へ、気持ちだけは持ち続けます。


どうぞ今後共々、共星の里のご支援・ご鞭撻の程よろしくお願い致します。


まずは、ご報告とさせていただきます。

共星の里 スタッフ一同。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

北部九州豪雨被害の経緯

2017-07-10 01:48:12 | 平成29年7月5日九州北部豪集中豪雨
御心配ありがとうございます。

実は、おととい私は、四国から戻った後、すぐ、6日から大分のトキワさんで、kienの展示会の搬入のため、

どうしても17時までには、大分市に入らないといけなかった理由がありました。

共星の里は代表に任せて、先に降りるつもりでしたが、代表が雨の降り方が半端では無いことに気づき、みんな降りることに。

本人は三奈木の方へ降りようとしたのですが、高木中学校の橋が流されていると言って戻って来まして、

山田線の方が降りやすいだろうと言って、みんなで15時に共星の里を出て来ました。

途中、田んぼも川も道もない状態で瓦礫が散乱している中をやっとの思いで降りてきました。

後で、あの朝倉の山田の映像を見て、ビックリしております。

後30分遅かったら、土石流で私達も流されていたことでしょうし、共星の里にそのまま居たら孤立状態だったと思います。

渕上の父は、音楽館にいるから迎えに来てくれと言ったまま連絡が取れなくて、皆なで心配しておりましたが、

黒川の村の人のお家へ避難しており、無事が確認出来ました。

佐田の弟達も会社の前の橋が流されて孤立しておりましたが、昨日、自力で従業員と一緒に降りて来たと聞いております。

15時に共星の里を出たときはまさかこんなことになるなんて…。

集中的に降る雨ですが、驚異としか言い様がない状態、一瞬にして、見慣れ風景が…。

本当に言葉も出ないです。

共星の里の映像のupに愕然!私達が出発した後、刻々と変わっていったのだと実感しております。悲しい気持ちでいっぱいです。

孤立している黒川に行けないのが、もどかしいです。

ライフラインは大丈夫でしょうか…。心配でたまりません。

共星の里の事も、気が気ではありません

写真を見る限り、柳センセーのオブジェ2体の作品が館内に入る瓦礫を止めてくれているようにも見えますが…。

作家さんの想いの詰まった大切な作品があると思うと心配で胸が痛い…。

館内に被害がないことを本当うに願う想いです。

今はただ、

多くの地区で被災されている皆さんのご無事と、これ以上に災害が広がらないことを祈るばかりです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせいたします☆彡

2017-06-07 17:25:23 | 1.「共星の里」って?
あいにくの雨模様ですね!

本日は長崎市立鳴見台小学校の6年生のみなさんの修学旅行で

美術館見学と体験学習でした!

雨も吹っ飛ぶほど、とても元気一杯の子供たちで、

みんな活き活きとしてワークショップも大賑わい!

沢山の体験学習の思い出を持って帰ってもらいたいと思ってます☆彡

そんな中、午後からテレビ西日本「ももち浜ストア」の取材がありました。

明後日、6月9日(金)の放送で朝の9時50分ごろに

「ゆったり気分を味わえる日帰り旅」と題し、

美奈宜の杜とともに、「共星の里」が紹介されます。

お時間のある方は是非ご覧ください~☆彡
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 Stairway in the Void -空(くう)にかける階段-富樫 実 作品展 開催致します!

2017-05-01 22:26:53 | 3.05~17年の企画展告知&展示
企画展のお知らせです。




富樫 実氏 Stairway in the Void -空(くう)にかける階段-

仏教思想を背景とした「空をかける階段」という一貫したテーマのもと、

数多くの作品を世に送り出してきた富樫実氏の企画展を開催致します。

国内だけでなく世界中のパブリックな空間に設置され、人々の生活に安らぎと感動を与え続けている作品が、

今回、九州で初の本格的な展覧会として勢ぞろい致します。



5月の新緑萌ゆる黒川に是非お越しください。




Stairway in the Void -空(くう)にかける階段-は2つの会場を巡ってご鑑賞いただける美術展です。



○ 共星の里と音楽館との二つの会場での展示となります。

〇開催期間:5月3日(水)~7月30日(日)
 
 第1会場/共星の里(黒川INN美術館)
 入館料:大人 500円、小・中学生 300円
 開館時間:11:00~17:00(休館日:月曜、火曜)

 第2会場/音楽館(おんらくかん)/
 入館料:大人 600円、中学生300円 小学生100円

第1会場&第2会場/入館料:大人900円・中学生540円
             小学生360円 

〇お問い合わせ:共星の里 0946-29-0590
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

stayin 'alive 『絶滅危惧手展』無事に終了致しました。

2017-05-01 00:30:15 | 4.05~17年のイベント 告知&報告
最終日にふさわしく、近くはうきは、太刀洗、あさくらから、遠くは福岡、大分

そして何とアメリカ、サンフランシスコから

大勢の方々がお越し頂き

お陰様で、無事に終了致しました。



こんなに竹の編み方に名前があるとは!と驚かれ、

興味深く、熱心に鑑賞される方々が多く、

ゴールデンウイークはどこも混んでいるし、ゆっくりと帰るからと皆さん長居され、



しばし、鶯の鳴き声をBGMに新緑の里山を眺めながら屋上で過ごしたり、


また会場で会話が弾み、穏やかな風薫る最終日となりました。




初めてのお客様がここはあたたかいですね!と言われたので、


今日はいいお天気ですからね~。と答えると

いえいえ、ここの空気、ひとが…。とおっしゃって、

あらあら…。(笑)

心地よい空気感があると言われて



90歳の儀母も奥様に似顔絵を描いたり、19歳の女の子と仲良く。




この会場とそれに輪をかけて

倉富ご夫妻の何とも、夫婦漫才に似た会話がついつい笑みを誘う♪

50年も夫婦でいるとお二人の掛け合いが見事な「間」!!

この「間」の絶妙さが作品にもにじみでている。

とてもあったかい。

 

あっという間の二か月、毎週この黒川に上って来るのが楽しみだったから寂しくなると…。言われ、

また遊びにちょいちょい来ます!!

倉富さんと奥様の笑顔が印象的だった。




 Stain’Alive~☆彡

  絶滅危惧手展

近くから、遠くからご来場頂きありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

stayin 'alive 『絶滅危惧手展』明日4月30日が最終日

2017-04-29 20:55:38 | 3.05~17年の企画展告知&展示
木版画家 倉富敏之氏

stayin 'alive 『絶滅危惧手展』は、

早いもので,

明日4月30日が最終日となりました。

本日は朝倉市内、北九州や日田、福岡近辺から、

また遠くはフランスからもお越し頂き

初めての方も常連さんも皆さん、作家さんご夫妻と会話が弾み楽しまれておりました。









明日も倉富さんご夫妻は在館されますので、


風薫る新緑の輝くあさくらへ、是非お遊びにお越し下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ致します。

2017-04-21 19:03:14 | 9.山里の四季・風土
お知らせ致します!!

毎年四月に行われている地元の神事

『黒川院歴代座主慰霊祭』が

明後日4月23日(日)に開催されます。

中世この地にあった英彦山の座主の1代から14代まで

約250年この地で続いていた黒川院・・。

詳しいことはこのブログでも紹介しております。
http://blog.goo.ne.jp/kyouseinosato/e/409ee33b1451775ab57ead061ec7c92b

英彦山神宮より宮司さん・氏子さんがお越し頂き

古式次第にのっとった神事が行われます。

このため、共星の里は『直会』の会場となります。

レストランは11時~15時まで貸し切りとなりますのでご了承くださいませ。

尚、美術館は平常どおり営業しております。

ご理解のほどよろしくお願い致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

♪~梨の花ウォーク~♪が開催されました。

2017-04-12 20:05:40 | 4.05~17年のイベント 告知&報告
昨年に続き、今年も高木地区活性化推進委員会の主催で

第2回梨の花ウォークが共星の里のグランドにて開催されました。

高木は梨の産地で有名ですが、

みなさんは梨の花をご存知ですか?

桜の花より大きく純白な花。とっても綺麗です!

この梨の花見をかねてウォーキング。

そして、野草を収穫してのお食事タイムetc…。

と言う企画だったんのですが、



今年は開花が遅くちょっと残念!

その分、日田市より、昆虫博士の佐々木センセーにお声をかけて

参加した皆さんが摘んだ野草を食べられるか!?教えてもらいながらのウォーキング!となりました。









雨も上がって子供たちは元気一杯!!







思い思いに摘んできた野草☆彡



佐々木センセーが解説(^^♪







これを天ぷらにして頂きます!

3日前から委員会の皆さん竹を切り出し、



皆さんが食べる器・おはし・お皿作り!

紙コップとお皿を買ってくれば済むことなのに、大変な手間・ひま!愛情いっぱいです。

厨房も下ごしらえも

集まったみんなで猪汁の準備が夜まで続く。




メインの黒川産のお米を使った竹飯!の準備





上手く炊けます様に~。





さあ!どうでしょうか?





アーティストの八尋晋さんも慣れた手つき、


美味しそうに炊き上がりました!


のんちゃん、盛り付け手伝ってくれてありがとう♪



天ぷらも揚げたて






佐々木さんの助っ人のノンちゃん♪絵本の読み聞かせもしてもらって皆さん楽しんでました。






おやつは美味しい竹パンを作って焼いて!!



ハチミツ屋さんのハチミツバターも飛び出しておかわりが続々と!







春の野草をたっぷり味わって

拾ってきた石で石ころアート





春の陽気が気持ちよく、高木の春を満喫!ゆったりとした時間が流れて子供たちも大はしゃぎでした!





参加頂いた皆さま、本当にありがとうございました。

そして、お手伝い頂いたボランティアの皆さん、東京から黒川に来たタマちゃん
色々とありがとうございました。


地域活性委員会の皆さんもお疲れさまでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月1日(土)倉富敏之さんのギャラリートーク開催致します☆

2017-03-26 09:13:36 | 4.05~17年のイベント 告知&報告
花冷えの気節です。黒川はまだまだ寒いですね。
本日も、木版画家倉富敏之さんのstayin alive 『絶滅危惧手展』に
たくさんの皆さんが遠くは海外のマレーシアから、
そして東京や




四国の高知からわざわざお越し頂き、




また常連さんがバイク仲間を連れてツーリング。



はたまた甘木からママチャリで!!!

と多種多様な方々がそれぞれの楽しみ方で♪「異空間に迷ったような…。ここはどこ?!」などなど…。

倉富さん御夫妻と薪ストーブで暖をとりながら、お話が弾み、

『ここに集まる人は、かわりもんが多い(笑)』と談笑♪

初めて会う方も、そうでない方も

自然と輪が出来て、ゆっくりと時を忘れ、素敵に時間が流れておりました♪


お知らせ致します。

4月1日(土)13時30分から

倉富敏之さんによるギャラリートーク「竹とうるしのお話し」を開催致します。





豊かさと便利さを追う私達の暮らし。その暮らしと引換かのように激滅してゆく様々なものごと…。

自ら携わっていた竹工芸と漆塗りの世界を中心に、失われつつある伝統工芸の作業風景や工程、技術、技法、

作品の美しい姿、そして消えゆく日本語の文字や、古くから人の暮らしに使われてきた木々の植物たち。

長年にわたり、それらを慈しむように克明に版木に彫み続ける倉富敏之さん。

どうぞこの機会にstayin alive 『絶滅危惧手展』へ、是非お越し下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加