倉敷三毛猫ホームズの芸能ブログ

最新芸能ニュースをお送りいたします。是非ご覧ください。

神田沙也加&村田充が結婚報告 父・神田正輝と笑顔で「見守って」

2017年04月26日 | 芸能

 

 女優の神田沙也加(30)と俳優・村田充(むらた・みつ 39)が26日、双方のSNSを通じて結婚することを報告した。


 神田は自身のインスタグラムで「この度は私事でお騒がせしてしまい申し訳ありません」と詫びつつ、村田と父で俳優の神田正輝(66)との3ショットの笑顔の写真を掲載。「ご報告したかったタイミングではなく心苦しい気持ちもありますが、一部報道にありました通り、わたくし神田沙也加は村田充さんと結婚いたします」と報告し「仕事の面もより一層充実させていけるよう精進してまいります。暖かく見守っていただけたら幸いです」とメッセージした。

 また、村田も自身のブログを更新し「予定と異なるご報告の形となり心苦しいですが、一部報道にあります通り、私 村田充は神田沙也加さんと結婚をいたします」と発表。「共に支え合い、充実した日々を過ごしたいと願っております。何卒、今後ともご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。暖かく見守っていただけたら幸いです」と呼びかけている。

 2人は今月初旬に『NEWSポストセブン』で「合い鍵お泊りデート」など半同せい生活を送っていることなどが報じられており、きょう26日に一部スポーツ紙で結婚することが伝えられていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000323-oric-ent


沙也加ちゃん、かわいい 


俳優・村田充(むらた・みつ)さん、ネット上では有名人なのね。

 

お幸せに

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神田沙也加 9歳上の俳優・村田充と結婚へ

2017年04月26日 | 芸能

 女優の神田沙也加(30)が結婚することが25日、分かった。お相手は9歳年上の俳優、村田充(みつ、39)。すでに2人で結婚披露パーティーの準備を進め、親しい知人には報告を済ませている。日取りについては、今後決めていく。昨年夏、舞台での共演で知り合い、周囲によると、交際は約8カ月。神田正輝(66)と松田聖子(55)の長女として生まれ、幼いころから注目された沙也加がついに最愛の人とゴールインを決めた。 

 出会いは昨年夏の舞台「ダンガンロンパ THE STAGE」での共演。周囲によると、同年秋ごろから交際をスタートさせた。村田は1メートル87の長身を生かし、ファッションショーや雑誌などでモデルとして活躍。2000年ごろからは俳優としての活動も始めた。一方でDJでも活動するなど、幅広く活躍している。

 知人は「クールな外見で物静かなオトナの男性。周囲に沙也加さんをきちんと恋人として紹介するなど、女性から見ると、礼儀を知っている頼れる男性です」と話す。過去に広末涼子(36)との交際が取り沙汰されたこともあった。

 村田は21日に開幕した舞台「破壊ランナー」(Zeppブルーシアター六本木)に出演中で、沙也加が客席から観劇している姿が目撃されている。この時も村田は共演者らに沙也加を紹介し、仲睦まじい様子だったという。

 偉大すぎる母親を持つゆえに「何度も“親の七光”の重圧に苦しんだ」(関係者)という沙也加。結婚は母の呪縛から解放された新たな人生のスタートでもある。

 2001年、中学3年生の時に聖子が決めた芸名「SAYAKA」としてデビュー。最初のシングル曲はヒットしたものの、その後が続かなかった。周囲によると、期待に応えられなかった娘に「聖子さんは日本から離れ、米国留学するよう勧めていた」という。

 しかし、沙也加はその母の姿勢に反発。大好きだったミュージカルの仕事をするため、04年に宮本亜門演出の舞台のオーディションを受けた。そこで宮本に言われたのが「あなたはあなたでいいんだ」――。

 この言葉に救われた沙也加は、母との家を飛び出し、12歳年上のギタリストと交際。猛反対する聖子と絶縁状態になり、仕事は休業。母からもらう給与もストップされ、離れて暮らす父・神田正輝のもとに相談に行ったほど、母娘の確執は深刻だった。

 しかし、1年半の休業中にミュージカル女優となることを決意。06年末に舞台「紫式部ものがたり」で復帰した際、母が決めたSAYAKAではなく、本名の「神田沙也加」を名乗った。

 それからは聖子とも雪解けし、14年に「アナと雪の女王」でブレーク。偉大すぎる母の力を一切借りずに、自分でスターの座をつかみ取った。

 そして、来月1日からは母の知的財産を管理する所属事務所「ファンティック」から独立。自身の個人事務所を設立する。周囲はそんな沙也加の結婚の決意に「公私全てにおいて完全な親離れを意味します。お母さんとは違う道で立派に成功し、そして聖子さんのように本当に強くたくましくなった」と話している。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/26/kiji/20170426s00041000043000c.html

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小林麻央が「鼻にチューブ」写真

2017年04月26日 | 芸能

海老蔵「私なりの考えがある」

 乳がんで闘病中の小林麻央さん(34)が2017年4月24日のブログで、病院のベッドで横たわり鼻にチューブを入れている写真を公開した。

 22日に再入院したことを報告し、治療を続け「貧血が改善した」と綴っているものの、入院はしばらく続きそうだ。

■「まおのもとへ 元気をあげられれば、、」

 「ひとつクリア!」と題した24日のブログでは、再入院した22日、翌日の23日に輸血、点滴をし、痛み止めの薬の量を増やしたことで息苦しさが軽減した、と書いた。輸血が終わったら退院、と考えていたのだけれど炎症が強く、抗生剤などの点滴をもう少し続けなければならないそうだ。

  「貧血が改善したので、次は、身体の中の炎症を抑える。ひとつひとつクリアしていこう!」

と気丈さを見せた。アップした写真は病院のベッドで横たわり鼻にチューブを入れている。

 夫の市川海老蔵さん(38)は25日午後、自身のブログに投稿した記事で、車で病院に向かうとし、

  「まおのもとへ 元気になり 元気をあげられれば、、」

と綴った。そして、

  「今日私なりの考えがあるんです」

と意味深な言葉で結んでいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00000005-jct-ent


酸素チューブの写真までアップする必要があるの???

おそらく、24時間の静脈点滴。抗生物質・鎮痛剤増量。

食事も摂れていないでしょうから、高カロリーの点滴でベットに寝たきりかな???

市川海老蔵さん、何がしたいの???  理解に苦しむ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菅田将暉がスキャンダルに対する宣言か「今後、沈黙という方法を取る」

2017年04月26日 | 芸能

24日深夜放送のラジオ番組「菅田将暉のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、俳優の菅田将暉が、自身のプライベートに関して「沈黙」の姿勢を貫くことを宣言した。

番組の前半、菅田は「『何かあったら、はっきり言います』過去にメディアを通してそう言ったことがあります」「それが一番いい方法だと僕は思っていました。表に立つ人間として、当然の義務だと思っていました」と、真面目なトーンで語り出した。

そして、今後あらぬ誤解を招かないためには自身の言葉で伝えるべきだとし「ぼくはこれからスタンスとして、沈黙という方法を取ります」と宣言した。

菅田は、法を犯した場合や不適切な言動など、事実関係を説明すべき状況であれば「きちんとお答えさせていただきます」と語る一方で、昨今の報道や記事については「証拠も何もなくても、文面に書かれたことがすべて真実として、無駄に皆さんを刺激する現実」と指摘。

また「皆さんに対して恥ずかしい仕事の向き合い方はしてきていません、それはこれからもです」とも説明。そのうえで「だからぼくはどんな仕事をしていこうが、どんな人と関わっていこうが、それはとやかく言われたくはありません」「いちいち説明していく必要もないはずです」と自身の考えを明かす。

菅田は、作品を純粋に楽しむうえではプライペートな情報は「きっと邪魔」といい「だからぼくは、沈黙という方法を取ります」と、再び意思表明をした。さらに「信じたい人は信じたらいいし、違うと思う人は違うでいい」「本当のこと、嘘のこと、いちいち反応していられません」と胸の内を語る。

なお、報道や記事については「勝手に書いたらいいと思います。好きなこと言っていいと思います。表現の自由だと思います」と捉えているそう。「表に出る仕事をしている以上覚悟をしています」「ただ、ぼくは今後それに対して、何も答えるつもりはありません」「それも表現の自由だと思います。というか表現は自由です」と主張した。

菅田は最後に「もしかしたら、こんなことを話す必要すらないのかもしれません。ですが今はまだ自分の心の思うままに、動いていきたいみたいです」「長々と失礼しました。最後まで聞いてくださりありがとうございます」と締めくくった。

およそ10分にも渡り、真剣な声色で語った菅田だが、その背景には今月1日に一部で報じられた女優・本田翼との熱愛報道を受けてのものとみられる。なお、双方の所属事務所は、ふたりの交際について否定している。

http://news.livedoor.com/article/detail/12984189/


 

モテモテ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【愛人?】元・乃木坂46 橋本奈々未

2017年04月25日 | 芸能

 

橋本奈々未を“私物化”するレコード会社取締役

 大手レコード会社「ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)」の取締役、村松俊亮氏(53)が、アイドルグループ「乃木坂46」を今年2月に卒業したばかりの人気メンバー・橋本奈々未(24)と、卒業後も密会を繰り返していたことが「週刊文春」の取材でわかった。村松氏が橋本を送り、橋本の自宅マンションの建物内に入る姿も複数回確認している。

 乃木坂46はSMEグループのレーベルからCDをリリースしている。メンバー全員が事務所「乃木坂46合同会社」に所属。この会社は、村松氏が今年3月まで社長を務めた「ソニー・ミュージックレーベルズ」とAKBグループを運営するAKSの関連会社「ノース・リバー」の2社によって構成されている。村松氏は合同会社の初代代表であり、昨年末までその職責にあった。

「週刊文春」記者は村松氏を直撃した。

――引退した橋本さんになぜ会っている?

「本人がその(芸能界引退の)あとに、希望で芸能関係の裏方の仕事をする予定だと」

――私物化との指摘もある。

「まったくありません」

 2人はどんな関係なのか。詳しくは4月26日(水)発売の「週刊文春」5月4・11日GW特大号で報じる。

(「週刊文春」編集部)

https://news.nifty.com/article/entame/etc/12113-2282/


2人はどんな関係なのか。

いえいえ。解ります。

 

毎月、マンションの家賃支払ってもらって、毎月、お小遣いもらって、給料もらって。

この爺さんのお相手をする。月数回。 お金の目処がついて良かったね。 愛人さん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月9ドラマ「貴族探偵」第2話8・3%

2017年04月25日 | 芸能

 初回から3・5ポイントの急落の8・3%

 24日に放送された「嵐」の相葉雅紀(34)主演のフジテレビ系「月9」ドラマ「貴族探偵」(月曜・後9時)第2話の視聴率が8・3%だったことが25日分かった。

 初回の11・8%から3・5ポイントの急落となった。

 主人公は相葉演じる使用人に推理をさせ、謎解きをすることが趣味の「貴族」。本名不詳、年齢も住所も家族も不明で自らを「貴族」と名乗る青年の趣味は探偵だが、事件に出合うと、メイドの田中(中山美穂)や執事の山本(松重豊)に命じて捜査、推理をさせる。そんな貴族探偵と新米女探偵(武井咲)が競い合う形で事件の謎に挑んでいくストーリーで、1987年4月開始の「月9」ドラマ30周年という節目の作品となる。

 同局の分析ではキッズ層、女性層の支持が比較的高かったが、男性視聴者の数字がやや低かったという。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00000030-sph-ent


ん~ん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高畑充希さんなどの画像 盗み見

2017年04月25日 | 芸能

女優の高畑充希さんや、人気アイドルグループのAKB48のメンバーなどが個人で利用していた、画像などのデータを保存するインターネットのサーバーに不正にアクセスしたとして、福岡市の26歳の男が書類送検されました。警察は、男が保存されていた画像などを盗み見ていたと見ています。

書類送検されたのは、福岡市博多区に住む26歳の無職の男です。

警察によりますと、男は去年、インターネット上に画像や動画などを保存するクラウドと呼ばれるサービスの会社のサーバーに、合わせて32回にわたって不正にアクセスし、その際、サービスを利用していた、高畑充希さんや、AKB48の島田晴香さんなど15人のパスワードを使ったとして、不正アクセス禁止法違反の疑いがもたれています。

ログインに必要なパスワードは、SNSで公開されている誕生日などの個人情報をもとに割り出していたということです。

警察によりますと、調べに対し「他人の私生活をのぞき見るのが快感だった」と供述しているということです。

警察は男が去年10月までの3年間に、およそ2000人のアカウントに不正なログインを繰り返し、データを盗み見ていたと見ています。

クラウドサービスとは

クラウドサービスは、パソコンやスマートフォンで管理している写真などのデータをネット上で保存したり、インターネットを通じてソフトウェアを利用したりできるサービスです。

近年、通信の高速化が進んだことやデータを記録するハードディスクの容量が大きくなったことから広く使われるようになりました。

一方、クラウド上に保存した私的な写真などがネット上に流出するといった問題がたびたび起きています。

3年前の2014年9月には、アカデミー賞の主演女優賞を受賞したアメリカの女優ジェニファー・ローレンスさんなど、複数の著名人の私的な写真がネット上に流出し、何者かがアカウントをハッキングした可能性が指摘されました。

こうしたサービスは、有料のものから無料のものまでさまざまあり、手軽に使えることから人気が高まっていますが、利用する際には、安易に他人にわかるようなパスワードを使わない、同じパスワードを使いまわさないといった、第三者の悪用を防ぐ対策が必要です。
 


最近多いよね。パスワード変更してください。って。

私は「7桁の英数字」にQを足して。その次はWを足して。Eを足して。3回変更した。

 

分からなくなるから。  パスワードはその都度変更しましょうね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フジ『櫻子さん』も爆死確定「日9」ドラマ枠廃止へ一直線か

2017年04月25日 | 芸能

 TBS「日曜劇場」の裏で、毎クール爆死が続いているフジテレビ「日9」ドラマが、今期も苦しい闘いを強いられることになりそうだ。

 観月ありさ主演『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』の初回が23日に放送され、平均視聴率は6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)にとどまった。同日、長谷川博已主演『小さな巨人』(TBS系)は13.0%で、『櫻子さん』は惨敗を喫した。

 昨年4月期、3年ぶりに復活したフジ「日9」ドラマだが、芦田愛菜&シャーロット・ケイト・フォックス主演『OUR HOUSE』が4.5%、Hey!Say!JUMP・中島裕翔主演『HOPE~期待ゼロの新入社員~』が6.1%、玉木宏主演『キャリア~掟破りの警察署長~』が7.2%、小雪主演『大貧乏』が5.0%と、4期連続で爆死に終わっている。

 今期の『櫻子さん』も、観月の26年連続連ドラ主演記録更新のためのドラマとの印象が強く、下馬評も極めて低かったが、初回は予想通りの結果に終わった。このまま低迷が続くようなら、いよいよこのドラマ枠の廃止が現実味を帯びてきそうだ。

『櫻子さん』の原作は、太田紫織氏の同名ミステリー小説。2015年には漫画化、アニメ化(TOKYO MXなど)もされた人気作で、原作・アニメのファンからは期待もあったようだ。

 だが、ネット上では「原作の設定を変えすぎて、『櫻子さん』を『実写化したい』という気概がまったく感じられない。演者に合わせてキャラ設定を変えるのなら、オリジナル作品でやればいい」「原作とまるで設定が違う。原作ファンとしては、これで『櫻子さん』の名前を使われるのは不愉快」「アニメのファンだったから期待して見たけど、観月が役に合ってない。あんな大根だったっけ?」「原作で櫻子は20代後半の設定だけど、40歳の観月では無理がありすぎ。もっと役にふさわしい女優がいるはずで、その時点でアウト」といった調子でボロクソ。

 かつては、『ナースのお仕事』シリーズ(フジテレビ系)や『斉藤さん』シリーズ(日本テレビ系)などのヒット作があった観月だが、もはやオワコン。近年、主演した連ドラは『夜のせんせい』(14年/TBS系)が6.5%、『出入禁止の女~事件記者クロガネ~』(15年/テレビ朝日系)が6.4%と、『櫻子さん』も期待薄。準主役に起用されているKis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔で一定の視聴率は見込めるとしても、ドラマの内容自体が伴わなければ、キスマイのファンもついてこないだろう。

 裏の『小さな巨人』や『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)との兼ね合いから、ここから先の巻き返しは難しそうな『櫻子さん』だが、視聴率5%を切るような惨事は避けたいところだろう。

https://news.infoseek.co.jp/article/cyzo_20170425_961941/

 

「フルタチさん」2週間ぶり放送で視聴率7・1%

 23日に放送されたフジテレビ系情報番組「フルタチさん」(日曜・後7時)の平均視聴率が7・1%だったことが24日分かった。前週は格闘技「RIZIN2017」放送のため休止だったが、その前週の放送回は6・1%だった。

 「フルタチさん」は昨年11月6日の初回8・2%、2回目8・1%で滑り出し。3回目で5・8%に急落も、4回目で8・0%と盛り返し。5回目5・3%、6回目6・0%、1月8日の新年1回目の放送が5・6%。15日が4・9%、22日が5・1%、29日が6・0%、2月5日が4・7%、12日が6・3%、特別番組で1週空いた26日が4・0%、3月5日が5・4%、12日が5・1%、19日が7・6%、26日、4月2日と特別番組で2週空き、9日が6・1%、そして今回と推移している。

 「フルタチさん」はフリーアナウンサー・古舘伊知郎氏(62)にとって「報道ステーション」降板後、初のレギュラー番組。(数字はいずれも関東地区、ビデオリサーチ調べ)。


日曜日はフジテレビ爆死状態??? 日曜洋画劇場とかに変更したほうが・・・19:00~23:00まで。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

逮捕の坂口杏里、警察の扱いは「無名のショボい芸能人」

2017年04月25日 | 芸能

 艶系女優の坂口杏里が警視庁新宿署に逮捕され、4月20日に拘留中の原宿署から東京地検に送検された。移送に使われたのはマイクロバスの護送車で、他の容疑者と一緒に移送されたものと見られる。このシーンについて週刊誌の記者はこう語る。

「バスタイプの護送車は複数の警察署で容疑者を拾ってから地検に向かうもの。それに対して重大事件の容疑者や社会的な影響の大きな著名人は、ミニバンタイプの乗用車で個別に移送されます。テレビ中継されるような著名芸能人もこちらに当てはまりますから、今回は警察が坂口について『重大事件でも著名人でもない』と判断したことになりますね」

 最近ではASKAや清原和博、高畑裕太といった容疑者が乗用車で移送されている。それに対して坂口がバスでの移送となった理由には、艶系女優という肩書が影響しているのだろうか。

「いえいえ、小向美奈子は乗用車でしたよ。こちらは薬物関連でしたし、タレント時代の知名度も大きく上回っていました。坂口はたった3万円の恐喝容疑に過ぎないうえ、著名女優の娘とはいえ世間での認識はお笑い芸人の彼女でしかありませんでした。そんな無名タレントでは警察での扱いが雑になるのも致し方ないでしょう」(前出・週刊誌記者)

 もっと重大な事件を犯していれば、乗用車になっていた可能性もあるということか。その意味ではバスでの移送になったことは坂口にとって幸いだったのかもしれない。

https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_79853/


実父・実母、亡くなって。

ホスト遊びが過ぎた。

依存症ですね。

寂しさだけで入り浸りとは。立ち直るチャンスはあるはず。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ひよっこ』低視聴率の原因「イケメン不在説」にファン物言い

2017年04月25日 | 芸能

有村架純主演で放送中の朝ドラ『ひよっこ』。高度経済成長期を舞台に、「金の卵」たちの集団就職&東京での奮闘を描く本作は、地元「奥茨城県編」が佳境を迎えつつある。

朝ドラ3作目の大御所脚本家・岡田惠和が描く世界は、丁寧な人間描写と温かさあふれるストーリーが魅力で、しらべぇでも定期的に記事を配信している。

しかし、その視聴率はあまり芳しくないようだ。

■イケメン不在が低視聴率の原因は本当?

先週22日の放送で平均視聴率20.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録した本作。これは11日の20.4%を上回り、自己最高を更新する形となった。

だが、大台と呼ばれる20%台がなかなか出ない。たとえば第3週の平均視聴率は19.3%で、『まれ』19.7%、『あさが来た』21.4%、『とと姉ちゃん』23.0%、『べっぴんさん』が20.3%など、過去作品の同週視聴率と比較しても低い数値なのだ。

これを受け、ネット上でははやくも原因・戦犯を探す動きが見られ「イケメンが出ていないせいでミーハー視聴者が獲得できていない」などの指摘も確認できる。だが、本当にそうなのだろうか?

しらべぇ編集部では、この声について朝ドラファン3名に話を聞いてみた。

■20代男性:関係ない派

「まず最初に、僕は『ひよっこ』は本当にいい作品だと思います。たしかにストーリーは地味目だけど、登場人物の台詞ひとつひとつが素晴らしい。人情や温かさに溢れていて、とくにバスの運転手の次郎さんの台詞には毎回涙腺が緩むほど。

その上で話すと、イケメンが出ていないのと視聴率がイマイチなのは正直関係ないと思います。なぜなら、朝ドラを好きな人って物語で判断するから。朝ドラは2週間で普通のドラマの放送回数を超えますけど、だからこそ話が面白くないとそんなマメに見続けられないんですよ。実際、僕も『まれ』は途中でやめましたし(笑) 

逆に言えば、見てるうちに魅力的に見えてくることも普通にあります。能年ちゃんは最初全然かわいいと思えなかったけど、今ではすっかりファンですもん。逆に言えば、今見るとめっちゃイケメンな福士蒼汰は当時、全然イケメンに思えなかったなあ……」

■30代女性:関係ない派

「若手イケメン俳優はそりゃ出てきたら華やかになるでしょうけど、視聴率に関係してるかと言うと正直微妙ですね。私的には前作の『べっぴんさん』が正直最後のほうキツかったから一時的に離れてるだけじゃないかなと思います。

てか、そういう分析は三男役の泉澤祐希くんに失礼では(笑) かわいい顔してるし、少なくとも田舎にいたらイケメンでしょう。というか、そもそもそこまでNHKなんだから視聴率は考えなくていいんじゃないかなと。なんのための受信料って思うのは私だけではないはずです。

まあ、駄作なのに視聴率まあまあな作品もあるし、逆に『あまちゃん』はあんだけブームになったのにそこまで視聴率は高くなかったし。結局、『自分がいいと思ったらいい』んだと思います」

■40代女性:関係ある派

「『ひよっこ』がとても素敵な作品だとわかった上で話すなら、たしかにミーハー視聴者を惹きつけられてない面は否めないように思います。ストーリー的に特別派手なわけでもないし、『変なおじさん』として登場した宗男おじさん(峯田和伸)も意外とそこまででもない(笑)

でも、逆に奥茨城でそんなたくさんイケメンが出て来るのもおかしいし、『ひよっこ』は今の感じでいいと思いますね。少なくとも、私にはしっかり届いてます。東京編も楽しみです

朝ドラがすでに好きな人は、若手イケメンの有無では見るか見ないか、あまり左右されない様子。ただ、ミーハー層を引き込む上では、ひとつのきっかけになるとする声もあった。

単純な指標であるだけに、視聴率はドラマを語る際に用いられやすい。だが、作品の質と比例しているわけでもない。「届いている視聴者」が少なくないのは間違いないだけに、今後さらに盛り上がっていくことを願いたい。

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170425-06150617-sirabee


東京編から面白くなると。期待。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加