JACKな毎日!

ジャックラッセルテリア小梅・小春親子の徒然なる日常!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ミラクル・15歳(フィフティーン)

2016-05-31 | 友達・交遊関係
まめちゃんの時に失敗してから、“また今度”はナシにして
会いたいコには会えるうちに会っておこう!と決めた私。

昨年の東の旅もそのひとつ。
そして、今年は西に行くと決めていた。

例え一人でも年内どこかで行くつもりだったけど・・・
ダンナ、今年のGWはうまく仕事が片付けば過去最長の5連休とれると言う。
マジでぇ~?!遠出できるじゃん
じゃ、一緒に行く?・・・ってことで、
無事に仕事も終わって(笑)旅に出ました。
(いつもながら前日決定の我が家の旅です!笑)



行き先は、遠い西の果て・チャンポン国
Let's Go WEST    



会いに行くのは、チャンポン国の殿・ダンボ耳ジャック
まめちゃんと同い年だから御年15歳。

3年前広島に来た時はまだまだ元気な12歳だったけど、
足に力が入らなかったり、排尿を我慢できなくなったりと
年齢なりの弱りをチラチラと聞いていた。
それからまた数年経っている。
周囲の15歳を考えても、もしかして飼い主さんが私に言わないだけで
ものすごく弱っていたり、寝たきりになっていたりしたら
どうしよう。。。とずっと心配していた。 
                   


でも、再会した殿は。。。



あぁ・・・
元気だし! 走ってるし! サッカーまでやってるし!



目もまったく白くなくて、こんな15歳見たことないよ!
すごいなぁ~ 



もちろん体の強さには個体差があるのだろうけど、飼い主さんも
もの凄く努力されてるんだろうなぁ。。。
私にどこまで努力できるかはわからないけれど、できることなら
我が家の嬢ちゃん達にもこんな15歳になってほしい。。。
と、シミジミ思ったのでした。

殿、安心しましたよ  
私のとんだ取り越し苦労でしたね。



ただ・・・ちょっとポッチャリしたかな?(笑)
(人のことは言えねーけど!)


《8年前、鋼のような体だった7歳の時のジャック》


待ち合わせしたのは、福山雅治がコンサートをしたという稲佐山。



ここにある無料ドッグラン。
ここがいい所なんだぁ

暑い日だったんだけど、周囲が木に覆われた上、
山の上で風が通るせいか、思ったより全然暑くない。



平日(5/2)で人が少ないところに、ランが2面あるので
相性がヤバそうな時は別々のランで避けることも出来る。
協調性のない我が家の犬も安心して遊ばすことができた。

景色はいいし、放置ウンチも見当たらないし、
羨まし過ぎ!



しばしそれぞれ楽しんでいたが、ふと殿が何かに気づいた様子。





そう考えた殿は、そぉっと親子の後ろを歩いてみたり



さりげなくフレームインしてみたり



何とか親子からボールを貸してもらうタイミングを探るが



実の娘にすら貸さない心の狭いこの犬が貸す訳もなく



殿はいつまでたってもボールに触ることすら出来ない
殿、広島の時のデジャブを見ているようです(笑)

やがて、休憩タイム、
殿、チャンスですぜ!! 



この機会に私が悪魔を捕まえておきます。
その隙にゆっくりとボールで遊んで下さいませ。



モチロンですとも
やっと巡って来たチャンスに、喜々としてボールの後を追う殿



さあ、とんと遊ばれよ



・・・と思ったら、ボールの横で尻を挙げる小娘が! 



春ちゃん、何てことを !!
アンタまでそんなことしてどーすんの! 
速やかにジャックにボールを貸して上げなさい!



くぅ~~~ぅ・・・殿、申し訳ないッ  
悪魔のコだってことを忘れてました 

結局、紳士なジャックは小娘相手ですら、無理矢理ボールを奪うことなく



遂にボールで遊ぶことができなかったのでした。
すっ・・・すまんねぇ。。。。



ちなみに、チラチラと写っているのは、このランでのジャックの
お友達、チワワの男の子です(名前聞いたけど忘れた!)
最初入って来た時はドキッとしましたが、メンズなので、
幸い親子は仲良くできました。(ホッ!)



広島からジャック界の美女が二人も来てると言うのに
このコの眼中にはジャックしかなくて。。。



ひたすらジャック・LOVE



LOVE



15歳のオッサンに負ける、うちのレディースの女子力ってどーよ!(笑)

奇跡の4ショット



こうして楽しい再会は終わったのでした。
ジャック、楽しかったよーー



これからも元気でいてねー



貴重なGWに快くお時間とってくださった飼い主のダンボ耳ジャックさん、
何から何まですっかりお世話になり、本当にありがとうございました。
またお互い愛犬も飼い主も元気なうちに、再会を果たしましょーね
現在PCの調子が悪く、メールを送れません。
写真は直り次第お送りいたしますね 

この旅の他のお話もまたおりおり。。。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

オバマさん訪広

2016-05-27 | 親子の日常
本日、アメリカ現職大統領として初めて、オバマさんが広島へやって来る。


phot by 川から眺める広島平和記念公園より

私は広島には住んでいるけれど、広島出身者ではなく
近親者に被爆した人間がいる訳でもない。
そんな人間が原爆に関して語るのはおこがましいと
このブログでは今まで一度も取り上げたことはない。

でも、我々世代が子供の頃には、広島に住んでいると
学校では当たり前に原爆のことを勉強し
八月になると必ず、本で(マンガですら)、TVで、新聞で、
戦争・原爆のことが取り上げられ
八月六日ともなれば、TVでは朝から晩までほぼ一日中、
原爆のことが流れ、嫌がおうにも「原爆」に触れる機会は多かった。
自然と原爆は恐ろしいもの、戦争とは愚かなもの、と
感じるようになっていた気がする。

ところが最近は、八月六日になっても記念式典の様子が流されるのみで
原爆のことも、戦争のことも、ほとんどTVで語られることはなくなった。
これでいいのかな?と思う時がある。
もしかしたら、昨今の寝たコは起こすな的考えで、残酷な映像、
すなわち被害のひどい状況をTVで伝えるべきではない
という風潮があるのかもしれない。
もちろんいろんな意見はあるだろうけど、
それを否定する訳では決してないけれど。。。
私は「百聞は一見に如かず」という言葉があるように
自分の目で見て感じて、初めて心に届くものってあると思う。

だからオバマさんにも献花だけでなく、是非、実際に資料館に行って
原爆の真実を見て欲しいと思う。


phot by 川から眺める広島平和記念公園より

子供の頃からニュース映像などで、アメリカ人が頑なに
「原爆は戦争を終わらすための正義であった!」
と語る姿を見る度、悲しい気持ちになった。

責めているのでなく、ただ「原爆がNO」ということを
感じて欲しいだけなのにと。

ただこんなことを言えるのは、身内に被爆者がいないからかもしれない、
と思ってきたけれど、今回、たくさんの被爆者の方が
「謝罪は思っていない。ただ原爆の悲劇を二度と繰り返してはいけない!
 ただそれだけを感じて欲しい!」
と同じように発言されている。

戦争の憎しみって何年経っても消えることなく、今でもわだかまりが残る国がある。
憎しみの連鎖で泥沼に落ち込んでいる国もある。

なのに、いろんな思いを飲み込んで、こう発言された被爆者の皆さんは
素晴らしいね。。。  
そんな皆さんを誇りに思う。
混沌とした時代、これで何かが大きく変わるなんて思っちゃいないけれど。
今日のこの訪問で、何か少しでも優しい方向へ進んでくれるといいと思う。

最後に、広島でなく長崎だけれど、以前NHKで見て心に響いた、
あるアメリカ人カメラマンの一枚の写真を載せておきます。
二度と原爆の悲劇を繰り返してはならない!という強いメッセージを
感じる写真です。
興味ある方は「ジョー・オダネル。焼き場に立つ少年」で検索してみて下さい。



私と同じように感じた方のブログがあったのでリンクさせておきます。
   (→コチラ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

八代市の悲しい対応 (4/24追記あり!)

2016-04-25 | 友達・交遊関係
NGO Life Investigation Agency (LIA) より拡散希望!!

熊本県八代市が公式ツイッターで「避難所にペットの持ち込みはできません」と発表!
理由は、避難所内での感染症予防、衛生状態の維持、動物アレルギーの悪化を防ぐため
とのこと。
LIAでは「動物を飼育している方」と「アレルギーがある方や、動物を好きではない方」
とのどちらかを選択するのではなく、どちらの方々にも配慮し、また人間だけではなく、
被災した動物達も、人間と同様の避難生活を送れるように配慮してほしい旨を伝え
今後も引き続き、八代市との協議を続けてゆくとのことです。
LIAさん、頑張って!
我々も署名とか何かできることはないかなぁ。。。

八代市の悲しい対応、詳細は → コチラ

東日本の時もあれだけ取り上げられ、話し合って来たことなのに、
いつになっても解決されないこの問題。
すべての避難所をダメにするのでなく、NGな避難所といくつかの
(いくつかでいいから!)OKな避難所を作ってくれれば済むことなのにね。。。


残念なことに、またしてもこんなものを作らなくてはいけなくなりました!
熊本・大分応援バージョン作ってみました。
左(マーク)・中(写真)・右(訴え)の3つに分かれています。ご自由にお持ち帰り下さい。
「がまだせ」とは熊本弁で「頑張れ」と言う意味らしいです。
 




 4/24追記 “再 拡散希望!!”

 4/23 動きがあったようです!
 LIAさんが粘り強く交渉してくださったおかげで、熊本市内の全ての避難所で、
 動物との同行避難が認められたようです。   
 もちろん動物が嫌いな方やアレルギーのある方への配慮も忘れない形で。
 とりあえず、本当によかった!!
  
 解決内容詳細は → コチラ
 
 またLIAさんは同行避難時、動物を飼っている方・飼っていない方の双方が
 気持ち良く過ごすための注意事項も、お願いの形で呼びかけられています。
 
 同行時のお願いは → コチラ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

美しき水の国 大分への想い

2016-04-21 | お出かけ
地震が熊本から大分へと広がっている。 
ネットでこんな記事を見つけた。→ 『大分のことも忘れんで』
                 
TVではどうしても被害のひどかった熊本の報道に集中しがちだが、
大分でもそれなりの被害が出ているようだ。

忘れてないよ!大分だって!!

ちょうど地震が広がっていったライン、阿蘇(熊本)~久住~湯布院(大分)
にかけては、とても美しい場所が多い。





小梅家は大好きで何度も訪れている。



そんな大好きな場所の被害に心が痛む。
これらは5年前に行った時の写真。

最近は海外の方にも人気が高い湯布院にも被害が出ているようだ。
湯布院の状況はこちらで → 『湯布院は今』



湯布院は金鱗湖を中心に、オシャレなカフェやお店が建ち並ぶ一方


左下は古民家を改装した美味しいチョコレートのお店

離れのある、落ち着いた佇まいの温泉宿が並ぶ、



新しいものと古いものが融合した軽井沢のような街だ。



GWを前に、観光の街の被害は深刻なようだ。
早く以前のように観光客が訪れ、活気が戻りますように!

くじゅう、やまなみハイウェイ沿いに広がるダテ原湿原



とても美しい場所だったけど、大丈夫だったろうか?


基本、湿原内は犬NGです。一部限られた範囲のみ犬OKの場所があります。

本震後震度5強の地震が続いた竹田市。
この周辺には水に関わる美しいスポットがたくさんある。

平野の真ん中に突如現れる原尻(はらじり)の滝



突然地面が大きく落ち込み、その部分から水が溢れ、滝となっている。



滝の下から滝を見上げることもできる。



幸いここはあまり被害はなかったようだが、もしかしたら
こうした地形こそ、ここらが地震や火山の影響があることを
知る場所だったりするのだろうか??

他にもある水のスポット。白水の滝周辺には



こんな幻想的な風景が広がり





梅ちゃんは。かわうそとなった。。。




この辺りは水に関わる遺構も多い。

室町時代、名瀑としてすでに雪舟に描かれていたという沈堕の滝(ちんだのたき)





ここには、明治時代、その豊かな水量を活用して造られた
沈堕発電所の跡が残っている。



もはや荒れ果て「つわものどもが夢の跡」的な風情であるが、
これだけの水量をも操ろうとした当時の明治政府の強い思いを
感じることができる。



2006年、二階堂酒造さんのCMで一躍有名になった「白水ダム」





昭和13年に農業潅漑用のダムとして造られたそうだが
その流れ落ちる水の美しさに息を呑んだ。



ダムの左側のゆるやかな流線型、および右側の階段状の構造は、
水の圧力を弱めるための構造だそうだ。
このあたりの地盤が弱いので、このような工夫がなされたとのこと。
美しさと機能を兼ね揃えた構造物を造った、当時の技術に感服した。



同じくCMに登場した円筒分水(えんとうぶんすい)にも行ってみた。



農業用水を各地域へ一定の割合で正確に分配するために造られたそうだ。
またしても先人達の知恵と技術に感心する。



すぐそばの道路を走ると、美しい6つのアーチが
山裾の川から車道までを跨いでかかっているのが見えて来る。
明正井路第一拱石橋(めいせいいろ だいいち こうせききょう)





通称「六連水路橋」と呼ばれる石橋の水路橋だ。
今も水が流れているらしい。



これも機能と美しさを兼ね揃えた構造物だ。



風景にとても溶けこんでいて、むしろ現在の道路の方に違和感を感じた。



どれも古い建造物ばかり。。。
地震で破壊されてないことを祈るばかりだ。 

熊本同様、大分の皆さんに普通の日常と笑顔が一刻も早く
戻ることを祈っています。 


PS 地震の地域にご丁寧に写真まで探して来てデマ情報を流したり
 被災した芸能人や支援する芸能人のブログに批判の書き込みをする
 輩がいるらしい。本当に悲しくなる。。。
 こんな時に人を傷つけて何が楽しいのだろう?
 いつから日本人はそんなちっぽけになったのだろうか?
 災害の時にも冷静に助け合い、励まし合うのが日本人じゃなかったのか?

 元KATU-NN 田中聖が、今回こんなことを言ってるそうだ。
 「やらない善よりやる偽善」 
 このコって東日本の時も自ら車を運転して支援物資を届けたんだよね?
 その時、確か「偽善者」ってたたかれたんだよ。
 
 私も同じように思う。
 偽善だろうがなんだろうが、動けば誰かを助けることができる。
 動かなければ誰一人助けることはできない。
 批判した皆さん!あなた方は自分で何か一つでも動いたのだろうか?
 
 そうかと思えば、すでに被災地に駆けつけ救援活動をされてる
 多くの方々がいる。その行動力には本当に頭が下がる。
 私にはそんな行動力はないから、せめて自分にできることをしよう。
 その人達を後方で応援したいと思う。
 足は引っ張りたくないと思う。
 被害にあった方達の心に寄り添いたいと思う。
 本日わずかばかりだけれど寄付の振込に行ってきた。
 日本人ってやっぱ捨てたもんじゃない って思いたい。。。

※ 熊本地震でのペットの募金、支援物資について、非常によく調べまとめられている
サイトを見つけました。私も何かをしたい!と思われている方、是非目を通してみて下さい。

  コチラ → (ブログ『柴犬まると北海道に帰りたい』関連記事)



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

We love 熊本!

2016-04-16 | お出かけ
熊本を中心に南九州が大変なことになっている。
被害に遭われている方々のご心中を思うと言葉が出ない。
これから天気は雨に向うようだ。
一時も早く余震が治まることを願うばかりだ。

実は小梅家は大の九州好きで、記事にはしていないが
度々九州を旅している。
熊本にも3年前、行っている。

犬連れで初めて歩いた商店街は、実は熊本。



このアーケードも被害を受けたようだ。

すぐそばにあった熊本城。



ちょうど写真を撮ったこの場所が、今朝の余震で激しく壊れていた。



屋根の両端にあったやぐらは崩れ落ち



小梅が「登るぞ!」とジャンプし、小春が「ゼッタイ ヤデしゅ!」と拒否った
石垣のこの部分は大きく崩壊していた。

 

すぐ下にあった神社も屋根が落ち、完全に崩れ落ちていた。



素敵なお店もたくさんあったのだけど、大丈夫だったのだろうか。。。




泊ったホテルのあった大津市。震源となった益城町のそばだ。



今朝の余震で、震度6強の地震に見舞われている。



ここも大丈夫だったのだろうか?
(※4/24追記 このホテルは昨年の11月に土地賃貸契約満了をもって、閉鎖してたようです。)

熊本市の少し南に位置する玉名市。ここも震度6の地震に襲われている。



ここ高瀬裏川一帯は川沿いがキレイに整備され、しょうぶの時期には
一斉に花が咲き乱れ、しょうぶ祭りが開かれるという。



高瀬目鏡橋をはじめ



江戸時代からの石橋や石垣、



古い趣きある商家が残っている。



今、この街には小梅のダンナ・ハクちゃんのお姉ちゃんが就職で
住んでいる。
無事は確認できたが、余震が続き随分と怖い思いをしているようだ。
改めて、どうか早く余震が治まりますように。。。。
 どうか、この美しい街が破壊されませんように。。。



玉名の少し東に位置する山鹿市。



ここには安藤忠雄氏の建築、熊本県立装飾古墳館があった。





建物の前の古墳群が広がる広場で出会った



ジャイアントシュナウザーのクランツ
(↓ 初めて見た!超デッカい!!)



やんちゃ犬の躾苦労話で思わず盛り上がったけれど
どうか飼い主さん共々無事でいらっしゃいますように。。。

今回ひどい被害の出ている南阿蘇寄りの街、山都町にある 通潤橋



この地域は今朝から地震が続いているようだ。



通潤橋は江戸時代に水源に乏しい白糸台地へ水を送るために架けられた通水橋だ。



これも古いけれど後世に残したい建築物。


「高所平気症」の母犬

どうか無事でありますように。。。

周囲もとっても穏やかで素敵な環境で、





どうか、この美しい景色が失われませんように。。。







地震による火事の起こった八代市。
ここには、伊東豊雄氏の建築、八代広域消防本部庁舎があった。



昨夜もここから消防車が出て行ったのだろうか。。。



なかなか余震の治まらない今回の地震。
先が見えず不安に襲われるばかりだ。
被害に遭われている皆様、
どうか・・・Hang onto hope!(希望を持ってあきらめないで!)

地震が治まり、一刻も早く皆様に笑顔が戻ることを祈っています!!



We love 熊本!熊本が大好きです!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リベンジ桜~広島県緑化センター

2016-04-07 | お出かけ
岩国の桜がイマイチだったため、リベンジ花見に行った。
と言っても、まだ満開ではないことを承知していた。
でも、休みがその日しかないのだから仕方がない。
労働者ってそんなもんよね(笑)

最近は休みと言っても私用で半日潰れることが多く、この日も午後から出発。


ゲロリン親子は途中の太田川沿いで休憩!いつ行ってもほぼ一人締めの穴場スポット

午後からでも、一人2頭連れでも、気楽に行けるお花見スポット
できれば目新しい所がいいなぁ。。。などと贅沢なことを考えながら
思いついたのは、東区にある広島県緑化センター



ここは6年前、親子がまだ若~~い頃に一度行ったことがある場所。


6年前写真

まだ2頭とも初々しくて、笑顔が眩しいね(笑)


6年前写真

いい所だったんだけど、やけに友好的な巨大イノシシと
超至近距離で遭遇して。。。
犬連れにはちょい危険スポットかも??と以後は行ったことなかった。
 (犬友の担当ドッグトレーナーさんが、ここで大型犬2頭とボール投げしてて、
  戻って来た犬が3頭になってるので、よく見たら1頭はイノシシだったらしい。笑)


かつてイノシシと柵無しで、あんな至近距離対面したことはない
なぜか非常に友好的で、とにかく逃げても逃げても犬がシッポを振りながら
付いて来るように、後ろから付いてくる! 
親子はチューしたかもね(笑)

でも所詮は野生のケモノだから、いつ本気になるかとハラハラしてたけど、
結局、親子のギャン吠えにイノシシの方が茂みに逃げて行った。
(親子はいっこうにひるまず「やっぱコイツら猟犬だ!」と思った瞬間。)

あのイノシシを思い出す度、「泣いた赤鬼」を思い出す。
もしかしたら、あのイノシシはものすごく優しいイノシシで、
ただ犬族と友達になりたかっただけなのかもしれない。。。なんてね(笑)
でも、デカいわ、立派な牙はあるわで、普通は逃げるわナ。
  帰りに管理センターに「イノシシを餌付けされてるならされてるで
  いくら大人しくてもそう言ってもらわないと困ります!」と苦情を言ったら
 「いえ、野生なんです。困って、今、対策中です」との返事。
  なぜにヤツはあんなに心優しいイノシシになったのだろう???


まあ6年経ってるし、お花見時期で人も多いだろうから大丈夫でしょー
・・・と行ったら、イノシシは出なかったけど、閉園が4時半で慌てた!(閉園早っ!)
着いたのがすでに3時前。(← ゲロリン休憩し過ぎ?)
しかもよくわからなくて、ずいぶんと下の駐車場に停めてしまったようだ。
しまった!と思ったが、もう車に戻るより先へ進むことを選ぶ。

慌てて桜ポイントに急ぐが、何せ公園は広い!
途中、トラップのように、ところどころにある池に、




あまりに暑かったので、親子は服を脱いで裸族です!

いちいち反応する親子をせかしながら、進まなければならない





やめんか  鯉とはこないだ充分に戦っただろーが!

ようやく見えて来た花は、こぶしの花。



これもキレイに咲いていました。



そして、やっとお目当ての。。。



サ・ク・ラ・キターァーーー!!! 



いいんじゃないかい  



4時になり閉園の案内が鳴りだして(まだ4時なのに!)
また下の駐車場まで歩いていかないといけない我が家は、
これまた慌てて写真を撮って退散したのでした。



もし緑化センターに行こう!と思う皆様は、入口入ってすぐに駐車場が見えても、
ずずっと上まで進んでくだされ。かなり上まで車で行けますけえ。
もちろん時間あれば、下に停めてお散歩がてらブラブラしてもいい所です 

 おまけ)
  「あっ、ジャックだ!」と思ったら、シュナウザーだそうです。
   珍しい毛色なので、すぐに我が子に!と決められたそうです。
   こんな毛色のコがいるのね。
   まだまだやんちゃ盛りのパピーちゃんでした  



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イヌとアニマル in 岩国

2016-04-05 | 親子の日常
もう先週のお話です。。。

今だ元の居住地・岩国まで髪を切りに行く男、マイハズバンド!
私も岩国住んでいた頃、広島まで髪切りに行ってたから
人のことは言えんけどね。
共にクセ毛なので、あまり慣れない人には触らせたくないのよね。 

とまぁ、そんなことで、やってきた岩国!


広島から車で1時間位。錦帯橋のある静かな街です。

ここ岩国、錦帯橋周辺は桜の名所 
運が良ければちょうど見れるかと思い、みんなで付いて来たけど、
ちょい早かった。残念!



「犬と桜」の写真が撮りたかったのに、代り映えせぬ「犬と鯉」の図。



鯉待ちの犬。



おまいら、よく飽きんね。



あっ・・・



桜と一体化してるにゃんこ、発見!! 



が、まったく気づかぬオヤジと犬。



なぜ気づかぬ。。。



「犬と木登り猫」の図。 
ちょい代り映えしたかもね 
もっとも母犬は、猫より鯉にずっと夢中だったけどね(笑)
 ※注)子犬の時猫パンチを喰らって以来、母犬は猫には優しい宣言をしています。

にゃんこ、お騒がせしてスマンかったヨーー 



急に走り出したファイターに、まっすぐに向ってくる白い影!



ここ岩国における最強のライバル、白い炎のレスラー
飛翔天のスワン こと 白鳥さんです!!

ちょっと見、その華麗な外見からは想像出来ないが、
こう見えて白鳥さんはかなり強気で
「ゼッタイ マケナ~~イ!!」とひるむことなく
自ら戦いを挑んでくる。

今回もいつになく強気に一直線にやってくる姿に、平和主義者の飼い主は
こっりゃー「犬と白鳥」などとのんきにカメラ構えてる場合じゃ
ないんじゃね?と、慌てふためいていたら・・・
(何せヤツはいざとならば飛べますからね。)



ちょうど段差が結構ある場所で、そばに来るほど見えなくなった。
(飛ばないんだ!笑)



チャンスとばかりに、面倒なことが起こる前にその場を離れる飼い主。
肩すかしのファイター(笑)



・・・ないわ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

兄への手紙 ~ Dear アレン兄ちゃん

2016-04-04 | 小梅ファミリー
拝啓 アレン兄ちゃん
お元気ですか? 

久々にお写真ありがとー!
(随分間が開いてスイマセン。。。



5年前、広島でお会いした時は、妹との対面に気合いが入り過ぎて、
トゥルットゥルのスムース犬になってやって来たので
似てるのか似てないのかわかりにくい状態でしたが(笑)
こうしてモジャると、やはり似た兄妹ですね

これまでジャックのレディと言えば、うちの親子としか
会ったことがなかったというアレン兄ちゃん。
唯一がうちのガサツ親子だなんて、気の毒過ぎる。。。

それが昨年、10歳にして遂に、初めてジャックの彼女ができたとか  


かなり年下らしい彼女

スゴいナ、兄ちゃん。。。
10歳を迎えてまだ浮いた話があるなんて!! 

妹はとうに女を捨て、どんどんオッサン化していってます。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふらさん断捨離

2016-03-26 | 友達・交遊関係
愛媛のふらさん(グレイシー家)が、引っ越しを期に断捨離を決行!

すでにおもちゃを卒業してしまったグレ君と、このサイズのおもちゃは
軽く飲み込んでしまいそうに大きく育った弟・ごんちゃん(笑)には
不要となったおもちゃを送ってきてくださった。
(もちろん、すべてまだ新品です)



ふらさん、随分と大人買いしてたのね(笑)
広島の某ジャンボジャックの飼い主みたいだ!(爆)

もちろんありがたく頂戴いたしますよ
ここ広島には、おもちゃバカのH君やMちゃんがいますからね、
さぞや喜ぶことでしょー!
彼ら含めて皆で分けることといたします 

ちょうどお雛様の時期だったので、いちおう女子(!)の親子へ
愛媛のゆるキャラ・みきゃんのおひな祭りセットを同送してくださった。



せっかくですから、女子らしく桃色の服を着て並んでみる親子 
(※注 左の犬も女子です、念のため!)



飼い主にはテリア型のクッキーをいただく。



テリア違いだけど、ムーミン顔の梅さん。
シルエット一緒じゃね?(笑)



クッキーをガン見して横顔検証写真が撮れなかったというグレ君(笑)



ワハハハハ・・・グレ君!
大人なうちの親子は「強力待て!」をかければ、
食べ物から目をそらすことができるのだよ!
若者よ、さらなる修行に励みたまえ(笑)

いただいたおもちゃは、一部が盗人に狙われたり



暴れん坊の毒牙にかかったりしてますが



基本、私が死守しています!
私も落ち着いたし、皆とのお休みが合い次第、分配しますね。
ふらさん、ありがとーございました!  

追伸)今回同送品の一つ。
  はと胸親子にはまったく入らない胸板45cm用の胴輪



とりあえず親子より小さなコ達に声をかけたんだけど、
絶対無理だと思ってた、筋肉はるおさんがまさかのエントリー!!
自称胸板45cmだと!(キュッと締めるとそうなるとか。。。笑)
そして、小さなメルちゃんが自称胸板44cm!
えっ?!はるおさんと1cm違い???んなバカな!!
別の意味でサイズ詐称? 
メルちゃん、グラビアアイドルじゃないんだから。。。
もってどーする!!(笑)

誰が本当の嘘つきか?判明しだいこちらも報告いたします!
(正直者はピット君の43cmだけだナ。。。大爆)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

女子会と豪華客船

2016-03-25 | 親子の日常
昨日のお休み --------
昼は学生時代の友人と集まり女子会。
(あくまで女子会ですが何か?)
ウン十年ぶりの友人もおり、懐かしくて、楽しくて。。。
マダム達は一気にあの頃の少女に戻って、
プチ同窓会状態で盛り上がる


何年ブランクがあっても、会えばすぐ昔に戻れる学生時代の友人っていいよね?

帰ってからは「まだ間に合うかも~」と、遂に来たあの豪華客船を見に
急いで散歩へ! 



「クイーンエリザベス



豪華というより、昨年の船に比べるとスマートに洗練されてる感じ?
 昨年夏の客船記事は→ コチラ 


平日夕方にも関わらず、見学者がたくさん!

多分一生に一度も乗ることはないだろうけど、これで一生に一目は
見れた訳だからヨシとしよー(笑) 

思いがけず昼の部、夜の部  盛り沢山の一日でした! 

ちなみに -------
留守番と船見学を強要された犬は、女子会にも、豪華客船にも
まったく興味ないようでした。。。


きっと遠き祖先の母国のニホヒに心を馳せてるであろう親子

現場からは以上です!
重量問題取材中のまめたろうさんにお返しします(笑)





コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加