オヤジの楽農宴・楽菜園

定年で毎日が日曜の筈が次から次にやる事を見つけ・・
う~・・・若くは無いのに何やってるのだか(-"-)

道普請 出来上がり

2018年01月16日 | タケノコ
2回に分けての生コンうちが無事に終わり1週間後には目出度く開通の運びとなりました
2回目は暖かかったので凍る心配は無いと思われたのですが先日使ったゴザも有る事だしやっておきました。
何でも捨てずに置いておくものですねこんな時には大変役に立ちます。
竹藪までの悪路の部分が無くなったのでででもラクチン
来週には軽トラも通れます。
道は出来たけどタケノコがね~
お彼岸過ぎになれば裏年でも出て来るでしょう





遮光ネットを張れてない部分があったので結わえ付けに
今の時期でもマダニが居てました。
手袋を付けたままでは遮光ネットに紐を通したりの細かい作業が出来ないので素手でやってるのですが
袖口から入ってました。
腕がモソモソするのでめくってみたらマダニが
山から帰宅後すぐに入浴は真冬でも絶対必要です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

道普請

2018年01月13日 | タケノコ
12月の道普請の続きです。
ここからは個人所有の部分になり自力でヤルしかない。
この程度の事で手伝いを頼むなんての辞書には無い
何回かに分けてやればど~~ってことないわと
生コン車がすんなり現場まで来れたらの話ですが
今日は若い兄ちゃんでバッチシ
生コン車が来た時点で半分出来たようなモノなんて
これなら2人で楽勝
欲を出してもう1車、均してタンパーでパタパタ
その後は左官コテでスリスリ
坂道なので滑り止めに竹ぼうきで筋目を入れ出来上がり

その後が大騒動
凍らない様にと竹を並べた上にフェンスを置きゴザを被せて重しを乗せて出来上がり
今晩も冷え込みそうですが後は知らん

次は月曜日
今度は午前中から始めたら時間を気にせずゆっくり綺麗に

はよ寝よ










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柿の木の剪定

2018年01月10日 | いまが旬
各地の雪の様子などがニュースになってますが未だ今のところ薄氷と霜位
日中は外で動いていたら上着は要らない位です。
寒波が来る前に遅れていた柿の木の剪定を済まそうと朝から
どうせ来年は裏年で実の付きも悪いのだからと気楽にゴリゴリ・・チョッキン
下手でもやらないより切り込んだ方が良くなります



デコポン横のこの柿は大きくなり過ぎて切られる運命でしたが今年は裏年で柿が食べれないかもと生かしておく事に
バックのデコポンの木は袋がけだけじゃダメかもと防風ネットや遮光ネットで包みました。




午後からは国道下の2本と野菜畑の2本、田んぼの横の3本を片づけました。
が来るようになってからは柿の木が山沿いから田んぼの真ん中に出てきました。 
柿をたくさん植えてどうするの

今年は台風の影響?野菜が高いです。
出来の悪い白菜も残りが少なくなってきたので霜で頭が白くならない様に不織布で袋を作り被せました。
邪魔になる大根も今年は大根様 
この辺ではスーパーで1本300円もするんですから大根様は

白菜様は一玉600円
残りは4玉 来年はもっと頑張らなきゃ
袋がけされた正装はまた今度
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ミカン防寒

2017年12月28日 | ミカン
今春に植えた木だけ防寒する事に
好きな様に暴れた枝をねそで結わえます。
藁束一把を立てて同じ様にねそで結わえました。
ハーベストオイルを散布後は10日を過ぎてから防寒すると書いてありますが未だ1週間
そんなのどうでも良いと思うのですが
今日はこの位にしといたろう
もっと寒くなったらワラの帽子を乗せて出来上がり
横にミカンの木があるのに何考えてんだか


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続 デコポン防寒

2017年12月28日 | ミカン
縫いながらの袋掛け、不作と言いながらも茂みの中に入ると思いがけずに多く実が付いています
よ~く見たら小鳥の突いたのも有りました。
横のデコポンに止まって突いたのでしょう。
食べたのも折ったのも綺麗な実で
多分ヒヨドリの仕業、袋掛けしていたらピイピイと煩く鳴きながらそこら辺を飛び回っていました。
とりあえず目立つ外回りはOK、
後は茂みの中の実を残すのみです。小鳥にはこれが危ない
今晩も袋作り
白い袋は目立つと思ってましたがなかなか良い









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デコポンの防寒

2017年12月27日 | ミカン
ミカンもですが今年はデコポンの実付きも悪いです。
毎年1月半ばの大寒波がくるなんて予報前に慌てて収穫していますが
今年はもう少し木に付けておこうと言う事になり霜よけをしようという事に
霜よけ用の不織布は遮光率が15パーセントとかでよく陽射しが通りそうです。
ホームセンターで一巻買ってきて袋を作り中。
カラス除けになるかどうかは疑問ですが
稼働期間は1か月、大事に使ったら来年も使えそうだと頑張って袋づくり

冬は風がきついのでしたか
小苗の防寒もやらなきゃ・・なのに次から次に仕事を見つけ出して
お正月まであと何日・・えらいこっちゃ状態です。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年12月25日 | あれやこれや
今年もあと少し
あれもこれもと仕事は多いですが動きがで思うように片付きません。
今日はクリスマス なんか関係無いとちらし寿司に和菓子、純和風ですね~
今春植えたミカンの若木の防寒を急がなきゃですが今日は寒くて風もきつい
防寒をする前に先ずは下準備で「ねそ」作りでもと納屋で藁仕事
「ねそ」は10本位の藁の穂先同士を結んだものです。
寒風の中での仕事を少しでも減らさなきゃね。

さてねそ作りをしてる時に
毎年母に頼んでいたしめ縄作りを自分でやってみようかな?と
掌の中でもみ合わせていたら出来るものですね。
何でも出来ないと思う前にやってみるべし (*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
手前の不細工なのが一発目
で、欲が出てもっと上手になれるようにとのユーチューブで学習
車庫・機械小屋・納屋・・・と10本も有れば足りるでしょう。
裏白・ユズリハなど括りつけたら出来上がり。
しめ縄・・僅かの節約ですが縄を綯う事が出来たのは田舎暮らしの基本?
大きな自信に繋がります。



「ねそ」作りを放り出して今度は長い縄を作ってみよう
長いのは継ぎ足し継ぎ足しですから難易度が高過ぎ

日が暮れるまでに明日使う分のねそも出来上がり


都会のクリスマスも良いけど藁で縄が出来るようになったが自分への何よりの物は無くなったらお終いですが技術?は無くす事は無いですね。・・・なんて大袈裟な



この時期のみつばちへには花菜 
人が食べないで咲かせています。
寒いと来ないですが
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハーベストオイル

2017年12月20日 | ミカン
今年は裏年で実を付けなかったミカンは元気いっぱいですね。

茂った葉に隠れてダニやカイガラムシ等の害虫がぬくぬくと越冬
息が出来ない?様にオイルで膜を
葉の表・裏ともピカピカになる程散布してやりました

何かと忙しいミカン作り、手を抜くと後からですから
もう少ししたら今年植えた幼木にワラで防寒しなきゃ・・
剪定は寒さも緩む2月頃末から

やればやるほど仕事を見つけてしまいます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イノシシ 何処から侵入?

2017年12月09日 | タケノコ
竹藪の下の斜面上にも120cmの高さの害獣防除フエンスで囲い
蟻の子1匹出入り出来ないように?
これで完璧と思ったのに未だ竹藪内に新しい掘り穴を見つけ

イノシシが空を飛ぶなんて話は聞いたことが無いですね。
賢いのが1匹居て金網の横桟に足を掛けて跨いで入るとしか考えられません。
獣は見えない所に入るのは嫌うと聞いたことが有りますから一番掘り返されてる付近に30mばかり目隠しをしてテスト中
目の詰んだ遮光ネットを90cmの高さならイノシシが首を伸ばしても中は見る事が出来ないでしょう?
 この勝負どうなるかさてさて・・

去年はもうタケノコを掘って出荷していたのに今年はタケノコの気配は無し

ミカンは不作・タケノコも不作
ゆっくり休めって・・・天の声




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

古竹焼き この秋2回目

2017年12月07日 | タケノコ
膝の痛いのもギックリ腰も治ったので竹焼き2回目を
朝は白く霜が降りていて寒かったのですが焚火にはちょうど良い
3時間位連続で燃やすと周りがスッキリと片付きました。
水分補給はミカン、兵糧は近くの店のお弁当で
また古竹が貯まるまでお休みです。
今年のタケノコは不作周りなんて言われてますが地道に手入れもしなきゃと


うちの竹藪に行く途中に竹を切る業者さんが入ってる所があります。
広島のカキ養殖の筏に使われるとか
細い竹と新竹は使い物にならないのか残されてますが夏には草ぼうぼうになりそうですね?
蜜蜂の蜜源になりそうな草が生えれば嬉しい
どんな竹が生えて来るのか興味津々
コメント
この記事をはてなブックマークに追加