こどもステーションのぷらっとほぉむカフェ

「子育て・子育ちを地域で応援!」NPO法人こどもステーションのブログ
【写真の無断使用はご遠慮ください】

フードドライブ~もこちゃんパック

2017年06月16日 | ひとり親家庭の支援

昨日の朝、ハートラボの玄関を開けたら、ドアの外に、どなたかが届けてくださった「フードドライブ」が置いてありました。

我が家の水道管破裂による水漏れのため、ハートラボに着くのがちょっと遅くなったので、困って置いて行かれたのでしょうか。

お礼も言えず申し訳ありません。

きのう、ちょうど、新しく「もこちゃんパック」の発送依頼があったので、精米したお米と一緒にさっそく送らせてもらいました。

どうもありがとうございました。

 

皆様のご家庭で眠っている食料品・生活用品がありましたら、こどもステーションに寄付してください。

お米がなくなりました。

玄米のままで大丈夫です。お米の精米は、アローズ体操教室の保護者の方にお願いしています。

輸送のために必要な資金「もこちゃん基金」も集めています。

どうぞよろしくお願いします。

 

 ぶうりん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「第8期NPO法人こどもステーション定期総会」終了しました。

2017年06月16日 | こどもステーションからのお知らせ

2017年6月13日(火)10:00~12:00

NPO法人こどもステーションの定期総会を終了しました。

【2016年度を振り返って】

2016年度は、ひとり親家庭支援に力を入れた一年となりました。

これまで開催していた「しんぐるまざぁずカフェ」「面会交流援助」に加え、広島県からの委託による「ひとり親家庭等学習支援(府中市)」認定NPO法人ハーモニーネット未来が、独立行政法人福祉医療機構の社会福祉振興助成事業を受けて実施した『いのちまるごとプロジェクト事業』の福山担当として「子ども食堂・もこちゃん」を同助成事業として実施しました。

また、「しんぐるまざぁずカフェ」も同事業の福山担当として助成を受けて実施しました。

また、この「いのちまるごとネットワーク事業」において、『離婚・別居を考えているお父さんお母さんへ ~ひとり親家庭になっても親子が安心して暮らせるように~』のリーフレットを完成することができました。

予算を付けていただけたのみならず、ネットワークの中で必要な情報を練り上げることができたことは、大変価値のある経験となりました。

また、「DV(ドメスティックバイオレンス)」の啓発リーフレットの作成委託を受け、完成することができました。

子どもへのDVの影響について盛り込み、誰もがDVについて理解を深めることで、DVの根絶を視野に入れて作成しました。

全国にお届けするに恥じないリーフレットができたと自負しています。

また、2016年度のトピックスとして、「性の健康教育プログラム」をこどもステーションとして取り組むことができたことです。

“せーの!”というかわいらしいネーミングも生まれました。

ツネイシ未来財団の助成を受けることで、性の健康教育研究チームを立ち上げて取り組むことができたことが今回の成果につながったと考えます。

また、義倉財団の助成金を活用して、「暮らしの中の発達にあわせた性の健康教育!子どもの質問に答えるためのハンドブック」を作成することもできました。

性の健康教育チームのメンバーの思いをふんだんに盛り込んだハンドブックです。

チームで作成した「乳幼児の保護者向けプログラム」の他に、その後「幼児向け」「思春期向け」を実施しました。

第4期もこママ養成講座では、ひとり親家庭支援、面会交流援助、イベント託児に従事するもこママを視野に入れて、プログラムを一新しました。

グリーンコープ生協ひろしま福祉活動組合員基金を受けて、東京からNPO法人しんぐるまざぁずふぉーらむの赤石千衣子さんを招き、「ひとり親家庭の現状と支援」について学ぶことができました。

この一般公開講座を「しんぐるまざぁずカフェ」に参加しているママたちで取り組むことができたことも大きな財産となりました。

大雪の日であったにもかかわらず、皆が生き生きと活動している姿が印象的です。

保育サポーター専門講座では、DVが子どもに与える影響や、回復のための子どもとのかかわりに焦点を当てた講座プログラムを組み立てました。

現在、もこルームが面会交流を援助している母親同士、そのお子さん同士が繋がることができた「母と子のワークショップ」を実現できたことも2016年度の大きなトピックでした。

~総会資料より転載~

 

今年度(2017年度)は、

もこルーム開設5周年記念 北村年子さんをお招きして、映画「さとにきたらえええやん」の上映会とトークライブを8月4日に開催します。

ひとり親家庭学習支援を「もこスタ」と名付けて、今年も楽しく展開していきます。

面会交流援助も次々と依頼が来ています。

さらに、県の女性のための就労支援事業「わーくわくママサポートセミナー」の託児を受託しました。

福山市の100人委員会の託児も継続しています。

夏休みが近づき、幼児・小学生のための企画も計画しています。

しんぐるまあぁずカフェも、子ども食堂もこちゃんも、ますますみんなが楽しく過ごせるように。

さぁ、今年も忙しくなります。

体に気を付けて、がんばっていきまっしょい!

 

 ぶうりん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は、もこちゃん食堂!

2017年06月10日 | ひとり親家庭の支援

今日は、朝から、「女性の心のレジリエンス講座」~「しんぐるまざぁずカフェ(参加者:大人10人、子ども11人、スタッフ3人)」~「こども食堂・もこちゃん(参加者:子ども10人、保護者8人、スタッフ4人)」の日でした。

もう、朝から、バタバタ。

昨夜は総会の資料準備で、朝の4時まで作業して、帰って「晩?ご飯」食べて、東の空が薄明るくなって来た頃に布団に入って、寝たと思ったらもう朝でした。

もうだいぶエネルギーが切れているけど、何やかやとまだ残ってブログを書いとこうと思ったりしています。

肝心な総会資料はまだできていない~。

どうすんだ!? 明日は、朝から面会交流で、終わりは夜です~。

ま、明日の夜、頑張ろっと。

 

洗濯の乾燥機がピーピーと鳴って、終わりを告げたので、今日はこれを書いたら、もう帰ろうと思います。

 

レジリエンス講座のアートの時間には、猫のせんべいのカルタ取りをしました。

にぎやかになる予定でしたが、今日は参加者が3名だったので、比較的静かにやりました。

 

しんママカフェでは、今日は、中国新聞の記者さんが、しんママの声を集めに来てくれていて、「福山市版ネウボラ」について思うことを話したりしました。

15日(木)掲載になります。

 

子ども食堂は、今日もたくさんのお食事が用意されました。

いつもメニューを考えて作ってくれるリーダーとボランティアさん、本当にありがとう。

もこちゃんでは、やりたい子は、キッチンに来て、料理をするのを楽しみにしています。

前回初参加のRくんは、今日も椅子の上に立って、キッチンのカウンターをのぞき込んでいます。

包丁で、ウィンナーを切っていました。

アジの南蛮漬けを盛り付ける時も、とてもきれいに並べていました。

彼の今日の初めては、「すり鉢で胡麻をする」でした。

初めて挑戦することをとても楽しんでいるようです。

「いい香りがするねぇ~。ぼく胡麻をするのは初めて~!」

いつか私に料理を作って食べさせてくれるそうです。

楽しみに待ってるね。

 

食後は束の間ホッとする時間。

しんぐるまざぁずカフェに来ていた子どもたちが、もう大きくなって、自分でご飯を食べたり、親から離れて遊んでいたり、会話できるようになっていたり・・・

本当に成長を感じます。「みんな大きくなったね~」そう思う瞬間です。

この子たちが、中学生や高校生になっても、毎月1回集まって、こうやって一緒にご飯作って食べれたらいいなぁ…。

なんてことを私が呟いてたら、「その頃には私らなんぼ(年齢)になってると思う?」とほかのスタッフがボソッと。

「その頃には、私らは座っててもご飯が出てくるかもしれないね。」

意味わかります? 『いたわってもらうほどの年齢になってるよ』ってことです。

 

今日のメニューは、

雑穀米ご飯  お米は、地域の農家さんのご寄付です

お吸い物(茄子と干しシイタケの煮詰めのとじ汁) 干しシイタケは、尾道ひなの会のれいこう堂さんからのご寄付です

茹で野菜のチーズ焼き

  中身は、かぼちゃ、ズッキーニ、ブロッコリー、エリンギ

  これは私のリクエストでした~!

新じゃがと鶏肉と干しシイタケの煮詰め

  この干しシイタケも、れいこう堂さんからのご寄付です。神石高原の農家さんが作って、ひなの会さんに届けられたものだそうです。

アジの南蛮漬け

ちくわのツメツメIN!

きゅうりの酢の物

トマトとウィンナーのサラダ  茎の赤い サラダほうれん草が入っていました。

 

もこちゃん食堂は、お残しはありません。

残った料理や食材は、みんながタッパーに入れて持って帰ります。

なので安心して、たくさん作れます。

 

今日のお風呂の順番は、どうなってますか~?

入る人で順番決めて、掃除する人も決めてもらっています。

お風呂後の牛乳も好評です。グリーンコープの牛乳は格別!

 

今回も、シフォンケーキのお店 ナチュレさんに、お菓子を寄贈していただきました。

今日はかわいいクッキーでした。写真を撮るのを忘れました。あ~、食べるのも忘れました~。

しんママカフェでいただきました。

おてらおやつクラブのお寺さんからのお菓子のおすそわけも。

 

いつもたくさんの食材のご寄付をありがとうございます。

帰りには、フードバンク福山さんに寄贈のあったハローズ御幸店さんの食品ロスや、もこルームのリサイクルコーナーにあるものをみんなでわけわけ。

 

今日も楽しい一日をありがとうございました。

事務仕事ばかりで、頭が変になりそうな私には、とても幸せ~な、一日でした。

 

 ぶうりん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おてらおやつの「おすそわけ」が届いています

2017年04月28日 | ひとり親家庭の支援

もこルームには、これまでにたくさんのお寺さんから、そのお寺にお供えされた「おやつ」を、仏様からの「おさがり」としておすそわけいただいています。

昨日は、「お花まつり」のおさがりを大竹市の智海山・西念寺様から

今日は、そごう広島店で開催された「バウムクーヘン博覧会」を経て、広島市中区の明教寺さまを通じ、ユーハイムの「シェアザバームクーヘン」企画のバームクーヘン。

ひとり親家庭の方、児童扶養手当受給世帯の方は、もこルームご利用の際にお持ち帰りいただいています。

 

これまで、もこルームに届いたおてらおやつのご紹介

おてらおやつクラブ

 ・智海山 西念寺様(大竹市)

 ・浄土真宗 本願寺派 西念寺(三原市)

 ・浄土真宗 本願寺派 願船坊(広島市安佐北区)

 ・浄土真宗 本願寺派 福長山 順覚寺(広島市安佐北区)

 ・浄土真宗 正光寺(広島市東区)

 ・明教寺(広島市中区)

近隣のお寺さんからの直接のご寄付

 ・真宗大谷派 西運寺(福山市加茂町)

 ・匿名希望(福山市内3寺)

 

どちらのお寺様のおすそわけも、「皆さまが幸せでありますように」との思いが込められています。

住職さまのお子様から「私のおやつも食べてください」という手紙の付いたおやつもありました。

 

ありがとうございます。(合掌)

 

お届けした方から届いたメールを紹介します。

 

 先日、お米やお菓子が届きました。 その日が私の誕生日でした。

 子どもたちは反抗期ですし、特に上の子は、学年が変わってまた、不登校傾向で本人もモヤモヤしているのもあり、

気に入らないことがあれば、大声で怒鳴ったり、物を投げたり。

 仕事と家事と、学校のこと、地域の役員と気持ちが折れそうなときだったので、荷物が届いたときは、涙が溢れてきました。

 ありがたくて、救われた気持ちになりました。

 ひとり親で年子の男子を育てる厳しさにときどき押し潰されそうになります。

 なので、こんなに感動して感謝できることが私にも経験できたからこそ、いつか恩返しができたらと思っています。


中継させていただいているこちらが力をいただいています。

皆が幸せでありますように。

感謝をこめて。

 

  ぶうりん


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こどもステーションに入会して、もこメイト利用しませんか?

2017年04月07日 | こどもステーションからのお知らせ

新年度になり、只今入会のチャンスです。

ご入会いただくと、4月1日~3月31日のもこルーム利用料が無料になります。

もこメイトカードを差し上げますので、もこルームご利用の際には、スタンプを押してもらってください。

20スタンプごとに、プレゼントがあります。

もこメイト特典として、割引対象になるイベントもあります。

もこルームをたくさん利用したいな。。とお考えの方には、断然お得です。

一般利用者として毎回100円の運営協力金(利用料)をいただくことも、大変ありがたいことです。

ご入会のときには、どちらが得か、ご検討の上、お申し付けください。

 

本日は、継続利用の方2名、新規の利用の方3名が入会してくださいました。

ご入会ありがとうございます。

そして、どうぞよろしくお願いします。

 

 

ご入会いただくと、NPO法人の正会員として、法人の活動に参加・参画いただくことができます。

今年度の総会は、2017年6月13日(火)10時~12時の予定です。

今年も、子どもたちの幸せと幸せな子育てを願って、子育て・子育ちを応援していきます。

みなさんの力を貸してください。

 

 

 ぶうりん

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フードバンク福山さんから、節分とお雛祭りのお豆が届きました

2017年04月07日 | こどもステーションからのお知らせ

煎り大豆が2箱です。

なので、3時ごろ、「煎り大豆のすくいどり大会」しました。

もこルームご利用の方、お玉と袋を添えていますので、もらって帰ってくださいな。

 

煎り大豆は、子どもにとってすぐれたおやつになります。

大人の酒の肴にも。

お米と一緒に炊いてもいいし、

水につけて柔らかくしてから他の芋類、野菜類、昆布などと一緒に煮付けてもいいですね。

フードプロセッサーにかけて粉にして、お手製きな粉もできますね。

まぁ、いろいろ試してみてください。

 

ぶうりん

 

 ぶうりん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シフォンケーキのお店 ナチュレ

2017年04月06日 | こどもステーションからのお知らせ

http://www.nature-fukuyama.jp/

毎月、子ども食堂やしんぐるまざぁずカフェの前にお店のケーキを寄付してくださっている

「シフォンケーキのお店 ナチュレ」さん

今日も、届けてくださいました。

いつもありがとうございます。

今回は、好評のチーズケーキとリンゴケーキがたくさん。

ぅふ。たのしみ。

 

 

ナチュレさんを詳しく紹介しているHPがあったので、貼りつけておきます。

http://fukuyama-2shin.com/archives/7848

 

ぶうりん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

離婚・別居を考えているお母さん・お父さんへ ~ひとり親家庭になっても親子が安心して暮らせるように~ リーフレット作成しました

2017年04月04日 | こどもステーションからのお知らせ

『物騒なことを~』

と、お思いの方もいるかもしれませんが、私たちはチョー真面目に、このことに2年の月日をかけてきました。

2016年度には、幸いにも、「ハーモニーネット未来(旧:子ども劇場笠岡センター)」さんがWAM財団の助成を受けた「いのちまるごとプロジェクト事業」の一環として、ネットワークを福山~岡山県内団体で組織し、一緒に手掛けることができました。

こどもステーションだけでは、考え付かなかったアイデアも満載。

これからひとり親家庭になろうとする親子への思いも満載。

 

決して押し付けにならずに、

いかに親をエンパワメントし、親が子どもの支えになれるようサポートできるか。

そして、離婚や別居のマイナスイメージを周りの方が理解して肯定的に捉え、親子のサポーターになるためにはどうすればいいか・・・。

このことを主眼に取り組んできました。

 

今、国会では、教育勅語を取り入れた教育を許可する閣議決定がなされ、「家族愛」が奨励されるという逆風の中にありますが、

もちろん、夫婦愛し合い、家族仲良く暮らすことは良いことです。

しかし、「夫婦が揃っている中に子どもがいる」カタチだけが家族ではありません。

それぞれの家族はもっともっと多様なのです。

多様なカタチのある社会をつくっていくことが、だれもがいきやすい国をつくることにつながっていると考えます。

 

そこで、今敢えてこのリーフレットを発信していきたいと思います。

あなたから、必要な方に届けるお手伝いをお願いしたく、リーフレットの表紙には、サポーターのお名前を書き込めるように、ゴム印サイズのスペースを設けました。

設置や配布を希望される方は、お申込みください。

もこルーム内や、ハートラボ内のトイレなどに設置していますので、個人で必要な方は、いつでもどうぞ。

DVや離婚についてのご相談も受け付けています。

 

ぶうりん

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年度がスタートしましたね

2017年04月04日 | こどもステーションからのお知らせ

昨日から、こどもステーションの新年度始まりました。

もこルームでは、年度末のバタバタの中、小学校入学前の子どもたちのための「せーの!健康教育」

そして、年度末の最終日に「大きくなったお祝い」

 チームもこのみなさんと、ピアニストの岡本奈美さん(奈美さんもチームもこのメンバーですけど)に手伝ってもらって、音楽プログラムでお祝い。

 ボランティアの皆さんのつくった「いちご大福」でさらに食べてお祝い!

そして、この春、引っ越してしまう人、なかなか来れなくなる人とのお別れ・・・

嬉しい、けど寂しい・・・。もこルームの春はいつも、こうです。

そしてまた、新しい方との出会いが待っています。

みなさんにとってはどんな春ですか?

 

さて、そうこう言っている間に、もこルームには、たくさんの物資が届いています。

おてらおやつクラブさん、フードドライブさんから、ベビーフード、食料品、おやつ、生活用品など。

ひとり親家庭の方、生活にお困りの方など必要な方には、無料でお分けしています。

もこルームご利用の際に、お声かけください。

また、遠方、平日は仕事で出られない・・・などの理由で、もこルームに来るのが難しい方には、

もこちゃん基金を活用して、郵送にてお届けしていますので、ご連絡ください。

 

mail : info@kodomostation.or.jp

 

こどもステーションは、今年度も、平日の子育てひろば活動、土日の面会交流援助活動、年間通して、ひとり親家庭支援活動を通じ、

子どもたちの幸せを願って、子育ち・子育てを応援していきます!

どうぞよろしくお願いします。

 

写真は、今、もこルームにある物品です。

予約も受付中!

 

  ぶうりん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も「絆チャリティライブ」に出演させていただきます!

2017年02月21日 | こどもステーションからのお知らせ

昨年に引き続き、今年も「東日本大震災復興支援 絆チャリティライブ」に出演させていただくことになりました。

チームもこ です!!

チームもこは、こどもステーションが運営する子育てひろば「もこルーム」に集っている音楽好きの仲間と子どもたちです。
今年は、新たに誕生した三線サークル・sunny sunny にも協力いただいて、三線の音と共に海の香りをお届けします。

音の響きが美しい、福山東教会での出演です。

昨年は、たまたま空きがあった枠に、声をかけていただき出演させていただきましたので、まさか今年も呼ばれるとは思っていませんでしたが、ぜひにと声をかけていただき、とても嬉しく思っています。

今年は、昨年都合で出演できなかったメンバーも加わり、パワーアップして演奏します。

3月4日(土)14:00 開演

チームもこ with sunny sunny 出演予定は、16:30~17:00 です。

他の出演者もとても素敵なので、ぜひ、14:00~ご来場ください。

今年も、チームもこは、命や誕生、子どもたちの豊かな育ちをテーマに、心をこめて演奏します。

 

絆チャリティライブは、3月4日(土)~5日(日) 福山市内6会場にて開催されます。

2日間フリーパスチケット 1500円(中学生以下無料)

※このチケットでどの会場にも自由に入場できます

※チケットは、こどもステーションにもありますが、各会場でお求めになれます。

※チケット代金が全額、義援金になりますので、チケットをお買い求めの上ご参加ください。

ご協力くをよろしくお願いいたします。

 

詳しくはこちらのブログをご覧ください → http://ameblo.jp/kizuna-live/entry-12247184594.html

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加