石組みメインの和風庭園

2017-08-23 13:57:08 | ①造園

今回は建築前のスペースに、和風イメージの庭園を構築する案件です。
ご依頼主様所有の広〜い土地にワンポイントとなる構造物を構築していきます。

本当に広い土地に、目を引くようなカッコイイ構造物になるようにアイデアを絞っていきます。
ご依頼主からは

「石組みがいいな。それもでっかい石を使った。」

とのご希望が。
この「でっかい石」「石組み」をキーワードに、建設前の土地に大石を搬入していきます。

この構造物の一番の大切なパーツになる大きな目に付くような大石を、正面にど~んと据えます。
まずキッチリ床堀をして、つき棒でしかっりと突き固めた後にかませ石でしっかり固定します。
地味な作業ですが、こういう工程をきっちりやることで数年後にゆるんできたりしないようにします。

庭園をどのように完成形にもっていくかはいつも悩むところではあります。
3石組みや花壇の様にぐるりと囲むか…
最終的には小さな枯山水の池のようなイメージで仕上げる事にしました。

大きな石を滝石代わりにして、その周囲に流れようの石を組み上げていきます。

若い彼らが頑張ってくれています。少しずつ完成に近づいています。
最後の段階の処理です。
水溜りの池は周囲よりも少し下げて、水の流れている川の雰囲気を作り上げていきます。
滝口から水が流れているようなイメージで砂利を敷き詰めばほぼ完成です。

石組の周囲に植物を配置するともっと雰囲気が良くなりますね。
オモト、ヤブランなどがいいでしょうね。

最後に前石を置くのですが、これは御影石の切石を代用することで、わざと崩した感じに仕上げました。
本当はモミジ、あるいはウメなんかを池の中にさしかけるとぐっとイメージアップするのですが…

今回はここまでで工事終了という事になります。
本来は池の流れをもっと大きめにとるなど、いろんな手法が有ります。
出せばキリがありませんが。
今回は予算の関係でこのぐらいのミニ石組みになりました。

昨今では和風の石組みなどなかなかされない方が多いので、若いスタッフたちには勉強になると思います。
今回は崩した感じで仕上げましたが、最近ご無沙汰の本格的石組みの庭がやりたいな~って感じですね。
ぜひ、どなたかご依頼お待ちしております!!

石組みメインの和風庭園1

石組みメインの和風庭園2

石組みメインの和風庭園3

石組みメインの和風庭園4



施工に関するご相談・お問い合わせなど、お気軽に送信フォームからお送りください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭の設計・維持管理

2017-08-14 16:09:48 | ①造園


最初の写真は、玄関から門扉を出た隣接する道路から撮影したものです。
塀の間に階段があることから、かろうじて「ここからお家の方へ入れるのかな?」
と思えるほど、お宅が木々から囲われて見えなくなってしまっています。
ここまでの姿は一般的なご家庭ではなかなかお目にかかれませんが、正直悲しくもあり、「ここまで植樹する必要があったのか」と
若干腹立たしくもなってきます。

ということで、今回は庭木の樹木の整理が主な仕事です。

とにかく「藪」。
実際に目にして、庭に足を踏み入れるとこの言葉がいちばん適当に思える程、荒れていました。
樹木を植栽される時に「何で相談してくれなかったの?」
そんなお宅が以外に多いんです。

庭の美しさは、工事が終わってからの維持管理によって確実に違いがあらわれてきます。
「ここに木を植えよう」と植樹した時点でのイメージがありますよね。
しかし時間の経過と共にその木々が庭の景観は変えていく姿を、一般の方ではなかなか想像できません。
その庭の5年後、10年後をイメージしながら木の種類や植樹の提案、手入れをするのも造園技能士の仕事です。

一本、一本の枝から「これから伸びる方向や他の枝と絡まないか」や
今は細くても将来は中心にする枝を選ぶなどを見極め、芽・枝の生長を考えた的確な剪定をしています。

今回の場合、剪定では間に合わないほど、樹木が多すぎますね。
本当はすべての木を、移植して生かしたいところなんですが…
時期を選んでも枯れてしまうことがあり、昔ながらの高度な技術が必要とされます。
例えばカキノキのように移植が難しい木を動かしたときなど、プロの庭師にとっても大きな満足感があります。
ですが今の状態では、殆んど無理です。


植樹して後に邪魔になったら排除する


庭の維持管理 外観写真1

庭の維持管理 外観写真2

庭の維持管理 外観写真3


改めて思うのは、大きくなったらどうなるかってことを考えればここまで植栽する必要あったのかなと。プロの仕事としてはもっと樹木を活かす仕事がしたい!!
これが希望です!!

もちろんお庭を改修するには工事費用も必要になります。なんとなく敬遠されている。これが現状でしょうか。
しかし色々、方法はあるんですよ!!

細長い庭
三角形の庭
広い庭

など与えられた敷地の個性を活かしながら、植木や石、草、花など素材の持ち味が十分に発揮できる庭を提案して造ります。
ベランダや屋上、ガレージの上など、どんなスペースでもお任せください!!

たとえ1坪の土地でも植木1本、石1個でまとまりのある坪庭を完成させます。

こんな感じで仕事に取り組みます。
もっと活かしたい(緑を)!!

ところで、このお庭どんな感じになるか…楽しみです。

施工に関するご相談・お問い合わせなど、お気軽に送信フォームからお送りください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豪雨被害 お見舞い申し上げます

2017-07-19 11:46:47 | ⑧お知らせ
先日の台風3号を発端とした豪雨被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

本当に大変な被害になりました。

このブログを書いている時点でも20名以上の方がいまだ行方不明で、避難生活を続けている方も1000人以上にのぼるそうです。

4日に台風が九州に上陸すると予報があり、台風自体の実害はそれほどでもなかったようですが、台風一過とはいかずそのまま雨が降り続きこの災害です。

最も被害の大きかった隣接する朝倉市、日田市では特に大量の土砂や流木などの影響で被害の全容は明らかになっていないようです。

時期的には梅雨明けも間近ですが、この時期の雨の降り方を考えるとこれ以上の被害がでないことを祈るばかりです。

最後に、今なお避難されている皆様と復旧作業に従事されている皆様のご安全を心よりお祈り申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

造園業=エクステリア業

2017-07-02 14:50:36 | ①造園
先日のことですが、おつきあいのある「造園業」の先輩から電話がありました。
その先輩とは久しぶりに話すということもあり、近況など他愛もない話しからスタートしました。

電話の内容は次第にお互いの仕事の話へ。
その会話の中で、やはりというか改めて認識させられたのが、

「造園業」=「植木屋さん」

これって「間違いかっ!?」

って言われると「間違ってはいない」。でも正解でもありません。

「造園業」=「植木屋さん」という認識をされている方が今だに非常に多い。
これまでも幾度となくこういう局面に遭遇してきましたが、先輩とこの現状を憂い気がつけば随分と長い時間電話をしてしまいました。

今のままではいけない。
「やはり情報を発信し続けなければならない!!」と話が盛り上がりました。

ずっと長い間,剪定のみの仕事をさせていただいていると、気づかないあいだに庭にカーポートがつけてあったり、土木的な工事を他の業者がしている事がときどきあります。
非常に悲しいです。
「こんな事ぐらい私達でできるのに…」
と思うことが多々有ります。
ですが、この現状を変えていかなければいけません。

元々「造園業」とは、造園空間を設計、監督、施工する業種のことを指します。
建築物以外の空間、一般住宅で考えると、所有する土地内の住宅以外の範囲を造園空間と言い換えることができます。最近の言葉で言い換えると「エクステリア業」です。

「造園業」=「植木屋、外構工事、エクステリア関連工事」
できるんです。
(すべての造園という名の看板を掲げている会社がそうとは限りませんが…)
駐車場拡張などの外構工事、エクステリア工事大歓迎です!

ただ造園業って名前にはこだわっているんです。
この辺ご理解していただきたいです。

ホームページからの新築外構工事の問い合わせも増えてはきています。
とにかく外の仕事を、頼まれる時はご相談してください。よろしくお願いしたいです。

施工に関するご相談・お問い合わせなど、お気軽に送信フォームからお送りください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

直方市感田M邸外構工事 その3

2017-06-24 15:27:23 | ②外構(駐車場拡張工事など)
前回、前々回に引続き、直方市感田M様外構工事です。
前回の記事はこちら→直方市感田M邸外構工事 その2 直方市感田M邸外構工事 その1

黄色い建物が目立つ新築のお宅の塀と玄関、カーポートを設置する外構工事です。
前回まではカーポートの屋根の設置と駐車スペースの土間コンクリート打設が完了し、塀の下処理と同時進行で、玄関周りと階段を含めた門塀周辺の工事も完了させました。

本日より塗装工事に入りますが、仕上がりの色は楽しみです。
後は塀にフェンスをつけていきます。
地ならしの仕上げで終了です。

既存のブロックをうまく利用して、壊さずにきちんと塗装仕上げで
完成させました。
工事代金の中に含まれるアルミ製品の部分が多くて、とっても
損したって感じがします…
U君もう少し頑張って安く仕入れてくれないかな…
そうするともっとたくさん、いろんな工事ができるんですけど…
ですが完成した写真を見ていただくとお分かりいただけると思いますが
おしゃれな感じです。

階段周りに張った、ソフィアストーンの色もなかなかよい感じに
仕上がりました。

でも私的にはもう少し、間口を大きくとってカーブなど使いながら
やわらかいイメージでやりたかったんですけど…
現段階ではお客様満足されているようですので、これでよしと
言うことでしょうか。
飽きてきたらもうちょっと、手を加えられてはいかがかなと。
そのときは、またよろしくお願いしますね。

直方市感田M邸外構工事 その6

直方市感田M邸外構工事 その7

直方市感田M邸外構工事 その8

直方市感田M邸外構工事 その9

直方市感田M邸外構工事 その10

直方市感田M邸外構工事 その11



施工に関するご相談・お問い合わせなど、お気軽に送信フォームからお送りください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加