カヤ日記

活動する研究者、かやちゅ。@カヤニストの行動記録
カヤネズミの研究&保護活動や野生生物の保全に関する話題をつれづれに

京都市生物多様性セミナー

2016-10-19 | 取材・講演・セミナー

12/2(金)に、京都市主催の生物多様性セミナーが開催されます。→チラシ
私も桂川のカヤネズミについてお話しします。
定員100名・先着順、無料です。どうぞ気軽にご参加下さい。

「平成28年度京都市生物多様性セミナー」の開催について

〔申込み・問合せ先〕 京都市 環境政策局 環境企画部 環境管理課
 TEL:075-222-3951 FAX:075-213-0922 Eメール: k-kyosei@city.kyoto.lg.jp
必要事項(氏名及びふりがな・所属・郵便番号及び住所・電話番号・FAX番号・Eメールアドレス)を明記して、上記ページから申込みフォーム、もしくはFAX・Eメール・電話のいずれかで申し込み。
電話の受付時間:平日 午前8時45分~午後5時30分
申込期間:平成28年10月19日(水曜日)~平成28年12月1日(木曜日)
********************************

ごりごりの丘では、ミゾソバが満開でした。
ピンクのコンペイトウのような花がとてもかわいい。
大好きな秋の花です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TV放送&新聞掲載の報告と御礼

2016-10-17 | 取材・講演・セミナー

昨日(10月16日)の「ダーウィンが来た!」のダーウィンニュース、見て下さったみなさん、ありがとうございました。
無事に放送が終わって、ほっとしています。
番組を見た方から、「とてもよかった」「カヤネズミがかわいかった」「過ぎた害虫駆除の警鐘になればと思う」「これからも田んぼのカヤネズミが平和にくらしていけますように」などの感想をいただき、うれしく思っています。
これを機会に、カヤネズミについての正しい理解が広がることを願っています。

それから、10月15日付のしんぶん赤旗「子どものページ」と、京都新聞(山城版)の「面白やましろ発見!」のコーナーに記事が掲載されました。私のコメントも載っています。

 

「カヤネズミの巣(城陽市富野) ふかふか 綿毛のベッド」(京都新聞2016年10月15日)
「かわいい 小さい 都会にカヤネズミ 大阪・淀川河川敷で観察会」(しんぶん赤旗2016年10月15日)

しんぶん赤旗は淀川、京都新聞はごりごりの丘のカヤネズミについて取り上げていただきました。
ちょうど掲載日に、「カヤ原を学ぼう!」第4弾が開催されたので、参加者の方々に記事を紹介しました。

別々の活動が同じ日に二紙に掲載されたのは初めてです。
いろいろなところで、カヤネズミのことや保護活動についてご紹介いただけるのは、ありがたいことですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シュロのバッタ&カヤ原を学ぼう!第4弾

2016-10-12 | 取材・講演・セミナー

10月10日、愛知県自然観察指導員連絡協議会の研修会で、「日本の齧歯類の分類と希少種カヤネズミの保全」という演題でお話ししてきました。



分類の研修会ということで、7割分類・3割カヤでお話ししたのですが、参加者の方からは「もっとカヤネズミの話が聞きたかった」と言われました(^-^;
まあでも、そういっていただくと、うれしいですね。

トップの写真は、研修会のおみやげにいただいた、シュロの葉で編んだバッタです。
台座の木はひとつひとつ違っていて、樹木の勉強もできる優れモノです。

*****************


さて、10/15(土)に城陽ごりごりの丘で、今年度最後の講座を開催します。
前回は、カヤネズミの巣が7個も見つかりました。→前回の講座の様子

参加には事前申込が必要です。
申込はこちら。チラシはこちらからダウンロードできます。
たくさんのご参加お待ちしています!

*********************
★カヤ原を学ぼう!第4弾
「オギ原の生きもの探検~ごりごりの丘のカヤ原でカヤネズミの巣を見つけよう!~」

オギ原を歩いて、生えている植物やカヤネズミの巣を探してみよう。
運が良ければカヤネズミにも会えるかも!?

日時:2016年10月15日(土)*雨天時は10月29日(土)に延期
内容:オギ原探検と生きもの調査
参加費:無料
定員:40名程度(要予約)
対象:生きものや自然に関心を持っている親子・一般の方
持ち物:動きやすい服装
指導:畠 佐代子(全国カヤネズミネットワーク代表 博士(環境科学)、滋賀県立大学環境科学部非常勤講師)
申込・詳細:城陽五里五里の丘
主催:(公財)青少年野外活動総合センター
*********************

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ダーウィンが来た!」に出ます

2016-10-07 | 取材・講演・セミナー

10月16日放送予定のNHK「ダーウィンが来た!」の、ダーウィンニュース(19:50頃から約2分半)に出演します。
滋賀県立大で行った、田んぼのカヤネズミの食性の研究について紹介されます。
本編とあわせて、ぜひご覧ください。

番組名:ダーウィンが来た!「奇想天外!歩くサメ」(NHK総合)
放送日時:2016年10月16日(日)19:30~20:00(このうちの19:50頃から約2分半)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「すぐそこに、カヤネズミ」講演会開催御礼

2016-10-04 | 取材・講演・セミナー

第63回産経児童出版文化賞・産経新聞社賞受賞記念講演会&観察会、無事終わりました。
午前中のプレイベントの観察会には、定員の40名の参加がありました。
新しい巣もふくめて10個ほどのカヤネズミの巣が見つかり、子どもたちは大はしゃぎだったそうです。
私は直接講演会会場に向かったのですが、到着したら、すでに大勢の方が準備を進めて下さっていました。


会場入り口。
あちこちにさりげなく(?)カヤネズミたちがいて、すごく楽しい雰囲気!
材料は、なんとダチョウの卵だそうです!!


受付係のカヤネズミたち。
巣の中にいるカヤぐるみは実物大です。


どんぐりの帽子がかわいい♪
かわいい卵のカヤネズミなどのアート作品は、天王寺動物園で飼育員をされている早川篤さんが制作されました。
早川さんは、私と同じく、大阪自然環境保全協会の理事でもあります。


ここにもいますね(笑)
カヤネット関連の新聞・雑誌記事や、カヤネズミの写真などの資料も展示しました。

さて、午後の講演会ですが、じつは当日は10月とは思えない暑さで、ほとんどの子どもたちは疲れて観察会だけで帰ってしまい、講演会の参加者は、ほぼ大人の方でした(^-^;
ただ、講演会からの参加もあり、参加者は60名ほどになったようです。


第1部の様子。
『すぐそこに、カヤネズミ』の内容をふまえて、カヤネズミの生態や保全について、ビデオを交えて1時間ほどお話ししました。

休憩時間には、たくさんの方から本のサインを頼まれ(感涙)、あっという間に30分の休憩時間が過ぎました。
参加者のみなさんは、展示やカヤネズミアートやぬりえなど、思い思いに楽しまれたようです。

流木のカヤネズミ。シッポの曲がり具合が素敵!


カヤネズミのストーンアート。みんな表情が違います。


カヤネズミ VS ヘビ。


カヤパズル!

第2部の質問コーナーでは、本当にたくさんの方から質問が寄せられ、1時間全部、回答に使い切りました。
カヤネズミのお話しはあちこちでしていますが、これほど多くの質問をいただいたのは初めてかも知れません。
司会の早川さんの軽妙な采配にも助けられて、テンポ良く進められました。

講演会に子どもたちの参加が少なかったのは残念でしたが、終了後にたくさんの方から「良かったよ」と声をかけていただいて、ほっとしました。
関係者の皆様、お疲れさまでした。

本を通じての、カヤネズミや草地環境への理解の広がりは大きいと期待しています。
これからも、本書が多くの人々に読まれることを願っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加