八王寺組のブログ

滋賀県の大津市仰木の里山にある八王寺地区のブログサイトです。

hachiojigumi@gmail.com

第7回 上仰木棚田保全活動

2012-02-12 21:45:36 | Weblog

今日は、23年度の第7回 棚田ボランティア活動の日です。
ボランティア8名、スタッフ12名の参加で行いました。


休耕田の補修作業で崩れ直しです。


間伐材を土留めに使います。


小雪が舞い、体が冷えているので、ウォーミングアップも兼ねて現場へ運び入れて頂きました。


まずミニユンボ(バックフォー)で崩れた土を除けていきます。資格を持ってる会長の仕事です。


除けた所に杭を立てます。


バケットで杭が入るところまで押し込みます。


土留めが隠れるまで土を積み上げます。


ユンボの力だけでは入りきらないので、大ハンマー(カケヤ)で叩き入れます。

 
残った上部はチェーンソーで切って、最後に土を被せた時に土の中に入るよう低くします。


一方、こちらは、二カ所目に取りかかって、皆さんも要領よく、テキパキと作業して頂いていました。


石掛けごと崩れたので、大きな石が土の下から出て来ます。


その頃、一つ目の現場では、中段に二カ所目の土留めを作っています。
大きく崩れた所は、下部と中段の二カ所の土留めを作ります。ユンボを使えば1mを超える長い杭も楽々入ります。

作業も一段落した所で、お昼の時間です。


仰木の鹿肉の入ったみそ汁とお弁当です。
途中吹雪に遭う寒いお昼で、参加の皆さんには申し訳御座いませんでした。
早く、野小屋のストローベイルハウスを完成させたい所です。


吹雪も晴れ、たき火を囲みながら、皆さんと会話が弾みました。


午後から、杭が足らなくなったので、山へ切り出しに。


地元のスタッフK氏は山のプロでもある頼もしい人です。


今回は、上仰木農業組合から米検査員のI氏が駆付けてくれました。


3名のボランティアの方々も残って頂き、仕上げ作業です


重い粘土混じりの土をスコップで積み上げて頂いています。


最後はバケットで法面を切って仕上げます。


ご覧の通り奇麗に土手が復活しました。
本当に重労働ですが、皆さんにお助け頂いたお陰で、一日で出来上がりました。
有り難うございました。


アチコチから出てくる湧き水の処理が今後の課題です。

今回の動画はこちらにアップされております。

次回は3月11日に棚田整備他です。


<番外編>

いつも裏方でお手伝いいただいている、キタイ設計のYさん。
笑顔で現場の雰囲気を和らげていただいております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明けまして、おめでとうござ... | トップ | 棚田オーナー募集 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。