メンタルヘルス…足立から発進

メンタルヘルスに関するボランティア活動や介護を担う人達とのビアサポートをお伝えします。

小江戸散策、祭りと鰻・・・in 川越

2016年10月18日 | 近隣便り
川越と言ったら「うなぎ」、町で一番人気の老舗いちのやに向かいました。カリッと焦げ目があって、中はふっくら、甘い秘伝のたれもしつこさがなく、ほどよくいただきました。畳敷きにテーブル、調度品もシックです。混んでいる時間帯なのに、6人掛けのテーブルに、1人、2人でも相席にしないところに老舗の心意気を感じてきました。

川越ナンバーワン、喜多院は三代将軍家光の居室を移築し、家光の産屋と春日局の居室など江戸城が残っています。この建物から本堂に向かう渡り廊下も趣があっていいです。境内も明るく、いい気が流れています。500羅漢を見学し、でた山門にあった和菓子屋さんで、お土産一番人気のつばさカリンを購入することができました。大好きな芋納糖も、、、。



前の日にたまたま見ていたテレビで川越特集があり、公のNo.3を発表していました。
3位 小江戸蔵里 ここは行かなかったけれど、紹介していた一押しの菓子、つばさカリン (かりんとう饅頭、中身は芋餡)をお土産することができました。
2位 鰻 老舗「いちのや」 鰻屋は8軒、鰻マップがあります。
1位 喜多院
何とか、かすめました。

お祭りも楽しかったけど、古い町並みや商店街、喜多院の紅葉も綺麗でしょう。ゆったりと散策を楽しめそうです。最後に立ち寄った乾物屋さん、買ったのはなんと「早煮昆布」、やっぱり、二人とも主婦でした、、、、
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第31回家族を介護する人の集... | トップ | 悲劇生んだ企業風土も調査・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。