沖縄対策本部

当ブログは現在引っ越し作業中です。
最新記事は日本沖縄政策研究フォーラムを御覧ください。

JSN■沖縄防衛決戦:伊波陣営の正体!

2010年10月08日 01時56分31秒 | 選挙

11月28日には、沖縄防衛決戦:「沖縄県知事選挙」の投票が行われます。

何故、沖縄防衛決戦というのかというと、この戦いで仲井真知事が負けると日本は
植民地になるからです。

まさかと思うかもしれない方もいますので、その理由を何度かに分けて説明したいと思います。

まず、伊波洋一のプロフィールを御覧ください。

<伊波洋一プロフィール>
http://www.city.ginowan.okinawa.jp/2633/647.html
伊波 洋一 (いは よういち)
 生年月日  1952(昭和27)年 1月 4日
 出 身 地      宜野湾市嘉数
 趣      味    読書、映画
 座右の銘  基地のない平和な沖縄
 好きな食べ物  沖縄そば、豚肉料理
 宜野湾市の好きなところ 
          温厚な人情、地域の人々のつながり、おだやかな地勢

-------

「基地のない平和な沖縄」が座右の銘です。

<伊波陣営の正体>
(1) 伊波洋一は米軍基地撤去だけではなく、安保破棄を目指している政治家である。
(2) 伊波陣営は、日米安保破棄をミッションとした団体である。



彼の選挙事務所は、安保破棄沖縄統一連という団体が行っています。

「共産党」「民医連」「医生協」「県労連」「沖商連」「新婦人」「平和委」「民青」の八つの団体で構成されています。

そして、その団体が発行している新聞があります。

「統一連NEWS」です。

そこには、「日米安保条約の廃棄なくして平和で豊かな沖縄の実現はありえない!」

と書いています。

よりによって、人民解放軍に尖閣諸島を奪われそうになっている時に、「安保破棄」を目指して

選挙運動をやろうとしているのです。

そして、このように書かれています。


<統一連NEWS2010年10月2日 NO.10‐17 より抜粋>

統一連は県知事選挙と宜野湾市長選の勝利にむけて10月1日、那覇市古波蔵の選挙事務所びらきをおこないました。

開会挨拶で新垣繁信代表幹事は、普天間基地の閉鎖・撤去、辺野古新基地建設を許さないこの間の県民のたたかい

を振り返り、「名護市長選、名護市議選は名護市民の勝利であり、次は沖縄県民と宜野湾市民が勝利をめざす番で

す」とし、勝利によって統一と団結はますます固まり、日米両政府を追い込むことになると述べ、両選挙の意義を

強調、各組織が構成員に決起をよびかけるよう求めました。

続いて、安保破棄中央実行委員会の東森英男事務局次長と共産党後援会の古堅実吉さんが連帯の挨拶を述べました。

多忙ななか駆けつけた伊波洋一宜野湾市長・県知事選予定候補は、住民のくらしと平和を守るために築いてきた市

行政を紹介しながら、県知事選挙で勝ち抜いて普天間基地の閉鎖・撤去をかちとりたいと力強く決意を語りました。

(引用終わり)

http://homepage3.nifty.com/anpohaiki/anpo-news/okinawa10-17.pdf



お読みいただいてわかりましたでしょうか?

そう、この団体が1月24日の名護市長選で辺野古反対派の「稲嶺市長」を勝利に導き、

9月12日の名護市議会選挙で、辺野古反対派の勝利を勝ち取ったのです。

そして、ついに最終決戦、「沖縄県知事選挙」に取り組もうとしているのです。

日米安保を破棄するために。。。。。。


そして、この団体を全面的に応援する全国組織の団体が存在します。

「安保破棄中央実行委員会」です。

その機関誌があります。

「安保破棄メールニュース」です。

この新聞は、今年1月名護市長選の時には、タイトルが「名護市長選必勝ニュース」と変わっていました。

ですので、もう少ししたら「沖縄県知事選必勝ニュース」にかわると思います。

この安保破棄中央実行委員会は、全国組織を持つ多くの労働組合が加盟しています。

その全国組織をあげて、「人」、「もの」、「金」を沖縄へ送り込み、沖縄県知事選挙を応援するのです。

是非、皆様も注意深く観察していただきたいと思います。

(JSN代表 仲村)

<安保破棄メールニュース (2010.9.22)>
http://homepage3.nifty.com/anpohaiki/anpo-news/news10-17.pdf

<安保破棄中央実行委員会加盟団体>
http://homepage1.nifty.com/anpohaikikanagawa/tyuuou1.htm#todoufuken
全労連 / 国公労連 / 全教 / 建交労 / 出版労連 / 全損保
自治労連 / 日本医労連 / 全労働 / 全経済 / 全港建 / 全国福祉保育労
全印総連 / 民放労連 / 検数労連 / 全基労 / 通信労組 / 新聞労連
生協労連 / 全気象 / 自交総連 / 全国税 / 日本共産党 / 新婦人
民青同盟 / 全商連 / 日本平和委員会 / 日本原水協 / 自由法曹団
全生連 / 全日本民医連 / 婦民クラブ(再建 / 日中友好協会
日本ユーラシア協会 / 日本ベトナム協会 / 日本AALA連帯 / 全国地域人権連
国民救援会 / 全借連 / 民主文学会 / 治維法国賠同盟 / 農民連
労働者教育協会 / 日本のうたごえ全国協 / 全学連 / 日朝協会
<都道府県実行委員会>
http://homepage1.nifty.com/anpohaikikanagawa/tyuuou1.htm#todoufuken

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JSN■10月16日:「中国の領海... | トップ | JSN■沖縄防衛決戦:名護市長... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
くだらない妄想よりも現実を見よ! (亀)
2010-11-17 00:53:38
あなたの言っている
「~よりによって、人民解放軍に尖閣諸島を奪われそうになっている時に、~」は、ナニを持って断言しているのですか?
さも中国の漁船がぶつかったように意図的に編集作為された、たった40分の流失映像や、アメリカCIAの手先・前原の口車に乗せられた大手マスメディアのブロパガンダテレビばかり見ていると、本当にバカになりますよ。
 これから植民地になるというくだらない妄想よりも、いまアメリカの植民地になっている現実をその脳ミソにたたきこんで発言した方がイイのではないのかい? 勉強しろ、もっと!
植民地状況を脱出するには、早急に憲法9条を改正を急ぐべき (JSN仲村)
2010-11-17 01:09:52
亀さんのいう
「アメリカの植民地になっている」とは正しいと思います。
GHQに押し付けられた憲法9条という植民地憲法をいまだに金貨玉樹のごとく守っているのですから。
自分の国を自分で守ることができない国は独立国とはいえません。
そして、今日本の仮想敵国は米国ではなく中国です。言論の自由も信仰の自由もない一党独裁国です。
日本は、憲法9条を改正するまでは、半植民地国ですが、中国の植民地になるよりアメリカの植民地になったほうがましだと思っています。

自分の子供たちが、ウィグルやチベットのように悲惨な生活をさせららるよりは、アメリカに再占領してもらったほうがまだ良いとおもっています。
しかし、そうならないためにも、沖縄には自衛隊の増強も米軍との同盟強化は必要です。

中国は、「日本に沖縄の主権は無い」といいはじめています。 (JSN仲村)
2010-11-17 01:13:46
亀様

何をもっていっているかとういいますと、根拠もなしにいっているわけではありあません。
中国は、「日本に沖縄の主権は無い」といいはじめています。
亀様も是非、耳を済まして中国国内の発言を聞いて、現実を見てくださいね。

JSN■驚愕の琉球独立プロパガンダ:中国は琉球独立運動を支持するべき(全訳文掲載)
http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/e/020ad997a9f62b89ac061c39f65c9c18

コメントを投稿

選挙」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL

ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ