映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

幸せへのキセキ

2012年06月10日 09時34分10秒 | 映画 さ行
評価:★★★★【4点】


『幸せへのキセキ』このキセキって奇跡か軌跡か。
ワタシはチケット買う時にどっちなのか最後まで迷ってたけど
(発音が違ってくるからね^^;)軌跡と発音しました。
「しあわせへの〜」この“への”が付くことで奇跡はないなと。。。

しか〜し、チケット売り場のお姉さんは「奇跡」と言ってたな^^;
たぶん両方の意味は含まれてるからカタカナ表記にしたのは分かるけど
チケットを買う時は、みなさんどっちで発音してるんだろう^^

さて、試写会当たったのに仕事で行けなかった映画がこれ。

予告編から期待値上がっていたのは
多分に娘のロージーの可愛さと
2分弱のなかに物語りの方向性はすでに分かっているものの
そこに至るまでの過程にココロを揺さぶられそうだったため。

案の定、期待通りの展開で終盤になるころは
涙腺が緩んじゃって、、、いい映画でした。



【あらすじ】
ロサンジェルスの新聞社に勤めるコラムニストの
ベンジャミン・ミー。
最愛の妻の死から半年たった今も悲しみは癒えず、
一方で14歳の息子ディランはたびたび問題を起こし、
7歳の娘ロージーも元気がない。
そこで新天地での再スタートを決意したベンジャミンは、
郊外の丘で理想的な物件を見つける。
ところがそれには、2年間閉園状態の動物園と
個性豊かな飼育員たちも付いていた。
それでも、ロージーの喜ぶ姿を見たベンジャミンは、
周囲の反対を押し切り、動物園を購入してしまう。
そんなベンジャミンに対し、
飼育員チームのリーダー、ケリーは、
素人に動物園のオーナーは務まらないと警告するのだったが…。
<allcinema>



ほんわか心地よい映画には悪役はいない。
『幸せの教室』同様、こういう作品作りは
ある意味、ハリウッド映画らしい徹底した娯楽重視ってやつか。
しかし、トムハン映画と違うのは、これが実話ってことです。
ちょっとした嫌われ者は出てきましたが
最後は意外といい奴じゃんみたいなことになってるし(笑)

それにしても動物園が無事開園したからいいモノの
一歩間違えれば、兄の言うように
ボリビアで肉体労働するはめにもなりかねない。

そうしたなか、すべてうまくいったのはベンジャミンの
人間性と言いたいところだけど、資金が底をついたあそこで
まさかまさかの降って湧いたような天からの恵み。

本作のMVPはベンジャミンの亡き妻に決定です。


おまけ)
・暗い絵を描き始めるのは、ひとつのサインであると理解しました。

・飼育係であるスタッフの私生活もかなり気になるところ。
 リリーは、あのレストラン兼自宅(?)でひとり暮らしなのか?
 ディランじゃないけど、リリーの話を聞き逃したとか。
 唯一分かったのはケリーが母と同居してるくらいやね。

・「20秒の勇気を持とう」、これは今後の自分の人生に於いて
 使える時があるかもしれない(笑)
 ちなみに、この勇気とは恥を恐れるなという意味のようです。

・彼ら飼育員は無給でどうやって生活してたのだろうか。

・最初から飼育員たちから期待されなかったベンジャミン。
 だからこそ、終盤に掛ける盛り上がりに拍車が掛ったとか。
 これは映画鑑賞における我々にも言えること。
 映画鑑賞するときは期待値をぐっと抑えて観に行こう!(おい)

・動物園検査員はなぜあんなに車の運転が荒いんだろう。
 犬猿の仲である動物園だからなのかな。
 ちなみに、あのバカでかい電動メジャーは何メートル用だろうか。

・動物の“囲い”のレギュレーション変更はもっと早く通知してほしいものだ。
 時間や資金など、結構な無駄使いさせられた印象ですが。

・“オオカミと踊る男”は知ってるが、今回の“熊を制圧した男”も
 いずれ、そっち系主体の映画化があるのだろうか(ないよ!)^^
 しかし、あの時の熊と対峙してる映像ってVFXなのか?
 もしそうなら、今の映像技術はほんとうに凄い!^^ 
 いや!ほんとうに対峙してたほうがもっと凄いけど(笑)

・実際、動物園のなかに住むってどうなの?
 ワタシはたぶん、匂いで無理かもしれない(苦笑)

・あそこの動物園って、ほんとうにシンプルで動物だけみたい。
 日本のように、一日中居られるようにはみえなかった。
 チョットした売店しかなかったような気がしたんだが。 

・最後に息子の絵を採用することにした父の粋な計らいが最高だったな。
--------------------------------------------------------
監督:キャメロン・クロウ
脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ/キャメロン・クロウ
撮影:ロドリゴ・プリエト
音楽:ヨンシー


出演:マット・デイモン/スカーレット・ヨハンソン/エル・ファニング/
    マギー・エリザベス・ジョーンズ/


『幸せへのキセキ』
 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私が、生きる肌 | トップ | ソウル・サーファー »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちはー♪ (kira)
2012-06-10 14:13:27
天使なロージーちゃんも、思春期の屈託全開のディランクンも、
そして眩しいくらいの美少女のリリーも、
大人のキャストに負けない存在感を発揮してて、めっちゃ可愛かったです

今週のツッコミ(←勝手に命名)
いちいち御尤もざんす
特に、動物園より水族館に良く出かけたのは私もあの匂いがダメだからなんす
植物園は虫がだめだし、、だめ母です
kiraさんへ (ituka)
2012-06-10 17:33:13
こんにちは。

ロージーちゃんが、そっと父を見るときの表情がなんとも可愛かったです。
リリーの素朴な雰囲気、ディランのシャイなところよかったですよね^^

>今週のツッコミ(←勝手に命名)

お!これ、今風でいいね!
kiraさんのこの命名、使わせてもらうかも(笑)

やっぱり、あの匂いって辛いものがありますよね。
そうそう、植物園も表から見れば綺麗だけど
裏に回れば、昆虫の住処ですもんね(笑)
虫も6本足まではOKだけど、それ以上は勘弁してもらいたいものです^^;
ワタシもダメ父かもよ(爆)


ブランチ (オリーブリー)
2012-06-11 00:31:16
リリコ姉さんのコーナーはサービス良すぎで、なるべく観賞前は観ないんですが、昨日は、寝起きにコーヒー飲みながら、裸眼でボーっと観てたので定かではありませんけど、あのグリズリーの着ぐるみ着こんで演技指導されていた人がいたような…(笑)
もしそうなら、あのシーンかな〜と思いながら観てました。

子供と動物ってだけで卑怯だけど(笑)マットが家族の楽しい姿を見つめて涙し、またマットの眼鏡に幸せそうな家族が映るでしょ〜号泣もんでしたよ(汗)
暗闇でティッシュ探して鼻チーンしました(爆)
笑いと涙に包まれた優しい物語でしたね。
「ファミリー・ツリー」と言い、今年の家族モノはいいかもねっ♪

試写会は30日でした?
わたし、勘違いして、31日だとばかり(汗)
木曜日だから、名演で「別離」観てから行こうと計画立ててたのに、ガックリでした。
思い込みって、怖いワァ〜〜(爆)
動物ものに失敗はないね (笛吹働爺)
2012-06-11 19:41:14
グリズリーといい虎のスパーといい演技?がうまいね。
ワイルドなスカちゃんも良かったがリリー(エル・ファニング)のローティーンのホンワカ色気にもまいったな。お姉ちゃん(ダコタ)よりも好きかも。
というわけで☆4。
オリーブリーさんへ (ituka)
2012-06-11 20:45:16
こんばんは。

「王様のブランチ」のことですね。これ観たことないんですよ^^;
さっき、そのLiLiCo姉さんという存在を動画で確認しました。
滑舌よくてネタバレさせそうな雰囲気ですね(笑)
グリズリーのシーン、あれはやっぱり実写なのかな〜。

マットの演技素晴らしかったですよね。
私生活でも中学生くらいの子供がいるマットですから、ほとんど素でやれたのかな〜ってね(笑)
オリーブリーさん、号泣されたのね。
ラストに向かってすべてが良い方向に行く頃にはワタシもウルウルでした(ノ_・。)ヾ(´∀`*)ヨチヨチ

試写は地元のTOHOで5月17日の木曜日でした。
その日は定時で帰れば間にあったのに残業で早々に諦めました(汗)

>わたし、勘違いして、31日だとばかり(汗)

日にちを間違えるなんて、、、以前うちの嫁も一週間も日にち間違えたことありますよ(爆)
笛吹働爺さんへ (ituka)
2012-06-11 20:54:12
こんばんは。

うつの熊さんやご老体のスパーともども演技光ってました。
囲いから抜け出したうつの熊と遭遇したベンジャミン父子、あそこで車のサイドガラスを割るんじゃないかとヒヤヒヤもんでした。
脱走ペンギンとちがって熊の場合、対峙したら死を意味しますから怖いことです(笑)

ファニング姉妹はどうみても妹の方が色気ありますよね(笑)
「20秒の勇気」 (rose_chocolat)
2012-06-12 07:00:06
っていう言葉も、実はうっすらネタが見えてしまうところがあって、
これが感想で多く出ているため、未見の方は「ああそうか」って予測ついちゃうんじゃないでしょうかね。
roseさんへ (ituka)
2012-06-12 21:43:13
こんばんは。

そうそう、20秒という時間で何が出来るかといえば、、、まぁ、大体の予想はつきますもんね^^
ワタシは鑑賞中、ずっと「20秒」が頭の隅にあったので
熊と対峙するベンジャミンをみて、彼の20秒はこれだったのかと思いました(うそつけ)^^;

最後のダイナーでのシーンよかったです。
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2012-06-13 00:39:06
あ〜itukaさんもオマケ多い(笑)この映画
後から後から、これもあれも言いたいってなりますよね(^_-)-☆

>「しあわせへの〜」この“への”が付くことで奇跡はないなと

おお!確かに!文章的に(文法的に)おかしくなりますよね^^でも、自分で言ってみると
軌跡って言う発音になってましたけど(笑)

>ほんとうに対峙してたほうがもっと凄いけど

あれは本当に対峙していたのではないかと思います。サラ・ジェシカ・パーカーとヒューグラントの「噂のモーガン夫妻」と言う作品で、やはり、グリズリーが出てきて、ヒューが追いかけられるのですが、すごく近くまで来るので、VFXだと思っていたら、本物のクマだったんです(*_*;<パンフに記載されてました>
ですので、私は、マットのあのシーンはあの時のクマちゃんだと勝手に思っています(笑)

映画は、ほんと、悪人が出てこなくて、マットパパはじめキャストがサイコー!
素敵な作品でしたよね\(^O^)/
ひろちゃんへ (ituka)
2012-06-13 22:12:37
こんばんは。

今回、本文よりもオマケの方がかなり多くなりましたよ。
こんな風に箇条書きの方が楽でいいかもしれない(笑)
ひろちゃんのオマケコーナーは莫大な情報書かれてますよね。
そこで、実話との違いを知ることが出来てよかったですよ(*^-゚)vィェィ♪

>自分で言ってみると
>軌跡って言う発音になってましたけど(笑)

「キセキ」を言う時にどっちでも取れる発音でシミュレーションしたら
なんだかチャイナ系のオッサンみたいになったので勇気を出して軌跡と言いました。(おーげさ)^^;

>サラ・ジェシカ・パーカーとヒューグラントの「噂のモーガン夫妻」と言う作品で、
>やはり、グリズリーが出てきて、

そうなんですか!これ途中で観るのやめちゃったんですよ(苦笑)
今回の熊さんはそのときのグリズリーかもしれませんね。
なかなかの名演技でハリウッドに出てくる動物はスゴイのひと言です。

こういう家族モノって自分の私生活に置き換えることが出来るので結構好きです(笑)



マットが段々ハンサムになってゆく・・・ (ぺろんぱ)
2012-06-16 19:11:38
観てきました。

そうですね、落ち着くところは見えていてもやっぱり私も涙腺緩みました。
「巧さ」を感じました、決して揶揄しているわけではなく素直に。

キセキは「軌跡」であり、最後のワンショットで「奇跡」であった気がしました。

ぺろんぱさんへ (ituka)
2012-06-16 21:18:14
こんばんは。

マットくん、ジェイソン・ボーン以降、キャラ的に魅力あるアクターに変貌してきましたね。
若手で伸び悩んでいる俳優さんは、是非一度エージェント系を演じるべきと思いました^^
それ一回やっちゃうと、途中で『インフォーマント!』みたいなコメディも安心して見てられますから(笑)

ぺろんぱさんも涙腺緩みましたか^^
本作、しっかりとツボは抑えていたし、演じる俳優さんたちみんな巧かったです。

>キセキは「軌跡」であり、最後のワンショットで「奇跡」であった気がしました。

まさにそうですね!
これ、邦題決定させる配給宣伝部のセンスを感じましたよ^^
実話って思うと・・・ (mariyon)
2012-06-18 08:03:33
え〜〜ありえねぇ〜〜も、すべて納得できるからすごいですよね。
でも、家さがしで動物園が付いてきたってのが、作りのエピだったのは、ちょっとがっかりでした。

ただ、映画としては、ほんわかと言い話でした。

「20秒の勇気」
息子はうまくいってよかったけど、
あの状況でふられちゃったら、反抗期に輪がかかる??
これくらいの年になると、20秒の勇気はそんなに大変じゃないけど、ティーンエイジゃーには大変な決断ですよね。
mariyonさんへ (ituka)
2012-06-18 21:33:44
こんばんは。

そうそう、実話と映画の内容と若干、いや、かなり違ってるようですね。
映画のようにクライマックスで盛り上げようとするなら
多少の脚色も大目に見てよ!ってことなんでしょうかね〜(笑)

>あの状況でふられちゃったら、反抗期に輪がかかる??

うわ!あそこは絶対にフラれたらイケない状況でしたよね!(笑)
仮にもフラれたなら、ディランは家出をする可能性大ですもんね。
ある意味、もっとも緊張するシーンだったかもしれません(爆)
ティーンエイジャーにとって「20秒の勇気」とは人生の方向性を変えかねないくらい重いですよね。

☆グリズリーが街に!☆ (TiM3)
2012-07-11 22:59:02
直後に、フェリス検査官の遺体の一部が見つかって、
それを隠すうちに、飼育員の間にミゾが・・

ってな展開だと、コーエン監督作品っぽく仕上がりそうですね(=^_^=)

或いは、スカヨハちゃんも出てるし、御大=アレン監督にブラックコメディっぽく仕立てて貰うとか(=^_^=)

本作をネタにしたコメディ作の脚本を書いてみたいトコです。
TiM3さんへ (ituka)
2012-07-12 23:35:22
こんばんは。

お!ご覧になったのですね。
あのフェリス検査官は、なんであんなに車の運転が荒いのでしょうかね(笑)
うつのグリズリーが囲いから抜け出て、解放感に浸ってたところ笑いました。

>コーエン監督作品っぽく仕上がりそうですね(=^_^=)

そういうの結構好きです(笑)
凶暴化した動物たちの囲いに取り残された飼育員同士のサバイバルが観たいものです。

>本作をネタにしたコメディ作の脚本を書いてみたいトコです。

TiM3さん書いてくださいよ(笑)
ワタシは未だに、あの川柳が記憶に残ってますもん。
「羽織らせて〜やがて脱がせる・・・」(笑)
☆わ、懐かしや・・☆ (TiM3)
2012-07-13 05:45:41
お早うございます〜

>ワタシは未だに、あの川柳が記憶に残ってますもん。
>「羽織らせて〜やがて脱がせる・・・」(笑)

『レオニー』でしたね。
自分でも「下の句(シモの句?)」が思い出せなくて、ググってしまいました(=^_^=)

「師匠かな」だったんですねぇ(=^_^=)

本作については、こんなトコでしょうか。

・・

終末の 決断問いし 老虎かな

検査官 どんだけ伸びる そのメジャー

ある事情? さっさと言えよ 業者さん

人間を 生かすも殺すも 20秒

・・ お粗末。。
TiM3さんへ (ituka)
2012-07-13 23:38:31
こんばんは。

あの川柳は作品を観た人ならピ〜ン!とくるはずです。
それにしても、上手い!

本作用の一句なら1番目と4番目がいいです(笑)
とくに4番目は本作にしかない句がバシ!っと効いてて流石です^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
幸せへのキセキ / We Bought a Zoo (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 家を買ったら、なんと閉鎖された動物園がついてきた パパと2人の子どもたちが、愛する人の死から立ち直り、新しい人生を開く 監督は、「初体験リッジモンド・ハイ」や、トムちんの「ザ・エージェント」「....
父親と息子の関係。『幸せへのキセキ』 (水曜日のシネマ日記)
閉鎖した動物園付きの家を買った家族の物語です。
幸せへのキセキ (あーうぃ だにぇっと)
幸せへのキセキ@よみうりホール
幸せへのキセキ (悠雅的生活)
“Why Not?”。自動巻尺。20秒の勇気。
映画:幸せへのキセキ We Bought a Zoo 妻を亡くした家族が、立ち直るために試みたユニークな方法とは。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
主役マット・デイモン。 彼の家族(子供×2)は、亡くなった妻の面影がこびりつく市内からの引っ越しを試みる。 ところが、その家に付属していたのは、なんと「動物園」 ということで、原題のWe Bought a Zoo、となる。 ネットで調べると、けっこう賛否が別れてい...
劇場鑑賞「幸せへのキセキ」 (日々“是”精進! ver.F)
“20秒の勇気”を、持とう… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206080003/ 幸せへのキセキサントラ SMJ 2012-05-30売り上げランキング : 21768Amazonで詳...
幸せへのキセキ (Memoirs_of_dai)
“20秒の勇気”と“Why not?” 【Story】 半年前に愛する妻を失ったベンジャミン(マット・デイモン)は仕事を辞め、悲しみの渦中にいる14歳の息子と7歳の娘と共に郊外へ引っ越す。そこは閉鎖中の動物園で...
幸せへのキセキ (to Heart)
原題 WE BOUGHT A ZOO 製作年度 2011年 原作 ベンジャミン・ミー『幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語』(興陽館刊) 上映時間: 124分 脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ 、キャメロン・クロウ 監督 キャメロン・クロウ マット・デイモン/スカーレット・ヨ...
幸せへのキセキ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【WE BOUGHT A ZOO】 2012/06/08公開 アメリカ 124分監督:キャメロン・クロウ出演:マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット、エル・ファニング、ジョン・マイケル・ヒギンズ、コリン・フォード、マギー・....
幸せへのキセキ (心のままに映画の風景)
半年前に愛する妻を失ったベンジャミン・ミー(マット・デイモン)は、悲しみの渦中にいる14歳の息子と7歳の娘と共に、新しい人生を切り開こうと郊外へ引っ越した。 購入した理想の邸宅には、閉鎖中の動物...
幸せへのキセキ (佐藤秀の徒然幻視録)
実は人間が調教された話 公式サイト。原題:We Bought a Zoo。キャメロン・クロウ監督、マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、マギー・エリザベ ...
『幸せへのキセキ』 (こねたみっくす)
動物園を買ってもいいじゃなイカ。だって冒険したいんだもん。 映画そのものがサントラのキャメロン・クロウ監督最新作は、妻の死から心機一転とばかりに動物園付きの家を買って ...
幸せへのキセキ (充実した毎日を送るための独り言)
・映画 幸せへのキセキ (6月8日より上映 マット・デイモン・スカーレット・ヨハンソン出演)閉鎖されていた動物園を買い取り家族とともに再建した英国人ジャーナリスト、ベンジャミン・ミーの回顧録をもとに、最愛の妻を亡くした男が動物園を立て直すことで悲しみを乗...
幸せへのキセキ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】家族が再生するお話でしょ?と思ってい
『幸せへのキセキ』 (ラムの大通り)
(原題:We Bought a Zoo) ※注:この映画の「キー」についても喋っています。 少し、見どころのネタバレになっていますので、 鑑賞ご予定の方は、それから読まれた方がいいかもしれません。 ----最近、この“幸せ”をタイトルに持ってくる映画って多いよね。 「うん...
『幸せへのキセキ』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'12.05.22 『幸せへのキセキ』試写会@一ツ橋ホール yaplogで当選。いつもありがとうございます! 予告見てすごく気になってた。楽しみに行ってきたー♪ *ネタバレありです! 「半年前に妻を亡くしてから、何もかも上手く行かないベンジャミン一家。心機一転新居探し。...
幸せへのキセキ/We Bought a Zoo (LOVE Cinemas 調布)
愛する妻を亡くした主人公と2人の子供たちが、その想いの篭った街を離れ郊外に閉鎖した動物園付きの家を買い、動物園の再興を通じて家族が心の傷から立ち直る姿を描いたヒューマンドラマだ。監督は『あの頃ペニー・レインと』のキャメロン・クロウ。主演はマット・デイ...
「幸せへのキセキ」zooっと (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
クマ牧場でも管理が大変なのに、とりあえず動物園をGETできて幸せも取り戻した家族は、このまま幸せを維持できるのかな・・・・・・?
『幸せへのキセキ』 (2012) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: WE BOUGHT A ZOO 監督: キャメロン・クロウ 出演: マット・デイモン 、スカーレット・ヨハンソン 、トーマス・ヘイデン・チャーチ 、エル・ファニング 試写会場: よみうりホール 公式サイトはこちら。 [2012年6月8日公開]   予告などでもハートウ...
幸せへのキセキ (風に吹かれて)
動物園を買うという冒険をしました公式サイト http://www.foxmovies.jp/sk実話の映画化原作: 幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語 (ベンジャミン・ミー著/興陽館)監督: キ
映画「幸せへのキセキ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「幸せへのキセキ」観に行ってきました。イギリスの新聞コラムニストであるベンジャミン・ミーの回顧録を元に製作された、マット・デイモン主演の人間ドラマ作品。回顧録という...
★幸せへのキセキ(2011)★ (Cinema Collection 2)
WE BOUGHT A ZOO 最愛の人の死から立ち直ろうとする家族の<軌跡>を描く、 実話から生まれた<奇跡>の物語。 上映時間 124分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2012/06/08 ジャンル ドラマ 映倫 G 【解説】 英国の人気コラムニスト、....
動物園を買ったなら〜『幸せへのキセキ』 (真紅のthinkingdays)
 WE BOUGHT A ZOO  冒険ライターのベンジャミン(マット・デイモン)は、半年前に最愛の妻を亡 くし、意気消沈していた。反抗期の息子と幼い娘を抱えた彼は、環境を変え るべく引っ越しを考...
幸せへのキセキ (ハリウッド映画 LOVE)
原題:We Bought a Zoo監督:キャメロン・クロウ出演:マット・ディモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット、エル・ファニングあいかわらずセンスない邦題だけど・・・キャメロン・クロウ監督のセンスはいい!
実話なんだけど「幸せへのキセキ」 (茅kaya日記)
 実話!!!!!この重みは、あり得なさそうな話も、うんうんとうなづく魔力がある。 実際は、家探しをしていて、偶然に見つけたなんて訳ではないらしい。
『幸せへのキセキ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「幸せへのキセキ」 □監督・脚本 キャメロン・クロウ □脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ□原作 ベンジャミン・ミー「幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語」(興陽館刊)□キャスト マット・デイモン、スカーレット・ヨハ...
幸せへのキセキ (だらだら無気力ブログ!)
末娘のしぐさの一つ一つが可愛らしい。
幸せへのキセキ (こんな映画見ました〜)
『幸せへのキセキ』---WE BOUGHT A ZOO---2011年(アメリカ)監督:キャメロン・クロウ 出演:マット・デイモン 、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット 、エル・ファニング 、ジョン・マイケル・ヒギンズ 、コリ....
幸せへのキセキ (映画的・絵画的・音楽的)
 『幸せへのキセキ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編から、久しぶりでスカーレット・ヨハンソンに会えるとわかり、それならばと映画館に出かけたところ、加えてエル・ファニングまでも登場したのには驚きました(注1)。  物語は、半年前に病気で妻を亡くし...
優しい音楽と陽だまり 『幸せへのキセキ』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:キャメロン・クロウ出演:マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソンアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 6点
映画「幸せへのキセキ」 一度見ただけでは気づきにくい七つのあれこれ。 (boovie blog)
(完全ネタバレ) この映画が好きで好きで、くり返し観ている。 で、いろいろと気づいた点を7つほど記してみたい。 1.本人が出演 動物園がいよいよ開園するというシーン。 入場者の一番前の列にいるのが本物のベンジャミンさん一家。 画面の右のほう。グレーのTシ....
「幸せへのキセキ」感想 (流浪の狂人ブログ 〜旅路より〜)
 2008年に発表されたベンジャミン・ミーによる回顧録を、「あの頃ペニー・レインと」のキャメロン・クロウ監督、「ボーン・シリーズ」のマット・デイモン主演で映画化。  妻を病気で失ったショックから立ち直れずにいる男が、家族と自分自身の再生のために、仕事...
『幸せへのキセキ』 (Cinema+Sweets=∞)
全米での公開時から気になっていた1本だったので、1週間以上前に映画館で鑑賞してきました。 ここのところ、映画のレビューを書くのが非常に遅い自分。。。 鑑賞直後とかに書いた方がいいのはわかってるん...
幸せへのキセキ (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
幸せへのキセキ '12:米 ◆原題:WE BOUGHT A ZOO ◆監督:キャメロン・クロウ「エリザベスタウン」「あの頃ペニー・レインと」「ザ・エージェント」「セイ・エニシング」 ◆出演:マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリッ...
映画『幸せへのキセキ』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-54.幸せへのキセキ■原題:We Bought A Zoo■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:124分■字幕:石田泰子■観賞日:7月8日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督・脚本・製作:キャメロン・クロウ□脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ□原作:ベンジ...
幸せへのキセキ (いやいやえん)
素敵な作品でした。妻を亡くしたベンジャミン・ミーが新しい人生を始めようと郊外に家を買ったら、閉鎖中の動物園がついてきた!という一見ユーモアミングなお話。そして家族とともに動物園を再建する中で、家族との絆を取り戻すという話ですが、驚いたことに何と実話...
幸せへのキセキ (We Bought a Zoo) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 キャメロン・クロウ 主演 マット・デイモン 2011年 アメリカ映画 124分 ドラマ 採点★★★ わざわざ動物園まで足を運んで見るスター動物たちも可愛いんですけど、ふと道端で出会う動物たちも滅法可愛いですよねぇ。外で出会う猫なんて、ホント可愛い。懐っこ...