映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ソウル・サーファー

2012年06月11日 22時18分39秒 | 映画 さ行
評価:★★★★【4点】


こちらも家族愛に満ちた良作でした。

動物園を買った家族と周りの人々の繋がりを
丁寧に描いた物語りもよかったけど
プロを目指し、日々邁進し続ける少女に
突然起こったアクシデント。
ここからどう人生と向き合うのかを実話をもとに描く
感動物語ココに見参!(おいおい)



【あらすじ】
カウアイ島で両親と2人の兄、
そして幼なじみの親友アラナに囲まれ、
幸せな日々を送る13歳の少女、ベサニー・ハミルトン。
プロサーファーを夢見て練習に明け暮れる勝ち気な少女は、
出場した地方大会でも活躍し、将来を嘱望される存在に。
そんな矢先、彼女はサメに襲われ、
一命は取り留めたものの左腕を失う悲劇に見舞われる。
それでも、ショックと不安を乗り越え、
すぐにサーフィンを再開したベサニー。
しかし、かつてのように思い通りに波に乗ることが出来ず、
大会でも結果を出せずに終わってしまう。
絶望し、ついには夢を追うことも出来なくなる。
そんなベサニーを、家族や親友は温かく見守り、優しく支えていく。
<allcinema>



ほんわか心地よい映画に悪人は出てこないと
先日のレビューで書いた記憶がありますが
それは、この映画でも当てはまりました(笑)

今回、生まれ育った環境からサーフィンが
生活の一部となっていたべサニー。
両親のDNAを受け継いでサーフィンの腕は
13歳という年齢の割にかなり高度です。

そんなある日、彼女に突然アクシデントが襲います。

本作、意外にもココまでを可也引っ張るので
ともすれば、そんなアクシデントが
後に迫ってくることを忘れそうになります。
しかし、この映画は、サーフボードから海面に入っている手足を
サカナ目線で映す映像にはドキッ!とします。
『ジョーズ』、あるいは『ピラニア3D』のような
恐怖を忘れないようにする演出は秀逸でした。

サメに襲われるシーンはまさに『ジョーズ』か
あるいは『ピラニア3D』ってところでしょうか。

さて、今回、一命は取り留めたものの
片腕となってしまったことに対しヒロインは
今後、どうなってしまうのかが今回のテーマでした。

凄いです!ただ凄いです!
そんな姿になっても、決して臆することもなく
前向きに考え、実行する姿に感動します。

本作、エンドロール中にモデルとなった本人が
家族の写したビデオ映像で出てきますが
これがまた本編で流れた映像のまんまというから凄い。
もしかしたら、本編後もこの映像見て
改めて感動するかもしれません。


(今週のツッコミ)←今日から使わせてもらいました。
・最後の地区大会で最大のライバルとの死闘は素晴らしかった。
 父から教えられた野生の嗅覚ってやつですかね。
 そしてライバルの下をすり抜けたあれは
 ドルフィンスルーって技なのか。

・父のひと言「サメはおまえを生かしてくれたんだ」
 これは“深い”と思ったな。

・義手の提案も使えなければ簡単に没にするべサニーって
 彼女こそ真のアスリートそのものって感じがした。

・記者のインタビューで「出来るなら両腕のある過去に戻りたいか?」
 対してべサニーは「片腕の方がみんなに勇気を与えられる」
 う〜ん、これは、、、彼女の人間性に賛辞を贈りたい!

・これがもし『ピラニア3D』だったら、親友のアンナは
 まっさきに餌食になってたキャラですね(こら)

・ご本人登場のシーン、大きな声では言えませんが
 チョットばかりハーレイ・ジョエル・オスメント君入ってないか。

・今やCGで簡単に消せる腕ですが、こんなに違和感なく見えるのは
 やっぱり映像の最新技術ってすごいわ。
------------------------------------------------------
監督:ショーン・マクナマラ
脚本:ショーン・マクナマラ/デボラ・シュワルツ/ダグラス・シュワルツ/マイケル・バーク
撮影:ジョン・R・レオネッティ
音楽:マルコ・ベルトラミ

出演:アナソフィア・ロブ/ヘレン・ハント/デニス・クエイド/ロレイン・ニコルソン


『ソウル・サーファー』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幸せへのキセキ | トップ | スノーホワイト »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
実物映像 (オリーブリー)
2012-06-16 12:15:55
「君への誓い」とは大違いの印象をもちました(爆)

わたし、伝道師の女性の言葉に、幾度か「ハッ」とさせられました。
幸せに生きるためのヒントが色々とあるような作品でした。
またこれが、ほら、スゴイだろう!と思わせない演出や脚本が良かったです。

「ジョーズ」で思い出すのは、、、
中学生で、あの頃の田舎の映画館って、立ち見もでも詰め込んだから、友人3人と通路の階段に新聞紙ひいて観ました(爆)
前方だったので、本当にサメに飲み込まれるかと…ある意味、3D(こら!爆)
凄い。。。 (kira)
2012-06-16 19:10:35
コレは、事故当時わずか13歳の少女の身の上に起こった出来事で、
ご本人にも感動されられましたが、
押し付けない家族の優しさと距離感が素晴しいと思いました

今週のツッコミ、いちいち同感♪
で、
私もオスメントくん入ってるに一票(笑)
だからなんか幼く見えました〜
オリーブリーさんへ (ituka)
2012-06-16 20:53:31
こんばんは。

やっぱり主人公がアスリートってことでカッコよく見えますよね。
これがあの記憶を亡くしたレイチェルだったら
片腕亡くしたことに終始し
記憶障害のことなんて二の次になっていたかも(っておい!)^^

>わたし、伝道師の女性の言葉に、幾度か「ハッ」とさせられました。

こういう映画って、そのときの状況に合わせた深い台詞が必ず出てきますね。
あの伝道師、べサニーにとって一生の恩師に、そしてワタシにとっても、これは仕事のアイディアに活かせそうです(笑)

>友人3人と通路の階段に新聞紙ひいて観ました(爆)

あのころは立ち見、途中入場となんでもありましたよね(爆)
セーラー服を着て行かないとNGって学校多かったですよね。
も、もちろん、男は学ランね(爆)
kiraさんへ (ituka)
2012-06-16 21:04:26
こんばんは。

べサニー演じたアナソフィアちゃんが13歳の割にボリュームあってよかったです。
実際のべサニーってかなり身長高そうですね。
これぞ本物のアスリートって感じで人間的にこんなに出来た13歳は見たことなかったです。

>押し付けない家族の優しさと距離感が素晴しいと思いました

星飛雄馬くんの家族とは真逆でしたよね(苦笑)
でも、最近のCMで父も温厚になったのでしょうか^^;

>私もオスメントくん入ってるに一票(笑)

でしょう!(笑)
(今週のツッコミ)この記事から使うことにしました〜。
名付け親のkiraさんよろしくね(笑)
☆デニクエのドラテク☆ (TiM3)
2012-06-19 06:42:00
瞬間風速的に、ライアン・ゴズリングに迫るものがありましたね(=^_^=)

特にあの父親が、殆ど「頭ごなしの否定」をしなかった事に感心も感動もさせられました。

ハワイにも、色んな父親(クルーニーとか)がいるのですね(=^_^=)
TiM3さんへ (ituka)
2012-06-19 20:01:24
こんばんは。

溺愛する娘のために出た火事場の馬鹿力ってやつですかね^^
母親もビックリしてましたもんね(笑)
自分で「俺って凄いかも」とか思ってるんじゃないでしょうかね〜^^;

あれがマット(クルーニー)とシドだったら
間違いなく家を破壊していたことでしょう。

>特にあの父親が、殆ど「頭ごなしの否定」をしなかった事に感心も感動もさせられました。

これは、それまでの深い絆がそうさせたんだと思います。
普通、余程の信頼関係でないと心配から小言のひとつは言いそうです(苦笑)

>ハワイにも、色んな父親(クルーニーとか)がいるのですね(=^_^=)

今後、映画のネタになっていけば面白そうですね。
こうしてみるとハワイは狭いようで広いのかな〜と感じます^^

文科省選定など不要 (笛吹働爺)
2012-06-20 14:04:08
子どもにも大人にも見てほしい映画です。
本日オフなので2本見ようと思ってたが本作で満腹です。☆4.5。
残りの人生何年あるかわからないが、もっと能動的に生きなくては と叱咤されたよ。
アナソフィアは要チェック女優に加えました。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2012-06-20 20:42:49
こんばんは。

やっぱりですか!
文科省選定映画になってましたね^^
お〜!かなりの高評価ですね。
これは普段、映画を観ない方も観てほしいです^^
エンドロールの実写で映画以上に感動したのは本作が初めてでした(笑)
片腕の方が同じような境遇の人に勇気を与えるからこのままでいいなんて
ほんとうに人間的に出来た女性だと思いました。
アナソフィアちゃん、目が魅力ですね^^
2回目 (笛吹働爺)
2012-06-24 00:23:29
女房(目下仕事に悩み中)に見せたくて本日2回目。
サーフィンシーンをマジ見したら、肝心のところはすべて本人とプロサーファーたちの吹き替えのようです。
それにしてもあんなすごい波はハワイならではなんでしょうね。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2012-06-24 17:37:50
こんにちは。

お〜!再鑑賞ですか。
奥様の悩みが本作見て解決するといいですね^^
波乗りシーンはやっぱりご本人のスタントでしたか。
パッと見が似てるんで1回じゃ見分けられないですね(笑)
ワタシも一度はサーフィンしたかったな(ほんとかよ)^^;
印象深い言葉。 (BC)
2012-06-26 22:55:59
itukaさん、こんばんは。

ホント、根っからの悪人は一人も登場しなかったですよね〜。

(今週のツッコミ)の下から2番目同感です。^^
上から2番目と4番目は印象深い言葉ですよね。
どんな辛い事でも考え方次第で前向きに歩んでいけるものだと
観ていて教えてもらったような気もしましたよ。
BCさんへ (ituka)
2012-06-27 00:26:00
こんばんは。

そうなんですね!
ただ、嫌われ者っぽいキャラのライバルも最後はアスリートらしく健闘を讃えあってましたもんね。
BCさんもハーベイ似に同感してくれて安心しましたよ(笑)

この映画を見て、今後の人生に対し勇気をもらえました。

>どんな辛い事でも考え方次第で前向きに歩んでいけるものだと

そうなんですよね!
これを証明してくれたべサニーちゃんはほんとうに凄いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ソウル・サーファー』 2012年5月29日 スペースFS汐留 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ソウル・サーファー』 を試写会で鑑賞しました。 前半はドキドキの展開で、後半は感動で涙 お勧めの映画です 【ストーリー】  透き通るような美しいハワイの海を愛し、幼少時代からプロのサーファーになることを目指してきたベサニー(アナソフィア・ロブ)は、13歳...
ソウル・サーファー/アナソフィア・ロブ (カノンな日々)
この映画の題材となっているサメに襲われ片腕を失ったサーファーの少女・ベサニー・ハミルトンのニュースはテレビでも見て覚えていました。その後彼女が再起もしたというエピソー ...
ソウル・サーファー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Soul Surfer。ベサニー・ハミルトン原作、ショーン・マクナマラ監督。アナソフィア・ロブ、デニス・クエイド、ヘレン・ハント、ロレイン・ニコルソン、キャリー・ ...
ソウル・サーファー   SOUL SURFER (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
ベサニー・ハミルトンというプロサーファーの実話をもとに、13歳のときにサメに片腕を失った少女が再びサーフィンに取り組みプロへの道を歩むまでを描いている。ハワイでロケをしたサーフィンのシーンの迫力が本物なので、映画館での鑑賞をお勧めする。本人もスタントとし...
ソウル・サーファー (新・映画鑑賞★日記・・・)
【SOUL SURFER】 2012/06/09公開 アメリカ 106分監督:ショーン・マクナマラ出演:アナソフィア・ロブ、ヘレン・ハント、デニス・クエイド、ロレイン・ニコルソン、キャリー・アンダーウッド サメに片腕を奪われた13歳の天才サーファー、ベサニー。勇気と感動の実話を....
ソウル・サーファー/Soul Surfer/未来を見据えたべサニーの強い瞳 (LOVE Cinemas 調布)
サメに襲われ左腕を失った天才少女サーファー、ベサニー・ハミルトンを描いた感動の物語。突然の悲劇に絶望した少女が家族や友人の支えを得て再び立ち上がる。主演は『ウィッチマウンテン 地図から消された山』のアナソフィア・ロブ。共演に『いとしい人』のヘレン・ハン...
ソウル・サーファー/SOUL SURFER (いい加減社長の映画日記)
「ホタルノヒカリ」と迷ったんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 13歳のベサニー・ハミルトンは、ハワイのカウアイ島で両親と二人の兄と海辺の家で仲良く暮らしていた。 サーファーの両親のもとに生まれたベサニーの夢は、もちろんプロサーファー。...
劇場鑑賞「ソウル・サーファー」 (日々“是”精進! ver.F)
神様は、乗り越えられる試練しか与えない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206090001/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を...
『ソウル・サーファー』 (こねたみっくす)
ベサニー・ハミルトン。恵まれた環境、生まれついた天才サーファー、そして誰よりもサーフィンを愛する少女。 片腕をサメに食いちぎられるもプロサーファーとして活躍している実 ...
ソウル・サーファー ジャパン プレミア (試写会) (風に吹かれて)
勇気をもらえます公式サイト http://disney-studio.jp/movies/soulsurfer6月9日公開実話の映画化原作: ソウル・サーファー サメに片腕を奪われた13歳 (べサニー
ソウル・サーファー/Soul Surfer (LOVE Cinemas 調布)
サメに襲われ左腕を失った天才少女サーファー、ベサニー・ハミルトンを描いた感動の物語。突然の悲劇に絶望した少女が家族や友人の支えを得て再び立ち上がる。主演は『ウィッチマウンテン 地図から消された山』のアナソフィア・ロブ。共演に『いとしい人』のヘレン・ハン...
『ソウル・サーファー』・・・腕を失った価値 (SOARのパストラーレ♪)
練習中サメに襲われ片腕を失った少女サーファーの、勇気と希望の物語。現在プロサーファーとして活躍中の、ベサニー・ハミルトンの自伝に基づくトゥルー・ストーリーに序盤から引き込まれた。
『ソウル・サーファー』のソウルに感涙 (Healing )
ソウル・サーファー ★★★★4.5 13歳でサーフィンの練習中にサメに襲われ、 肩から下の左腕を失ったプロサーファー、ベサニー・ハミルトンの 実体験を映画化。 私、よく知らなかったのですが、 うちの子も夫も「世界まる見え!テレビ特捜部」(日本テレビ系、2010年3月22...
ソウル・サーファー  (心のままに映画の風景)
プロサーファーを夢見て練習に明け暮れる13歳のベサニー・ハミルトン(アナソフィア・ロブ)は、カウアイ島で両親と2人の兄と幸せな日々を送っていた。 そんな矢先、サーフィン中にサメに襲われ、一命は取...
ソウル・サーファー 全身の水分がすべてお目々から出てしまうかと思ってしまった! (労組書記長社労士のブログ)
【=25 -1-】 Bethany Hamiltonは今年のASP(The Association of Surfing Professionals)のWQC(World Qualifying Series)では31位、ちなみに親友のAlana Blanchardは15位、このWQCで1年間戦った結果上位にランキングされると、プロサーファーの最高峰であるWomen’s W...
ソウル・サーファー (to Heart)
原題 SOUL SURFER 製作年度 2011年 原作 ベサニー・ハミルトン/シェリル・バーク/リック・バンシュー   『ソウル・サーファー サメに片腕を奪われた13歳』(ヴィレッジブックス刊) 上映時間 106分 監督 ショーン・マクナマラ 音楽 マルコ・ベルトラミ 出演 アナソフ...
「ソウル・サーファー」感想 (流浪の狂人ブログ 〜旅路より〜)
 13歳で鮫に襲われ、左腕を失うも、不屈の精神でプロを目指したサーファー・ベサニー・ハミルトンの自伝を、「チャーリーとチョコレート工場」「ウィッチマウンテン/地図から消された山」のアナソフィア・ロブ主演で映画化。
映画「ソウル・サーファー」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『ソウル・サーファー』(公式)を昨日劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー ハワイ在住のベサニー(アナソフィア・ロブ)...
『ソウル・サーファー』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ソウル・サーファー」□監督・脚本 ショーン・マクナマラ □脚本 デボラ・シュワルツ□原作 ベサニー・ハミルトン、シェリル・バーク、リック・バンシュー□キャスト アナソフィア・ロブ、デニス・クエイド、ヘレン・ハント、ロレイ...
「ソウル・サーファー」 (或る日の出来事)
直球どまんなか! ストレートに伝わってくる。 試練。あきらめない心。笑顔。家族。心を揺さぶる快作!
ソウル・サーファー (食はすべての源なり。)
ソウル・サーファー ★★★★★(★満点!) サメに片腕を奪われた13歳の天才サーファー、べサニー。勇気と感動の実話を完全 映画化。 お涙ちょうだいの暗い映画かと思ったら、本当に前向きになれる元気ムービーでした ファーフィンのシーンが多いかな。 予告に一切...
〜『ソウル・サーファー』〜 ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2011年:アメリカ映画、ショーン・マクナマラ監督、ベサニー・ハミルトン&シェリル・バーク&リック・バンシュー原作、アナソフィア・ロブ、デニス・クエイド、ヘレン・ハント、ロレイン・ニコルソン、キャリー・アンダーウッド出演。
ソウル・サーファー (いやいやえん)
アナソフィア・ロブちゃん主演。デニス・クエイド、ヘレン・ハントさんらが両親役。 何があっても、前向きに、そして、あきらめない。実話に基づいた素晴らしい作品でした。 ベサニーは13歳でサーフィン練習中に片腕をサメに奪われる。 彼女の諦めない心は周囲の人...