映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

LIFE!

2014年03月21日 21時19分06秒 | 映画 英数行
評価:★★★★【4点】(AF)


最初はどうかと思ったヒロインが徐々にチャーミングに見えてきた。
何度も流される予告編で、そのご尊顔は拝見済み。
見るたびに、どうにも華がなく、これで大丈夫か?でしたが
映画も終わる頃には彼女に惹かれて行ってしまいました(笑)



ニューヨークの伝統ある雑誌『LIFE』で写真管理部という
地味な仕事に就いている平凡な男ウォルター。
単調な日常を送る彼の唯一の趣味は空想すること。
現実世界では秘かに想いを寄せる同僚のシェリルに
話しかけることさえままならない彼だが、
空想の世界ではどんな危険にも怯まない勇敢なヒーローとなって
大活躍するのだった。そんな中、
『LIFE』の最終号を飾るはずだった写真のネガが
行方不明になっていることが判明する。
追い詰められたウォルターは、ネガのありかを直接聞き出すため、
世界中を冒険している写真家ショーンを追って
自らも冒険の旅に出るのだったが…。
<allcinema>



『虹を掴む男』(1947)をベン・スティラー監督によってリメイク。

へタレ男子の典型のようなウォルター。
世界のウォルターさんには申し訳ないが、その名前からくるイメージは
真面目で几帳面、そして内向的でリーダーシップがとれない印象を受ける。
他にも、デクスターやポールなども同類で外国のペットに
比較的よく付けられていると勝手に思ってます(ごめんなさい)

そんなことは大して重要でなく物語りは主人公に自信をつけるべく道を
知らしめて意を決したときに如何に行動を起こすか。
この世の誰もが少なからず彼に同調するんではないだろうか。

グリーンランド、アイスランドのロケも壮大且つ美しく
前向きに行動を起こした主人公のなんともいえない爽快感が
とてもよく伝わって、まるでMTVでも観ているようだった(笑)

消えた25番のネガを巡り、若干の遠回りはしたけれど
その道のりはしっかり第三者に記憶され
最後に面識持つ演出はなかなか粋な計らいだったと思う。



【今週のツッコミ】
・序盤、いきなりヒロインがウォルターに挨拶したところ
 やー!と言い返したら、後ろの他人にだったシーン。
 あれって、結構みんないちどは経験してるんでは(笑)

・ウォルターの空想はすべて自分がヒーローになって
 好きな彼女が自分にメロメロになるものばかり。
 これって小学生のノリじゃないかね^^;

・こういう空想って今の自分の裏返しってことなので
 ある意味、自分をいちばん理解しているウォルターなんでしょう。

・酔っ払いのパイロットがマカヴォイくんに見えてしまい
 少しばかりカッコいいぞ!と思ってしまった^^;

・当初懸念していた現実と空想の境が思った以上に
 ハッキリ分かれていたことで無意味な難解さがなくグッド!

・陪審員召喚状無視による罰金7500ドルってそんなに高いの!?^^;

・捨てた財布にガッカリしたら、どこの国の母親もすることは同じだな〜^^
 

・冒頭、電車ホームからアパートの窓めがけ主人公が飛び込む映像に
 力学的法則を打ち砕くべき、新たな運動理論をみた気がした(爆)
 ウォルターの飛び出しから部屋への飛び込みを真横カメラで検証すれば
 おそらく、かなりS字カーブとなっていたであろう^^;

・新たにやってきた人事再編マンと窓から落下するスタントがいい!
 直後のあり得ないアクションにマーベルコミックのヒーローを見た。

・なんでベンジャミン・バトン?
 あの映画は若返っていくはずなのに、こっちは両方老人なんですけど
 にしても、お爺ちゃんが余りにも小さすぎないか(爆)
 単にサイズが小さくなっていくだけだったりして^^;

・世の男、意外と空想しますが、さすがに映画ほど時間は割かないね(笑)

・ラストの熟年カップル誕生に劇場スタンディングオベーション!って
 これはワタシの妄想の方だった(爆)
-------------------------------------------------------------------
監督:ベン・スティラー
脚本:スティーヴ・コンラッド
音楽:セオドア・シャピロ



出演:ベン・スティラー/クリステン・ウィグ/アダム・スコット/キャスリン・ハーン/
    シャーリー・マクレーン/ショーン・ペン/パットン・オズワルト


『LIFE!』

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロボコップ | トップ | ワン チャンス »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えふ)
2014-03-23 15:37:44
ずいぶんと遠回りしたけど、、、
おかげで人間として大きく成長した、
そんな感じでした。

あの表紙は、とても感動した!
えふさんへ (ituka)
2014-03-23 18:19:20
こんばんは。
すべてはショーンのお茶目な行動でウォルターが振り回されましたね(笑)
でもいろんな国、人々との触れ合いで人生最高の旅ができましたね。
普通の人の一生分の価値があると思います。

あのSNSのオペレーターと面識持てるところまでは想像してなかったです(笑)
はあ、、、? (オリーブリー)
2014-03-23 23:56:22
>酔っ払いのパイロットがマカヴォイくんに見えてしまい

どこをどう見たら、あれがマカちゃんに見えるんですかぁー?(苦笑)

あの海に飛び込んだシーンでは、色んな映画が一気に浮かびましたよ。
海底から映すのは、ボーンや007、最近では、ライフ・オブ・パイ、まさか次ぎはジョーズだったりしてと思った途端、イルカだサメだのと、ベッタベタな狙い通りでした(爆)
看板で野郎の「タイタニック」がなくて良かったです^^

ところで、来月からどこの映画館も値上げですかー?
イオンは、レディースデーも夫婦50割も廃止、ファーストと月曜日が1100円、GG(55歳以上)はいつでも1100円になるそうです(苦笑)
8月末までは、会員継続なので現行のままなんですけどね〜。
オリーブリーさんへ (itukia)
2014-03-24 19:59:44
こんばんは。
いや、似てますって!(爆)
『ウォンテッド』の冒頭でベッドで朦朧としているマカヴォイくんにそっくりだわ〜って、ひとりネタにしてましたよ(笑)

海へのダイブは、ほんといろんな映画を思い出させてくれました。
あそこは荷物全部捨てて海の揺らぎに身を任せてほしかったです。
そうしたら、また使ってるよと笑えたのに(笑)

>看板で野郎の「タイタニック」がなくて良かったです^^

さすがにそれは勘弁してもらいたいです(爆)

>ところで、来月からどこの映画館も値上げですかー?

レディースの廃止はちょっとあり得ない展開になってますね。
こちらのイオンも同じですが4月からはパスポート切れるからもう行きません(笑)
地元TOHOは基本料金以外はのきなみ100円アップ。
ただし、レディースも50割もそのまま残るようです(笑)

そちらは、9月からチョット辛いですね^^;
いや、 (オリーブリー)
2014-03-24 21:46:33
似てませんって!!
看板→甲板ですね(苦笑)

レディースに限定せず、月曜(誰でも)1100円、55歳以上は、毎日1100円。
うん。土日も1100円で見れるから、思ったほど悪くなかったです(爆)
って、結局、100円値上げで、どこも同じってことなんですね。
9月からは、200円出してポイントカードを買うのが嫌だな@@
オリーブリーさんへ (ituka)
2014-03-25 06:36:36
そうか〜、マカファンにとって、この意見は譲れないモノがあるんですね(爆)

甲板だと思って読んでました^^

ハッピー55割って夫婦でなくてもいいんですね!
これは魅力だな〜(笑)
こうなってくると、スターキャットの新サービスがどうなるのかすごく興味深いです(笑)

200円のポイントカード高いよね〜^^;
酔いどれパイロット (ami)
2014-04-09 21:20:11
さすがにマカヴォイくんには見えませんでしたが
私もちょっとカッコいいな、と思いました(見た目が、じゃなく・笑)

映像や音楽の使い方も好みで、
「ベン・スティラーなかなかやるじゃん!」と思いました。
(何その上から目線)
amiさんへ (ituka)
2014-04-09 23:57:09
こんばんは。
ワタシは何度も見せられた予告編の時点から、こいつ太ったマカヴォイくんだな!でしたよ(笑)
こんなことまた言ってるとファンの方に怒られそう(爆)
ね!カッコよかったですよね!よかった、安心しました^^

>映像や音楽の使い方も好みで、

そうそう、意外とレベル高くてセンスいいですよね。
いつも小粒なコメディ映画しかやってないのに、なかなかのモノでしたね。
上から目線になりたくなるくらい褒めたかったってことですよね!(なに便乗してるんだよ)^^;
かっこいい! (mariyon)
2014-04-10 18:16:47
コメディか、妄想映画かと思って敬遠してたんですが、
すごくよかったです。

あんなふうに生活を飛び出せるわけはないけど、
まるっきりの妄想って話でもなく
自分を見つけに行く姿が、ほんとうにかっこよかった。

紙がなくなる世の中への危惧も感じました。
(減少はしても、なくなることはないと思いますが)
mariyonさんへ (ituka)
2014-04-10 22:41:37
こんばんは。
ワタシも妄想コメディで終始するんなら嫌だな〜でしたが
あの写真の手招きに小さくうなずくベンの決心に心動かされました(ほんとかよ)

そうそう!意外にも実際に行動してる方が多かったですよね。
スケボー、噴火、雪山登山みんな妄想系と思ってましたから(爆)

これって、ベン・スティラーのキャリアの中で最高傑作かもしれませんね。

紙がなくなるとウォシュレットの無い家庭はどうすればいいのでしょう(な〜んてね)^^;
☆ユキヒョウ☆ (TiM3)
2014-07-16 01:24:34
後半、ユキヒョウを眺めるシーンがあり、そこから麓に降りて(地元住民と?)サッカー(?)をする感じの展開になってたかと記憶してるんですが・・妙にその両地点間の距離の近い気がしましたっけ・・

また、空港の(取調べ)シーンはやや冗長な気がしました。
TiM3さんへ (ituka)
2014-07-16 23:49:52
ペンおじさんを追っかけてやっと捕まえたあのシーンですね。
地元民とのサッカー仲間に入ってましたね(笑)
確かに望遠レンズ越しに見てるユキヒョウのいる場所もそうですが
妙に近いとは思いました。そこチョット違和感ありました(笑)

>また、空港の(取調べ)シーンはやや冗長な気がしました。

うう、どんなシーンだったか、これも記憶が、、、(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ベン・スティラー監督・主演、クリステン・ウィグ、ショーン・ペン『LIFE!(The Secret Life of Walter Mitty)』"THAT IS THE PURPOSE... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ジェームズ・サーバー『虹を掴む男』をベン・スティラーが監督・主演で映画化した『LIFE!(The Secret Life of Walter Mitty)』物語・雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォ
LIFE!〜ひとりインセプション 5の3乗 (佐藤秀の徒然幻視録)
デジタル化と夢想する時間の問題 公式サイト。原題:The Secret Life of Walter Mitty。ジェームズ・サーバー原作、ベン・スティラー監督・主演。クリステン・ウィグ、ショーン・ペン、シャ ...
『LIFE!』 2014年2月17日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『LIFE!』 を試写会で鑑賞しました。 上映後に拍手があったが、そこまでの映画だったかな まさか仕込みじゃないよね 【ストーリー】  雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技...
LIFE! (あーうぃ だにぇっと)
LIFE!@よみうりホール
LIFE!/THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY (我想一個人映画美的女人blog)
「人生はチョコレートの箱の中のよう。あけてみるまではわからない」 って名作「フォレスト・ガンプ」の一節だけど。 まさにそんな、人生の冒険の旅に出よう!と訴えてくる作品 待ってました 「トロピック・サンダー」から5年ぶりとなるベン(スティラー)監...
LIFE! (とりあえず、コメントです)
地味で真面目で堅実な生き方をしていた主人公が思いがけない旅に出る物語を描いた映画です。 ベン・スティラーが走り出す予告編を観て、面白そうだなあと気になっていました。 現代なのにファンタジーのような感覚になるような、ワクワクと楽しくなる物語が繰り広げられて...
LIFE! (はるみのひとり言)
一足早く試写会で観ました。雑誌「LIFE」誌の写真管理部に勤務しているウォルターさん。変わりばえのしない平凡な毎日の繰り返し。想いをよせる同僚のシェリルと接触しようとデートサイトに登録するも上手く行かず。そんなウォルターさんは、自分がスーパーマンになったか...
『LIFE!』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'14.02.17 『LIFE!』(試写会)@よみうりホール 気になって試写会いくつか応募。 海外ドラマNAVIさんで当選! 『ホビット 竜に奪われた王国』に続いての当選。ありがとうございました! ということで、よろこんで行って来たー ネタバレありです! 「LIFE誌の写真管理部...
LIFE! (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 妄想だらけだった主人公が、ネガを無くし
『LIFE!』 (時間の無駄と言わないで)
いや〜良い映画だった。 一歩踏み出す勇気だよね。 自分も頑張らねばなぁと思うワケですよ。 今までベン・スティラーをナメてました。 「そこそこ面白いけど劇場に足を運ぶほど ...
試写会「LIFE!」 (日々“是”精進! ver.F)
人生って… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402130002/ 【送料無料選択可!】「LIFE!」オリジナル・サウンドトラック[CD] / サントラ価格:2,520円(税込、送料別) [CD]VARIOUS ヴァリアス/SECRET LIFE OF WA...
LIFE!/ベン・スティラー (カノンな日々)
平凡で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していく姿をベン・スティラーが監督、主演を務めたヒューマン・ドラマです。ここ最近公開された映画の中では劇場予告編 ...
LIFE! (本と映画、ときどき日常)
監督 ベン・スティラー 出演 ベン・スティラー     ショーン・ペン     クリステン・ウィグ 雑誌「LIFE」の最終号の表紙を飾る写真のネガがみつからない。 その為、妄想癖のある写真管理部の主人公がそのネガを送ったカメラマンを探しに旅に出る。 俺....
『LIFE!』 (こねたみっくす)
リアルを楽しむ。それが人生だ! 「人生は美しい」。この使い古されたフレーズを妄想癖のある凡庸な主人公を介して描く試みは面白いものの、どうも妄想過多な前半、世界を旅する ...
映画:LIFE! 原題:The Secret Life of Walter Mitty 「監督・主演」が裏目に出た感じ、と判断。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
オープニングのクレジットで、「監督=ベン・スティラー」ときてまず面食らった… 主演と監督を兼ねた映画は通常、「出来・不出来」がくっきり分かれてしまうから! (ベン・スティラー自分で監督をするのは数回目にしても) さらに、元々困っていた事が。 彼が若い時...
LIFE! (悠雅的生活)
トム少佐。みかんケーキ。Stretch Armstrong。
[映画『LIFE!』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆どうも、予告編の、内宇宙を描いたが如き内容を、初っ端から肯定的に賛歌しているような雰囲気が気持ち悪く、見るのが嫌だったのだが、同じく公開した『ローンサバイバー』や『ワンチャンス』の時間が合わず、こちらを見た。  夢想家の主人公が、働いている「LIFE...
LIFE! (ハリウッド映画 LOVE)
原題:The Secret Life of Walter Mitty監督:ベン・スティラー出演:ベン・スティラー、ジョーン・ペン、クリステン・ウィグ、シャーリー・マクレーン、アダム・スコット
LIFE! / The Secret Life of Walter Mitty (勝手に映画評)
1947年のダニー・ケイ主演の映画『虹を掴む男(The Secret Life of Walter Mitty)』のリメイク(あるいは、はやりのリブート?)作品。 「この映画の主人公は、貴方です」と言うのがこの映画のキャッチコピーですが、洋画の日本国内向けキャッチコピーとしては、珍しく....
LIFE! (心のままに映画の風景)
雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる同僚のシェリル・メルホフ(クリステン・ウィグ)に話しかけることさえままならない臆病者で、唯一の特技は妄想することだった。 ある日、「LIFE」最終号を飾るはずだった写真...
LIFE! (だらだら無気力ブログ!)
ラストと景色は良かった。
LIFE!   The Secret Life of Walter Mitty (映画の話でコーヒーブレイク)
3月19日から公開の本作、久々に試写会に当選し六本木の試写室で見てきました。 ネットや携帯電話の普及に伴い、私たちの生活は驚くほど変わってしまいました。 そんな時代の流れの中で、新しく台頭する産業がある一方、衰退していく産業があって、 なんだかちょっと寂し....
LIFE! (試写会) (風に吹かれて)
ネガを探して大冒険人生の真髄に迫る 公式サイト http://www.foxmovies.jp/life3月19日公開虹を掴む男(1947年)のリメイク 原作: 虹をつかむ男 (ジェイムズ・サーバー著
LIFE! ★★★★ (パピとママ映画のblog)
凡庸で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していくさまを、ベン・スティラー監督・主演で描くヒューマンドラマ。夢を諦め、写真雑誌の写真管理部で働く地味な中年男性が、ひょんなことからニューヨークをたち世界中を巡る旅を繰り広げる様子をファンタジッ...
映画「LIFE!(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『LIFE!(字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 なお、本作は、ジェームズ・サーバーの短編小説『虹をつかむ男』(1939年発表)を原作とする映画『虹を掴む男』(ダニー・...
『LIFE!』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「LIFE!」□監督 ベン・スティラー□脚本 スティーブ・コンラッド□原作 ジェームズ・サーバー□キャスト ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、シャーリー・マクレーン、     アダム・スコット、キャスリン・ハーン、ショ...
『LIFE!』 (My Pace, My Self)
昨日は早速増税の影響を受けてきましたw 『LIFE!』 『ズーランダー』も『トロピック・サンダー』も『ナイト・ミュージアム』も未見だけど、ベン・スティラーだからきっと楽しそう!と気になってた作品 ※以下感想です  ネタバレありですのでご注意くだ...
LIFE! (映画的・絵画的・音楽的)
 『LIFE!』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思い、映画館に行ってきました(注1)。  本作の主人公は、世界的に有名な写真雑誌『Life』(注2)の写真管理部に勤務するウォルター・ミティ(ベン・スティラー)。  冒頭では、婚活サイトのよ....
LIFE!  監督/ベン・スティラー (西京極 紫の館)
【出演】  ベン・スティラー  ショーン・ペン  クリステン・ウィグ  【ストーリー】 雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティは、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技は妄想することだった。ある日、「LIFE」表紙に使用する写真のネガが見...
映画『LIFE!』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-29.LIFE!■原題:The Secret Life Of Walter Mitty■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:114分■料金:1,800円■観賞日:3月22日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・製作:ベン・スティラー◆ベン・スティラー◆クリステン・ウィグ◆...
人生の真髄〜『LIFE!』 (真紅のthinkingdays)
 THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY  NYでLIFE誌の写真管理部に勤務するウォルター・ミティ(ベン・スティラー) は、空想癖のある地味な男。長年、LIFE誌の表紙写真を担当していた放浪 の写真家、ショーン・オコンネル(ショーン・ペン)から送られて...
空想が現実に勝るとき (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「LIFE!」を鑑賞しました。 試写会にて見ました。 廃刊が決まった雑誌「LIFE」の最後の表紙に使用する写真のネガが見当たらないことに気付いた 写真管理部の地味で平凡な人生を送る冴えない男ウォルター・ミティはカメラマンのショーンを捜す旅へ...
LIFE! (銀幕大帝α)
THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY 2013年 アメリカ 114分 ファンタジー/ドラマ/アドベンチャー 劇場公開(2014/03/19) 監督: ベン・スティラー 製作: ベン・スティラー 出演: ベン・スティラー:ウォルター・ミティ クリステン・ウィグ:シェリル・メルホ...
LIFE!/ライフ (いやいやえん)
主演は大好きなベン・スティラーで、それだけでも満足しちゃうんだけど、空想というか妄想というか、私の人生にもこうだったら良かったのになと思うところがたくさんあるので、実は楽しみにしていた本作。
LIFE! (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ベン・スティラー 出演:ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、アダム・スコット、キャスリン・ハーン、シャーリー・マクレーン、ショーン・ペン、パットン・オズワルト 【解説】 凡庸で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していくさまを、ベン....