映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ロボコップ

2014年03月16日 17時14分20秒 | 映画 ら行
評価:★★★★【4点】



アクションとドラマのバランス良いが最後の方だけ
チョイと駆け足状態になってしまったのが惜しい(笑)




2028年。
ロボット技術で世界を支配する巨大企業オムニコープ。
同社のロボットが世界各地で軍事利用される中、
アメリカではその配備が法律で禁じられていた。
それでもアメリカ国内での普及を目指すオムニコープは、
様々な手段を講じてこの法律の廃止を画策する。
そんな中、愛する妻と息子と共に犯罪都市デトロイトに暮らす
勤勉な警官アレックス・マーフィ。
ある日彼は、爆発事故に巻き込まれ、瀕死の重傷を負ってしまう。
ところが、オムニコープのノートン博士による
最先端ロボット技術を駆使した手術が実施され、
アレックスはただ命を救われただけでなく、
最強のサイボーグ警官“ロボコップ”として復活するのだった。
そして、オムニコープはこのロボコップを広告塔として利用すべく、
アレックスを再び現場に復帰させる。
ロボコップとなったアレックスは、
その驚異的な捜査能力で街の治安維持に貢献していくのだが…。
<allcinema>



1987年のオリジナルと比べたいところだが
さすがに27年前のこととなるとほとんど思い出せない^^;

今回、新たにリブートとして製作されたようですが
政治を盛り込んでいて、これがなかなか見ごたえ十分。
こんな感じでドラマがしっかりしてれば
後はロボコップによるアクションに安心して集中できます。

オムニコープのCEOを演じたマイケル・キートンの
存在感が実にすばらしいと思い、主人公の妻の
毅然とした態度も『エンジェル ウォーズ』のスイートピーと
どこか被ると思ってるんですが(笑)

ロボコップを完全にするためのトライ&テストが
家族の身になると複雑な気分にさせる。
これもすべてアビー・コーニッシュの存在感があればこそのものだし
彼女とノートン博士(ゲイリー・オールドマン)がいい味だしてた。

こうして脇の俳優陣がよくVFXも最新技術盛り沢山で
予想以上の出来で満足できました。


【今週のツッコミ】
・これ観て真っ先に『キック・アス』のビッグダディも
 再生できないものかと密かに思うのはワタシだけだろう^^;

・オリジナルのナンシー姐さん役が本作では男に変身してた。

・アメリカ人気報道番組の司会者役のサミュエル爺さんがいい!
 向こうの司会者って時間がくればズバッと切り捨てる潔さに
 出演してた(映像だけだが)上院議員も気分悪いよね(笑)

・こういう毒舌吐かせたら『ジャンゴ』(花咲爺さん)以来
 殺気漂うサミュエルの右に出る俳優はいないと思うよ。

・映画を観る限り、こういうロボコップがいたら
 各都市の犯罪率と処理能力を照らし合わせ何人必要か発注できますね。
 家庭内暴力から政治絡みの大きな事件までって流石だわ~(笑)
----------------------------------------------------
監督:ジョゼ・パヂーリャ
脚本:ジョシュア・ゼトゥマー
音楽:ペドロ・ブロンフマン


出演:ジョエル・キナマン/ゲイリー・オールドマン/マイケル・キートン/
    アビー・コーニッシュ/


『ロボコップ』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アナと雪の女王(吹替え) | トップ | LIFE! »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
主役の人 (オリーブリー)
2014-03-17 12:43:35
「ドラゴンタトゥー」に出ていたみたで、なかなかイケメンさんでしたが、華がない(苦笑)
ま、あの状態ですから、仕方ないか^^
なんか、レオ辺りから感想が正反対ですね(爆)
オリーブリーさんへ (ituka)
2014-03-17 19:50:33
こんばんは。
ドラゴンタトゥーに出てたんですね。
最初、パッと見が先日亡くなったポール・ウォーカーのイメージでしたよ(笑)
確かに華がないから次の映画も早くしないと忘れてしまいそうです^^;

『ウォール・ストリート』だったね~、あそこからほんと!逆の感想になってますね(笑)

昨日、久々に『ゆりかごを揺らす手』を録画鑑賞しましたが
いちばん目立ってカッコよかったのがジュリアン・ムーアでした。
この人ってすごいスタイルよかったんですね(笑)
今頃おじゃまします~ (kira)
2014-03-22 13:23:08
サミュエル、毒吐きまくりで怖かったです~

自分でも意外でしたが、この物忘れ大魔王の私が、オリジナル、結構覚えていたんですねぇ、、
で、
私の好きなエピソード、
好きな(カイカンの)ロボコップの超ド級の必殺技がなくなって、
家族愛で纏めたのとアメリカが世界をリードする色が濃く出過ぎで、
そこが好みじゃなかったのかな~。

あ、オリブリたんの「華がない」に一票(爆)
kiraさんへ (ituka)
2014-03-22 20:37:08
こんばんは。
サミュエルの毒吐き爺さんぶりは『ジャンゴ』での執事花咲爺を彷彿させてましたね(笑)

ほほぉ~、オリジナルから30年近くなるのによほど強烈な印象を受けたのですね^^
ワタシなんて、例の音楽とピーター・ウェラーと相棒の女性ナンシー・アレンが出てたくらいしか思い出せない^^;

>家族愛で纏めたのとアメリカが世界をリードする色が濃く出過ぎで、

おっしゃる通り!今じゃこういうヒーローモノはそれが当たり前みたいに描かれてるので
自分の頭はいつの間にかそのようにインプットされちゃってます。

>あ、オリブリたんの「華がない」に一票(爆)

やっぱり?(爆)
彼に与えられたハリウッド進出のサクセスストーリーになるはずが、とんだ評価になりました(ご愁傷様と十字を切ってあげたい・笑)
☆もう少し、毒気が欲しかった☆ (TiM3)
2014-07-16 01:20:08
もう少し経ったら、細かい内容を忘れてしまいそうです・・(⌒~⌒ι)

『キックアス2』もそうでしたが、バイクアクションが妙に中途半端でしたね。
TiM3さんへ (ituka)
2014-07-16 23:41:53
ワタシはすでにほとんど覚えていません(爆)
こうして自分のブログの記事で、そんなシーンあったんだ、です!

バイクシーン、、、どんなんでしたっけ?
っていうかバイクの形すら忘れてしまいましたよ^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ロボコップ(2014) (佐藤秀の徒然幻視録)
主役はサミュエル・L・ジャクソンのロボキャスター!? 公式サイト。原題:RoboCop。ジョゼ・パヂーリャ監督。ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、アビー ...
『ロボコップ』 2014年3月14日 TOHOシネマズ六本木  (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
本日の2本目は、『ロボコップ』 です。 TOHOシネマズでの最後の1,000円鑑賞ですね(笑) 【ストーリー】  2028年、アメリカのデトロイト。巨大企業オムニコープ社がロボットテクノロジーを牛耳っていた。警官のアレックス(ジョエル・キナマン)は愛する家族と幸せな...
『ロボコップ』 (時間の無駄と言わないで)
リブート。 なんか最近のハリウッドはリブート多い気がするなぁ。 ポール・バーホーベン版は何度も観ました。 そういや最近は全然テレビで放送しないね。 まぁ家族がお茶の間で ...
劇場鑑賞「ロボコップ」 (日々“是”精進! ver.F)
ロボコップ、誕生… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201403140001/ Robocop(ロボコップ)Profile ポスター 【あす楽対応】【あす楽_土曜営業】【あす楽_日曜営業】...価格:1,200円(税5%込、送料別) 【送料無料】...
ロボコップ / RoboCop (勝手に映画評)
1987年の作品『ロボコップ』のリメイク作品。 何故に今『ロボコップ』?という気もしますが、敢えてそこには触れないことにします。さて、今回のリメイクに際して、舞台がデトロイトで、ロボット企業がオムニコープという所はオリジナルを引き継いでいますが、それ以外の...
ロボコップ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】死にかけた刑事がロボットとして再生し、悪
ロボコップ(2014) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ROBOCOP】 2014/03/14公開 アメリカ 117分監督:ジョゼ・パヂーリャ出演:ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、アビー・コーニッシュ、サミュエル・L・ジャクソン 半分人間、半分ロボット最強の警官誕生。 [Story]2028年、アメリカのデ...
ロボコップ (ダイターンクラッシュ!!)
2014年3月13日(木) 16:50~ 109シネマズ川崎4 料金:1300円(川崎の金券屋で前売りを購入) パンフレット:未確認 残虐度とユーモア控えめ。センスに欠けた程々のリメイク。 『ロボコップ』公式サイト ネタバレ。 マーフィーの損壊シーンが、腕は千切れの銃...
ロボコップ (だらだら無気力ブログ!)
随分あっさり味な印象で、個人的にはオリジナルの方が好きかな。
ロボコップ (心のままに映画の風景)
2028年、アメリカのデトロイト。 巨大企業オムニコープのロボットが、世界各地で軍事利用される中、アメリカではその配備が法律で禁じられていた。 ある日、警官のアレックス・マーフィー(ジョエル・キナマン)は、爆発事故に巻き込まれ、瀕死の重傷を負い、生き残...
ジョゼ・パヂーリャ監督『ロボコップ(Robocop)』(2014年公開版)ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、サ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。1987年製作(日本公開は1988年正月第二弾)のポール・ヴァーホーヴェン監督作ロボコップ再起動版『ロボコップ(robocop)』監督はジョゼ・パヂーリャ。出演はジョエル・キナ
[映画『ロボコップ(2014)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆ロボコップの新作を作るというのは、作り手にとって、かなりのプレッシャー(ストレス)があったとも思われ、見ることになる私たちにも、かなりのプレッシャー(ストレス)が強いられると思った。  ポール・バーホーベンのオリジナルは、それほどに歪なプレッシャー(...
ロボコップ (2014)★★★★ (パピとママ映画のblog)
1987年製作のポール・ヴァーホーヴェン監督作『ロボコップ』をリメイクした近未来SFアクション。爆破によりひん死の重傷を負った警官が最新技術によりロボコップとして生まれ変わる姿を描く。メガホンを取るのは『バス174』などのジョゼ・パヂーリャ。主演には、『デンジ....
ロボコップ (風に吹かれて)
ロボコップ 再誕 公式サイト http://www.robocop-movie.jp 2028年、巨大企業オムニコープがロボット・テクノロジーを牛耳っていた。世界各地でオムニコープのロボットが軍事利用
ロボコップ(2014) IMAX/ジョエル・キナマン (カノンな日々)
1987年製作のポール・ヴァーホーヴェン監督作『ロボコップ』をリメイクした近未来SFアクション・ムービーです。オリジナルは画期的で面白かったですね。劇場で観てそのあとテレビで ...
ロボコップ(2014) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ジョゼ・パヂーリャ 出演:ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、アビー・コーニッシュ、サミュエル・L・ジャクソン 【解説】 1987年製作のポール・ヴァーホーヴェン監督作『ロボコップ』をリメイクした近未来SFアクション。爆破によ...
ロボコップ (ハリウッド映画 LOVE)
原題:RoboCop監督:ジョゼ・パジーリャ出演:ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、アビー・コーニッシュ、
「ロボコップ」 (或る日の出来事)
もっとスカッと、たくさん活躍してほしかったな~。
「ロボコップ」 (或る日の出来事)
もっとスカッと、たくさん活躍してほしかったな~。
ロボコップ  監督/ジョゼ・パヂーリャ (西京極 紫の館)
【出演】  ジョエル・キナマン  ゲイリー・オールドマン  マイケル・キートン  アビー・コーニッシュ 【ストーリー】 2028年、アメリカのデトロイト。巨大企業オムニコープ社がロボットテクノロジーを牛耳っていた。警官のアレックスは愛する家族と幸せな日々を過ご....
「ロボコップ」(2014)☆生まれ変わったイケメンコップ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
息子さんの大学受験も終わって、ようやくホッとした下コメ友と復活川崎IMAX☆ ゼッタイ観たい!とかねてから思っていたのに、ブロガーさんの反応がイマイチでやや心配だったけど・・・・ 期待値低めがよかったのか、これ結構面白いよー☆
ロボコップ(2014) (いやいやえん)
「ロボコップ」がリブートされました。設定なんかもちょこちょこ変わってて、一番「えっ」と思ったのは、序盤にすんなり家族の元に戻る事だったりします。 まるでパワードスーツを着ているかのようなスタイリッシュなデザインになっていてカッコいいのですが、私はや...
ロボコップ(2014) (銀幕大帝α)
ROBOCOP 2014年 アメリカ 117分 SF/アクション 劇場公開(2014/03/14) 監督: ジョゼ・パヂーリャ 出演: ジョエル・キナマン:アレックス・マーフィ ゲイリー・オールドマン:デネット・ノートン博士 マイケル・キートン:レイモンド・セラーズ アビー・コ...
ロボコップ (RoboCop) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョゼ・パヂーリャ 主演 ジョエル・キナマン 2014年 アメリカ映画 117分 アクション 採点★★★ 街の至る所に交番があるってのが、日本独特の風景のひとつだとか。その辺が凶悪犯罪発生率の低さをもたらしてるって見方があるようですけど、別におまわりさん...