映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

永遠の0

2013年12月22日 20時21分56秒 | 映画 あ行
評価:★★★★☆【4,5点】


映画のラストで冒頭の葬儀シーンの重さを知ることに。

―この空に願う、未来――壮大な愛の物語。―



司法試験に落ちて進路に迷う青年、佐伯健太郎。
ある日、今の祖父とは血のつながりがなく、
血縁上の祖父が別にいることを知る。
その実の祖父の名は、宮部久蔵。
太平洋戦争で零戦パイロットとして戦い、
終戦直前に特攻出撃により戦死していた。
そこで宮部について調べ始めてみると、
かつての戦友はみな口を揃えて宮部を臆病者と非難した。
天才的な操縦技術を持ちながら、
生きて還ることに執着した腰抜けだと言うのだった。
にもかかわらず、なぜ宮部は特攻に志願したのか。
やがて、ついに宮部の最期を知る人物に辿り着く健太郎だが…。
<allcinema>



原作本は未読。
巷の評価も映画として原作を損なってはいないらしい。
なら、もう原作は読まなくてもいいってことだな(そこかい!)

血縁の本当の祖父宮部久蔵がどんな人物だったのか。
見る者はそこの一点に集中するわけですが
当初、嘗ての戦友は口々に臆病者、腰抜けと言う。
だが、調べて行く内に非常にレベルの高いところで
宮部は物事を判断する。
そして何より、家族への愛情は人一倍強い男であった。

「生きて帰りたい」「死んではいけない」
「生きるために努力をしろ」
これは兵士の中ではタブーとされた言葉。
しかし宮部は己の信念のもと小隊の部下にもこれを言うのだ。

ひとりの男として上官に逆らってまでも
自分の信じた道を貫く姿に徐々に彼の偉大さを知る。

小隊長宮部久蔵は零戦パイロットの精霊中の精霊。
つまり凄腕パイロットと誰もが認める。
劇中も他の小隊長・景浦(新井浩文)に喧嘩を売られ
空中で模擬戦をするが、そのトリッキーな飛行は
景浦にとって嘗て経験したことのないすごいレベルのものだった。

ドラマも謎が解明されていくうちに
宮部の偉大な人間像が少しずつ明かされていく。
そして日本海軍の勇姿、零戦が惜しげもなく披露され
ミリタリー好きには邦画のレベルもここまで来たかと
感心しまくりでした。

ただ、難を言うなら零戦が海上に墜落するときの
打ち上げられる水しぶきが若干CG丸出しってことくらいかな。

よく出来た邦画を見させてもらいました。


【今週のツッコミ】
・ここのところ秀作が続いているので、このあとの作品選びに
 若干の不安が残ってしまう^^;

・久蔵という名は剣客が多いのだろうか。
 『七人の侍』にも己の鍛錬のみに凝り固まった男として
 七人の侍の中でもいちばんの剣豪だったからね。
 もしやモデルにした?原作未読なのでよく知りません^^;
 

・凄腕パイロットといえば、嘗てのF1ドライバーである
 アラン・プロストを真っ先に思い出すワタシ。
 そういや、来年2月公開の『ラッシュ』のニキ・ラウダも
 こっち系統になるんですかね^^

・橋爪さんのところでウルッときて、田中泯さんで
 涙が止まらなくなった^^

・オールラストの特攻映像にアドレナリン全開だった。
 大国アメリカ巨大空母の船員が焦りまくるシーンが
 唯一の救いに感じたのだった。
-------------------------------------------------------
監督:山崎貴
脚本:山崎貴/林民夫
撮影:柴崎幸三
音楽:佐藤直紀
主題歌:サザンオールスターズ「蛍」

出演:岡田准一/三浦春馬/井上真央/濱田岳/新井浩文/染谷将太/
    吹石一恵/田中泯/風吹ジュン/橋爪功/夏八木勲


『永遠の0』



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゼロ・グラビティ(3D字幕) | トップ | プレーンズ(2D吹替) »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆良作でしたね〜☆ (TiM3)
2013-12-24 02:26:43
泣ける迄ではなかったですが、巧妙で素晴らしい脚本でした(=^_^=)
TiM3さんへ (ituka)
2013-12-24 22:58:20
こんばんは。
脚本はよかったですよね!
こういう映画で涙腺を刺激されるのは、人伝に聞く自分への愛情の深さを知ったときでしょうか。

以前、綾瀬さんの映画『おっぱいバレー』で、とあるシーンで号泣しちゃいましたから^^;
Unknown (mariyon)
2014-01-03 17:03:31
>零戦が惜しげもなく披露され
ミリタリー好きには邦画のレベルもここまで来たかと
感心しまくりでした。

そうなんです!CGや模型の出来がよかったですよね。
だから、ぐいっと中に入り込むことができた。
(邦画のCGで急速に冷めていった映画多数。)
SP以来、みょうに身体を作っている岡田君ですが
今回ぴったりな配役だったのではと思いました。

でも、実は、泣けなかったんです。
いろいろ考えちゃって・・・。


mariyonさんへ (ituka)
2014-01-03 20:44:03
こんばんは。

つい先日、録画しておいた『零戦燃ゆ』という東宝映画を観ましたが
真珠湾港攻撃やミッドウェイ海戦などの戦闘シーンすべてミニチュア撮影ということで
これはこれで、非常に面白かったんですが、さすがにオモチャ感覚丸出しで近年のVFXと比較するまでもなかったです。

ミニチュアオタクには喉から手が出るほどの特撮だったと思います(笑)

今回、この映画CG含め日本のVFXも世界レベルになったこと嬉しかったですし
ドラマも現代、過去のどちらも心揺さぶられましたよ。
ここ最近の岡田くんの活躍は突出してますよね!

>でも、実は、泣けなかったんです。
>いろいろ考えちゃって・・・。

ワタシも海上自衛官の息子がいるせいか、あの時代だったらと考えてしまいました^^
Unknown (Nakaji)
2014-01-06 12:55:25
こんにちは。

>橋爪さんのところでウルッときて、田中泯さんで
 涙が止まらなくなった^^

同じくです。。。
いやーーー涙がとまりませんでした。
謹賀新年 (オリーブリー)
2014-01-06 15:52:46
今年もどうぞ宜しくお願いします。

フリーパス2本目は泣きをチョイス(笑)
何度も決壊寸前でした。
タイトルで終るラストシーンも忘れられません。
真面目に生きます^^
泣けました (笛吹働爺)
2014-01-06 18:57:47
叔父が南方で戦死、もう一人は特攻崩れ、親父はシベリア帰り、なので他人事ではなく泣けました。
若いころは健太郎の友人達みたいに太平洋戦争には関心が無かったが、隣国と火花散る時代になると考えざるを得ない。そして犠牲になった先輩たちの命を無駄にしないように生きなければならない、と思う。
Nakaji (ituka)
2014-01-06 23:49:52
こんばんは。
橋爪さんがボソッと言う「末期ガンで余命以上に生きたのは貴方がたにこの話〜するためだったと今思いましたぁ」
こんなこと言われ、さぞ嬉しかったことでしょう。

にしても、最後にみんなで窓の方に振り返ったところ
視線が一致してたところが、ある意味すごいです(笑)
オリーブリーさんへ (ituka)
2014-01-07 00:10:49
こんばんは。
こちらこそ今年もよろしくお願いしますね。

2本目は泣きチョイスでしたか(笑)

「松乃を助けたのは誰だったんだろう〜、、、」
夏八木さんが遠くを見ながら言う台詞を聞いて
それは近いうちに孫の健太郎が司法試験に受かった時に
なに気にそういう話が出てくると信じています^^

>真面目に生きます^^

真面目はひとの心を打つということを改めて思い知らされました。
でも、クソ真面目となると話は変わりそうですね^^
笛吹働爺さんへ (ituka)
2014-01-07 00:20:10
こんばんは。
親族にそういう経験者がいるだけで作品の見方が全然違いますよね。
そうなんですよ。
ここ最近、隣国の身勝手な行動にはほんとうにいいかげんにしろよ!と言いたいです。
北が静かになったと思ったら次から次へと。。。^^;
夏八木さん (笛吹働爺)
2014-01-07 00:32:13
病を隠してか、最晩年に沢山の作品に出演されてますね。それ故か迫力ありました。
岡田くんも「ジャニーズと言われたくない」と武術などいろんなことを学んできたようです。何やってもキムタクにしか見えないのと大違いか。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2014-01-07 22:16:01
こんばんは。
夏八木さん、惜しい役者を失ったと思います。
そういえば、岡田くんはジャニーズだったんですね^^
V6の岡田というより、俳優岡田准一という方がシックリきます。
キムタクさんも頑張ってると思いますが、そうですね〜
何やってもキムタクさんにしか見えないところが辛いです^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
永遠の0 (あーうぃ だにぇっと)
永遠の0@イイノホール
永遠の0 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】春馬君が本当の亡くなったお爺さんの軌跡を
『永遠の0』 2013年12月7日 東宝試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『永遠の0』 を試写会で鑑賞しました。 面白い映画でした 戦争ってなんだろうと考えてしまいますね。 【ストーリー】  祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争...
永遠の0〜脱力低空飛行 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。百田尚樹原作、山崎貴監督。岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋 ...
永遠の0 (勝手に映画評)
130万部の同名の大ヒット小説の映画化。本日二本目。そして、今年(2013年)最後の作品です。 実は(と言うか、当然に)原作も読んでいて、今回の映画鑑賞のために再読してみました。泣きました(苦笑)。 その原作の感動がどこまで、映画で描かれていたtかというか、う〜...
永遠の0 (Akira's VOICE)
命を生む零。  
永遠の0/岡田准一、三浦春馬 (カノンな日々)
百田尚樹さんの同名ベストセラー小説を岡田准一さんの主演で『ALWAYS』シリーズなど手がけてきた日本のVFXの名手・山崎貴監督が映画化した作品です。今夏に零戦開発者の堀越二郎さん ...
永遠の0 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/12/21公開(2013/12/10試写) 日本 144分監督:山崎貴出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功、夏八木勲 [Story]祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父...
『永遠の0』 (こねたみっくす)
生かされている命。それは永遠に続く。 宮部久蔵少尉の物語だけが特別ではない。日本の未来を憂い、信じた成果も挙げられずに散っていった多くの英霊たち全員にこのような語り継 ...
永遠の0 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。原作未読、サザンの曲が流れる予告でもうお腹いっぱいで、映画はそこまで感動しないんだろうなとちょっと冷めた状態だったんですが・・・すごく良かったです!感動しました。ウルウルなりっぱなしでした。祖母・松乃の葬儀で実の祖父の存在を知った健太...
「永遠の0」祖父の生きた足跡を知った先にみた生き抜く努力の先に本当に守るべき者たちの姿がある事を残された人たちに継承していた (オールマイティにコメンテート)
「永遠の0」は2004年に祖母を亡くした孫の娘と息子がかつて祖母の夫であった祖父の太平洋戦争での足跡調べていく事でかつて祖父がどんな人物であり、何を託して行ったのかを知 ...
永遠の0 ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視点から、“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、現代と過去を交錯させながらつづっていく。主人公の特攻隊員役...
「永遠の0」 (セレンディピティ ダイアリー)
放送作家、百田尚樹(ひゃくた・なおき)さんのデビュー作でベストセラーの「永遠の0
映画 永遠の0 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    ゼロ戦が旋回する姿や航空母艦が水上を走っている姿は   美しかった。そして宮部久蔵の人物像を追って行って判った事実は悲しいものでした。そして、祖母松乃と清子を支えた賢一郎や景浦が ...
映画『永遠の0』観たよ〜ウゥッ・・・(´;ω;`)  (よくばりアンテナ)
わはは。 公式HPで自分の名前入りのポスター画像が作れるっていうんでやってみた♪ ま、そういうことです。 原作で さんざん泣いたので、 まともに作っていれば絶対泣いちゃうってわかっていたので、 映画が始まる前からハンカチ用意してました。 隣の人も...
永遠の0 (試写会) (風に吹かれて)
臆病者の戦闘機乗り公式サイト http://www.eienno-zero.jp12月21日公開原作: 永遠の0 (百田尚樹著/講談社文庫)監督: 山崎貴  「リターナー」 「ALWAYS 三丁目の夕
「永遠の0」☆青い空に泳ぐゼロ戦 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
今年の本屋大賞で話題の百田尚樹原作のベストセラー小説「永遠の0」だから、気になっていたのだ。 とはいえ、ジャニーズアイドルとイケメン若手俳優の起用では、期待も薄いなぁーと思っていたのも正直なところ。 ところがっ!!こんなにいい映画だったとはっ!
生きねば!『永遠の0』 (水曜日のシネマ日記)
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを実写版映画化した作品です。
映画「永遠の0」 (FREE TIME)
映画「永遠の0」を鑑賞しました。
永遠の0  監督/山崎 貴 (西京極 紫の館)
【出演】  岡田 准一  三浦 春馬  井上 真央 【ストーリー】 祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵の存在を聞いた佐伯健太郎。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛....
『永遠の0』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「永遠の0」□監督 山崎 貴□脚本 山崎 貴、林 民夫□原作 百田尚樹 □キャスト 岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田 岳、新井浩文、染谷将太、       三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中 泯、山本 學、風吹ジュン、    ...
『永遠の0』 (時間の無駄と言わないで)
映画館で泣いちゃった。 でも邦画にありがちな重い病気か人死にで泣かせるタイプじゃなかった。 そもそも特攻隊っていうあざとく狙っていけば幾らでも涙を搾り取れる題材なのに結 ...
永遠の0 (だらだら無気力ブログ!)
最後の所は蛇足かな。
永遠の0 (いやいやえん)
これは戦争ものじゃなくて、ヒューマンドラマでしょうね。 司法試験に落ちて進路に迷う健太郎は、祖母の葬儀の日に驚くべき事実を知らされる。実は祖母にはなくなった夫がいて再婚だったというのだ。 本当の祖父の名前は、宮部久蔵。60年前の太平洋戦争で零戦パイロ...
永遠の0 (にきログ)
さて、こちら年末年始の戦争もの映画ですね 私は数年前に原作をすでに読んでいて、今回の映画も楽しみにしていました ちなみに原作の感想はこちら 読んだのが数年前だったため細部はうろ覚えでの鑑賞でした あらすじ 祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・...
永遠の0 (心のままに映画の風景)
司法浪人の佐伯健太郎(三浦春馬)は、祖母松乃の葬儀で、賢一郎(夏八木勲)が実の祖父ではないことを知る。 本当の祖父は、太平洋戦争で特攻により戦死した宮部久蔵(岡田准一)であると教えられた健太郎は、姉の慶子(吹石一恵)に、宮部について調べてみようと誘...
永遠の0 2Hドラマ(中身60分)で良かったかな。 (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【今年1本目】 妻と約束していたので今年最初の映画はこれになった、ファーストディで109シネマズ湘南。 元旦のテラスモール湘南はすっごい大賑わい、孫への買い物をしたり、あらと&うっちーとこの王子への出産祝いをむちゃくちゃ思い入れ込めて(妻には「それでええ...
「永遠の0」 (ここなつ映画レビュー)
次男がこの作品を観たいと切望した時、原作未読の私は、戦争を美化した話だったら嫌だな、と思ってなかなかうん、と言えませんでした。 戦争は、怖い。でも戦闘機はカッコいい。単純な小学生男子の発想。特に戦闘物が好きな次男にしてみれば、ゼロ戦が戦闘する所、見た...
永遠の0 (to Heart)
この空に願う、未来――壮大な愛の物語。 製作年度 2013年 上映時間 144分 原作 百田尚樹 脚本 山崎貴/林民夫 監督 山崎貴 出演 岡田准一/三浦春馬/井上真央/濱田岳/染谷将太/新井浩文/三浦貴大/上田竜也/吹石一恵/山本學/橋爪功/夏八木勲 零戦搭乗員の悲劇を描いた百田...
永遠の0 (映画的・絵画的・音楽的)
 『永遠の0』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)戦争物の映画は正直あまり見たくはないのですが、評判がとてもいいものですから、映画館に出向いてみました。  物語(注1)は、司法試験に4回落ちている健太郎(三浦春馬)が、姉の慶子(吹石一恵)と一緒に、自分の血の...
永遠の0 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:山崎貴 出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、染谷将太、吹石一恵、風吹ジュン、橋爪功、夏八木勲 【解説】 零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視...