映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ゼロ・グラビティ(3D字幕)

2013年12月14日 21時22分31秒 | 映画 さ行
評価:★★★★☆【4,5点】


ムダなものを一切排除しその一点に集中せよ!だね。
これはまさに、鑑賞というよりも体験したというのが正しいかな。




地上600kmの上空で地球を周回しているスペースシャトル。
今回が初めてのミッションとなる女性エンジニアのストーン博士は、
ベテラン宇宙飛行士コワルスキーのサポートを受けながら
船外での修理作業に当たっていた。
その時、ロシアが自国の衛星を爆破したことが原因で
大量の破片が軌道上に散乱し、
猛烈なスピードでスペースシャトルを襲う。
衝撃で漆黒の宇宙へと放り出された2人は
互いを繋ぐ1本のロープを頼りに、絶望的な状況の中、
奇跡の帰還を信じて決死のサバイバルを繰り広げるが…。
<allcinema>



アルフォンソ・キュアロン監督お得意の長回し撮りで
美しい地球を背景に船外活動するクルーたち
そこへ、まさかの緊急事態発生でいきなりクライマックス!(笑)

大量の破片が猛烈なスピードで容赦なく降り注ぐ中
無重力の船外でなかなか上手く避難できないもどかしさは
まるで自分がサンドラ・ブロックになったようだった。

シャトルに次々破片が当たり遂にアームごともぎ取られ
宇宙に放り出されるストーン博士。
無重力故ぐるぐる回り続け遠心力で遠く離れていってしまう恐怖は
孤独と暗黒の世界に生きたまま地獄を見ているようだった。

宇宙空間がこれほど怖いものだと改めて実感できる貴重な映画だね。

それにしても命綱だけが頼りっていうのも問題だね。
船自体が破壊されたらなんの意味もなくなるから
いったいどうしたら良いんだよ~!^^;

ラストで重力がこんなにも有難いものと痛感させられた(笑)


【今週のツッコミ】
・さて、どこからあの世の世界に切り替わったのか?と
 思って観ていましたが、最後まで現実世界でいいのね^^

消化器じゃなくて消火器って意外な使い道があることを知った。
 あの空間ならヘアースプレーも貴重品になりそう^^;

・中国の宇宙船(神舟)がまさかのノアの方舟的扱いになるなんて^^;

・中国の宇宙船って各種操作盤SWに中国語で表記されてるのね^^;
 ちなみに操作ボタンって基本国際規格で同じタイプ(配列)って本当か。
 神舟はロシアのソユーズをベースにしているから同じなんだ^^
 (⁰︻⁰) ☝劇中にそう言ってたか^^;

・『アバター』以降、3D映画が蔓延してますが
 本格3D映画となると本作が今世紀で最高じゃないかと思う。
 特にラストシーンの奥行き感は現場にいるようだった。

・地球帰還時にカプセルから切り離された不要品もろとも
 大気圏突入した映像が美しく『トランスフォーマー』思い出す(笑)

・ロシアの自国衛星爆破は無計画に進められた可能性が!(知らんがな)

・Q:カプセルのなかで宇宙服脱いでいたとき船外(宇宙空間)から
   ハッチを開けても中の人間は爆死しないの?
 A:瞬間的であれば減圧による膨張はさほど起こらず大丈夫。

・無重力では当たり前に火の玉になるのね(怖)

・劇中に思い出したよく似た画像(爆)
 『アビス』のリンジー博士。



---------------------------------------------------
監督:アルフォンソ・キュアロン
脚本:アルフォンソ・キュアロン/ホナス・キュアロン
撮影:エマニュエル・ルベツキ
音楽:スティーヴン・プライス


出演:ジョージ・クルーニー/サンドラ・ブロック


『ゼロ・グラビティ』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セイフ ヘイヴン | トップ | 永遠の0 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
サンドラと言えば (オリーブリー)
2013-12-14 23:35:23
「おい、こら、寝るな、ハチっ!!」を思い出しますが、この作品、またしてもオスカーだったりするのかしら^^

久しぶりに映像を堪能しました!
シンプルながらお話も良いし、役者も良い!
私好みでした!

小さなテーブル挟んだ隣の席のおじいちゃん、場内の明かりが付いた途端、「これは面白かった!!」と一言^^
☆ダニー・オーシャンはラスベガスに着地☆ (TiM3)
2013-12-15 02:30:18
んなワケないって。

いや、素晴らしかったです、本作!

かなりなベスト(上位)に喰い込んで来ますね、確実に。

アイマックスで観てみたいもんだ!
オリーブリーさんへ (ituka)
2013-12-15 11:10:40
こんにちは。
そうそう!ハチ寝るな!で名犬ハチ公もびっくりな展開でしたね(爆)
これもしかしたら、オスカーに主演女優、作品、脚本、視覚効果、音響のどれか獲りそうな勢いを感じます。
ワタシの中では主演男優はフィリップスで(笑)

映画の91分はそのままリアルタイムで進行してましたね。
こういうタイプの映画って『ニックオブ~』以来かも(笑)
あの状況で無線が繋がらないとなると己のスキルに頼るしかなく焦るんだろうな~^^;

となりのおじいちゃん、心臓麻痺起こさずなによりでしたね^^

TiM3さんへ (ituka)
2013-12-15 11:20:01
こんにちは。
これだけの良作は年内でこれが最後となりそうな雰囲気ですね。
とりあえず、冬休み中にもう一回くらい観に行こうかと思っています(笑)

窮地に陥るシーンが互いに交互に展開してたところチョイとコントっぽかったです。

これは確実に賞レースに絡んでくると思ってます^^
ワタシも今年のベスト5に入る作品となりました。
Unknown (ゆっき~)
2013-12-15 12:09:23
消化器ではなくて、消火器ですよね?(笑)
ゆっき~さんへ (ituka)
2013-12-15 17:04:06
ご指摘どうもです。
×消化器→○消火器でしたね^^;
観てきました(*^_^*) (ぺろんぱ)
2013-12-24 22:05:09
 ラストの重力の世界・地球に、「愛」を感じました。
いい映画でしたね~。

ぺろんぱさんへ (ituka)
2013-12-24 23:08:37
こんばんは。
ラストの映像は普段気にもしてないことがこんなに素晴らしいことだと気付かされました。
それにしても地上600メートルから見る地球って
あんなに美しいものだったのですね。

ちなみに、そこから200メートル下の世界エリジウムは出てこなかったですね(おい)^^
Unknown (ami)
2013-12-27 22:29:36
オープニングの長回しは本当に凄かったですね。
映像もストーリーも何もかもがよかったです。

>消火器って意外な使い道があることを知った。
>あの空間ならヘアースプレーも貴重品になりそう

itukaさん確か『 009 RE:CYBORG 』ご覧になってますよね?
私は先日観たばかりなのですが
ラストの方で009が宇宙空間でピストルを撃つ反動で向きを変えていて
おお~『ゼロ・グラビティ』みたいやん!と思いました。
作品は・・・ーー;でしたが(ちなみに★☆)
ここだけちょっとテンションあがりました(笑)
amiさんへ (ituka)
2013-12-27 23:45:20
こんばんは。
この映画はサンドラ・ブロック主演で大正解だと思いました。
降板したアンジーやヨハンソン(だったかな?)だと、ちょっとエロっぽさが邪魔をして
これほどの恐怖と絶望感を描けたのかと心配になるくらいでしたから(笑)

CGアニメ『009』観てます!ただ評価は下のほうでしたけどね^^;
へ~!そのアニメでも無重力のなかで推進力失った状態で他の製品を代用してたのですか^^
たぶん記憶にないということは、オネムの時間帯だったかも^^;
でもまだピストルなら理に叶ってますよね。
『特攻野郎Aチーム』なんて空から戦車ごと落下してて
地面への衝撃緩和の意味で地上に向けて大砲ぶっぱなす荒業やってましたし(爆)

似たようなシーンがあると、駄作(★1、5)でも嬉しくなりますもんね^^
Unknown (mariyon)
2014-01-03 16:54:40
絶対見るだけにした宇宙空間。
実際にあの場所に行く人たちがいることに
しみじみと驚きました。

サンドラの配役がぴったりだとは思ったんですが
アンジー・・・・でなくてよかったです。
強すぎるイメージの女性ではやっぱこの映画は無理。

中国の宇宙船だって、漢字だらけってありえなくないですか?
やっぱ、基本英語で、せめてW表記なのでは??
って、唯我独尊の中国への皮肉?
mariyonさんへ (ituka)
2014-01-03 20:21:55
こんばんは。
そう!この映画観ちゃうと宇宙の怖さに支配されてスクリーンで鑑賞するだけにしよう!と思いますよね(笑)
で、その怖さもバンジージャンプやダイビングの恐怖と違って
宇宙空間にさまよう心細さも加わりますから想像を絶する感じです(笑)

サンドラの配役はもうこのひとしかいない!って思いました。
地上のアニンガとの交信シーンは絶望感と生の温かみを感じる名シーンでした。

そうそう!中国の宇宙船ってほんとうにそうなんでしょうか^^;

>唯我独尊の中国への皮肉?

誰にも認められていないのに完全なるひとりよがり^^;
自国が最も優れているという勘違いを映画を通して表現させているという見方もあるかもしれませんよ^^
普通は世界共通のアルファベット使うもんですけどね~(笑)
いやはや (笛吹働爺)
2014-01-08 20:05:39
2D字幕で見たが、冒頭部宇宙空間の映像2Dでさえめまいと軽い吐き気をもようしたよ。3D見なくて良かった・・。
ほんと尻がムズムズして外に出たいくらいだった。ISSに入ったくらいから落ち着きましたが。
宇宙服を脱いだときのサンドラの筋肉美にビックリ。かなり鍛えてますね、特に太もも大腿四頭筋。日本のガリガリ女優たちに見習って欲しいよ。
元のタイトルは「GRAVITY」でゼロはないですね。つまりラストで地球の重力を堪能するという意味で「G・・」なんだろう。ゼロを付けると”無重力=宇宙空間”の意味になっちゃう。
それにしても生きてる(会話してる)登場人物が2人だけってスゴイ映画ですね。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2014-01-08 22:01:11
こんばんは。
コメント表示が遅かったでしょう。すみません。
gooブログ、ここのところ記事自体が表示されなくなったブログもあるみたいで
チョット扱いにくさが目立ってきてます。

あらら、めまいと軽い酔いに襲われたのですね^^;
たぶん、その状態こそ映画スタッフの思い描いた理想像だったのかもしれませんね。
あの空間でライアン博士も軽い体調不良起こしてましたし、無重力がどんなものなのか
いちど経験してみたいものです(笑)

>ゼロを付けると”無重力=宇宙空間”の意味になっちゃう。

そうなんですよ!原題を日本式に解釈して真逆状態にしてますもんね(笑)

>生きてる(会話してる)登場人物が2人だけってスゴイ映画ですね。

たった2名の登場人物で評価高いとくれば映画製作もかなり安く上がったと思いきや
やはり有名俳優とVFXにお金が掛かってましたね。1億ドルらしいです。
でも、もうすぐ3億ドルの興収に迫っているので儲かってますね~(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ゼロ・グラビティ~脱力速度早過ぎ (佐藤秀の徒然幻視録)
映像美のためなら何でもアリなのか 公式サイト。原題:Gravity。アルフォンソ・キュアロン監督、サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー、(声)エド・ハリス。地上600キロの空間は一 ...
ゼロ・グラビティ (あーうぃ だにぇっと)
ゼロ・グラビティ@よみうりホール
映画「ゼロ・グラビティ」@ワーナーブラザース映画試写室 (新・辛口映画館)
 今回私はYahoo!映画ユーザーレビュアー試写会に招かれた。客入りは85%位だ。映画は3D版が上映された。             映画の話    メディカル・エンジニアのライアン・ストーン博士とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキーは地球から600キロ上空で周回...
映画:ゼロ・グラビティ gravity 地球周回軌道での大アクシデント。後半にネタバレ?あり 注 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
<Movie City News恒例のオスカー予想 Gurus o' Gold が発表され <作品賞候補を眺めたら、ショック! <このうち、まだ一作もみちょらん... というわけで、ドバイでさっそく公開中の今作に駆け付けた(笑) サンドラ・ブロック演じる技師は、初めて宇宙での船....
『ゼロ・グラビティ』 2013年11月25日 ワーナー試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ゼロ・グラビティ』 を試写会で鑑賞しました。 文句なしの映像美と緊張感 【ストーリー】  地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット・コワ...
『ゼロ・グラビティ』 (こねたみっくす)
宇宙なんて大嫌い。でも私は諦めない! 怖い、とにかく怖い。でも凄い、この溢れんばかりの生きるという勇気が凄い。そして素晴らしい、カメラワーク、演出、キャスティング、音 ...
『ゼロ・グラビティ』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'13.11.29 『ゼロ・グラビティ』(試写会)@よみうりホール CheRishで当選! いつもありがとうございます! 見たかったコレー!! 話すと長いので割愛しますが、総勢4名で見てきたー ネタバレありです! 結末にも触れています!! 「宇宙空間で作業中、ロシアが爆破作業...
ゼロ・グラビテイ (はるみのひとり言)
試写会で観せていただきました。(3D 字幕)ロシアが爆発させた衛星の残骸が原因で、宇宙ゴミが大発生。アメリカのスペースシャトルを襲い大破させ、船外で作業中だったストーン博士とマット飛行士が宇宙空間に放り出され、無事帰還出来るかというシンプルなお話です。予告....
『ゼロ・グラビティ』 (時間の無駄と言わないで)
初のIMAX3Dで観賞。 凄いねIMAX3D。 こうも違うものかと感動した。 普通の映画館に行けなくなっちゃうよ。 イイ設備で観た甲斐あって、映像は凄かった。 こんなに飛び出てこんなに ...
ゼロ・グラビティ [IMAX 3D] (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 サンドラさんがほぼ一人で宇宙を彷徨っち
サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー主演、アルフォンソ・キュアロン監督『ゼロ・グラビティ(Gravity)』"LIFE IN SPACE IS IMPO... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞について触れています。事故によって宇宙空間に放り出された宇宙飛行士と科学者。映画冒頭に出てくる字幕LIFE IN SPACE IS IMPOSSIBLE(宇宙で生存することは不可能)。は
劇場鑑賞「ゼロ・グラビティ」 (日々“是”精進! ver.F)
絶対に、生きて還る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312130002/ ★枚数限定ポスター★■サンドラ・ブロックVer■ [映画ポスター] ゼロ・グラビティ (GRAVITY) [...価格:6,800円(税込、送料別)  DVD&...
「ゼロ・グラビティ」☆息苦しさで宇宙体験 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
まさに自分までもが宇宙遊泳しているかのような錯覚に陥る、見事な映像とその臨場感。 息が苦しくて、くるしくて、くるしくて・・・ 宇宙服をはやく脱ぎ捨てたいっ!手に汗握る緊迫したシーンの連続に息も絶え絶え、ホッとする瞬間を期待するラストにはまさかの・・・・
ゼロ・グラビティ (Akira's VOICE)
求めよさらば与えられん。  
ゼロ・グラビティ (試写会) (風に吹かれて)
無重力の空でひとりきり公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/gravity12月13日公開監督・脚本: アルフォンソ・キュアロン  「天国の口、終りの楽園」 「ハリー・
ゼロ・グラビティ(3D 日本語吹替え版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー 【解説】 『しあわせの隠れ場所』などのサンドラ・ブロックと『ファミリー・ツリー』などのジョージ・クルーニーという、オスカー俳優が共演を果たしたSFサスペンス。事故によって宇宙....
ゼロ・グラビティ3D ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「トゥモロー・ワールド」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が、宇宙空間に投げ出されてしまった宇宙飛行士たちの極限的状況を最新VFXと3D技術を駆使して描いたSFドラマ。 スペースシャトルのメディカル・エンジニア、ストーン博士と...
ゼロ・グラビティ (だらだら無気力ブログ!)
宇宙から見た地球の映像とかは見応えあるなぁ。
ゼロ・グラビティ (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞ゼロ・グラビティ/GRAVITY 2013年/91分/アメリカ 監督: アルフォンソ・キュアロン 出演: サンドラ・ブロック/ジョージ・クルーニー 公開: 2013年12月13日 公式サイト スペースシャトル“エクスプローラー”で船外活動をしていたライアン・...
ゼロ・グラビティ (3D字幕版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【GRAVITY】 2013/12/13公開 アメリカ 91分監督:アルフォンソ・キュアロン出演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー声の出演:エド・ハリス 宇宙の暗闇を生き抜け [Story]地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニア...
「ゼロ・グラビティ」(2D字幕)みた。 (たいむのひとりごと)
当初はIMAX(3D字幕)で鑑賞するつもりでいたけれど、諸事情により2Dで鑑賞。結果として、三半規管の弱い私だけに2Dで良かったと思った。ただでさえ息苦しくなる作品なのに、視覚からも映像に巻き込まれて
ゼロ・グラビティ 一瞬たりとも気を抜けなくて疲れたわ~(;゜ロ゜) (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【67うち今年の試写会8】昨夜はこっちにきて3度目の東京駅から平塚駅まで乗車券プラスで950円支払って東海道線グリーン車乗車(疲れていたのだ~)。 関西の在来線にはグリーン車ってのはないのは、そんな金払ってまでグリーンなんかナンセンスじゃ的な金銭感覚の性? ...
[映画『ゼロ・グラビティ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
   (注)・・・この傑作を観て、帰宅して感想を書いて、私が営業している店で、暇な時間に、購入していたパンフレットを読んだ。         私は店に、観て面白かった映画のパンフレットをいっぱい置いているのだ。         パンフレットに載っていた...
[映画『ゼロ・グラビティ』を観た(二観目・寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かった作品は、何度か見て、その面白さを追求します^^  二日連続で観に行きました。  うん、やはり面白い! 傑作!!  どうやら、ネット上の他の人の感想を読んでいると、この作品は、宇宙の美しくも残酷な描写がキモだったらしい。  私は、それは当然の...
ゼロ・グラビティ (悠雅的生活)
衛星の破片。絶体絶命。神の舟。 
ゼロ・グラビティ(3D字幕) / Gravity (勝手に映画評)
今年(2013年)最後の映画鑑賞。一本目め。実は今日は、二本鑑賞する予定です。 画面への出演が、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーだけという、非常に斬新な作品。先週末公開だったが、時間の都合で、一周遅れで鑑賞してきました。 なるほど、そうきますか。最...
「ゼロ・グラビティ」 (或る日の出来事)
この撮影、いったい、どうやっているんだろう!?
ゼロ・グラビティ(3D・字幕版・DOLBY-ATMOS) (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Gravity 監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー
『ゼロ・グラビティ』の3つの魅力 (映画のブログ)
 1968年公開のSF映画と云われたら、多くの人が『2001年宇宙の旅』を挙げるに違いない。  しかし、同年公開の『バーバレラ』だって捨てがたい。  無重力状態でフワフワ浮いてる人物が、ごつい宇宙服のパーツを外すと、スラリとした脚がニョッキリ飛び出す。パーツを外...
『ゼロ・グラビティ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ゼロ・グラビティ」□監督 アルフォンソ・キュアロン□脚本 アルフォンソ・キュアロン、ホナス・キュアロン□キャスト サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー        (声)エド・ハリス ■鑑賞日 12月14日(土)■...
ゼロ・グラビティ(3D日本語吹替版)  監督/アルフォンソ・キュアロン (西京極 紫の館)
【出演】  サンドラ・ブロック (声:深見梨加)  ジョージ・クルーニー(声:小山力也) 【ストーリー】 地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー。...
「ゼロ・グラビティ」 (NAOのピアノレッスン日記)
~宇宙の 暗闇を 生き抜け~ 2013年  アメリカ映画   (2013.12.13公開)配給:ワーナー・ブラザース映画   上映時間:1時間31分監督:アルフォンソ・キュアロン脚本:アルフォンソ・キュアロン/ホナス・キュアロンプロダクションデザイン:アンディ・ニ...
生きねば!その2。『ゼロ・グラビティ』 (水曜日のシネマ日記)
事故によって宇宙空間に放り出された科学者の物語です。
ゼロ・グラビティ (とりあえず、コメントです)
宇宙でのミッション中に事故にまきこまれてしまった宇宙飛行士と科学者のサバイバルを描いたSFです。 予告編を観て、これは凄そうな映画だなあと気になっていました。 予想以上にリアルな宇宙の様子に、自分にこんなことが起きたら…と想像してしまうような作品でした。
映画『ゼロ・グラビティ』3D吹替版観てきたよ~(*´∀`*) (よくばりアンテナ)
久しぶりに3Dの作品を観てきました。 予告編見てても、面白そうに感じてなかったし、 全然期待してなかったし、情報も得ないままで劇場に向かったのですが、 それが良かったのかも(*´∀`*) 予想外に面白かった~~~ヽ(≧∇≦)ノ 正直言って、ストーリー的な...
映画「ゼロ・グラビティ」 (FREE TIME)
元日のファーストデーに映画「ゼロ・グラビティ」を鑑賞しました。
ゼロ・グラビティ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ゼロ・グラビティ』を渋谷TOEIで見ました。 (1)いつもは躊躇する宇宙物ながら、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーとが初共演とのことで、映画館に行ってきました。  映画の冒頭では、地上600?の高さになると、温度は+250~-100ºCで、音を伝える...
ゼロ・グラビティ (こんな映画見ました~)
『ゼロ・グラビティ』---GRAVITY---2013年(アメリカ)監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:サンドラ・ブロック 、ジョージ・クルーニー 声の出演: エド・ハリス「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」「トゥモロー・ワールド」のアルフォンソ・キュアロ....
映画「ゼロ・グラビティ(3D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『ゼロ・グラビティ(3D・字幕版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点にします。 【私の評価基準】(映画用) ・★★★★★  傑作!これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。 ・★★★★☆  秀作!私が...
「ゼロ・グラビティ」 (ここなつ映画レビュー)
映画館で観るべし!大画面でこそ!3Dなら尚良し!との評判だったので、そそられててくてくと映画館へ。時間の関係で2Dだったけど、2Dで充分だった私。3Dなら酔ってたよ、多分。乗り物に酔った事ないからわからないんだけど。ところで酔うと言えば小笠原諸島行き...
無重力な体感映画 (笑う社会人の生活)
16日のことですが、 映画「ゼロ・グラビティ」を鑑賞しました。 I MAX3Dにて見ました 宇宙でミッションを遂行していたエンジニアのライアン・ストーン博士とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー スペースシャトルが大破するという想定外の事故により宇宙空間に放り出...
ゼロ・グラビティ (いやいやえん)
君は生きて帰れ。“必ず生還する"と誓うんだ―。 無限の宇宙に取り残された宇宙飛行士が、酸素・重力・生存率《ゼロ》の極限状態に立ち向かうSFサスペンスドラマ。 まずはやはり圧巻の映像!私はDVD鑑賞なので2Dですけれども、それでも宇宙空間の無限の広がり...
映画「ゼロ・グラビティ」レビュー(無重力からの帰還) (翼のインサイト競馬予想)
映画「ゼロ・グラビティ」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います
ゼロ・グラビティ (銀幕大帝α)
GRAVITY 2013年 アメリカ 91分 サスペンス/SF 劇場公開(2013/12/13) 監督: アルフォンソ・キュアロン 製作: アルフォンソ・キュアロン 脚本: アルフォンソ・キュアロン 編集: アルフォンソ・キュアロン 出演: サンドラ・ブロック:ライアン・ストーン ...